エックスサーバーでWordPressインストールする方法

ワードプレスインストールXサーバー Xサーバー
この記事は約3分で読めます。

XサーバーでのWordPressインストール方法
サーバー契約、ドメイン取得・設定が完了したら、次にWordPressをインストールします。
【サーバーパネル】にログインします。
1、【設定対象ドメイン】(WordPressをインストールしたいドメイン)を選択し【設定する】をクリックします。
2、【自動インストール】をクリックします。
自動インストール画面で【プログラムのインストール】を選択して、WordPress日本語版の【インストール設定】をクリックします。
必要事項を入力する画面が開くので、入力して【インストール(確認)】をクリックします。
・ ブログ名(後で変更可能)
・ ユーザー名(後で変更可能)
・ パスワード(後で変更可能)
・ メールアドレス(後で変更可能)
・ 自動でデーターベースを生成するにチェック
ユーザー名とパスワードは後ほど管理画面にログインする際に必要となるので、しっかりメモをしておきましょう。
【インストール(確認)】をクリックすると、「インストールを行うとindex.htmlが消去されます」と表示されますが、問題ないのでそのままインストールを行ってください。
インストールが完了したら「http://取得したドメイン名/wp-admin/」のURLで管理画面にログインすることができます。(ログインする際に自動インストール画面で入力したユーザー名とパスワードが必要になります)
以上がWordPressのインストール方法になります。
●WordPressにテンプレートをインストールする方法
次に管理画面にログインしてテンプレートをインストールしていきます。
まずテンプレート(テーマ)を用意します。
テンプレートは途中で変更すると検索順位に悪影響を及ぼすことがあるので、最初から有料のいいテンプレートを購入するといいでしょう。
今回は【Diver】というテンプレートをインストールします。
テンプレートを用意したら、管理画面の左のメニューから【外観】→【テーマ】を選択して、【新規追加】をクリックします。
【新規追加】→【テーマのアップロード】の順にクリックしたら、インストールしたいテンプレートのZIPファイルを選択します。
【今すぐインストール】をクリックするとインストールが開始します。
テーマのインストールが完了したら、【有効化】をクリックします。
これでインストールしたテーマが反映されます。
以上がテンプレートのインストール方法になります。
テンプレートに関してはこちらの記事でも掘り下げているので興味があれば読んで下さい。

 

続いてはサイトにコンテンツを入れる前の土台作りの作業です。

やることは多いですが難しい作業はないのでサクサク進めていきましょう。

 

プラグイン設置後の作業を解説

作業をたくさんしないと稼げない。

在庫を持ったり、人を雇ってオフィスを構えないといけない。

そんなやり方に消耗していませんか?

一人で実践でき、収入が上がっても忙しくならないビジネスは情報発信だけです。

誰でも簡単にできるビジネスを追い求めて疲弊するのではなく、あなただから出来るビジネスを構築して、安全に稼いでいく。

収入が増えても忙しくなったり、管理が複雑になってQOLが低下しない仕組みの作り方を、メルマガ登録をしてくれた方に公開しています。

Xサーバー
記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです。SNSでのシェアも大歓迎です。


ビジネスと一杯のコーヒー