プラグイン導入後に即やるべき作業を解説。自動化がブログ攻略のコツ

サイト作成後 ブログの作り方

この記事の所要時間: 1534
プラグイン設置後の作業を解説していきます。
やることは以下の5つです。
①パーマリンクの設定
②PINGの設定
③ブログランキングの登録(ブログランキングとブログ村)
④ブログランキングとブログ村の専用PINGの取得と設定
⑤XMLサイトマップの設定
では順に紹介していきます。
①パーマリンクの設定
パーマリンクとはWEBページ毎に割り当てられる個別のURLのことです。
赤枠の部分がパーマリンクにあたります。
「h9nfp.com」(ドメイン名)以降の「archives/9239」がパーマリンクです。
パーマリンクの設定をすることでURLを最適化できます。
具体的には、一目でどんな記事が書かれているのか想像できるURL、シンプルで日本語が含まれていないURLになるように設定します。
パーマリンク設定は最初の段階でしっかりと行っておくことが大切です。
後から変更すると、内部リンクや外部サイトからのリンクが無効になってしまう等の様々なトラブルが発生してしまいます。
そうならないためにも最初からしっかり設定しておきましょう。
●パーマリンク構造を作成します。
WordPress管理画面の左メニューから【設定】→【パーマリンク設定】を選択して、パーマリンク設定画面を開きます。
【カスタム構造】を選択し、赤枠の部分に【/%category%/%postname%/】と入力します。
【変更を保存】をクリックします。
これで【/カテゴリー名/投函タイトル/】という構造に設定することができました。
また、記事投函時にも設定が必要になります。
カテゴリー名や投函タイトルは日本語で付けるのが主になると思いますが、そのまま投函するとURLにもそのまま日本語が含まれてしまいます。日本語が含まれていると最適化された状態ではなくなってしまいますので設定が必要になります。
●カテゴリー名を最適化させる
【カテゴリー名】に対して【スラッグ】を設定してあげると、日本語のカテゴリー名がURLになった時に半角英数字で表示させることができますので、設定していきましょう。
WordPress管理画面から【投函】→【カテゴリー】でカテゴリー画面を開きます。
【名前】にカテゴリー名を入力して、【スラッグ】には半角英数字に変換したカテゴリー名を入力します。
例えば、設定したいカテゴリー名が「アフィリエイト」だった場合【名前】に「アフィリエイト」、【スラッグ】に「affiliate」と入力します。こうすることでスラッグに入力した半角英数字がURLに反映されます。
【新規カテゴリーを追加】をクリックします。
これでこのカテゴリー名に関してはスラッグが適応されました。
●投函タイトル名を最適化させる
記事のタイトル名に関したは、投函時にその都度自分で設定する必要があります。
記事投函時にパーマリンクの【編集】をクリックします。
日本語になっているタイトル名の部分を半角英数字に編集して【OK】をクリックします。
これでタイトル名も最適化できました。
以上がパーマリンクの設定になります。
次にPINGの設定をしていきます。
②PINGの設定
PINGとはインターネット上で相手先ホストと通信できることを確認するためのコマンドのことです。
PINGの送信設定をしておくことで、ブログ記事を投函した際にPING送信先にブログ投函したことを伝えることができ、記事を更新してから検索結果に反映されるまでの期間も早くなります。
設定を行うには、管理画面の【設定】メニューから【投稿設定】をクリックします。
投函設定画面が開くので、【更新情報サービス】の欄に下記のURLをコピペします。(既に入っていたURLは削除してください)
http://rpc.technorati.jp/rpc/ping
http://ping.amagle.com/
http://api.my.yahoo.com/RPC2
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://blog.with2.net/ping.php/
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://bulkfeeds.net/rpc
http://jugem.jp/?mode=NEWENTRY
http://ping.blo.gs/
http://ping.bloggers.jp/rpc/
http://ping.bloggers.jp/rpc/
http://ping.blogoon.net/
http://ping.blogranking.net/
http://ping.dendou.jp/
http://ping.fc2.com
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://ping.namaan.net/rpc/
http://ping.rootblog.com/rpc.php
http://ping.rss.drecom.jp/
http://ping.speenee.com/xmlrpc
http://ranking.kuruten.jp/ping
http://rpc.blogrolling.com/pinger/
http://rpc.pingomatic.com/
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://www.accelanavi.com/anavi/ping.php
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
【変更を保存】をクリックして、PINGの設定は完了です。
③ブログランキングの登録(ブログランキングとブログ村)
サイトを強くしていくためには良質なWebサイトから自分のWebサイトに向けて設置されたリンク(被リンク)を増やしていくことが重要となりますが、自分のWebサイトに対して他者がリンクを貼ってくれることはほぼ無いので自分からリンクを送っていくことが必要です。
そのためにブログランキングに登録して、アクセス数の増加、ブログランキングサイトからの被リンク効果を狙います。
ここではブログランキングとブログ村の登録をしていきます。
●ブログランキングの登録
【ブログランキング】のサイトにアクセスします。
【新規登録】をクリックして、【今すぐ人気ブログランキングに登録する】をクリックします。
新規登録画面で必要事項を入力します。
・メールアドレス
・パスワード
・名前
・ブログURL
・ブログ名称
・説明文
・登録カテゴリー
を入力したら【確認画面へ】をクリックします。
入力内容の確認をして登録完了となります。
●ブログ村の登録
【にほんブログ村】のサイトにアクセスします。
【新規登録】をクリックします。
新規登録画面が開くので、必要事項を入力します。
・メールアドレス
・パスワード
・ハンドルネーム
・ブログタイトル
・ブログURL
・サイト紹介
・参加カテゴリー
を入力したら【ご利用規約に同意して確認】をクリックします。
入力内容の確認をして登録完了となります。
④ブログランキングとブログ村の専用PINGの取得と設定
●ブログランキングの場合
1、Pingの取得をします。
ブログランキングのサイトで【マイページ】を開きまます。
【更新情報(Ping)】のタブをクリックして、【Ping送信先URL】をコピーします。
2、Pingの設定をします。
コピーしたURLをWordPress投函設定画面の【更新情報サービス】の欄に貼り付けます。
【変更を保存】をクリックして、ブログランキングのPINGの設定は完了です。
●ブログ村の場合
1、Pingの取得をします。
ブログ村のサイトで【マイページ】を開きまます。
【Ping送信・代理送信】のタブをクリックして、【専用Ping送信先URL】をコピーします。
2、Pingの設定をします。
ブログランキグの場合と同様に【更新情報サービス】の欄にコピーしたURLを貼り付けます。
【変更を保存】をクリックして、ブログ村のPINGの設定は完了です。
これでブログランキングとブログ村の専用PINGの取得と設定は完了となります。
⑤XMLサイトマップの設定
XMLサイトマップとは、ウェブサイト内のURLや情報を記述したxml形式のファイルのことです。
このファイルがウェブサイトの状態を検索エンジンに知らせる役割を持っています。
要は検索エンジン向けのサイトマップということです。
投函した記事が早く正確に検索エンジンに認識されるためには、XMLサイトマップの設定が必要です。
それでは設定していきましょう。
【Google XML Sitemaps】というプラグインをインストールします。
【プラグイン】→【新規追加】より【Google XML Sitemaps】を検索してインストールします。
【有効化】をクリックすると管理画面の【設定】メニューに【XML-Sitemap】という項目が追加されます。
【XML-Sitemap】を開くと検索エンジン向けのサイトマップ「sitemap.xml」が生成されているのが確認できます。
これでXMLサイトマップの設定は完了です。
以上の①〜⑤がプラグイン設置後の作業になります。

被リンクをペナルティを受けずに無料で増やす方法(効果立証済)

ドメインパワーを強化するテクニックを紹介していきたいと思います。

 

ドメインパワーを強くすることで、同じ労力でも多くのアクセスを集められるようになり、

成約が伸びたり、広告収入を増やすことが出来ます。

 

ドメインパワーを伸ばす方法はいくつかあるのですが、

大きく分けるとコンテンツ量と被リンク。

 

これを定期的に入れてやることで時間とともにドメインが強くなっていきます。

 

ドメインが安定するまでの期間としては最低で4ヶ月、

多少覚えが悪い人でも半年ぐらい作業を継続すれば何かしらの成果を感じられる段階に達します。

 

1年ぐらい運営すると、コンテンツをたくさん入れなくても自然とアクセスが集まるぐらい

サイトのドメインパワーが強くなります。

 

よくサイトアフィリエイトで稼げるようになるまで2年とか3年かかったという人がいますが、

これはドメインパワーが強くなるまで作業を継続出来ず、

途中で作業が止まったり、再開したりを繰り返したからなんですね。

 

作業が止まる理由はノウハウが賞味期限切れ(芸能トレンドなど)、

実践をサポートしてくれるコンサルを入れてない、

一緒に頑張れる仲間がいない、

我流で取り組んでいる(論外)などなど色々ありますが、

モチベーションに依存した実践をしている事が何よりも大きな要因だと思います。

 

ですから僕らは人間の意志力やモチベーションが有限であることを前提に、

そういった不確実なものに振り回されない仕組みを作って

4ヶ月程度でサイトを軌道に乗せることが出来るように取り組んでいきましょう。

 

コンテンツを増やす方法はキーワード選定をして、記事を作ってサイトに入れていくだけです。

 

そしてそれと平行してやっていって欲しいのが今回紹介する被リンクなんですね。

 

被リンクってそもそも何?

 

話を始める前にまず被リンクとは何かというお話をしていきたいと思います。

 

被リンクとは自分のサイト外から、自分のサイトに対してリンクが貼られることです。

 

なぜこの被リンクが大事なのかというと、被リンクをたくさん獲得するとサイトが上位表示されるからなんですね。

 

ただ何でもいいというわけではなく、関連性や、権威性が高いサイトからリンクを受けることが重要です。

 

現在の検索エンジンはリンクを送る元の質や関連性も判別をしているので、

闇雲にリンクを増やしてもSEOは強くならないのです。

 

それどこから過剰にリンクを増やし過ぎるとスパム行為をしていると判断をされて、サイトが圏外に飛ばされてしまいます。

 

じゃあそうならないためにどうやって被リンクを増やせばいいのか?

 

合法的に自然に被リンクを獲得する仕組みを作る

 

不自然に被リンクを増やす問題点が理解できた所で、

被リンクをどうやって増やしていくのかを解説します。

 

それは自然にリンクを得られる仕組みを構築するということです。

 

例えばブログランキングというランキングサイトに登録をすると

自分専用のページとPING送信先のURLが貰えます。

 

バナーを自分のサイトに登録し、

ワードプレスのPING送信先設定に自分専用のPING送信先URLを登録。

 

これをやることで記事を更新するたびに被リンクを貰えます。

 

ブログランキングのドメインパワーは強いので

ここから被リンクを貰えるのはとても助かります。

 

無料で登録できるのでサイトを作ったらすぐに登録をやりましょう。

 

他にはTwitterの記録を残してくれるサイト。

 

Twitter自体からは被リンク効果ってないのですが、

記録サイトからのリンクは被リンク効果を得られるので

登録をしておきます。

 

そして記事の更新時にTwitterに通知が行く設定をしておけば

記事を更新するたびにツイッタの記録サイトから被リンクが送られる仕組みが完成します。

 

最後にソーシャルブックマークサイトです。

これははてなブックマークというサイトがあるので、そこに行き、

自分で公開した記事を登録していきます。

 

ブックマークサイトは一昔前はたくさんあったのですが

今では国内ははてなブックマークのみ。

 

利用しているユーザーも限られた人が多いですが、

被リンク効果は大きいので、まとまったアクセスが集まるまでは手動で登録をしていきましょう。

 

はてなブックマーク以外だと楽天ソーシャルニュースというサイトからのリンクも

被リンク効果が大きいです。

 

ただ、こちらは登録に若干手間がかかるので

はてなブックマークに登録をしておき、アクセスが集まった記事に対して追加で登録をするというスタンスでいいと考えています。

 

SEOパワーが弱い間は検索エンジン経由ではなく、楽天ソーシャルニュースからアクセスが集まることもありますので、

ここ一番でアクセスを集めたい記事は登録をすると良いです。

 

記事の内容が良いと、こちらから頼まなくても勝手にはてなブックマークや

楽天ソーシャルニュースに登録されることがあります。

 

僕のサイトもいくつかの記事が登録をされていて

そこからSEOパワーを得ています。

 

登録してくださった方ありがとうございました。m(_ _)m

 

合法的に被リンクを貰えるサイト

 

はてなブックマーク

楽天ソーシャルブックマーク

newspic

note

 

これらを使い分けてローテーションで最初の間は記事を登録していきましょう。

サイトにアクセスが集まり始めたら、アクセスが集まっている記事でさらにアクセスを取りたい時だけ使うようにします。

 

一度に登録するのは1つのURLに、まとめて大量登録は避けるようにします。

 

おすすめのブログランキング

 

ブログランキング&ブログサークル

ブログ村

 

それぞれ登録することで専用のPING送信先を貰えるので、更新する時にそのPINGを指定してやることで被リンクを自動で取得できます。

PING送信の設定はワードプレスの設定から一度やればそれ以降は自動で送信されるようになりますので、ブログランキングに登録をしたら設定をすると良いです。

 

まとめ

 

以上が現在進行形で僕がやっている被リンク獲得のテクニックです。

 

いずれもペナルティを受ける要素は低いものです。

 

その分結果が出るまでに時間がかかってしまいますが、

そこは仕組み化をしてショートカットしていけばいいです。