エックスサーバーの契約方法を初心者目線で解説

Xサーバーアフィリエイト
この記事は約4分で読めます。

情報発信やアフィリエイトを実践するためには、媒体が必要です。

この媒体を構築するために必要なのがレンタルサーバーという業社です。

 

レンタルサーバーと契約することで、WordPressを始めとするプログラムを自由に設置していくことが可能になります。

 

レンタルサーバーの業社はいくつもありますが、あなたが初心者であればXサーバーを選びましょう。

 

なぜかというと、

利用者が多いため、情報量が多い
サポート体制がしっかりしており、困ったことがあってもすぐに対応をしてくれる
管理画面が直感的に使えるようになっており、使いやすい

このようなメリットがあるからです。
今回はXサーバーの契約方法について、初心者目線でわかりやすく契約をしていきます。

Xサーバーの契約方法を解説

それでは具体的に、Xサーバーの契約方法を説明していきます。

まずはこちらのバナー(広告)をクリックし、Xサーバーの公式サイトに移動して下さい。

 

上記のバナーをクリックすると、Xサーバーの公式サイトに飛びます。

トップページから【お申し込み】をクリックし、【お申し込みフォーム】を開いて下さい。

次に【サーバー新規お申し込み】をクリックします。

【お客様情報】を入力していきます。

契約内容を入力する

【サーバーID】を入力し【プラン】を選択します。

・サーバーIDはお好きな半角英数字で入力してください。(後から変更できないので注意しましょう)
サブドメインとメールアドレスに使用されます。(サブドメインは「(サーバーID).xsrv.jp」に、メールアドレスは「○○○@(サーバーID).xsrv.jp」となります)

・プランはX10プランを選択しましょう。X10プランはXサーバーの中で最も利用料金が安いプランです。月額1000円程度で利用でき、僕自身もこのプランを利用しています。

会員情報を入力する

必要事項を入力していきます。

メールアドレス:毎日確認するメインのメアドを入力しましょう。
登録区分:個人の方は個人を選択。法人を持っている方は法人で登録して下さい
名前:自分の名前を入力します。
フリガナ:自分の名前をカタカナで入力します
郵便番号:自宅または法人の郵便番号
住所(都道府県、市区町村):県と市を入力します(例:千葉県柏市)
住所(町域、丁目・番地):市区町村以下を入力していきます
住所(建物名):アパートやマンションに住んでいる方は建物名を入力しましょう。一戸建ての方は無記入でOK
電話番号:連絡が取れる番号を入力しましょう(営業電話などはかかってこないので携帯の番号を入れて大丈夫です)
インフォーメーションメールの配信:無記入でOK

利用規約と個人情報に関する公表事項

「利用規約」と「個人情報の取り扱いについて」に目を通して同意するにチェックを入れ、【お申し込み内容の確認】をクリックします。

入力内容を確認し【お申し込みする】をクリックします。

申し込みが完了するとXサーバーから【設定完了のお知らせメール】が届きます。
大切な情報が記入されていますので、大切に保管しておきましょう。

支払いは10日間の無料お試し期間中に済ませるようにしてください。
メール内の【Xserverアカウント】URLから、支払い画面に進むことができます。
(インフォパネルは登録情報の確認・変更、利用期限の確認、料金のお支払い等を行うための管理パネルです。)

Xサーバーのサイトトップ画面から【ログイン】をクリックし、【インフォパネル】を選択して支払い画面に進むことも可能です。

インフォパネルログインフォームが開きます。
先ほど届いた「設定完了のお知らせメール」の「ユーザーアカウント情報」を参考に【会員IDまたはメールアドレス】と【インフォパネルパスワード】を入力しログインします。

ログイン後、サーバー契約一覧のチェックボックスにチェックを入れ、更新期間を選択し【お支払い方法を選択する】をクリックします。
支払い画面に進みますので料金の支払いを済ませます。

以上がXサーバーの契約方法になります。
お疲れさまでした。