体に入れても安全なホワイトリスト食品

食べても安全な食品リスト

どうも、細野です。

 

発芽玄米を始めとする食事について提案した所、多くの方から高い効果を得られたという報告がありました。

 

私の責務は皆様の経済的自立とそれに付随するQOLの底上げであります。

従って食事についても重要なテーマであると考え、皆様や皆様のお子様、ご兄弟、ご姉妹、お父様、お母様の胃に入れても安全と断言できる食品リストを公開します。

 

このホワイトリストに掲載されている食品を中心とした食事をすれば血糖値は上がりません。

そして血糖値が上がらないので糖尿病やガンになるリスクを低減する事が出来ます。

若い人も受験勉強に集中できたり、資格試験に合格するまでの期間を短く出来るというメリットを得られます。

 

なおこのリストに掲載されている食品の比重を上げると食費が上がっていきます。

体に悪い食品ほど安価であり大量供給しやすいという特性があります。

ですから良い食を胃に入れるために稼ぐという動機。

これを持つことは非常に有効なのではないでしょうか。

 

お金に興味がない人もデブになって醜い姿を晒す恐怖。

糖尿病になり厳しい食事制限で余生を過ごす不自由さ。

癌になり抗がん剤で体も心もボロボロにしながら死んでいく恐ろしさ。

 

こういったものをイメージして「金を稼がなければいけない」という動機に変えてみましょう。

そうすれば脇目も振らずに金儲けに邁進してさっさと年収1000万を余裕ぶちかまして稼げるようになっていきます。

その解決策はメルマガで公開しております。

 

前置きが長くなりましたが、体に入れても安全なホワイトリストを公開します。

なおこのリストは研究を続けて不定期で更新をしていきます。

 

主食編

 

食べてもOK:発芽玄米、玄米、ライ麦パン、十割そば

食べないほうが良い:白米、うどん、ピザ、パスタ、白いパン、菓子パン、ラーメン

 

パンを買う時は乳化剤、グルテンを使用してないものを選びましょう。

 

このパートでは我々が主食として食べているお米やパン、麺類について扱います。

残念ながら主食とされている炭水化物を日本人は1日あたり150グラムから250グラム以上摂取しております。

 

健康的な生活を過ごすにはこの摂取量を60グラム以下まで落としたいです。

お茶碗一杯のお米に炭水化物が25グラム含まれているので、そこから逆算して炭水化物の摂取量を計算しましょう。

 

副食編

 

食べてもOK:赤身肉、放牧牛、鶏肉、魚、きのこ類、野菜

食べないほうが良い:揚げ物、じゃがいも、果物

 

副食とは主におかずの事を指します。

炭水化物を減らすとおかずの量が増えるので、ここを工夫することが大事になってきます。

 

外食編

 

行ってもOK:大戸屋、やよい軒、くら寿司(ロカボメニューあり)、すき家(ロカボメニューあり)、ブロンコビリー(米とサラダバーにあるパスタを抜くこと推奨)、鳥貴族(手羽先、ささみ、なんこつなどは糖質が低い)、フレッシュネスバーガー(低糖質メニューあり)

行かないことを推奨:マクドナルド、吉野家、松屋、居酒屋チェーン全般、ラーメンチェーン、ケンタッキー、サブウェイ、リンガーハット、ファミレス(一部のチェーンではロカボメニューがあります)、コンビニ(コスパ悪いし鮮度が低いものを売ってる)、スターバックス、

 

こちらのパートでは注文を気をつけることで健康を害すリスクを避けることが出来るお店を紹介しています。

外食したのに食事制限ばかりして楽しさが半減しては意味が無いので、注文を工夫することで楽しさを犠牲にせずに外食を楽しみましょう。

 

飲料酒類

 

飲んでも良い:辛口ワイン、蒸留酒、ウイスキー、ウォッカ、ココナッツミルク、豆乳、水、ブラックコーヒー、緑茶

飲まない方が良い:ビール、スポーツドリンク、炭酸飲料、ジュース、

 

このパートでは飲んでも良い飲料について扱います。

 

お菓子編

 

食べてもOK:カカオ85%以上のチョコレート、ナッツ

食べないほうが良い:クッキー、せんべい、ポテトチップス、ケーキ、菓子パン全般

 

お子様のいらっしゃる家庭では買い与えるケースも多いかと思います。

またお菓子を食べることが習慣化されている方もいらっしゃろうかと思います。

 

ほとんどのケースで市販のお菓子は健康的には害悪です。

カントリーマアムは死ぬほどうまいのですが、あんなものを日常的に食べてたらデブになってしまいます。

 

間食をすることでお腹も空かなくなってしまうので、お菓子はゼロにする事を目標に徐々に減らしていきましょう。

 

調味料、油

 

使ってもOK:ごま、胡椒、塩、エクストラヴァージンオリーブオイル

使わない方が良い:ケチャップ、ソース、醤油、みりん、キャノーラオイル

 

調味料は難しいです。

醤油NGにすると刺身類が食べられなくなりますからね。。

 

醤油やケチャップはオーガニック食品を使っていきましょう。

イオンに行くと売ってます。

 

まとめ

 

私が色々と実験をして絞り込んだホワイトリストですが、掘り下げることで食べてもOKな食品はまだまだたくさんあります。

冒頭でも申し上げた通りこのリストは今後も研究を続け、加筆修正を継続していきます。

 

世界規模で見ると日本の食は規制が厳しく安全と言われます。

しかしながら炭水化物に関しては明らかに過剰摂取なので、ここを気をつけてバランスさせていきましょう。

 

私は糖質ゼロではなく、糖質制限をするロカボを推奨します。

 

参考文献

 

この記事を書くために読んだ本です。

これ以外にも有益な書籍があればお知らせ下さい。

 

 

最終更新日