在庫を持たないネットショップで稼げない要因と仕組み作りに重要な視点

ネットショップ

細野です。

 

AmazonやeBay、ヤフオクやBUYMAと言ったプラットフォームは初心者が結果を出すためには最適な市場です。

しかし長く稼ぐ上でこれらに依存しているのは非常にリスキーです。

 

運営側のさじ加減一つであなたのアカウントが閉鎖。

そんな事が平気で起きるのがプラットフォームビジネスです。

 

間違ってもこれで食べていくとか、やっちゃいけないですし、やってる人がいたらその人がやってるのはビジネスではありません。

博打です。

 

あなたは自分の人生を生きて、自由を手にするために何をしますか?

僕はビジネスを選びました。

 

しかしこのシンプルかつ誰もがすぐに理解できる事実を婉曲して博打に走る人も少なくありません。

 

今回は一刻も早くプラットフォームを脱して、あなたのネットショップで収益を上げるために大事なことを伝えていきます。

 

時間軸の意識

 

まず最初に復習から行きますが、ビジネスに取り組む順序について。

 

これは短期ビジネスを満たしてから、中期、長期へとシフトすることがとても大事。

いきなり長期やらない。

 

ネットショップというのは中期から長期ビジネスに該当するので、ここを最初からやるとコケます。

事実、最初にBASEでネットショップ作ったけど全く売れないとか、カラーミーやメイクショップで全然売れてないという人がゴロゴロいます。

 

需要のないものをいくらお店に並べてもお客さんがこないのは当たり前。

需要のあるものをしっかりとマーケティングをして登録していく。

これをやらないと稼げません。

 

じゃあどうやって需要やマーケティングを出来るようにしていくのかというと、短期ビジネスです。

つまりAmazonやヤフオクのようなプラットフォームで経験を積みながら、プラットフォームの外でもニーズを取れる商品を見つけていくということです。

 

世界では新しい商品やブランドが次々と登場し、口コミで広がっていってます。

海外の商品でも流行に敏感な人であれば取り寄せたいと考える人はいます。

 

そういった人に日本では手にはいらない魅力的な商品を紹介して成約を取っていく。

これがあなたがネットショップで取るべき戦略です。

 

なお日本の卸で仕入れてネットショップで売るという方法も稼げなくはありませんが、仕入れをしなければならないので却下です。

在庫を持ったらその在庫を保管する場所が必要ですし、キャッシュフローが大幅に悪化します。

 

稼ぎたいなら在庫を持つビジネスを絶対にやってはいけません。

在庫を持つのは資金や自動化が進行して余裕が出た段階で取り組みましょう。

そうする事で余裕を持って、在庫を持つビジネスのメリットを最大限に活かしてビジネスをする事が出来るようになります。

 

ネットショップで最短で成約を取る2つのステップ

 

プラットフォームで経験が積めたら速攻でネットショップを作って自分のお店で商品を販売していきます。

 

ネットショップはどこで作っても良いですが、操作が覚えやすいこと、独自ドメインを使えること。

この2つは最低限押さえておきたいです。

 

1日使えば大抵の作業は覚えてしまうはずですが、まれに使いにくいサービスを提供している所があるので注意しましょう。

 

なお一般的なネットショップの維持費は月に5000円程度です。

それよりも高い場合は何か優位性(同時に複数のチャネルに商品登録される)がない限り選ぶ理由はありません。

 

少し前であればグーグルショッピングに登録されることを重要視していたのですが、現在はこれが有料になってしまったのでグーグルショッピング掲載はそこまで重視していません。

 

ショップの開設ができたら、商品登録をやっていきます。

これはプラットフォームとはタイトルの付け方や見せ方が変わってくるので、同じノリでやらないようにしましょう。

 

客層が変われば伝え方や見せ方は変わります。

 

ただ難しく考える必要はなく、まずは商品を登録する。

そしてアクセス解析を見ながら引きがある商品のページを改善していけばいいのです。

 

最初から完璧な商品ページは作れないので、改善しながら成約を取っていくというマインドで行きましょう。

 

アウトソースサービスの活用

 

輸出をやり、日本国内の在庫を販売していく場合は、海外発送という作業が発生します。

ただこれは誰がやっても同じ結果になる単調作業なので、経営者であるあなたがやる仕事ではありません。

 

最初の数回をやって流れを理解したらすぐに外注に任せましょう。

今は代行業を会社として取り組む所もたくさんあるので、外注化はとても簡単です。

 

まとめ

 

物販ビジネスは再現性が高く、二番煎じ、三番煎じでも稼ぐ事が出来る初心者向けのビジネスです。

僕がゼロに戻り、もう一度ビジネスをやれと言われたら最初にやるのは物販ビジネスです。

 

短期集中で取り組み、仕組みを作って自動化する。

そして自動化で発生する収益で発信活動やアフィリエイトといった長期ビジネスに取り組んでいきます。

 

そうすればお金に不自由することなく、安心してコンテンツ制作と発信に力を入れることが出来ます。

 

ネットショップで真剣に稼いでいきたい人は僕のメルマガに登録して案内される通信講座に参加して下さい。

その参加者にだけ案内をしている合宿に来て貰えれば、あなたの商品構成をどうやって広げてプラットフォームの外で成約を取るか個別にアドバイスします。

記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です