せどり転売のキャッシュフローを改善するコツを解説【即効性あり】

転売のキャッシュフロー改善キャッシュフロー
この記事は約16分で読めます。

せどりを継続しているのに、手元にお金が残らない。

売上は伸びているのに、お金を稼げた実感を持てない経験はありませんか?

 

僕は何度もあります。

 

リスクをしっかり管理して仕入れをしているつもりでも、転売ビジネスではどうしても不良在庫というのは発生してしまいます。

 

なので、在庫を持つ際は複数の商品を持ってトータルの収益がプラスになること。

ここを意識して実践することが重要です。

 

すべての在庫を黒字で売る
不良在庫をゼロにする
仕入れた商品は1ヶ月以内に全て売り切る

 

転売を始めたばかりの頃は誰もがこういった事を考えると思います。

 

 

しかし、これは実際にやるとわかるのですが、全てに商品を黒字にするのは難しいです。

不良在庫や赤字を減らそうと思って仕入れをしても、赤字や売れ残りというのはどうしても出てしまう。

 

転売ビジネスにはこういった罠が仕掛けられており、きちんと余裕のある資金繰りをしないと資金が増えないだけでなく、借金(リボルビング払いなど)を作ってしまう人もいます。

 

 

資金力に対してリスクを取りすぎていないか?
仕入れの基準値のルール化
損切りするラインや撤退する時期

 

なかなか利益が残らない方は、こういったポイントを確認しましょう。

 

それでもだめな場合、在庫を持つビジネスとの相性が悪い可能性あるので、無在庫販売で行くか、物販以外のビジネスを検討していきましょう。

 

この記事でははせどりや転売ビジネスのキャッシュフローをどうやって改善していけばいいかを掘り下げて解説し、あなたのビジネスの資金効率を改善します。

せどり転売におけるキャッシュフローとは?

せどり転売キャッシュフローとは?

 

安く仕入れて高く売る。

 

あなたが転売を始めた頃は、この事だけを考えていれば簡単に稼げると思っていませんでしたか?

 

実際この考え方は間違いではないのですが、ビジネスとして取り組む以上、お金の動き方、動かし方はきちんと理解しておく必要があります。

 

キャッシュフローというのは物凄くざっくり解説すると「あなたのビジネスの資金回転状況」と考えればよいです。

厳密にはこの説明は定義上正しくはないのですが、今あなたが抱えているお金が回らない‥という問題を解決するために、意図的に医薬をしています。

 

ビジネスで効率的にお金を増やすためには、資金回転率が最も重要です。

これはせどり転売でも全く同じで、仕入れた商品が売れて初めて利益が出る。

 

在庫というのは財務上は資産に計上をされますが、お金を増やすという目的から考えると、在庫を持っていても意味がないんですね。

 

例えばあなたの資金が10万円だとして、1万円の商品を10個仕入れたら、そこで資金はゼロ。

そしてこの商品が利益率20%で3ヶ月で売れたとしましょう。

 

トータルの利益は2万円で、資金が10万円から12万円に増えたことになります。

しかし3ヶ月の間新しい仕入れをすることは出来ず、この間資金は拘束された状態です。

 

もしあなたが1000円の商品で利益率が10%の商品を50個仕入れていたとします。

そしてその商品が1ヶ月で売れた場合、2ヶ月目移行は5,000円の利益が10万円の資金に追加。

10万5千円の資金で新たな仕入れにチャレンジをする事が出来るます。

 

転売は仕入れするために資金を先に使うビジネスであるため、手持ち現金が拘束される時間軸を意識しないと、キャッシュフローが悪化をしてしまうのです。

 

これが同じ資金と時間でも差が出る理由です。

 

資金回転についてしっかりと理解し、対策をしていく必要を感じられるのではないでしょうか。

利用するプラットフォーム別のキャッシュフローを比較

せどり転売を行うためには、プラットフォームの利用が不可欠です。

世の中には転売に活用できる様々なプラットフォームがあり、どこを使うかでキャッシュフローに差が生まれてきます。

 

そこでこのパートでは各プラットフォームのキャッシュフローについて掘り下げて、比較をしていきます。

ヤフオク

ここから物販ビジネスのキャッシュフローについて語っていきます。

 

まず最初にヤフオクです。

売上はペイペイまたは銀行に毎日出金が可能です。

様々なプラットフォームの中でCFは一番優れています。

 

即金性が欲しい方や資本力が少ない方はここからスタートするのがおすすめです。

ヤフーショッピング

初期設定だと月1回ですが、最大で月6回まで増やすことが出来ます。

手数料は上がってしまいますが、資金が少ない間は手数料を支払うデメリットを考慮しても利用したほうがいいです。

eBay

eBayでは決済にペイパルを使うので、ペイパルのキャッシュフローがeBayのキャッシュフローになります。

ペイパルでは自分の銀行口座に出金申請をしてから3日〜6日程度で送金をしてくれます。

なので3日から6日程度で資金を回せると考えれば良いでしょう。

イーベイで売る場合はクレジットカードを使う方が基本だと思うので、キャッシュフローは1ヶ月という余裕のある範囲で見ていくことが出来ます。

デビットカードで仕入れる方は銀行の残高を見ながらコマ目に出金していきましょう。

eBay輸出は儲からない!ツール使って無在庫始めてもリサーチで挫折
細野です。 最短で稼ぐ事を考えた時に、物販というのは最も現実的かつ再現性が高い手法であると言えます。 物販以外の道を選んだ瞬間に、あなたの特殊能力でもない限り、険しい道が待ち構えています。 大半の人は稼ぐ上...

Amazon

アマゾンでは売上金をAmazonが預かり手数料などを差し引いて出品者に送金をしてくれます。

その頻度は月に2回。

なので2週間は稼いだお金を自由に取り出せないという事になります。

ヤフオクに比べてキャッシュフローは若干悪くなります。

メルカリ

メルカリでは出金を申請してからお金を自分の銀行口座に送金をしてもらいます。

出金を出来るタイミングは月に4回あるので1週間に1回出金できることになります。

ヤフオクよりもキャッシュフローは悪いですが、初心者でも稼ぎやすく、売れる商品は出してすぐに売れるのでそこに魅力を感じる人も多いです。

BUYMA

BUYMAでは月に6回出金のタイミングがあります。

ですので5日に1回出金できると考えて良いでしょう。

バイマでは無在庫で商品を扱う人が多いと思うので仕入れをクレジットカードにしておけば資金繰りに不自由することはありません。

デビットカードで仕入れるという方は銀行の残高に注意しながら最短5日おきに出金をするといいでしょう。

ラクマ

ラクマは楽天銀行を使っていると即日送金してくれます。

楽天銀行以外だと2日から3日程度で送金されます。

メルカリよりもラクマはキャッシュフローが良いですね。

さらに手数料もかからないので利益が出しやすいです。

BASE

BASEは1日1回振込申請を行うことが出来ますので、CFで問題になることはまずないでしょう。

ネットショップを使う場合、第一に利用候補となるプラットフォームです。

ストアーズ

ストアーズは月末締めの翌月末払いですが、スピードキャッシュという有料オプションを使うことで申請日の翌日に振り込んでもらえるようになります。

BASEと比べると若干劣るのですが、ストアーズにはストアーズの良さがあるので、両方使い分けていくのがおすすめです。

shopify

入金申請をするとその週の金曜日に入金される仕組みになっています。

ストアーズのように有料オプションで入金サイクルを早めることは出来ません。

どうやって資金繰りをしていけばいいか?

自分が目標とする金額を稼ぐために資金繰りを考える人もいるでしょう。

 

物販ビジネスでは自分の手法から得られる利益率から必要とされる資金が逆算できます。

 

例えば利益率20%を出せる人で100万円を稼ぎたいのであれば500万円の資金があればOKです。

 

利益率10%であれば100万稼ぐのに1000万の資金が必要ということです。

これはネット仕入れの平均的な利益率です。

ネット仕入れには莫大な資金が必要であり、資金がない方が取り組んではいけません。

 

では自分が目標とする金額を稼ぐために資金が足りない時にどうすればいいか?という話ですが、いくつかプランがあります。

助成金や融資を受ける

起業をした人や会社を設立した人に与えられる助成金や融資を使い資金調達をします。

 

実績がある人であれば収支報告書を持って金融機関や公庫と交渉することで、300万程度は割と簡単に引っ張ってこれます。

やり方は簡単で、事業計画書を公庫を中心とする、起業直後の企業に融資をする期間に提出するだけです。

 

代行をしてくれる会社があるので、そういったものを利用しつつ、自身の実績とセットでPRをすれば落とされることはないはず。

 

実績がない方は今の手持ち資金を回しながら黒字経営を続けていきましょう。

しっかり堅実に黒字で推移をしていることを証明すれば、融資を受けやすくなっていきます。

クレジットカードで運用をする

クレジットカードを増やすというのも良い方法です。

会社員の方は信頼が高いので、クレジットカードの審査枠を与えてもらいやすいです。

 

僕であれば会社勤めをしたことがなかったので、最初の間は審査枠は10万円とかでしたw

それが30万になり、50万になり、現在は300万ほどの審査枠を与えて頂いています。

そういうカードが数枚あるのでクレジットカードだけで僕は1000万程度のお金を回すことが出来ます。

さすがにこれぐらいあると資金繰りで不自由することはないです。

 

クレカとは別に僕の場合現金もたくさんあるので資金について悩むことはまずありません。

 

今資金繰りに困っている方は融資とクレジットカードで問題を解決できないか考えてみて下さい。

 

そしてキャッシュフローが良いビジネスを複数組み合わせて短期間で資金を何度も何度も回転させて下さい。

そうすれば貴方の資金は雪だるま式に増えていき、一年間で資金が2倍3倍になっていきます。

 

また還元率が高いクレジットカードを選ぶことも有効です。

クレジットカードには利用金額に対して概ね1%程度の還元率が付与されていることが多いので、この特性を上手に使うことで、利益率を高めることが出来ます。

 

僕のオススメはKyash VIsaカードとリクルートカードの組合わせです。

これをやる事で仕入れ時のキャッシュバックが2.2%になります。

 

キャッシュレス決済のおすすめは【kyash+リクルートカード】
こんにちは、細野です。 先日Instagramにこのような投稿をしました。 2019年の8月より増税に備えて本格的に、キャッシュレス決済にシフトをしました。 その結果、実践半月で2,000円...

 

なお信頼がなくクレカが作れなかったり、借金がある方はまず借金を完済する事です。マイナスからのスタートの方はビジネス以前の方であり、そういう方は資本が求められるビジネスに参入すべきではありません。

 

今の仕事と並行して短期の仕事をこなし、とにかく借金を減らしていきましょう。

債務整理という方法もあります。

期間工を半年から1年ほどやる

そもそもの入り口で資金を100万すら持ってない方は、せどりや転売で大きく稼ぐのは不可能です。

 

資金100万以下の方で月に30万円以上稼ぎたい方は原資作りからスタートをしましょう。

 

期間工という仕事に半年から1年ほど取り組むと、200万〜400万程の貯蓄をすることが出来ます。

物販ビジネスの利益率は平均すると20%ほどになるため、200万の資金があれば月に40万円を稼げる計算になります。

 

あなたがどれだけ稼ぎたいかにもよるのですが、月に40万円の利益があれば、そこから先は複利で資金を増やしていけば、充分なリターンが得られるのではないでしょうか。

 

期間工が稼げることを知るまではアルバイトや短期の仕事をお願いしていたのですが、時給単価がこれらの仕事は低く貯蓄が出来ません。

期間工であれば住み込みで働くことが出来るので、家賃も0円。生活費を極限まで削減できるので、どんどん貯金が増えていきます。

 

期間工を実践できない方は、スマホや家賃などの固定費を見直し、毎月余剰資金が生み出す仕組みを作りましょう。

せどりや転売は資金力が物を言う世界なので、資金がないままでは稼げませんよ。

せどり転売のキャッシュフローを改善するコツを解説します

資金問題を解決する方法について解説をしてきましたので、ここからは回転率の問題を解決する方法を伝授していきます。

仕入れる段階で滞空時間が短い商品を選ぶ

即売れ商品と呼ばれる、出品するとすぐに売れる商材を扱いましょう。

 

新品中古に関係なく、売れやすい商材から、売れるまでに時間がかかる商材まで色々あります。

 

すでに自分が取り組むジャンルが決まっている場合は、自分が取り組むジャンルの中で細分化をして、売れるまでの期間を計測しましょう。

エクセルを使い、仕入れた日と売れた日、実際に出た利益(赤字の場合は損失額)を記録しましょう。

 

可視化をすることで、何がうまくいき、どんな時にうまくいかないかが明確になります。

 

扱う商品として、利益率や利益額の事は一旦忘れて、最初の間は回転率が高い商品で足元を固めましょう。

見込み利益を追い求めるのも大事なのですが、それは資金力があって出来ることです。

 

資金が少ない方はランキングや1ヶ月あたりの成約数が多い商品を最初は扱いましょう。

不良在庫を減らす

仕入れに失敗し、不良在庫や赤字になってしまった商品を抱えている人も読んでくれていると思います。

不良在庫に関しては、大きく3つの方法で段階別に在庫処分を行っていきます。

利益を出しながら撤退

まず現時点で利益が残せるラインにいるのであれば、利益出しながら撤退をしていきます。

具体的には損益分岐点となる限界ギリギリまで値下げをし、トントンで売り抜けることを目指します。

在庫を圧縮し、手持ち現金に変えることで次の仕入れに繋げるのです。

 

周りが値下げしているのに自分だけ高値圏で放置する手法(寝かせ)は資金力がない人にはおすすめしません。

待っていれば戻ってくることもあるのですが、大抵のケースで暴落し始めると戻りませんし、何よりも資金回転率が悪化します。

 

在庫は回転する事を前提に回していきますが、全ての商品が回転するわけではない。

 

売れるまでに時間がかかる商品もあり、時間をかけて利益がしっかり出るパターンもある。

だから売れるまでの時間や、利益率、利益額をバラけさせる事が重要です。

これが出来ると毎月の収益が安定をしていくようになります。

そして手元に残るお金も徐々に増えていきます。

 

仕入れすぎてしまった商品の保有数が多い時は、ヤフオクやフリルを使うなどして販売網を広げましょう。

マルチチャンネル機能を使うことでAmazon以外で売れた商品もFBAから出荷してもらうことが出来る様になるので、これを上手に使って余剰在庫を処分していきます。

 

間違えてしまったと気が付いた時は早めの損切りが重要です。

まだ行けるだろう、戻ってくるだろう。

こういった希望的観測は良くないです。

一気に値下げして損切り

ではどうすればいいかというと、損益分岐点ギリギリで販売しても動かない場合、値段を一気に半額に落として損切りを開始していきます。

ゆっくり値下げをするという考え方もあるのですが、一気に値下げすることで電脳せどらーが買い取ってくれることもあり、在庫を現金化したい時におすすめです。

 

個人的にFBAで販売するなら在庫回転は長くても半年以内だと思ってます。

2ヶ月以上ホールドして売れない商品は、よほど希少な製品でない限り、大幅に値下げをして現金化したほうがいい。

そしてそのお金を持って、より質の高い仕入れをしていくのです。

在庫処分 

最終的にはFBAで販売をして入金がマイナスにならないラインまで値下げをし、それでも売れなければ在庫を引きあげてヤフオクなどでまとめ売りをするか、在庫の放棄(廃棄)をします。

在庫を放棄するか、引き上げるか?の判断基準としては、ヤフオクやメルカリでの取引価格を見て、まとまったお金に出来るか?を見ていきます。

手間と時間がかかり、大型の商品の場合、赤字を確定してしまった方が時間を節約できるため、仕入れた在庫に固執をしないほうが良いと考えます。

赤字を減らす

仕入れた時に分析をしたモノレートや取引履歴の精度は、時間の経過とともに有効性が薄れていきます。

仕入れから売却までの期間は短ければ短いほど理想的なのです。

 

ではどうやって販売期間を短くすればいいのか?

これは価格改定ソフトを導入して、日々最安値圏を保持できるように自動化すればOKです。

 

価格改定ソフトの中には指定した値段以下になったら値下げに追従しない機能が搭載されているものもあるので、赤字が発生しないラインの範囲内で安全に価格調整が可能です。

せどりアプリのおすすめ2020【無料&有料】【至高の29選】
こんにちは、細野です。 現代におけるビジネスは情報戦であり、情報を制した人間が圧倒的に大きく勝ちます。 せどりというビジネスは、資本力もそうですが、効率的に情報を処理出来るアプリやツールを組み合わせて、それを適切に処理す...

有在庫転売と無在庫販売を上手に使い分ける

在庫を持って転売をする商品と、在庫を持たずに転売する商品を使い分けましょう。

 

在庫を持つのに適しているのは、出品すればすぐに売れて回収が出来る商材。

回転率が低く、売れるまでに時間がかかる商品は在庫を持たずに商品登録だけしておき、売れてから仕入れるという形態にしておけば、資金拘束時間を極限まで短くすることが出来ます。

 

キャッシュフローが回らなくなってしまう方は、仕入れる時に立てた在庫の回転期間が、見通しよりも悪化してしまい、資金繰りに詰まってしまっています。

今すでに資金回転で困っている方は売れるまでの期間や仕入れた商品が暴落して赤字になるリスクも考慮し、仕入れは厳格かつ慎重に行うようにしましょう。

 

在庫は可能な限り持たないことが理想です。

まとめ:キャッシュフローを改善してお金が残る運営を続けていこう

色々研究をしましたが、凡人が安定的に永続的に稼げるのが転売です。

これ以外のビジネスも稼げますが、再現性は一気に下がります。

 

求められる基準も転売のそれとは比較にならないほど高いです。

 

学歴がない、就職で評価されてない。

こういった立ち位置にある人であれば、転売以外で成功するのってかなり難しいと見ています。

 

もちろん絶対無理とは言いませんが、苦戦することは間違いないと思うんですよね。

だってこういう記事を書いたり、動画作って伝えたり、サイトにシステム設置して管理するってのをサクサク出来ますか?

その作業を覚えるのにだらだら何ヶ月もかかるのが実態だと思います。

 

でも転売だったら数日から1週間程度で作業を覚えて、初日から収益が発生するのが当たり前。

多少頭が悪くても稼げてる人がたくさんいる。

 

この実態を見ると、自分も出来そうだなって思いません?

 

こいつが稼げるんだから自分にも出来るに決まってる。

そう思ったほうがいいですよ。

実際出来るんで。

 

手元に利益が残らない問題ですが、売上と自分の報酬をごちゃまぜにしない事です。

自分の生活費を30万円とするならば、30万を超える利益を転売ビジネスで出さなければいけません。

 

30万以上稼げてないのに、30万円を銀行から引き出す。

これをやるから資金量が少なくなり、稼ぎがさらに減ってしまうのです。

 

物販ビジネスは資金量から逆算して取れる利益が決まるビジネスモデルです。

資金が少なければ稼げる金額は限定的。

キャッシュフローを改善しなければ、資金回転率も上がらず、残るお金は増えません。

 

戦略性を持って物販ビジネスに参入すること。

給与計算をしっかりし、事業のお金と生活費を一緒にしないように注意をしていきましょう。