パソコン作業を長時間しても疲れない椅子。月に100万稼ぎ出す環境の作り方

椅子

どうも、細野です。

 

パソコンに向かって長時間作業する人は、作業環境へのケアが大事になってきます。

粗悪な環境だと体に負担がかかって効率が落ちることも、快適な環境であれば何時間でも打ち込めるようになります。

 

アニメーション制作やソフトウェア開発、トレードの現場では当たり前に取り入れられているプロフェッショナルの環境についてこの記事では解説をしていきます。

 

ディスプレイとパソコン用メガネ

 

まず最初にディスプレイの高さを調整しましょう。

ディスプレイの高さは自分の目線よりも低い位置にある方が顔を動かす範囲が少なくて済むので負担が減ります。

 

ディスプレイは2枚以上あると作業効率がはかどります。

これに関しては現在はとても安く購入できるので買うことをおすすめします。

 

そしてそれが出来たらパソコン用眼鏡を使いましょう。

パソコンのディスプレイから発せられるブルーライトが目に負担をかける事がわかっています。

パソコン用眼鏡を使うことでこの光をカットすることが出来、目に対する負担を減らすことが出来ます。

 

 

 

椅子

 

次に椅子についてです、正座をしたり安い椅子で作業をすると体の血流が悪化をして疲れを感じやすくなります。

なので5万円以上の椅子を導入して長時間作業しても疲れないようにします。

 

私のおすすめはハーマンミラーという会社が出しているアーロンチェアという椅子です。

 

 

長時間使っても蒸れないメッシュ仕様になっており、人間工学設計のため疲れません。

 

この椅子があれば何十時間でも机に向かって作業ができてしまいます。

値段もそれなりにしますが、中古で購入してもいいと思います。

新品で買う時は大塚家具をおすすめします。

 

またレストを使って、腕に対する負荷を減らしていきます。

レストは安いものでも充分に効果があります。

 

 

上記を施した上での作業の効率化

 

作業を補助してくれるソフトやツールを導入して単調作業を自動化します。

自分が出来るようになったことは人に任せることが出来るので、人に作業を割り当てていきます。

そうする事で自分が動かなくても成果が発生するようになります。

 

ただし外注さんはあなた以上には成長しないため、あなた自身が実力を高めて収益性の高いビジネスを作り込んでいかなければいけません。

当たり前の話ですが0に100をかけても0にしかなりません。

 

タスク管理、リマインダーの活用

 

現在では便利なタスク管理やリマインダーが出来るiPhoneアプリがたくさん出ています。

なのでそういったものを使い、目標達成までの進行状況にズレがないかを確認します。

計画が変更された際はそれに伴い日々のタスクも調整をしていきます。

 

自分の体のメンテナンス

 

道具やツールにお金をかけても自分の体がダメだとパフォーマンスは上がりません。

脳を鍛えるには筋トレとアウトプットが有効なため、この2つに重点を入れます。

 

筋肉をつけるために筋トレをするのではなく、頭を良くしてパフォーマンスを上げるために筋トレをするのです。

行動するのが苦手な人は男性ホルモンが不足しているだけなので、筋トレをすることでバランスが取れるようになります。

 

また睡眠環境についてもケアをしたほうが良いです。

眠りが浅くなってしまったり、体に合ってない寝具を使うことで休息効果が得られなくなってしまいます。

 

眠りの質を高めるには寝具と食事がポイントです。

 

炭水化物をたくさん食べると眠りが浅くなってしまうので、夜の9時を過ぎたら胃に物を入れないように努力をします。

この時間になると何か食べたくなる人もいると思いますが、腹持ちが悪い食事を取っているとそういう事が起きます。

 

私であれば発芽玄米とチョコレートを食べるようになってからこの問題が解決しました。

白米は急激に血糖値を上げる代わりに、血糖値が正常に戻った時に空腹感を感じ易いというデメリットがあります。

発芽玄米であれば血糖値の上昇が緩やかであるため、この問題が発生しません。

 

眠るためには明るさも重要と言われており、電気をつけたまま眠るのはNGです。

現在ではリモコン付きのLED照明がとても安いので電気をつけたまま眠ってしまう人は買い換えることをおすすめします。

 

私はシーリングファンが付いているリモコン付きのLED照明に今後買い換える予定です。

高いホテルに宿泊した時にこの装備が搭載されていて感動をしました。

 

 

 

定点観測

 

成果が改善されているかを見るには数値を使うのが最も効果的です。

自分の感覚で管理してしまうと自分がどれだけ成果を上げているのかわからなくなるので、必ず日々の振り返りを数値で管理していきます。

そしてその数値を前日に比べてさらに高めるためにどうすればいいかを考えます。

そのために何が足を引っ張って全体のパフォーマンスを下げているのかを見ます。

ボトルネックを解消することで全体の成績が向上をするのです。

 

これらを副次的に組み合わせた結果、成果が出やすい環境が出来上がる

 

結果というのは何か一つのテクニックがあって成立するのではなく、目標に向けて周到に練られた仕組みが噛み合って実現をします。

そのために一つ一つのパーツに不備がないかを日々点検していかなければなりません。

 

私がお客さんを見ると我を挟んで解釈をねじ曲げてしまってる人に成果が出てない事が多いです。

私が言ったとおりにやれば最短ルートを歩めるのですが、シンプルに仕上げた理論を小難しく複雑にして稼げないノウハウにしてしまっているのです。

 

世の中稼げる手法ほどシンプルであり、すぐに理解が出来て実践できるものです。

覚えるまでに時間がかかり、実践のハードルが高いものは長く稼げません。

 

寿司職人になるには10年の修業が必要と言われていましたが、適切なトレーニングを施せば半年で現場に立てるようになることがわかりました。

教え方や仕組みがダメだから結果が出るまでに時間がかかるのであり、正しい学びを上手に教えられる人がいれば人はすぐに成長して結果を出します。

 

結果を出すためには教育カリキュラムが熟考されて洗練されていること、そしてそれを上手に教えられる人間から学ぶことが重要です。

世の中同じようなテーマを教えてる人がたくさんいるのに結果に差が出るのは教え方の違いです。

 

自身が経営する側に回った時にこの事をあなたは思い知るでしょう。

自分の指示が下手くそだと上がってくる成果の質も低い。

 

私は今ランディングページをデザイナーの方に頼んで作ってもらっていますが、上手に指示と要望を伝える力が身についたがためにサクサク仕事が進みます。

もちろん相手の方も私の意図を汲み取れるだけの実務経験とセンスを兼ね備えています。

しかし1年前の私であればここまでストレスなく仕事を進めることはできなかったでしょう。

 

ストレスを感じずに仕事を楽しむこと。

 

成功するために大事なことは何か?と聞かれればこのように答えるでしょう。

逆に言うと楽しめないならうまくいく事でも続けることを考えなければならないということです。

 

私であればFXやビットコインでチャート見て張り付けば稼げるのはわかったけど、やっていて全然楽しくないことがわかりました。

そして選択の自由が自分にはとても重要な事だとわかったので、自動化が出来ない事にフォーカスするのではなく、自動化を極めて大きな収益を出すことが出来るビジネスをもっと強固に育てることにしたのです。

その際も考えているのは自分が楽しめるかどうか?です。

 

私が提案している物販は、提案している私自身は楽しんでいません。

だから全部人に教えて自分が楽しめないことを無理して続けなくても良い仕組みを作り上げました。

 

ただし教えるからには相手にわかりやすく伝える責任。

相手に無駄な行動をさせない義務が私にはあるので、日々作業の改善をしています。

 

ただそれは忙しないものではなく、ストレスがあるというよりは知的で楽しい作業です。

 

会社から帰ってからの作業が楽になる。

それを実現してやるために私の能力と才能が問われているのです。

 

正しいノウハウと指導者を入れてこの記事で伝えたことを全て実行すれば月に100万稼ぐなんてことは容易いことです。

出来ないとしたらノウハウの欠陥、指導者の器を疑って良いです。

 

素晴らしい結果が訪れますように。

最終更新日