コストコ転売で狙い目な商品

コストコ転売 コストコ転売
この記事は約3分で読めます。

どうも、細野です。

 

会員制スーパーのコストコは安価な商品がたくさんあり、転売向けの商材宝庫でもあります。

コストコを攻略するコツは多々ありますが、最も有効な方法はまずは、見切り品です。

 

コストコでは商品の回転率と売れ行きを重視しており、想定したペースで売れない商品は値段を下げて損切りします。

そういった商品はレジ近くで投げ売りされたり、価格を変更して販売しているので、まずはそういった商品を狙っていきます。

 

値札の所に「※」と書いてあったり、特徴的な印が記載されている商品は、新商品が販売されている型落ち商品です。

型落ち商品の仕入れはせどりで稼ぐ上で鉄板なので、ここをまずは覚えましょう。

 

なぜ型落ち商品で稼げるのかというと、型落ちの商品は段々と品切れになっていき、Amazonでも取り扱いが減っていくからです。

Amazonの取扱が終わると、Amazon以外の販売者の在庫だけが販売されるようになり、安い業者から消えていき、値段が切り上がっていきます。

気がつく頃には店頭で販売されている価格よりも高い価格になっており、そこで転売差益が発生するわけです。

 

このように転売で稼ぐには時間という概念を加える事で、ライバルよりも一段上の視点から仕入れを行うことが出来るようになります。

 

では具体的にはどういった商品がコストコでは狙い目なのでしょうか?

 

家電製品

 

まずは売り場面積の中でもかなりの広さを占めている家電です。

こちらは普段から家電の仕入れをされている方に特におすすめの狩場です。

 

相場観を頭に入れつつ、値札を見ていく。

型落ち商品でなくてもこれは安いのでは?と思うものがあれば調べていく。

 

取れる量としては限定的ですが、たまにこれはと思うものが見つかります。

そういった時に勝負出来るマインドというのも、コストコ仕入れでは大事になってきます。

怖気づついて仕入れを見送ってしまうという事も最初はあると思いますが、そういう悔しい経験を経て、仕入れが出来るようになっていくんです。

 

食品

 

カテゴリー規制が解除できてる人は、この分野を掘り下げていきましょう。

一つ一つの利益は薄いですが、まとめ買いや箱買いをする事で利益を出せる商品があります。

 

主には飲食店や、食品メーカーが一度に大量に購入をしてくれるので、たくさん仕入れてもすぐに売れていくことが多いです。

ですので、1個で利益を取ると言うよりは、まとめて仕入れて薄利多売で回していくイメージで取り組むと良いです。

 

おもちゃ

 

おもちゃもまた年間を通じて仕入れが出来る分野です。

コンスタントに見ていくことで、いつもは扱っていない商品やニッチな分野の商品を見つけることが出来ます。

1個で大きな利益を取ると言うよりは、利益は薄いけれど確実に売れる商品をたくさん販売していく事のほうが多いです。

 

アパレル

 

実はアパレルも仕入れの対象外です。

服はもちろんの事、カバンやアクセサリー、靴など幅広く仕入れ対象商品があります。

こちらもコツコツと開発をしてみて下さい。

 

無在庫転売

 

少し前まではネットショップで注文をとって、コストコから直送するという方法が稼げたのですが、オネストビーという業者がサービスを開始したことでこの手法では稼げなくなりました。

労働にはなってしまいますが、やはりせどりは店舗に出向いて直接仕入れをするのが稼ぎやすいです。

 

オネストビーに対応してないエリアであれば現在でも無在庫転売は通用するので、ネットショップと組み合わせて成約を取ればノーリスクで稼げる仕組みが作れます。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

コストコでの仕入れを身につけることで、仕入れ対象商品が増え、収益が安定をします。

ぜひコストコでの仕入れをマスターして、稼げるようになっていきましょう。