インスタ物販と無在庫転売の相性良さは抜群。コツはコンバージョン測定

インスタ物販 無在庫転売

この記事の所要時間: 714

ECを実践する上で一番の課題となるのは、集客です。

集客は主に、SEOとSNS、そして広告を使って行いますが、無料で実践できて結果が出るまでの期間が短いものがSNSです。

 

そして近年急速に勢いを伸ばしているのが、インスタグラムです。

スマートフォンの通信速度が上がり、画像を読み込むハードルが下がったこともあり、普及が進んでいます。

 

その中で影響力を持つ「インフルエンサー」と呼ばれる人が生まれ、インフルエンサーの人が紹介をした商品が爆発的に売れる現象が発生をしています。

これからのネットショップ運営を考える上で、インスタグラムを取り入れることは必須になってきています。

 

この記事では、

 

インスタグラムを使ってどうやってECサイトに集客すればいいか?
成約率を高めるコツ
改善をどのように行えばいいか

 

について、わかりやすく解説をしていきます。

インスタグラムとECサイトを連携させる

まず最初にやることは、自社が運営しているネットショップとインスタグラムを接続することです。

代表的なECサイト作成サービスであればこの機能は搭載されていますので、マニュアルを読みながら設定を済ませて下さい。

 

BASEとInstagram連携と販売方法を画像でわかりやすく解説
BASEでは、Instagramのショッピング機能を使うことができるのはご存知ですか? Instagramの投稿に商品タグ付けをして、BASEの販売ページに直接リンクすることができます。 Instagramには感度の高い...

 

連携完了後、自分の販売している商品画像をインスタグラムに投稿して、集客をかけていきます。

この投稿のやり方で成約率が変わってくるので、以下に要点をまとめます。

インサイトグラム集客攻略法(ノウハウ)

インスタグラムに投稿する上で覚えるべきは、ハッシュタグとストーリー機能です。

ハッシュタグについては、殆どの人が知っていると思います。

 

商品に関連するテーマを投稿に付与し、検索や同じテーマに興味を持ってる人に投稿を見つけてもらいやすくする機能です。

 

ストーリー機能というのは、フォロワーが一定数以上いないと使えない機能です。

相手の通知欄に表示された自分のアイコンをタップすると、自動的に表示される投稿で、ストーリー機能を使うと反応が取りやすいと言われています。

 

新規アカウントではこのストーリー機能が使えない(使う裏技はありますが、顧客利益を損なうため公開できません)ので、まずはハッシュタグを使って集客をかけていきます。

ハッシュタグの探し方

ハッシュタグを考える上で大事なことは、「反応が取れるハッシュタグは常に動いている」という事です。

このハッシュタグを使えば見込み客を集客できるというものが存在するのではなく、常に変化し続ける市況を読み解きながらLPO(販売ページ最適化)を行うことが基本です。

 

ではどうやって反応が取れるハッシュタグを見つけるのか?ですが、これは計測をしていきます。

CVR測定をして反応が取れるハッシュタグを絞り込む

対象のハッシュタグで投稿をした時のインプレッションをインサイト機能を使って計測します。

コンバージョン率を測定することで、数字ベースでの行動が出来るようになり、改善が行なえます。

 

ハッシュタグは1つの投稿に対して最大で30個までつける事が出来ます。

特に理由がなければこの30個の枠は使い切り、多くの層にリーチできる状態にするべきです。

 

インスタグラムはTwitterと異なり、過去の投稿を編集して追記することが可能です。

もしハッシュタグをつける習慣がなかったり、つけている数が少ないのであれば、過去の投稿に対してもハッシュタグを追記することをおすすめします。

インスタグラム集客ツールについて

規制が強化されてオワコン化したTwitterと異なり、インスタグラムでは集客ツールが現状まだ動いています。

複数の企業が参入をしてきており、その機能も日々進化をしています。

 

インスタグラムの集客ツールは大きく分けて2つあり、AIを使ったCVR改善ツールと、単調作業をひたすら反復するツールの二種類があります。

 

単調作業を繰り返すツールというのは、フォローマティックのようにひたすらフォローやいいね、コメントを繰り返すだけのツールです。

 

フォローマティックXYは凍結必至!今(2019)は稼げないツール
かつてTwitterアフィリエイトという、業界全体で大流行したアフィリエイト手法があります。 Twitterで見込み客を集めて、商品を紹介することで、サイトがない人でもアフィリエイト報酬を得ることが出来る。 このやり方に...

 

これでも反応は取れるのですが、自分でハッシュタグを考えて改善作業を行わなければいけないので効率があまり良くありません。

 

そこで出てきたのがAIを使った集客ツールです。

AIにアクションに対する反応率を計測させ、反応が良いものを残し、反応が低いものは自動的に削除するという作業を繰り返します。

機械学習をツールにさせることで、人間がCVRを見ながら改善しているのと変わらない運用が可能になるのです。

インスタ集客ツールの価格

無料で使うことが出来るツールもありますが、セキュリティ面で不安があるため、有料ツールを使っていきます。

 

AIを使うツールの相場は月1万〜2万円程度。

単調作業を延々と繰り返すだけのツールは500円〜5000円程度で利用が可能です。

 

僕自身は最初は単調系ツールを使っておりましたが、そこで反応を取るのはかなり難しかったです。

今はインスタ経由で、コンスタントに反応が取れるようになったため、多少高いもののAIを使った集客ツールに投資する価値はあると考えています。

フォロー+いいね+コメントが一番反応を取りやすいが、凍結リスクも高まる

CVR改善をしながら運用をする上で、フォローだけよりも、フォローといいねを同時にする。

フォローといいねだけよりも、フォローといいねとコメントを3つ同時に行うほうが反応が取りやすいです。

 

しかし同時に複数のアクションを大量にこなすと、ツールを使っていることがインスタグラムに検知をされて、制限をかけられたり、凍結をするリスクが上がってしまいます。

 

コメントは効果が高い集客手法の一つですが、見ず知らずの人からいきなりコメントされる事に不信感を持つ人もいます。

コメント機能を使う際には、相手の投稿に関連性のある文章を手動で投稿したほうが、ブロックされたり通報されるリスクは低くなると言えるでしょう。

投稿の頻度について

インスタグラムで反応を取り続けるためには、定期的な投稿を行ったほうが良いです。

具体的な頻度に関しては販売する商品によって異なるのですが、最初の間はいくつかパターンを用意して、まとめて投稿をしていくのがいいでしょう。

ツールの自動投稿や予約投稿機能を使うのもありです。

 

数を入れることで、自分の投稿で反応が一番取れている時間帯、CVRの高いハッシュタグやいいねがわかるようなるので、改善が進みます。

逆に投稿数が少なすぎると、どこを直せばいいのかがわからず、挫折に繋がってしまいます。

 

インスタグラムからの集客は上手にやれば、1ヶ月もせずに反応が取れるやり方です。

短期ビジネスとの相性もいいので、転売ヤーが取り入れる価値は大いにあります。

 

扱う商材のジャンルも関係ありません。

どんな分野の商材を投稿しても反応を取ることが出来るでしょう。

画像加工について

キャプション(文字入れ)、結合、エフェクトなどの画像加工を加えることで、反応率を上げることが出来ます。

画像結合はストーリー機能を使う前の繋ぎとして活用出来るでしょう。

1枚の画像を複数の投稿に分割(グリッド投稿)するのも、有効なやり方です。

 

グリッド投稿はツールでサポートされている他、アプリを使うことで実現が可能です。

まとめ

ECサイトの集客問題をインスタグラムは短期間で解決してくれる可能性を秘めています。

クセもあり、慣れるまでは地味な作業が続きますが、安定すると放ったらかしでも集客が可能になっていきます。

 

色々なアプローチを実験して、あなたのビジネスに活用をしていきましょう。