田舎でも確実に儲かる(稼げる)商売があった【成功のテンプレ】

田舎でも儲かる田舎
この記事は約13分で読めます。

細野です。

 

どこに住むのかを考えることはとても重要です。

なぜかというと、住んでいる場所とパフォーマンスは連動をするからです。

 

周りに基準値が低い人が多いとそれに引っ張られてあなたに落ちていきます。

周りに基準値が高い人が多いとあなたも高い基準値で行動することが当たり前になります。

 

偏差値の高い学校にいる人をイメージして下さい。

周りは大学進学当たり前、現役で国立大学に進学するのが自然。

こういう基準値の人が多いはずです。

そしてそういった場所で毎日生活をしていると、自分も現役で国立大学に進学できて当たり前になっていくのです。

そして達成することに一切の疑念を持たずに行動(受験勉強)をするので合格します。

 

これが世の中で起きている環境と基準中のシンプルな相関関係です。

 

あなたが高い成果を出したいと願うならば、環境というものを真剣に考えなければいけません。

生まれ育ったから、親から引き継いだから、友達が周りにいるから。

こういった理由だけで住む場所を選んではいけないのです。

 

自分の能力と才能が最大化される地に生活拠点は置かなければいけません。

それが海外という結論になるのであれば海外移住を検討するべきです。

 

ただこれは理想として理解できてもなかなか実行が難しいですね。

特に家族がいる人は実行が困難だと思います。

 

ですから今回は田舎に住んだままいかにして生活水準を高めていくか?を考察していきます。

田舎で稼げるビジネスモデルを紹介

まず最初に考えたほうがいいのは、田舎だから不利だとか、田舎だから実践できない。

こういったビジネスモデルを排除することです。

投資(株、不動産、FX)

投資というのは理想的な稼ぎ方です。

 

私が過去にエアビーで別荘を借りた時のことです。

そのオーナーは金融業界で成功をしてリタイアをされた方で、現在は自然豊かな所でサイクリングを楽しみながら個人的に投資をされている方でした。

 

東京と山の中に2つ家を持っていて、その両方を移動する生活。

とても素敵だと思いましたし、リタイアした後でもやることがきちんとあるので充実した人生を過ごされていました。

 

このように一時的に厳しい環境で戦い、成功をしてからゆっくりとした時間軸で生きるというプランがあります。

投資は年をとっても続けることが出来るので理想的なライフスタイルであると言えるでしょう。

アフィリエイト

これに対してアフィリエイトはどうでしょうか?

コンテンツを作って集客をして商品を紹介する。

そして紹介報酬を得るのがアフィリエイトのビジネスモデルです。

 

これであれば場所を選びませんし、田舎でも実践できますね。

ただアフィリエイトで稼ぐためには情報を入れなければならず、広告主との関係を深めたほうが有利です。

そして広告主はどこにいるのかと言えば、東京や大阪といった大都会にオフィスを置いています。

 

ですから定期的に都会に出ていくという必要性があります。

そこで東京や大阪に行くまでに半日かかると言った場所に住んでいると大変ですね。

無理ではありませんが、負担が大きいと思います。

フランチャイズ

ある程度大きな街で成功したビジネスモデルを、田舎に持っていくというやり方です。

極端な田舎では難しいですが、商売が成り立つ人口数がいれば、FCビジネスは成立をします。

 

コンビニや飲食が多いですが、車の修理業や移動販売など、様々な業態がFCとして現在は募集されています。

 

FCビジネスを選ぶ時の注意点は、ロイヤルティです。

日本の場合、ロイヤリティの支払いに上限が決められていないため、コンビニのような粗利率が低いビジネスモデルを選ぶと、運営本部に上納金を支払うためだけに、ひたすら労働を強いられることになります。

 

FCビジネスのメリットは、ノウハウと資材の提供ですが、それでも1000万近いお金を請求されることも多く、それらを分割で支払う契約をしてしまうと、債務の支払いが終わるまでどんな理由があっても辞めさせてもらえません。

 

資本が求められること、在庫を持たなければいけないこと、自動化が出来ないことから、FCビジネスは儲かるビジネスの条件を満たしません。

自分がFCビジネスを提供する側になれば、利益を出すことが出来ますが、FCビジネスを契約するのは最悪の選択なので、手を出さないようにしましょう。

貿易業(輸出入)

一方で貿易業はどうでしょうか?

 

貿易も取引相手と会って交渉をしたほうが有利ですが、現在ではネット経由でも交渉が出来ます。

英語力は求められますが、それほど高度な英語は必要ありません。

中学卒業から高校中級レベルの英語があれば通訳無しで問題なくビジネスが出来ます。

事実私は高度な英語スキルは持ち合わせていませんが、問題なく外国の方と英語でやり取りをしてビジネスが出来ております。

 

商圏がないビジネスに取り組むこと。

これが出来れば田舎に住んでいても都会に住む人と同じ条件で稼ぐことが出来るのです。

 

田舎であれば家賃が安いので、事務所を用意するのも非常に簡単です。

月に2万から3万円も払えば、小さな組織としてやっていけるだけの古民家を借りることが出来るはずです。

 

あとはパソコンとネット回線があれば、すぐにビジネスを始めることが出来ます。

 

田舎のデメリットである立地の悪さを、立地が関係ないインターネットビジネスで解決する。

田舎のメリットである家賃が安いことを利用して、事務所を格安で用意する。

 

考え方を変えるだけで、都会では出来ない働き方が、田舎では実践可能になるのです。

期間工

これは商売ではなく、他人に雇われるやり方なので悩んだのですが稼げるので紹介します。

もしあなたが年収が300万すら稼げない生活をしている、手取りが月に30万すら超えなくて悩んでいるなら、期間工になることを検討してみて下さい。

 

期間工は年齢制限もなく、働き始めて1年目で手取りが30万円を超える仕事です。

雇用形態は非正規になりますが、アルバイトや派遣社員をやっているよりも遥かに短期間で効率的に稼げます。

 

会社が住む場所として寮を用意してくれるので家賃は0円。

食堂がついてる寮もあり、食費も非常に安く抑えることが出来ます。

 

田舎に行くとコールセンターで派遣社員として雇われて時給1000円以下で働いている人が普通にいたりします。

そんな生活をするのであれば、家族で期間工の仕事がある地域に引っ越しをして、自宅から通う生活をしたほうが生活の質は上がるはず。

 

自分でビジネスをしても稼げる保証はありません。

しかし期間工であれば頑張れば頑張っただけお金が稼げます。

 

能力が認められれば正社員への登用もあり、そうなれば最高クラスの給与と福利厚生が約束されるのです。

期間工の選び方とおすすめの辞め方。将来の不安は対策出来る
ビジネスに投じるための原資を作りたい。 種銭を作る手段を探している。 このような方にバイトや短期の派遣を実践することを、これまでおすすめしてきました。 しかし、最近になり、期限を区切るのであ...

リペア(修理)ビジネス

土地や人件費が安いメリットを活用し、業者市やネットーオークションで激安で販売されている状態が悪い商品を修理して転売するビジネスです。

修理を施すことで物の価値を高めることが出来るので、元本割れしにくく、広大な土地を用意しやすい田舎との相性も良いビジネスです。

田舎で失敗する商売

このパートでは田舎で稼ぎにくいビジネスモデルについて解説をしていきます。

田舎に移住をしてビジネスを始めたい方は知識をきちんと入れて、失敗を防いでいきましょう。

駅前の立地を狙った商売

飲食店などが該当します。

田舎の場合は車社会であり、駅前がそれほど発展してないことも珍しくありません。

都心に住んでいた方が田舎に移住をして商売を始めようとすると、こういったギャプに気がつけずに失敗をすることになります。

 

バブルのときには栄えてた駅前の商店街も、店主の高齢化や大型ショッピングモールの出店で淘汰をされ、シャッター通りになっていたりします。

いつの時代も立地は重要ですが、地方においては駅チカである事が成功に直結しないことがあるのです。

アパート経営

国全体の人口が減り、地方から都心部への流入が増える中、田舎にアパートを建築するのは狂っているとしか言えません。

需要が少なく、古くなるたびに更新や家賃は下がっていくため、回収できずに借金がだけが残るケースも。

 

空き家が増え、新しい家はもう必要ないとも言われます。

本当に田舎の土地にアパートを建てて、それが20年、30年とその土地に住む人に必要とされるかを考えましょう。

景気に関係なく稼げるビジネスを構築する

景気の影響について考えてみましょう。

 

例えば不動産であれば景気が上向いている時は物件価値が上昇して稼ぎやすいです。

しかし景気が後退したり周りに競合が増えると稼ぐのが難しくなっていきます。

 

一方で私達が毎日着る衣料品はどうでしょうか?

景気が良くても悪くても需要が常に存在します。

 

あるいは仕事に使う業務用機器はどうでしょうか?

やはり仕事で必要なため、常に一定の注文が入り続けます。

 

景気の影響について考える時に私が大事だと考えることは、一つのビジネスモデルに依存しないということです。

 

私の顧客に農業をやっている方がいますが、彼は自分のビジネスに将来性がないことを理解しています。

なぜならその地に骨を埋めて本気で取り組んでも年収500万すら稼げない事を知っているからです。

 

もちろんこれを品種改良して付加価値を上げて立て直す事も可能であろうかと思います。

しかしそれをやる労力よりも、同じエネルギーをインターネットビジネスに投じたほうが高い期待値を得られると彼は考えています。

 

そして実際に農業単体で取り組んでいた時代から収入はすでに1.5倍になっています。

今後これが2倍、3倍と増えていく事も理解できているので頑張れているわけです。

 

農業は規制もあり、農地を自由に売却したり、事業を整理するのが難しい仕事です。

親が残した借金を子供が引き継いでいる事もあり、辞めたいのに辞められずに悩んでいる人は少なくありません。

 

昨今では農地の売却に特化した業者や、農業に新規参入する業者に貸すなど、農業から撤退しやすいインフラが整ってきています。

もし僕の顧客のように農業をやっても稼げない、繁忙期以外は収入がゼロになる生活に耐えられないという方は、農業からの撤退に向けて動いていきましょう。

特許でも持ってない限り、農業が今後飛躍的に伸びることはありません。

 

慣れ親しんだ地で長く生活すればするほど自分の日常に対して疑問を持たなくなります。

 

周りも収入が低い。

だから自分も低くて仕方がない。

このように考えるようになっていきます。

 

真実は真逆です。

どのような地にいようと収入を高める事が可能。

 

ただし地の利を活かしたり、参入障壁が高いビジネスモデルもあるので、慎重に取り組むビジネスは決めなければなりません。

現代は素晴らしいテクノロジーとインフラが整備され、組織に属さなくても自分で稼ぐことが容易になっています。

 

今の時代に稼げてない人間というのは戦略性が欠如した人生を生きています。

この記事を読むあなたには俯瞰をする視点をシェアしました。

 

どのような状態にあなたが今あろうとも、希望を持ち行動をしていけば良いです。

田舎で商売(ビジネス)をして最短で稼ぐ方法

このパートではもし僕が田舎で起業するなら、どうやって稼いでいくか?を具体的に考察していきます。

 

僕が最初にやるビジネスとして選ぶのは、転売というビジネスモデルです。

 

なぜ転売なのかというと、

田舎は家賃が安く、広い部屋や倉庫を契約するのが簡単
車社会なので、お店が大きかったり車移動をする事に抵抗がないメンタリティの方が多い

こういった特性が田舎にはあるので、それが転売ビジネスと非常に相性がいいからなんです。

 

東京近郊や地方の衛星都市に住まれている方は車がなくても生活が出来てしまうので、転売のために車で仕入れに行って欲しいとお願いをしても運転するのは嫌だと言われることが少なくありません。

しかし地方だと、車が足であり、運転をする事は当たり前です。

 

車を使って最短即日稼げる。

短い期間(半年以内)で軌道に乗せることが出来る。

 

こういった理由から転売が初心者の方にはおすすめなのです。

 

ただ転売にもデメリットがあり、仕入れのために資金が必要だったり、ノウハウを学ぶために初期投資が必要になります。

仕入れ資金は300万円ほどあれば月収60万円以上を目指していくことが出来ます。

 

しかし300万円の資金すら用意できない場合は、資本を求められない無在庫転売という形で少しずつ稼いでいくしかありません。

無在庫転売は少し前までは1ヶ月で30万円を稼げていたのですが、現在では規制をされ稼げるスピードがゆっくりになりました。

 

資金のない方は期間工のお仕事をしながら、無在庫転売をやりながら1年〜2年ほどかけてまずは300万〜500万ほどの資金を作るのがおすすめです。

遠回りに見えるかもしれませんが、ビジネスにはどうしても原資が必要。

原資がなければ勝負の舞台に上がることも出来ません。

 

資金が300万ほど出来たら、店舗せどりをスタートしていきます。

月に数回泊まり込みで仕入れにでかけ、店頭で安く売られている商品を仕入れていくのです。

 

そして自宅の近くで仕入れた商品の検品や納品を手伝ってくれるアルバイトを雇います。

田舎の場合は人件費が安いメリットがあるので、時給1000円も出せばすぐに集まるはず。

 

自分は仕入れに徹し、毎日仕入れた商品が販売から発送まで自動で回る仕組みを作ります。

転売ビジネスは出た利益を再投資して、何度も何度も資金を回転させながら増やしていく商売です。

 

ですので、出た利益を回収できるようになるのは、最短で半年〜1年後程度を見て下さい。

最初の間はカツカツだと思いますが、短期間で年収700万以上を目指せると思えば頑張れるはず。

 

東京で年収700万だと余裕のある生活は出来ませんが、田舎で年収700万あったら充分だと思います。

地域で一番立派なお屋敷に住み、快適な生活を続けることが出来るはず。

 

せどり転売だけでも年収700万以上に到達できますが、ここから先にさらに事業を伸ばしたいのであれば、自社商品を作ったり、クラウドファンディングをしてみたり、輸入や輸出の独占販売権を獲得する、買取ビジネスをスタートするといった事が可能です。

転売を基軸に物販ビジネスを深めていくことで、年収1000万以上も充分に可能です。

まとめ:戦略的に田舎を選べば人生は好転する

先祖代々住んでいたから田舎に住むといった選び方ではなく、田舎の利点を最大限に活かせる選び方をすれば収入を高めて室の高い人生を手に入れることが可能です。

 

今あなたが住んでいる田舎は本当に日本全国と比較して一番良い土地ですか?

同等の家賃でもっと住みやすく物価の安い街があるのに、その土地に固執する理由は?

 

すぐに全てを変えるのは難しい。

でも、少しずつ行動を起こしていけば人生はいつからでも良い方向に動かすことが出来るのです。

 

これを読む方が田舎という閉鎖的な空間に絶望することなく、一刻も早くお金の問題を解決して幸せな人生を手に入れられることを願っています。