転売で失敗する理由はプラットフォーム!Amazonを使うな!

転売失敗 転売
この記事は約23分で読めます。

転売ビジネスは自動化との相性もよく、大きく稼いでる人がたくさんいます。

その一方で全く稼げなかったり、少額(月30万以下)しか稼げずに、そこで成長が停止してしまう方もいます。

 

この記事ではなぜ転売で失敗してしまうのか。

どうすれば今から転売で成功できるのかを解説していきます。

 

輸入転売で失敗する理由

 

僕が輸入ビジネスに参入したのは28歳の頃だったと思います。

 

船原さんという輸入ビジネスの世界では有名な人の教材を買って

参入をしました。

 

けど全然稼げなかったです。

 

当時はすでにノウハウが広がっていて、

価格差のある商品を見つけることが出来ても

それを皆が同時に仕入れて同時に販売をするから

日本に到着する頃には利益が出なくなるというのが普通にありました。

 

また、利益が出ても利益率がとても悪く10%という世界。

 

10万円稼ごうと思ったら100万円の資金がないと出来ません。

 

僕はこのカラクリを知った時になんとも割の合わないゲームだなって思ったんです。

 

僕は当時せどりですでに稼げていて、利益率は40%以上コンスタントに出ていました。

 

同じ作業時間を投入したら、輸入と同じ資金を投じた時に4倍稼げる。

 

一方で輸入は朝から晩までずっとリサーチをしても

利益の出る商品は殆ど見つからない。

 

見つけることが出来ても仕入れて日本で販売する頃には暴落。

 

転送業者や送料などコストも何もしなくてもかかる。

コスパ悪すぎだろ、ふざけんなーとなりましたw

 

僕は頑張るからにはその努力がダイレクトに報われるべきだと思ってます。

 

努力が報われるからもっとやろう、もっと頑張ろうと思えるんです。

 

だから朝から晩までリサーチして、儲かる商品が見つからず、

見つかっても暴落、売れても利益率10%なんてアホらしいゲームには参入すべきじゃない。

 

後から知ったんだけど、輸入で稼いでる人は外注さんや社員さんを複数抱えて、

朝から晩までリサーチできる人間を何人も雇っているのでした。

 

そんな人達に一人で参入して勝てるわけがないよね。

こいいうカラクリを誰も教えてくれないので今回暴露します。

 

悪いことはいわんので、最初はせどりから言ったほうがいいですよ。

煽りでも奢りでもなくそっちのほうが成功率も高いし、利益も良いので。

 

過去に輸入にチャレンジしたが稼げなかったという人に向けて、メッセージを伝えていきます。

 

今ネットビジネス界におけるノウハウとインフラは歴史上最も充実しており、この状態で稼げないというのは単にノウハウの欠陥であると言えます。

 

もちろんノウハウとセットで行動を司るマインドセットを変えるというのも大事です。

 

ですが入口の部分のノウハウがゴミだとどれだけ努力をしても報われないんですね。

 

なぜ輸入で挫折をするのか、資金が増えないのかを今回は解き明かし、それらを解決するソリューションを示していきます。

 

僕が最初に輸入ビジネスを勉強した時、業界ではアンティーク商品をeBayで仕入れて転売しましょうというノウハウが広がっていました。

 

このやり方は現在でも稼げるし、仕組みを作っていくことで利益を拡大することが可能でしょう。

 

しかし中古商品を扱うので月単位の仕入れにブレが出ますし、大量仕入れ、大量販売が出来ないという欠点がある。

これだけだと月利100万を超えるのは困難です。

 

じゃあ新品はどうなのかというと、稼げるのですが代行会社というものを使い送料を二重三重に払わねばなりません。

 

僕自身が作業をしていて感じたのは仕入れの段階では利益が出るものでも、転送会社を通し、日本までの送料を支払う間に利益が削られ、さらには競合も仕入れているので日本に届いたときには赤字になる事があるという事です。

 

要は仕入れから販売までのラグがあり、入り口の段階でも利幅が薄い商品を取っていくため余裕がない。

 

この戦略だと勝てるのは巨大資本を持ってる一握りの人だけになってしまいます。

 

ビジネスを始めたばかりの人がこういった複雑かつ、管理も難しい仕組みを実装できるのかというと疑問です。

実際こういった実情を知った人が挫折をして撤退をしていくのです。実にもったいない。

 

中間マージンが発生する要素は可能な限りゼロにすべきです。

マージンが増えれば増えるほどあなたの利益は減ってしまいます。

 

輸入ビジネスをするのであれば代行会社を使わないと仕入れられないやり方を最初に取り組むべきではないです。

それらは慣れてきて、資金が増えてからやればいいのです。

 

キャッシュフローもまた輸入ビジネスを挫折に直結させると考えます。

 

輸入で仕入れた商品が日本に届くまで1周間はかかりますから、どれだけ利益が良い商品を仕入れてもそれが現金化出来るのは2週間以降になっていきます。

 

もちろん国内に到着するとFBAに納品をやってくれる業者もあるのですが、それでも国内転売と比べた時にキャッシュフローの悪さは否めません。

 

一般的にキャッシュフローが悪いビジネス(不動産など)は大量に資金を保有している人でないと運用することが出来ません。

 

ですからあなたがまとまった資金(200万以上)ないならば輸入で大量仕入れ大量販売する戦法を取ることはおすすめしません。

 

利益が出なくても固定費が発生するスキーム

 

僕が輸入ビジネスの稼げない(稼ぎにくい)スキームを見ていて思うのは、利益が出ない段階から固定費多すぎでしょって事。

 

国内転売であれば固定費ゼロでもお金を稼げるスキームがゴロゴロありますが、輸入であれば発送代行会社、商品登録の外注、卸交渉の外注などなど、稼げてない段階から持ち出しが多すぎるんですよね。

 

在庫を持たずに稼ぐ方法は輸入だと卸か、VIP会員になるしか方法はないので、初心者の人はまずここで挫折をします。

在庫を持つ方法も大量仕入れ大量販売が前提なのでやはり初心者には厳しい。

 

率直にハードルが高すぎるし、求められる資本レベルも大きすぎて稼ぎにくい構造だと感じています。

 

このように上手く行かない方法というのは決まっているので、今やろうとしているやり方がこれらに該当するのであればおすすめをしません。

 

むしろこの逆を行くことで最短で稼げるようになる道を歩むことが出来ます。

 

固定費のかからない輸入をやろう

 

稼げなくても固定費がかかったり、そもそも再現性が皆無な手法(卸、VIP交渉)をやったら挫折は必然です。

これらのやり方をビジネス初心者の段階でやることを僕はおすすめしません。

 

代行会社も、卸契約もVIP契約なしでも輸入で稼ぐことは可能です。

 

どうすればいいかというとまず仕入先を厳選します。

 

日本に直送してくれる卸やショップに特化します。

 

ブランド商品でそういった商品が見つけられるのであれば、それを無在庫で売ると良いでしょう。

ただしそういう商品はライバルも多いので稼ぎにくいと思いますが。

 

僕のオススメはノーブランド、日本ではマイナーなブランドを在庫を持って転売するやり方です。

 

これであればリスクも少なく、仕入れ単価も低いので失敗しても痛手は低い。

そういう商品をリサーチしてまずは20種類〜50種類ほど仕入れます。

 

期待値が高い商品を複数在庫を持ち、それを販売する。

これをやればトータルの収益が赤字になるというのは考えにくいです。

 

そしてこれにかかる原資というのはとても少ないです。

5万円もあれば十分な数の仕入れが出来、データを取れるでしょう。

 

その5万円をまずは6万、7万にするという所から始めれば良いんです。

 

それを複利の力で増やしていけば、資金はどんどん増え、

大規模な仕入れやより多くの種類に投資をすることが出来るようになります。

 

作業に慣れてきたら外注さんを雇いリサーチや販売を自動化していきます。

 

今は代行会社も増えてきており、単調作業を外注化するのはとても簡単です。

代行会社と外注さんを上手に使い分けることでコストを抑えながら部分自動を進めることが出来ます。

 

そして部分自動を組み合わせることで完全自動が実現するので

このマインドセットで仕組みを作っていきましょう。

 

自分で全てをやる人はすぐに限界が来て

稼げなくなっていきます。

 

同じ作業の繰り返しは人間のモチベを低下させ、やる気を削いでいきます。

 

これの意味する所は誰でも出来る単調作業をやればやるほどやる気が落ちていき、

その結果として稼げなくなっていくということです。

 

物販をやって3ヶ月以上経ってるのに稼げていない、

収入が頭打ちになってる人は全てを自分でやってしまっています。

 

一方で自動化を進めてる人は売上が上がっても作業量が増えないので

どんどんと浮いた時間で新たな仕組みを作って稼げるようになっていきます。

 

物販で稼ぐ上でこの差は時間が経てば経つほど大きくなっていくので覚えておきましょう。

 

過去に輸入に挑戦したけど稼げなかった人って、その人に問題があるのではなくノウハウに問題があったと思うんです。

 

今回の記事で掘り下げてその辺りを解説しましたが、そもそもハードルが高すぎるやり方で取り組んでいませんでしたか?

それで稼げないのはあなたの努力不足ではなく、間違った努力をしていただけ。

 

きちんとステップを踏むことで初心者でもビジネスで稼ぐことは可能です。

 

今はノウハウもインフラも本当に充実しており、物販ビジネスで稼げないというのは考えにくいです。

 

我流でやったらもちろん稼げませんが、きちんとした仕組みと行動習慣を身につければ1ヶ月目から黒字にならないとおかしいんです。

 

まだ稼げてない、赤字になっている、稼げる道が見えないという人は自分のやり方が時代遅れになっていないか、そもそも無理ゲーをやっていないかを確認していきましょう。

 

中国輸入せどりであなたが稼げなかった理由

 

過去に輸入ビジネスをやってみたが、ちっとも稼げなかったという人は少なくないと思います。

僕もその一人です。

 

船原さんとか、時さんのノウハウを買っては見たものの全然稼げなかったんですね。

 

でも今は輸入で稼げていますし、教えた人たちも最初の月から黒字で稼げています。

 

何が変わったことでこのような変化が訪れたのかを今回は解説します。

 

輸入で稼げない理由は在庫を持ってAmazonやメルカリで転売するから

 

昔の輸入ノウハウって在庫を持つことが前提のビジネスでした。

 

売れるかどうかわからない商品を大量に仕入れる。

これをやらなければならず、精神的な負担が大きかったです。

 

一点一点仕入れる中古輸入という方法もあるのですが、販売先がヤフオクなので作業が多くてめんどいです。

 

仕入れた商品が確実に売れる保証はないですし、売れるまでに時間がかかることもある。

 

僕は物販ビジネスの入り口で在庫を持つという選択は可能な限り避けるべきだと思っています。

在庫を持つから資金が必要になるし、資金が必要だから行動が出来なくなるんです。

 

でも無在庫であれば資金も在庫も不要なので、日本語を理解出来て行動さえ出来れば結果は出ます。

 

今のノウハウは在庫も資金も不要なんですね。

そして販売先はヤフオクを使いますが、コピペ作業で完結するので負担は少ない。

 

すぐに作業を覚えて外注さんに任せることが出来る様になるんです。

 

昔の無在庫転売はBUYMAとネットショップしかなかった

 

昔のノウハウはダメだと思うのは、無在庫だとBUYMAを使うというスキームだという事です。

 

これは後発ほど不利ですし、作業量が尋常じゃないので殆どの人は挫折すると思います。

そしてうまく軌道に乗せた所で大きく稼ぐことは難しいのでコスパが悪いです。

 

今は単調作業を組み合わせて外注化して、自分は作業ゼロの状態でも稼ぐことが出来ます。

そして稼げるまでの期間も短いですし、稼げる金額も皆さんが求める30万というラインを問題なく狙っていけます。

 

過去のノウハウではこれは無理でした。

自分も作業しまくってようやっと稼げる。

そういう感じだったんです。

 

昔のノウハウは中国輸入=タオバオだった

 

中国輸入に目を向ければタオバオ仕入れのノウハウしかありませんでした。

 

一度にまとまった量を仕入れねばならず、代行会社を通さないと輸入できない。

そのくせ作業量が多くあんま稼げない…。

非常にコスパが悪いノウハウだったんです。

 

今はタオバオは使いませんし、代行会社も使いません。

購入単位は1個から買い付けが可能で、しかもこれを無在庫でやります。

 

ですから挫折要因もないですし、維持費もかからないので取り組みやすい。

 

今から3年とか4年ぐらい前に輸入をやって稼げなかった人は、ノウハウのせいだと思って下さい。

あの時代はスキームがクソすぎました。

 

今はノウハウがまじでいいです。

最初から自動化、他人の労力にタダで乗っかるというのが簡単に出来るようになっている。

 

今の人っていいよなぁ…っていつも思ってますw

 

実際今教えている人で手を動かしてる人は皆稼げるようになっているので、ノウハウが優れているのは疑いのない事実です。

スマホの性能も上がって、スマホ一台で作業が完結させることだって出来るようになった。

 

今の時代転売やせどりをやって月利30万すら行かないって完全にギャグだと思ってます。

 

こんだけノウハウとインフラが素晴らしい時代に取り組んでいて、30万すら稼げないって、ちゃんと勉強してないか、我流でやっているかのどちらからです。

 

在庫持たなくても稼げるのに作業出来ないとかありえないですから。

結果が出るまで時間がかかるBUYMAやネットショップも使わなくていいんですよ。

 

最短一日で結果が出ます。今は。

 

過去に参入したけど稼げなかった人は、この記事を参考に何がダメだったのかを振り返るといいです。

あなたのせいじゃないですよ。

 

昔のノウハウがクソすぎただけです。

 

販売場所がAmazon、ヤフオクなんて論外

 

輸入ビジネスが糞だと思うもう一つの理由は、

販売場所がヤフオクだということ。

 

これだと毎回写真を撮って出品して、売れたら梱包して発送しないといけないですよね。

 

代行サービスや外注にやらせる事もできますけど、

Amazonでの販売と比べてハードルがずいぶん高い。

 

この時点で挫折率は相当高いです。

 

じゃあ海外から仕入れた商品をAmazonで売ればいいじゃんて思うかもしれないけど、

これも致命的な欠陥があります。

 

それは日本の代理店や競合が邪魔をしてきて

アカウントを停止に追い込んでくるという事。

 

どういう事か意味が不明だと思うので解説します。

 

海外と日本で価格差があるものとして、例えばコーチっていうブランドがある。

 

僕も買ったことがあるブランドですが、物はいいですよね。

 

で、これを米国で買うと日本の半額とか、3分の1とかもっと安く買えることが普通にある。

けど日本からは注文できないようにされていて、転送業者から買おうとしても弾かれる。

 

こういうブランドがたくさんあり価格差を見つけても

持続的に仕入れることが困難なわけです。

 

そしてこういった網を抜けてようやっと儲かるメーカーやブランドを見つけたとしましょう。

 

海外と日本の価格差があるという事は、日本でそれを販売している代理店からしたら

安く転売されると面白くないです。

 

だから難癖をつけて潰しにきます。

これは正規で買ってないから偽物とか。

 

僕はBUYMAで販売をしていたことがあるのですが、

正規のオンラインストアで買った商品を偽物判定された事があります。

 

その事が不服だったのでクレームをしたらアカウントを消されました。

 

同じことはAmazonでもあります。

 

カタログ登録されていることころに出品をすると

そのカタログを作った業者が購入をしてこれは偽物だと難癖をつける。

 

そうやってアカウントを停止に追い込み

自分だけが販売できるような仕組みを作っているんです。

 

これは自由競争でもなんでもないですよね。

 

これに対する解決策はネットショップを自分で作ることなんだけど、

これはこれでハードル高く、大変な割にあんま儲からないので割にあわない。

 

商品によっては無在庫で扱えるものもありますが、

無在庫にすると成約率が落ちるのでこのやり方で大きく稼ぐのは難しい。

 

結局在庫を持たないといけないです。

そしてそのためにはお金もかかる。

 

海外から引っ張ってくるから送料もかかるし関税もかかる。

 

資金が数千万単位でないと稼げないです。

電脳せどりみたいな感じ。

 

だからこういう割の合わないゲームに最初の段階で参入するのはおすすめしないです。

 

感情論ではなくて自分で実際に手を動かし、コンサルも入れて実践をし、

スタッフを入れてレバをかけて行動をしました。

 

それでも1ミリも稼げる気配がなかった。

そしてコスパは超絶悪い。

 

僕の読者さんは同じ思いをして欲しくないです。

 

だからせどり→サイトアフィリエイト。

この流れで年間600万から1000万を稼いで、次のステップに進んでいって下さい。

 

どうしても輸入に参入するならこのタイミングでいいと思ってます。

 

けど在庫持つビジネスはしんどいんで、

僕としてはせどりで数千万稼いで、サイトアフィリエイトに行くというのを強くおすすめします。

 

 

僕は一貫して安定堅実でありながら、最速最短という世界を目指してやってきました。

 

ありとあらゆるネットビジネスにチャレンジをし、

持続的に安定的に稼ぎ続けられると判断したのがせどり。

 

そして時間はかかるが大きく稼げると判断したのがアフィリエイトです。

 

さらに大きく稼げるのは情報発信ですが、

これは実践できる人は極めて限られるので推奨しません。

 

このような経緯があるので、僕としてはコスパが悪く、挫折率が高い輸入ではなくて、

先に国内転売、せどりをやることをおすすめします。

 

Amazonの規制にどうやって対応していけばいいか?

 

数年前であればアマゾンを使ったせどりはビジネス初心者向けの提案でした。

どんな人でも取り組みやすく、結果を出しやすかったのでアマゾンを使って稼ぎましょうという提案が通りやすかったのです。

 

しかし昨今では最初にアマゾンやらないほうが良くなってきています。

一体どういうことなのか解説をします。

 

中古商品、新品商品に関係なく出品をしようとすると規制解除をしなければいけない商品が増えてきました。

その背景には動画でも話した通り偽物や、メーカーに対するクレームの増大があると見ています。

 

今後もアマゾンにおける規制は更に厳しくなりますし、それに伴いハードルが上がることは間違いないでしょう。

 

規制を解除する方法はもちろんあるのですが、規制解除のために資本が求められるため、規制されているジャンルに初心者が参入するの余り賢明ではない。

 

ではどうすればいいのか?

 

僕はこれから物販ビジネスを始めるならヤフオクから入るのが一番結果を出しやすいと思います。

 

そしてヤフオクを自動化しつつ、資金を作ってからアマゾンには参入をする。

これが最も手堅いステップアップではないかと考えます。

 

短い期間で大きく稼げるアマゾンですが、それには資本も労力も必要になってくるので、まずは最初の100万をヤフオクで稼げるようになる。

それが出来たら他の市場にも応用を効かせていきます。

 

これをやる事により、特定の市場への依存が減り、どんな市況変化にも対応が出来るようになります。

 

ヤフオクは初心者向けの市場として今後も稼ぎやすい土壌であり続けると思いますが、誰でも出来るやり方はどんどん飽和していきます。

入り口としてはありだと考えますが、長くやるものではありません

 

そう遠くない未来に、アマゾンやメルカリの次ぐプラットフォームが出てくると見ています。

メルカリがヤフオクの出品の煩わしさを解消したように、アマゾンの出品の複雑さや販売手数料の高さを解決するサービスが出てきてもおかしくないです。

 

その時に対応できる人は今後も安泰ですし、特定の市場や手法にしがみつく人は消えていくでしょう。

 

変化の激しいビジネスの世界ですが、物販ビジネスが引き続き最も簡単に月収100万に到達できるやり方である事に変わりはありません。

腕を磨いてどんどん次のステップへと進んでいきましょう。

 

輸出ビジネスで失敗する理由

 

輸出ビジネスもまた超絶無理ゲーであり、最初に取り組むべきではありません。

 

その理由としてeBayには販売規制がかかっており、儲かる商品を見つけることが出来ても、ガンガン出品していくことが出来ない。

また、プラットフォームのため、規制されたり、いつアカウントが削除されても、文句をいうことが出来ません。

これは各国のAmazonでも同じ事です。

 

eBay輸出は儲からない!ツール使って無在庫始めてもリサーチで挫折
細野です。 最短で稼ぐ事を考えた時に、物販というのは最も現実的かつ再現性が高い手法であると言えます。 物販以外の道を選んだ瞬間に、あなたの特殊能力でもない限り、険しい道が待ち構えています。 大半の人は稼ぐ上...

 

全体的にプラットフォームはダウントレンドであり、小銭稼ぎ以上のビジネスに育てることが出来ない傾向にあります。

大きく稼ぐのであれば自分でネットショップを持ち、集客をして販売を出来る仕組みを作る以外に代案はありません。

 

稼ぎたいなら在庫は持つな。儲かる商売の鉄則を地で行く無在庫転売

 

どこの塾にも入らず、コミュニティにも属さず、お仲間を作ることもなく、淡々と自分の顧客と一緒にマーケットに向き合って早一年。

 

私達の手法というものは在庫を必要とせず、在宅顔出し不要で稼げる仕組みに仕上がりました。

さらに稼ぐスピードとしても1ヶ月で30万円(売上ではありません)を稼げるのが当たり前になり、非常に期待値の高いビジネスになりました。

 

チームで戦うという戦法を取り入れたことにより、良い条件で取引してくれる販売者や卸の情報をいくつも持つことが可能に。

そのことにより知識や経験がない人でも最初から稼げる。

経験を得た人は後輩が改良したさらに稼げる仕入先を得て、収益を伸ばしていくことが出来る。

 

体育会系が採用する先輩後輩システムをビジネスに応用したことで我々の収益性というのは他のどこにも劣らない強力なスキームになったのです。

 

巷を見渡すと、未だに在庫を持って販売をするやり方。

Amazonやメルカリなど一つのプラットフォームに依存する手法。

そして限られたジャンルの商品のみを販売する手法がもてはやされています。

 

私は一貫してこういったやり方は長期的には良い結果に繋がらないと言い続けて来ました。

実際周りを見渡せば最前線で活躍が出来ている人はほんのごく一部。

大半は稼げなくなったり、提案出来ることがなくなって消えていっています。

 

私はそういった屍を横目に、ひたすら次の次代を切り開くための種まきを続け、今まで来ました。

 

稼げてない人に何度も何度も伝えいたことは2つです。

 

時間がかかることやるな。

在庫を持つな。

 

この2つを守ればあなたも稼げる側に来ることが出来ます。

 

今やってるビジネスがこの2つのどちらかを満たしているから稼げないのです。

 

時間がかからないことというとすぐに飽和してしまうイメージが有ると思うのですが、それは仕組みが軟弱だから起きることです。

商品構成を豊富にして、扱う市場を何重にも持って、プラットフォームに依存しない状態になれば飽和など起こりえません。

 

事実私は完全に後発で参入をして、誰がどう見ても飽和しているジャンルで戦って実践2日で1日の利益が1万円を超えました。

このスピードは他のどんな副業を圧倒するものであり、私達が作り上げたスキームだからなし得ることです。

 

完全にオリジナルの手法であり、どんな高額塾やコンサルでも習うことは出来ません。

 

私が物販の活動に参加した時、遙か先に高額コンサルや塾を開催して結果を出している人がたくさんいました。

私はそれらにいくつか参加しましたが、どこに参加しても無在庫でこれだけ短い期間で大きく稼げる方法を教えてくれる人はいませんでした。

 

どの人もプラットフォーム依存であり、私のようにネットショップも組み合わせて稼ごうと言う人など皆無でした。

国内だけ、海外だけという人も多く、私のように世界中を相手に商売をすることを提案する人も皆無でした。

 

また無在庫を提案している人も、無在庫絶対主義みたいな人が多く、その後のステップを提案できていません。

私は資金が10万円を超えた時点で在庫を持つことを提案します。

 

電脳せどりという方法で在庫を持つことでより堅実な仕組みに出来ますし、外に行ける方は店舗せどりという転売をやることでさらに強力に稼げます。

 

私も買い物ついでにiPhoneで商品を調べることがありますが、飽和した飽和したと言われ続けながらも利益の出る商品が普通に見つかります。

 

もちろん店舗仕入れオンリーにしたら収益のブレは出るでしょう。

 

でも無在庫国内転売、無在庫輸入転売、無在庫輸出転売で足元が固まっている状態で、在庫を持つビジネスやったらどうなりますか?

負けるはずがないんです。

 

私が言っているのはまさにそこです。

全部やろうよ。

 

世の中では全部やる事を提案するのはいけないこととされます。

まずは範囲を絞ってやること。

一つのことを教えること。

 

私は物販というビジネスは習得する事が少なく、覚えるまでの時間も短いと考えています。

習得期間が短いものをダラダラと何ヶ月もやる理由ってあるんでしょうか?

 

覚えたらさっさと次のことを学び、出来ることを増やしていったほうがいいに決まってるんです。

私はそういう当たり前すぎる事を提案しています。

 

入り口の部分では在庫を持たずにビジネスをやるべきです。

しかしだからと言ってアフィリエイトに手を出すべきではありません。

 

なぜならアフィリエイトで参入2日で毎日1万円を稼ぐ仕組みを作ることは不可能だからです。

 

 

でも物販なら可能なんです。

 

あなたが遠回りをすることが好きでないなら、勝てない仕組みにしがみつくよりも勝てる仕組みで土壌に上がることを私はおすすめします。

作業をたくさんしないと稼げない。

在庫を持ったり、人を雇ってオフィスを構えないといけない。

そんなやり方に消耗していませんか?

一人で実践でき、収入が上がっても忙しくならないビジネスは情報発信だけです。

誰でも簡単にできるビジネスを追い求めて疲弊するのではなく、あなただから出来るビジネスを構築して、安全に稼いでいく。

収入が増えても忙しくなったり、管理が複雑になってQOLが低下しない仕組みの作り方を、メルマガ登録をしてくれた方に公開しています。

転売
SNSやってます。フォローミー!
記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです。SNSでのシェアも大歓迎です。


ビジネスと一杯のコーヒー