エキスパートメールからワイメールに移行した理由

この記事の所要時間: 520

メルマガ配信スタンドを
エキスパートメールプロからワイメールに乗り換えてみたので
その背景についてこの記事ではまとめていきます。

 

エキスパを解約したと聞くと来る反応が、
なぜ今?という疑問です。

 

業界のトッププレイヤー達が揃って使っている
メール配信システムをなぜ手放したのか。
疑問としては至って自然なものです。

 

実は今年の2月ぐらいから
エキスパートメールには個人的に疑問を感じる所があり
警戒をしていました。

 

どんな警戒かと言うと、
新規のお客さんに強引にシステムを売りすぎではないか?という
率直な疑問です。

 

このメールを読まれている方の中にも参加をされた方が
いらっしゃるかと思うのですが
6,000人を一度に集めてその参加者の方に
エキスパートメールクラウドを無料で使える権利をばらまいたり、
エキスパートメールの上位版であるプロを
値引き販売して時間内に契約するために走って契約をして下さいと煽ったりと、
お世辞にも褒められた販売を彼らはしていませんでした。

 

その結果、どういった事が起きたのか?

 

まずエキスパートメールは全く届かないメルマガ配信スタンドに
変わり果てました。

 

数百を超えるNGワードがあり、
そこにひっかかったメールは配信さえされない状況です。

 

例えばメルマガで投資行動を促すために
”投資”という言葉を使う人は多いと思いますが、
投資というワードが入っているだけで配信されなかったり、
他にも莫大な数のNGワードが把握しきれないほど登録されていて、
それに加えて無料で大量のユーザーが同じサーバーを使うようになったため
全くと言っていいほど届かなくなってしまいました。

 

致命的だったのはステップメールを組んだのに
そのステップが配信をされていない事がわかったこと。

 

おそらくNGワードで弾かれてしまったのでしょうが、
システムを組んで自動化をしたにも関わらず
相手のメールボックスにさえ届かないという現象が
僕がテストをした環境を含め続出をしました。

 

このような流れがあったので、
現在ではエキスパートメールクラウドはタダでも要らない欠陥品
というのが事情を知っている人達の間では共通の認識となっています。

 

そしてクラウドの上位版で
月額2万円するプロも
到達率がなぜか悪化をするようになりました。

 

実は僕のメルマガ読者さんは
まだ100人もいないのですが、
それだけ少数のリストであるにもかかわらず
「細野さんからのメールが届いていません」という声が
ここ数ヶ月で頻繁に頂くようになったんです。

 

専有サーバーで契約をして
独自配信システム化しているにも関わらずなぜ?というのが
率直な思いです。

 

また和佐大輔さんのフェイスブックコミュニティを運営されている
三浦さんも同様の問題を指摘されており、
彼が保有する数千のリストに対して
エキスパートメールプロから送ったメールがほとんど届いていないことが
わかったと本人の口から直接伺いました。

 

三浦さんはエキスパートメールの運営会社である
ビジトリーにクレームをしたそうですが、
自社には問題がなく対応できないの一点張りだったそうです。

 

このような状況ですので、
値段が高いにもかかわらず
しっかりとシステムの保守やサポートが出来ない会社と
指摘されても仕方がない状況ではないか?
そんな風に僕は思うのです。

 

僕はメルマガを通じて自分の可能性や
自分と関わる人達の人生をより良い方向に
導けたらいいなと思って情報の発信をしています。

 

そうすることで僕が旧世界で
決して手に入れることができなかった
他者からの理解や、それに伴う自己実現が
達成できると考えているからです。

 

なので、それを実現するための
メール配信システムには多少高くても
お金をケチらずに投資をしていく覚悟を
持っていました。

 

最初はアスメルという月額4,000円ぐらいの配信スタンドを使っていましたが、
到達率が悪いことを知りエキスパートメールライトに乗り換え、
ライトよりもプロの方が使い勝手が良く、マックでも使えるという理由から
昨年の秋からは一貫してエキスパートメールプロを
使い続けてきたのです。

 

しかし相手に届かないメルマガ配信スタンドに
2万円を毎月払い続けるのはあまりにも割高ではないか?

 

そんな風に今感じるのです。

 

で、なぜ競合他社のワイメールというサービスを利用することに至ったのか?
についてですが、
これは単純にネクストステージのメンバー間で評判が良かったからです。

 

これを使っているメルマガ配信者さんのメールは
無料レポートスタンド経由で獲得したリストにも届いていましたし、
ブラウザーからログインして利用できるシステムなので
マックからも利用できる。

 

そして月額の利用料金はエキスパートメールプロの4分の1の
5000円です。

 

サーバーも占有型で、
リスト数に応じて配信のスピードを自動調整したり、
携帯電話のアドレスには独自のサーバーを経由して配信するなど
到達率を高める工夫が随所に見られます。

 

またオプションサービスとして、
独自ドメインの持ち込みや
IP分散にも対応しているので
リストが多い人や自分で契約したドメインを有効活用したい人にも
申し分ない体制が整っています。

 

当面このワイメールにお世話になりながら、
メルマガを通じた情報発信を今後僕は続けていきたいと思います。

 

追記:その後マイスピーという配信スタンドに乗り換え、現在はこちらを使っております。

 

自動化(権利収入化)に必須。メルマガ配信マイスピー

 

最終更新日

記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです

にほんブログ村 小遣いブログ 転売へ