転売仕入れのキャッシュフローを改善するたったひとつの方法

転売仕入れ

最終更新日

この記事の所要時間: 1037

転売は仕入れを伴うビジネスです。

 

注文が入り実際にその商品がお客様のもとに届き、クレームが来ない状態。

ここまで来て商取引が成立となります。

 

従って初期段階で大事なことは、不良在庫を発生させない工夫、成約してからの顧客フォローアップの自動化。

この2つを徹底することで、転売ビジネスのキャッシュフローを改善していくことが出来ます。

 

在庫は持たない。絶対持たない

 

まず基本スタンスとして、あなたの資金が1000万にすら満たないなら、在庫を持って転売をやるのは辞めましょう。

少額で利益率20%だの10%で回した所で大きく稼ぐことは不可能です。

 

やればわかりますが、どれだけマネジメントを徹底しようが、回転率を意識しようが、在庫は残ります。

不良在庫を減らそうと思えば思うほどリスクも取れなくなります。

 

そうすると今度は売上が立たなくなります。

この問題を解決するためには、在庫を持たないビジネスで始めるという選択をする以外に方法はありません。

 

巷では無在庫転売は稼げないと言われているらしいですが、僕が教えてる人は皆さんの大好きな月収30万なんて1ヶ月ちょいで達成しますし、100万以上稼いでる人も普通にいます。

売上じゃなくて利益ですよ。

 

そして年末商戦ではなくて、なんでもない普通の時期に100万を超える利益を達成させてます。

 

ですから無在庫転売が稼げないってのは、やり方がおかしいか、ノウハウが古くて飽和しているかのどちらと考えて良いでしょう。

僕らは前月比成長20%以上は当たり前に達成し続けていますので、稼げないのはノウハウと仕組みが原因であると断言できます。

 

現金+クレカで仕入れをする

 

よく転売をやってる人は何でもかんでもクレジットカードで決済したがります。

そういう人に共通するのは銀行の貯金残高が少ないということ。

 

100万すら持ってないなんて人も普通にいます。

 

大学生なら別として一端の社会人がビジネスに使える現金が100万すらないのはまずいです。

 

クレジットカードの枠が300万以上あれば、月利100万を稼げますが、現金で300万以上持ってない場合CF(キャッシュフロー)の管理を慎重にやらないといけません。

そうしないと黒字倒産という状態になってしまいます。

 

リボルビング払いすればいいじゃんと思うかもしれませんが、リボルビング払いの利息は15%を超えます。

あなたの月利が10%の場合、これだと完全に逆ざや。

利益率が20%あっても利益の大半を利息で持って行かれてしまうという事なのです。

 

ですからリボルビング払いでの仕入れは絶対にやらないようにしましょう。

やってる人なんていないと思いますけど。

 

2枚の基軸となるカード

 

では現金とカードをどのように使い分けて運用をしていけばいいのか?

 

これは2つの基軸となるカードを使っていきます。

 

まず最初に再現性を担保するために、審査が厳しいカードはここでは考えません。

フリーターや低収入(平均年収すら稼げない人)でも審査が通ることを前提に見ていきます。

 

まずクレジットカード運用で大事なことは、利用可能額の引き上げです。

10万とか30万じゃ話になりません。

 

この枠を無料カードの上限と言われる100万までまずは引き上げていきます。

100万の枠があれば月収30万稼げるので、そこから先の展開はとても楽です。

半年ほどこれを複利で回せば、複数のカードで200万〜300万程度を回せるようになり、月収100万に到達をします。

 

最初の段階で躓かないこと。

大量行動してサクッと1ヶ月で30万稼げる側に来ること。

ここを抑えていきましょう。

 

で、作るカードですが、セゾンアメックスカードと楽天カードの2つを使います。

なぜか?

 

まずアメリカンエクスプレスは支払いをこなしていれば、上限が最もスムーズに上がっていきます。

審査も緩く、条件が悪い人でも通ります。(債務がある人や遅延歴があると落ちます)

 

また支払いが2ヶ月後なので、余裕を持って運用をすることが出来ます。

初期段階では資金が絶望的に少ないという人が多いと思うので、こういった仕組みはとてもありがたい。

 

僕自身もアメリカンエクスプレスで高い利用可能額を与えてもらい、その信頼がビザやマスターに伝わって、無料カードの上限である100万円を新規申し込みで最初から与えられるようになりました。

そして現在はゴールドカードを使い始めましたが、これもゴールドカードの上限と言われる300万を最初から与えられています。

この段階になると、カードだけで数千万を回せてしまうので、資金不足になることはまずないです。

皆さんもこの段階まで来れば良いです。

 

転売ビジネスでカードを回して、支払いをしっかりやっていればすぐに到達できますよ。

 

アメリカンエクスプレスと並行してもう一枚持ったほうがいいと思っているのが、楽天カードです。

こちらも審査が緩く、ニートでも通ってしまうことがあると言われております。

 

このカードは還元率が1%と優れていることもありますが、有料カードへの切り替えで利用可能額を引き上げやすいという特性があります。

 

例えば僕のお客さんで二十歳の子が楽天カードを作りました。

その子は最初10万円の限度額でしたが、年会費が2千円ほどかかるゴールドカードに切り替えた所、30万円の利用可能額に一瞬で引き上がったのです。

 

同様に僕も楽天カードの時は限度額が100万でしたが、プレミアムカードに切り替えをしたら300万になりました。

このように無料で作り、有料に切り替えることで限度額を引き上げやすいカードであると言うことが出来るのです。

 

ポイント還元率も高いカードですので、普段使いとしても大活躍するカードです。

 

転売ビジネスで輸入と輸出をやると、数百万を当たり前に回していくので、ポイントもすごい事になりますよ。

プレミアムカードの場合は年会費が1万円かかりますけど、100万円以上使えばこの元は取れます。

そして輸入と輸出を真剣にやっている限り、決済額が100万を切ることなんてまずないので、この条件も難なく達成可能です。

 

浪費を抑え資産に投資をする

 

僕が見ていても資金が増えない人ってしょーもない事にお金を使っています。

当たり前に通信費に毎月1万円払っていたり、快速で通勤すれば早く家に帰れるのに、普通電車で通勤していたり。

 

時間やお金に対する意識が低すぎるんです。

だから貧乏なんですけど。

 

一方で僕はお金よりも時間が大事なので、時間を削減できるならお金を払う。

基準値が低い人と付き合うのが苦痛なので、そういう人がいる場所に行かない。

資産となるものにお金を投じ続けています。

 

その結果どうなったかといえば、R>Gの状態になり、資産成長が加速しました。

 

楽天カードで仕入れをする。

ポイントが貯まる。

そのポイントでSP500を買う。

 

こんな感じでお金がお金を生む仕組みをいくつも作り込んでいるので、複利の力でお金がどんどん増えていくんです。

 

そして資産成長が著しい人間の元にはクレジットカード会社も優遇策を提示してきます。

僕が現在利用可能額の上限を最初から与えられるのは必然であると言えます。

現金でその額を何度でも払える余裕があるのですから。

 

自分の資産となるものは仕組みもそうですが、快適な環境も含みます。

 

椅子、寝具、ジム(トレーナーを必ずつける)。

 

ダメな人はこういった環境に投資してません。

なぜ投資できないかって言うと稼げてないからです。

 

稼げてれば環境にお金を投資することが出来ます。

僕であれば今ほど稼げてない時から、環境にはこだわって先行投資を続けてきました。

それが成長へのコミットメントに繋がり、前日比成長20%が当たり前という異次元の進化スピードに達することが出来たのです。

 

ゴールドからブラックへのシフト

 

現時点でも月に100万稼ぐだけなら全然ちょろいですが、今後さらにCFに余裕を持たせるために僕が目指していることがあります。

 

それはブラックカードという、ゴールドカードやプレミアムカードのさらに上に属するカードです。

楽天にもこのブラックカードがあるので、招待を受けられるように、プレミアムカードを使ってお金をガンガン稼いでいきます。

 

楽天ブラックカードの年会は3万円以上かかりますが、利用可能額も300万〜1000万に上がるので、上限の1000万を与えて頂けるように、信頼を積み上げていきます。

 

1000万の資金があれば在庫を持つビジネスにも余裕を持って進出することが出来ます。

ビジネスの実績としても納税証明、法人化など、確かなものがこのプロセスで積み上げられていきます。

 

そうすると現金としても融資を受けることが出来る様になるので、カードの枠とは別に数百万の現金をビジネスのために確保できるようになります。

 

ここまで最短で半年から1年程度なので、転売ビジネスは早いですね。

テンプレート通りに淡々と行動をするだけです。

特別な才能や能力は必要ありません。

 

大学卒業レベルの教養、上場企業から内定を取れるだけの人間的魅力。

これがある人であれば問題ありません。

 

この条件を満たせない人は人生の宿題を真剣にやってこなかった人なので、若干遠回りをすることになります。

ですが、だからと言って稼げないわけではないので、頑張っていきましょう。

 

基準値が低い人は、人間未満や人生以前の所から、ビジネスオーナーとしてやっていくための知性とマインドセットを身につけることから始めなければいけません。

 

そのために本を1000冊読破してアウトプット。

トレーナー付けてトレーニングを習慣化。

毎日を自分を変えて前日比20%成長。

 

こういった事をストレスなくこなせるようにならなければいけません。

 

これが難しいな、しんどいなって方はビジネス向いてないです。

他人に雇われて与えられた課題をこなしている方が向いているので、そちらに集中をしましょう。

 

まとめ:凡人が最も簡単に100万を稼ぎ続ける方法が転売だ

 

色々研究をしましたが、凡人が毎月100万以上を安定的に永続的に稼げるのが転売です。

これ以外のビジネスも稼げますが、再現性は一気に下がります。

 

求められる基準も転売のそれとは比較にならないほど高いです。

 

学歴がない、就職で評価されてない。

こういった立ち位置にある人であれば、転売以外で成功するのってかなり難しいと見ています。

 

もちろん絶対無理とは言いませんが、苦戦することは間違いないと思うんですよね。

だってこういう記事を書いたり、動画作って伝えたり、サイトにシステム設置して管理するってのをサクサク出来ますか?

その作業を覚えるのにだらだら何ヶ月もかかるのが実態だと思います。

 

でも転売だったら数日から1週間程度で作業を覚えて、初日から収益が発生するのが当たり前。

多少頭が悪くても稼げてる人がたくさんいる。

 

この実態を見ると、自分も出来そうだなって思いません?

 

こいつが稼げるんだから自分にも出来るに決まってる。

そう思ったほうがいいですよ。

実際出来るんで。

 

月に30万稼ぐのはめちゃくちゃ簡単です。

100万もやることやってれば当たり前に超えていきます。

どちらも副業で問題なく行きますので、頑張っていきましょう。

記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です