海外転売とかいう片手間副業が簡単に儲かりすぎてワロタwww

在宅副業稼ぎやすい 海外転売
この記事は約26分で読めます。

どうも、細野です。

 

今から8年ぐらい前に一度輸入転売にチャレンジしたことがあります。

その時はeBayで仕入れて日本で売るっていうノウハウだったんですけど、これがまじで稼げなかった。

 

当時は参入者が多くて仕入れをして商品が日本に向かっている間に相場が下落。

そんな最悪の市況だったんです。

 

それから時を経て8年。

今じゃ輸入転売をやってるなんて人を見かけることは少なくなり、ライバルは一気に少なくなりました。

 

国内転売の人気が上がっていて、中でも電脳せどりというやり方を実践してる人がたくさんいます。

僕のサイトでも電脳せどりの記事にはずっとアクセスが来て、反応が取れてる状況です。

 

そんなガラ空きの市場に、ひょんな事から飛び込んでみた結果、

1週間で利益が10万を超える
1ヶ月で利益が30万を超える
4ヶ月目に月利が100万を突破

という偉業を達成することが出来ました。

 

この記事では、海外と日本の価格差を利用した海外転売に興味がある方のために、

海外転売で稼げるサイト。Amazonやメルカリは消耗するだけ
リサーチをすれば輸出よりも輸入が稼げるのは明確。eBayは無理ゲー
ビジネスとしてスクールに属さずに独学で稼ぐ方法。講師はこの記事です
せどりから海外転売にステップアップするタイミング。キャッシュフローは無在庫で改善する

について、わかりやすく解説をしていきます。

 

副業として限られた時間で手堅く稼げるやり方を探している方や、いま他の副業ビジネスをやっていて思うように稼げていない方、輸入転売や輸出せどりをやっているにも関わらず月に10万すら稼げてない方の参考になるはずです。

  1. 海外転売とは?儲かるの?国内転売との違いは?
    1. 海外転売で稼げなかった過去。有名人のノウハウは賞味期限切れやネズミ講だった
    2. 輸入転売で英語が流暢にできる必要はない。義務教育レベルで問題なく稼げる
  2. 海外転売のやり方を解説。リサーチをすれば輸出よりも輸入が稼げるのは明確。eBayは無理ゲー
  3. 海外転売のおすすめは?やり方のメリットとデメリットを紹介
    1. OEM販売:大半の人に無理ゲー
    2. メルカリを使った海外転売:オワコン
    3. ヤフオク無在庫海外転売:オワコン
    4. ヤフーショッピング:稼げる
    5. 楽天:稼げるが後回しでいい
    6. Wowma:微妙
    7. Amazon無在庫転売:個人には無理ゲー
    8. eBay転売:輸出は無理ゲー、輸入ならチャンスがある
    9. Qoo10転売:偽物販売業者とのせめぎ合い。セールの攻略がコツ
    10. BUYMA:後発には無理。ネズミ講
    11. タイ:インフラがまだ整備されていない
    12. ハワイ:稼げる
    13. ネットショップ:最もおすすめ。後発でも勝てる
  4. 海外転売で使うアプリは?
  5. 海外転売(せどり)の仕入先はどこ?
    1. アリババ
    2. wish
    3. Aliexpress
    4. 天猫
    5. Qoo10
    6. Gmarket
    7. 海外で買い付け(仕入れ)て転売する転売は稼げますか?
    8. 100均商品の海外転売は稼げる?
  6. 海外転売で儲かるジャンルは?商材は?
    1. サプリメント
    2. 化粧品
    3. 日本刀
    4. ぬいぐるみ
    5. おもちゃ
    6. 古着
    7. 子供服
    8. ランドセル
    9. 白ロム(スマホ転売)
    10. タバコ
  7. ビジネスとしてスクールに属さずに独学で稼ぐ方法。講師はこの記事です
  8. せどりから海外転売にステップアップするタイミング。キャッシュフローは無在庫で改善する
    1. せどりの外注化を進める
    2. システムやツールに投資をする
    3. 合いた時間を使って無在庫海外転売に着手をする
  9. まとめ:継続的にローリスクミドルリターン以上を副業で求める方に海外転売はおすすめ

海外転売とは?儲かるの?国内転売との違いは?

世の中には数多くの副業がありますが、その多くが特別なスキルや才能が求められる、あるいは習得して収益化するまでに時間がかかるものが殆どです。

 

一方で転売であれば、安く買って高く売るだけであり、覚えるルールはシンプルです。

しかしこれまでの転売には、仕入れをしなければいけない、真似をされてすぐに稼げなくなるというデメリットがありました。

 

この問題を完全に解決したのが、無在庫転売です。

商品を仕入れてから販売するのではなく、商品を出品して販売して、売れてから仕入れをするという行動を取ります。

 

仕入れ資金があるから稼げた。

仕入れのスキルがあるから稼げた。

 

これまでの転売のルールと異なり、経験や資金がなくても、転売で稼げるように現在はなっているのです。

 

アフィリエイトのように記事を書くために取材(勉強)をしなくてもいいですし、投資のように難しい知識を身につける必要もない。

誰もが今すぐにはじめて、月に数十万単位の利益で良ければ1ヶ月ほどで稼げるようになる。

 

これが初心者やまだ稼げてない方におすすめする理由なのです。

その上でなぜ、海外転売を推すのか?ですが、

国内転売よりもライバルが少ない
市販されてるノウハウは初心者では実践できないやり方が多く大半が挫折する(僕らのやり方だけが稼げる)
永遠に作業を続けなければならない国内転売と異なり資産になる。売却して億を稼げるビジネスモデル
ステップアップをしやすい。自社商品の開発(OEM転売)、独占輸入契約など事業化に繋げやすい
副業として継続も出来るし、独立起業も目指せる。融資を受けやすい仕組み
このような国内転売やせどりにはない強みがあるからです。
とはいえ、僕は元々海外転売には否定的でした。
海外転売は効率が悪く稼げない。
長くそのように考えていた僕が、なぜ海外転売の比重を高めたのかを次のパートで解説します。

海外転売で稼げなかった過去。有名人のノウハウは賞味期限切れやネズミ講だった

現在でこそ、世界中の商品を有在庫と無在庫を組み合わせて器用に稼いでいる僕ですが、最初からスムーズに結果が出たわけではありません。

 

ネットビジネスを始めたばかりの頃に、海外転売に挑戦をして失敗をした過去が実はあるのです。

その転売は、同じ手法を実践する人が増えるとすぐに飽和してしまう”稼げない転売”でした。

 

具体的には海外AmazonやeBayと、ヤフオクや日本のAmazonの比較し、価格差がある商品を仕入れて転売する手法。

皆が同じやり方でリサーチをして、同じ商品を仕入れ、同じ場所で販売を開始する。

 

結果商品相場が暴落してしまい、原価割れして赤字になったり、回転率が悪い商品で不良在庫になるというケースが多かったです。

稼げないやり方ではないが、優位性が低く、お金を払って学ぶ価値があるノウハウとは言えなかった。

 

eBay転売でコケた僕が次に目をつけたのがBUYMAです。

 

これは稼げたのですが偽物販売をしたと言われてアカウウントが停止。

本物を日本の正規店で買って転売しただけなのに偽物判定されました。

意味不明ですよね。購入証明のレシート出してもダメでした。正規店のレシートなのにww

バイマ副業転売は仕入先が被って稼げない【負けない始め方を解説】
今となっては取り組んでいる人が殆どいなくなったバイマ転売。 その背景には後発の人ほど不利なねずみ講という構図があります。 今から参入しても旨味は全くなく、時間とお金をかけても全く稼ぐことが出来ないのです。 ...

ただこれはBUYMAにも言い分はあって、日本の商品を販売しちゃいけないって決まりがあるんですよね。

海外の日本未発売商品を販売しているサイトってコンセプトなんで。

 

eBayでもダメでバイマでもダメだった僕が次に実践したのが中国輸入です。

これも最初はタオバオやアリババを使った稼げないノウハウを掴まされて挫折しました。

中国輸入ビジネスのリサーチ方法と売れる商品、稼げる仕入先を大暴露
かつて輸入転売ビジネスといえば、アメリカが主たる仕入先でした。 そこから歴史が流れ、中国が現在では最も稼ぎやすい仕入先として、輸入転売の世界では機能をしています。 僕らが最初に主眼を置いている仕入先も、中...
メルカリ中国輸入転売のやり方。売れる商品のリサーチは超簡単です
中国輸入は数ある輸入転売の中でも、最もハードルが低く、初心者の方にもおすすめ出来る手法です。 中国輸入で稼ぐ方法には、Amazon転売、ヤフオク転売、eBay転売、BASE転売など色々な手法がありますが、今回はメルカリを使って...

読み慣れない中国語を解読しながらの作業。

買い付けには大量のロット買いが基本。

転送会社に手数料を払わない買い付けが出来ない。

 

色々ハードルが設定されてて無理ゲーでした。

 

わりと根性があって粘り強く頑張れる僕がやってこれなのですから、普通の人がやったらまあ100%挫折しますよね。

それが海外貿易であり、輸入転売の実態。

 

けど前提条件をリセットして、ゼロベースでダメだったノウハウの逆張りをかましたら、えげつない勢いで儲かりだしてます。

 

まず在庫は持たない。

これが最強にいいです。

財布にも優しい、地球にも優しい。

 

そして英語で取引できる。

これも素晴らしい。

輸入転売で英語が流暢にできる必要はない。義務教育レベルで問題なく稼げる

今時どんな低学歴でも中学と高校で6年間英語を勉強しているわけです。

今は小学校でもやるのかな?

 

とにかく義務教育レベルで英語を勉強している我々は簡単な英語であれば理解することが出来ます。

話せる必要はないです。

読んで理解できればOK。

 

そしてテストじゃないからカンニングしてもいいんです。

機械翻訳、辞書。これらを好きだけ使うことが出来ます。

 

そして調べながら英語を使うことでどんどん英語が上手になっていきます。

金儲けしながら英語もできるようになる。素晴らしい。

 

英語というとメンタルブロックを持つ人も多いのですが、難しくないですよ。

クロームというブラウザーを使えば大半の英語は日本語に自動変換してくれますし、やり取りする際も複雑な文法や単語は使わないです。

 

我々が普段日常で使う会話を考えて下さい。

複雑な文法や語彙を必要とされていませんね?

 

英語でも全く同じということです。

ここに気がつけるかどうかが英語上達では非常に重要です。

小難しい事を考えずに毎日使う。

それだけで英語でビジネスが出来るようになります。

 

世の中にはTOEIC900点取れるのに英語で1円も稼げてない人がゴロゴロいますからね。

私は全盛期で615点というしょぼいスコアですが、TOEICで800点900点取ってる人の何倍も英語を使って稼いでます。

痛快です。

資格持ってても稼げなかったら意味ないんですよね。m9(^Д^)悔しいのうwwww

 

今輸入、輸出、国内転売を全部組み合わせて稼ぐ方法をお客さんに提案しているんですけど、物販ビジネスの集大成って感じで感無量です。

ついに来る所までたどり着いたかって感じ。

 

自分のネットショップも作っていて、そちらでも安定的に売れて儲かってます。

ネットショップはサイトアフィリと同じノリで行けるし、サイトアフィリよりも結果出るの早いんで面白いです。

 

今後は海外向けに輸出ネットショップも作る予定です。

英語のサービスを使って英語でネットショップ作って、普通に生きてたら一生会わない人や国に住んでる人に商品を売る。

すごく成長するし、提案の幅も広がると思います。

 

英語圏のSEOを教える日本人なんて業界に皆無ですからね。

この時点で僕の圧勝です。

 

こんな感じで海外転売おいしいです。

過去に稼げなかった人は教える人が糞だったり、ノウハウが賞味期限切れだったり、在庫を持たないと稼げないやり方だっただけ。

 

あとプラットフォームもAmazonとかBUYMAみたいな規制が厳しい塩環境だっただけです。

これらは使いようによっちゃ稼げますけど、後発が積極的に攻める市場としてはしょっぱいです。

 

今の時代には今の時代に適した売り方あるわけであり、AIの発達により後発でもスムーズに結果を出せるようになっています。

僕らが研究開発している仕組みがそれを実現していくのです。

 

稼げるようになると大量行動に対するメンタルブロックもなくなるので、どんどん行動が加速して結果を出せるようになりますよ。

海外転売のやり方を解説。リサーチをすれば輸出よりも輸入が稼げるのは明確。eBayは無理ゲー

海外転売には大きく分けて2つの方法があります。

それは海外の商品を日本に仕入れて転売する方法と、日本の商品を海外に向けて販売する方法です。

 

前者は輸入、後者は輸出ですね。

どちらの方法も稼げますが、僕らは輸入転売にフォーカスをしています。

 

なぜ輸出ではなく、輸入なのですが、理由は2つです。

税金を海外で収めなければならず、海外の税務に精通している税理士が必要
海外の倉庫に商品を納品するためキャッシュフローが悪い。無在庫は自社開発のツールに高額な初期投資が必要で無理ゲー

一つ一つ解説をしていきます。

 

まず輸出で稼ぐ場合は、国内と海外で税金を払わなければいけません。

収益を上げている国で納税し、事業として取り組んでいる日本国内でも納税。

国内の税務に関する知識はもちろんの事、海外での納税について精通している税理士を雇う必要があります。

 

さもなければ現地の政府から不適切な納税処理をしたとして、追加徴税や摘発をされるリスクがあります。

 

次にキャッシュフローと在庫管理です。

海外のお客様に商品を届けるために、現地の倉庫に商品を納品する必要があります。

 

これに時間と費用がかかり、キャッシュフローが悪化します。

国内転売であれば在庫反映まで数日程度ですが、海外に納品する場合は数週間程度時間がかかるので、その間資金が拘束されます。

 

そして無在庫でやる場合は、在庫を管理するために自社でツールを開発する必要があり、システム開発と保守にコストがかかります。

手間がかかる割に稼げるまでに時間がかかり、その割に利益率も高くないというのが、僕ら実際に実践をして感じた正直な感想なのです。

率直に輸出はコスパが悪いと感じており、輸入に集中をしたほうが稼げるまでの期間が短く、リスクコントロールもやりやすいです。

海外転売のおすすめは?やり方のメリットとデメリットを紹介

このパートでは代表的な海外転売の手法を紹介し、どのやり方に集中するのが最も合理的なのかを浮き彫りにしていきます。

OEM販売:大半の人に無理ゲー

自社商品を作ってAmazonで販売するノウハウです。

飽和しにくいとされますが、実際は稼ぐために次から次へと商品を開発せねばならず、その度に莫大な初期投資が必要です。

 

資金力が500万以下の転売ヤーには実践する事が難しく、最初に取り組むビジネスとして適切とは言えません。

中国OEM転売は最悪のビジネス!売れずに不良在庫と返品の山で終了
0円仕入れと同じぐらいクソノウハウだと思っているやり方に、OEM販売があります。 これは何かと言うと中国の工場で自社商品を作らせて、それをAmazonに商品登録して転売する手法です。 出てきた頃は稼げた人...

自社商品を扱うとはいえ、販売先がAmazonである以上プラットフォームに依存していることに変わりはありません。

自分のビジネスにならない仕組みに、巨額の資金と時間を使うことは合理的ではありません。

 

プラットフォームは初動を稼ぐために利用し、徐々にフェードアウトすべきです。

メルカリを使った海外転売:オワコン

中国輸入をして仕入れた商品をメルカリで転売することで、利益を出すことが出来ます。

稼げるやり方なのですが、メルカリは規約で転売目的での利用を禁止しています。

 

メルカリの運営に転売ヤーと認定されると、あなたの出品した商品が検索圏外に追いやられ、全く売れなくなります。

ルールとして転売ヤーの販売が禁止されているため、メルカリで長期的に店売益を得ることは構造原理的に不可能です。

ヤフオク無在庫海外転売:オワコン

こちらは規制が厳しくなり、実践することが出来なくなりました。

無在庫で出品をしていることが運営にバレてしまうと、アカウントが停止になります。

 

今からヤフオク無在庫転売を始めても稼ぐことは出来ません。

ヤフオク無在庫転売は安全に稼げない!アカウント停止で【糸冬】
こんにちは、細野です。 今回はヤフオクを使った無在庫販売について解説します。 ヤフオクで無在庫販売は規約で禁止されているのですが、実際にはやっている人がたくさんいます。 資金がない方や在庫を持つのは怖い商品を扱う時...

ヤフーショッピング:稼げる

ヤフーショッピングで無在庫販売禁止。それでも僕らが億を稼げる理由
かつてネットショップの開設は多くの手間とハードルがあり、非常に敷居が高いものでした。 アマゾンが日本で普及をしたことで、信頼も実績もない個人がECに参入することが極めて容易になりました。 そして現在破竹の勢いで伸びまくっ...

楽天:稼げるが後回しでいい

出店料が高いため、楽天に関しては後回しでいいです。

Wowma:微妙

wowma(ワウマ)無在庫で売れないのは必然。SEOが上がらない
アマゾンやヤフオクと言ったプラットフォームは、結果が出るまでの速度が早く、短期ビジネスとの相性が抜群です。 しかし所詮は他人が作った市場でしかないので、運営者会社のさじ加減一つでアカウントが停止させられたり、削除されるというリスクが常...

Amazon無在庫転売:個人には無理ゲー

ツールを使って海外と国内の価格差がある商品を抽出し、それをAmazonで転売する手法です。

無在庫で実践が可能ですが、在庫管理が難しく、売れた時に反対売買をするための仕入先が見つからないことがよくあります。

 

市販のツールでこの問題を解決することは難しく、自社で開発をし、Amazonの仕様変更に常に対応できる仕組みを作らないと稼げません。

率直に素人には無理ゲーであり、ツールの開発には初期投資もかかるため、大半の人にはおすすめできないやり方です。

Amazon無在庫転売やり方。儲かるツールは?稼げる仕入先は?
細野です。 物販ビジネス、転売ビジネスに興味を持つとAmazon(アマゾン)を使った無在庫販売に興味を持つ人がいるかもしれません。 しかし僕はこれをやらない事をおすすめします。 なぜか? しっかりと丁...

eBay転売:輸出は無理ゲー、輸入ならチャンスがある

続いて世界最大のeBayを使った店売手法です。

結論から言うと、eBayから仕入れて転売するやり方には一定の勝算がありますが、eBayに出品して販売するやり方は効率が悪すぎてやる価値なしです。

Qoo10転売:偽物販売業者とのせめぎ合い。セールの攻略がコツ

eBayが出資しているQoo10というECサイトで転売をする手法です。

毎日セールを行っているので、うまくセールを利用すれば利益を出せる可能性があります。

しかしセール商品は他のライバルも同時に仕入れるため、優位性はあまり高くありません。

Qoo10転売 (せどり)は稼げる?偽物対応が最悪?セールを狙え
こんにちは、細野です。 最近になりメルカリと同じぐらい伸びてきているのが、QOO10というサイト。 主に雑貨や衣類、化粧品などを激安価格で販売する通販サイトです。 こちらの商品は中国や韓国から出荷される商品...

BUYMA:後発には無理。ネズミ講

これに関しては記事でも書いている通り、後発の人には全く取り組む価値がないビジネスです。

ブランド品転売に初心者が参入できる余地はありません。

タイ:インフラがまだ整備されていない

タイ輸入転売の仕入先は?輸出販売先に使えるECサイトはどこ?
中国の人件費と物価が上昇するにつれ、かつてほど安価に商品を仕入れることは難しくなってきたと言われます。 中国で利益が出すのが難しくなった経営者たちが注目をしているのがタイです。 中国からは南側に位置し、シンガポールの北側...

ハワイ:稼げる

wowma(ワウマ)無在庫で売れないのは必然。SEOが上がらない
アマゾンやヤフオクと言ったプラットフォームは、結果が出るまでの速度が早く、短期ビジネスとの相性が抜群です。 しかし所詮は他人が作った市場でしかないので、運営者会社のさじ加減一つでアカウントが停止させられたり、削除されるというリスクが常...

ネットショップ:最もおすすめ。後発でも勝てる

ストアーズで月利50万のネットショップを作るために僕がやってきた事
一部の動画でも暴露をしていますが、ストアーズというネットショップ作成サービスで作ったネットショップを使い、輸入無在庫転売のネットショップを僕らは運営しています。 ヤフオクの無在庫転売規制が厳しくなり、稼げなくなって...

海外転売で使うアプリは?

手法にもよりますが、仕入先のECのアプリ、国内で販売するマーケット(プラットフォーム)のアプリを入れておけば不自由することはないでしょう。

スマホからだけでも作業は可能ですが、大きく稼ぐためにはパソコンがあったほうが良いです。

2万円から5万円程度の中古品で良いので、パソコンを持ってない方は購入をして下さい。

 

無在庫転売の作業を効率化するツールもあり、使っています。

ただ、ツールに依存してしまうと、そのツールが規制されてしまった時に、大きなダメージを受けるため、あくまでも補助的なものと考えて下さい。

ツールでパワープレイしないと全くお金が稼げない。

これは非常に危険な状態です。

 

具体的なツール名に興味がある方は、下記の記事でまとめておりますので、一読下さい。

輸入アプリおすすめ2019。儲かる商品はスマホでリサーチする時代
個人輸入や輸入転売を実践する上で、スマホから利用できるアプリは大変便利な存在です。 スマホアプリを上手に使うことで、時間的制約や物理的制約から開放され、どこにいても仕事が出来るようになります。 国内転売のおすすめアプリに...

次のパートでは仕入先について解説をします。

海外転売(せどり)の仕入先はどこ?

仕入れをして稼げるサイトを暴露していきます。

アリババ

中国にある世界最大の卸サイトです。

利益率も高いノーブランド品が大量にあり、この仕入れだけで利益10万以上はすぐに超えていきます。

 

メルカリ中国輸入転売のやり方。売れる商品のリサーチは超簡単です
中国輸入は数ある輸入転売の中でも、最もハードルが低く、初心者の方にもおすすめ出来る手法です。 中国輸入で稼ぐ方法には、Amazon転売、ヤフオク転売、eBay転売、BASE転売など色々な手法がありますが、今回はメルカリを使って...

wish

こちらのサイトもメルカリなどで仕入れをしている方がいるのですが、送料が高いです。

利益は出ますが、費用対効果が悪いです。

Aliexpress

アリババの個人売買サイトです。

こちらは代行会社無しで仕入れができるため、初心者でも利益が出しやすいです。

天猫

同じくアリババが運営する中国国内向けのECサイトです。

天猫にしか出店してないお店もあるため、リサーチの対象となります。

Qoo10

化粧品や電化製品を安く購入できる輸入サイトです。

偽物もあるので、見極めが難しいデメリットがあります。

Qoo10転売 (せどり)は稼げる?偽物対応が最悪?セールを狙え
こんにちは、細野です。 最近になりメルカリと同じぐらい伸びてきているのが、QOO10というサイト。 主に雑貨や衣類、化粧品などを激安価格で販売する通販サイトです。 こちらの商品は中国や韓国から出荷される商品...

Gmarket

韓国最大のECサイトであり、日本に直送をしてくれます。

韓国輸入転売で稼ぎたいのであれば、第一に仕入先になるはずです。

海外で買い付け(仕入れ)て転売する転売は稼げますか?

もちろん稼げますが、そのためには渡航費用や仕入れのお金が必要ですね。

それって店舗せどりとやっていること変わらなくないですか?

在宅で100万、200万と稼げるから魅力なのに、肉体労働するなんてアホです。

センス悪すぎなのでそういうマゾ的な思考はやめましょう。

 

現地まで仕入れに行かないといけない。

現地に仕入れパートナーを雇わないといけない。

こういった複雑なスキームを初心者が実践するべきではありません。

初期投資も求められるし、成功する保証はどこにもないからです。

 

日本にいながら在庫を一切持たずに100万、200万と稼げるのに、なぜこんな遠回りをしなければいけないのか?

せどりと変わらない海外での買い付けはおすすめしません。

 

海外のスニーカーを無在庫で転売師たことがありますが、販売を開始して2日で商品が売れました。

買い付けに行けばもっと利益は出ると思いますが、そんな大変なことやらなくても日本にいながらこうやって稼げるんです。

 

スニーカーを無在庫転売したら秒速で売れてワロタ。仕入れの必要皆無
アパレル転売の中でも靴にフォーカスをした転売は非常に人気があります。 過去にリサイクルショップやアウトレットモールで仕入れて転売をしていた時期が僕らにはありました。 有在庫転売は規制や資金効率の悪さから、その後撤退をして...

 

 

僕の顧客でアパレルに特化して海外向在庫転売している方がいます。

新しい商品がどんどん出てくるので飽和しにくく、非常においしいジャンルなのは間違いありません。

是非取り入れていきたい分野となります。

 

アパレルのメリットとしては毎シーズン毎に商品が入れ替わるため、飽和の影響を受けにくいこと。

デメリットは商品の切り替わりが激しいため、常に作業をしなければいけないということです。

 

しかし作業をすれば稼げるので、プラットフォームで扱う商材としては理想的です。

飽和すること前提で短期目線でガンガン販売していけばいいのですから。

ハワイ転売を自動化して副業にする方法。仕入れに行く必要はありません
ハワイ旅行に行くついでに仕入れをしたい。 現地で安く売られているものを買い付けて転売したい。 アウトレットモールやお土産屋さんでせどりをしたい。 このような方におすすめなのが、ハワイ転売です。 この記...
タイ輸入転売の仕入先は?輸出販売先に使えるECサイトはどこ?
中国の人件費と物価が上昇するにつれ、かつてほど安価に商品を仕入れることは難しくなってきたと言われます。 中国で利益が出すのが難しくなった経営者たちが注目をしているのがタイです。 中国からは南側に位置し、シンガポールの北側...

100均商品の海外転売は稼げる?

これは稼げるのだが、やってる人が増えてしまった。

まとめ売りという手法で利益を出していきます。

今からやるならニッチな商品や新商品を自分のネットショップで売るのが良いです。

 

単価の高い商品を販売するよりも、単価を高めたほうが利益額は取りやすいです。

無在庫転売は不良在庫や赤字になるリスクが極めて低いビジネモデルであるため、単価の高い商品を販売するためのハードルがありません。

 

仕入れをする転売であれば、単価の高い商品を仕入れる時に莫大な資金が必要ですが、無在庫であればこのリスクを取る必要がないのです。

ですから、単価はどんどん高めていき、販売数が少なくても利益が出る状態を作っていきましょう。

 

単価はバラけさせることで、日々の売り上げが安定をするため、ジャンルと併せて分散させることを推奨します。

海外転売で儲かるジャンルは?商材は?

例えば時計というのは、常にコレクター需要があり、一人で複数保有される方がたくさんいます。

 

僕自身も腕時計が好きで、いくつも購入をしてきました。

このように時計は人気が高く、コレクターの方も多いので、良いジャンルです。

成約が取りやすく、利益も出しやすいおすすめのジャンルです。

 

 

続いて海外のお菓子や日本のお菓子です。

これも良い視点です。

海外のお菓子を求めている方もいるし、日本のお菓子を海外で買いたいという人もいる。

どちらも稼げますよ。

 

単品で売るのではなく、箱単位でパーティー需要やコレクターの方相手に商売をやれば、安定した売り上げになっていくでしょう。

単価の低い商品でも箱やロットで販売することで、単価を上げることが出来る。

この考え方は儲からない商品を、儲かる商品に変える時に有効な考え方となるので、覚えておいて下さい。

 

 

ニッチな商品として、日本の伝統文化を輸出するというのは、誰もが一度は考えることです。

その中で浮世絵というのは商材としてどうなんでしょうか?

 

これは仕入先の確保が難しいかもしれません。

量産されているプリントされている商品であれば、無在庫で扱うことで成約を狙っていけるでしょう。

日本で好まれるデザインと、海外で好まれる絵柄の違いを理解することがこの分野では重要になってきます。

 

本格的な浮世絵を探される方は、そもそも画商から購入をされるので、視点をずらしてライト層をターゲットにしてみる。

そうする事で、ニッチすぎる市場を、マス市場に変換する事ができます。

 

 

海外には熱狂的なファンがたくさんいると言われますが、この層を狙ってビジネスをするというアイディアがあります。

 

これも良い視点ですが、実はあんまりおいしくないです。

同じ事を考える人が多いので、ライバルが多いんですね。

僕らも実践しましたが、コスパが悪いという結論になりました。

 

ただしそれはeBayや海外アマゾンといった巨大プラットフォームを使った場合の話なので、ウーコマースを使って、自分でネットショップを自作すればこの限りではありません。

僕らも輸出の仕組みを極め次第、再びこの市場に参入をして、荒稼ぎをしていきます。

 

実際問題海外のおもちゃは儲かります。

クリスマスシーズンは尋常でない注文が入る。

 

 

カメラ転売という息の長いジャンルがありますが、海外転売でも有効でしょうか?

これについては、アクションカメラが一時期おいしかったが飽和した。

 

日本の中古カメラを輸出する手法はまだ稼ぐ事が可能です。

けど在庫もつのだるいのでやりません。

 

在庫を持つビジネスはもう一生やる気はありません。

 

単価を上げて突き詰めていくと、最終的には車に行き着くと見ています。

 

車は個人的に好きなので、僕もやりたい。

いいよね、車。

法的な問題と現地への配送方法を解決することが重要です。

 

いつか達成してやります。

 

いずれにしても最終ゴールは、eBayやAmazon、ヤフオクではなく、ウーコマースです。

プラットフォームに留まっていたらいつまでもライバルに真似されますし、小銭稼ぎしか出来ません。

またいつ自分のアカウントが規制されたり、停止させられるかわからず、非常に先行きの見えづらいです。

 

副業として取り組むとしても、毎月の収支は安定していたほうがいいはずです。

これからプラットフォームの外を育てていた人と、プラットフォームの内側に固執した人の間で、超えられない差が生まれていきます。

前者には明るい未来が、後者には死が待っているでしょう。

 

上記以外の具体的な商材を以下のパートで解説していきます。

サプリメント

海外で安く売られているサプリメントを、国内に仕入れて転売する手法です。

海外サイトではまとめて購入をすることで、割引価格での購入が可能になります。

 

その仕組を使って、まとめ買いをし、国内で転売をする事で収益を出すことが可能です。

 

稼げる稼げないで言えば、稼げますが、一度に購入できるロットには制限があり、関税も発生します。

仕入れ資金と販売するために出品や梱包を自分でやらなけれいけません。

 

また国から許可を得ずに販売すると、薬機法に反します。

個人レベルで実践するにはあまり現実的なやり方ではないと言えるでしょう。

 

過去にAmazonで薬事法に反するサプリメントを販売していたとして、アカウントを停止されてしまった人がいました。

今現在の法律に対応していることは基本として、過去に法に反する販売を行っていただけでも制裁を受けてしまうことがあるのです。

 

このような不足の事態が当たり前に起きることから、利益を出せる商品を見つけられてもサプリメント転売に安易に手を出すことはおすすめできません。

化粧品

日本の化粧品を海外に対して転売するという方法です。

これに関しても薬機法の観点から、儲かるから転売という軽い気持ちで実践することはおすすめできません。

日本刀

所持するだけでも銃刀法違反になるので、これも現実的ではないでしょう。

レプリカのおもちゃ、プラモデルであれば話は別ですが。

ぬいぐるみ

この辺りから素人が実践できる商材になってきます。

eBayでリサーチをして需要があるぬいぐるみの価格差を調べ、転売をする事で、転売差益を発生させていきます。

おもちゃ

この分野は物によっては中国の買取業者に直接買い取ってもらったほうが利益が出るものもあります。

海外で販売する場合はeBayやAmazonがメインの販路となるでしょう。

 

逆に海外から仕入れをして、国内向けに転売をする輸入転売も可能です。

古着

セレクトショップなどが海外でまとめて買い付けてきた古着を、店頭に並べて販売をしています。

同じことを個人でも実践すれば、転売で利益を出すことが可能です。

海外のフリマサイトなどが主な仕入先となるでしょう。

子供服

子供服もまた大きなお金が動くジャンルです。

日本にないブランドの海外輸入、日本のブランドの海外輸出。

どちらでも転売が可能です。

ランドセル

僕の顧客でランドセルの転売だけでで月に10万を超える利益を出してる人がいます。

 

ランドセルは入学する時に一度だけ購入するもの…。

そんな風に思ってる人も多いのではないでしょうか。

 

実際は使っている間に壊れてしまって、二台目を購入する人がいたり、年間を通じて早めに準備する人がいたりと、ニーズが1年中ある商品なのです。

白ロム(スマホ転売)

iPhoneを始めとするスマホの転売で稼ぐ手法です。

総務省に規制されて一度全滅したのですが、最近になり再び盛り返してきています。

 

日本のスマホを海外に転売したり、海外のスマホを日本に輸入をして転売する手法は現在でも通用します。

タバコ

電子タバコの転売です。

商品によっては品切れになり、短期的に大きく稼ぐことが出来る商材となっています。

お酒の転売もメジャーになってきました。

こまめに予約をしたり、価格が上る前に買い取ったリサイクルショップなどから仕入れが可能です。

ビジネスとしてスクールに属さずに独学で稼ぐ方法。講師はこの記事です

毎月の収集が常にプラスになり赤字になるリスクが非常に低い無在庫転売は、副業初心者との相性も抜群です。

ここからは副業で転売を実践する上に知っておいたほうがいい事を、整理してお伝えします。

 

まず転売の基本的なやり方として、人が集まっている場所に進出していき、短期的な利益を取れるようになることから始めます。

最終ゴールは自分のネットショップを持つことなのですが、ここを最初にやるのではなく、まずはヤフオクで転売をしていきます。

 

するとすぐに、月に20万、30万と稼げるようになるため、それが出来てきたらヤフオク以外のプラットフォームを攻めます。

具体的には、ヤフーショッピング、Amazon。

この辺りを中心に取り組むと良いでしょう。

 

輸出もされる方はこれにeBayが加わりますが、僕らはeBayは仕入れにしか使わないという位置づけてやっています。

 

プラットフォームが落ち着いてきたら、いよいよ自分のネットショップを作って販売開始です。

ウーコマースという無料で使えるシステムを、自分で取得したドメインにインストールして、ネットショップを構築します。

 

そして自分が今まで販売してきた商品や、リサーチをして見つけた反応が出ている商品を登録していきます。

50個から100個ほど登録したタイミングで、成約が出るので、後はそれまでと同じように商品登録を継続しながら、プラットフォームからの依存を脱却します。

 

ウーコマースの利益がプラットフォームの利益を上回ったら、プラットフォームは辞めてしまっても構いません。

事業売却に向け、内部の仕組みを強化していき、億を超える収益を手に入れましょう。

 

ウーコマースの使い方を覚えれば最短で億り人になれる
全世界のEコマース売上のうち20%を占めるのは、ウーコマースという無料で使えるネットショップシステムです。 これはWordPressと組み合わせて無料で使うことが出来、システムの利用料金が無料であるだけでなく、決済も維持費無料で利用が...

手順としては上記のとおりです。

ネットショップを取り組む上で鬼門となるのは集客です。

 

集客ノウハウは無料で転がっていますが、それらを取捨選択し優先度を設定するのが難しいです。

これらを全網羅して、体系立てて教えているスクールを僕は見たことがありません。

 

物販ビジネスの多くは独学でもそれなりに結果を出すことが出来ますが、ネット集客に関しては実力のある人から直接指導を受けて学ぶことをおすすめします。

せどりから海外転売にステップアップするタイミング。キャッシュフローは無在庫で改善する

今現在国内せどりを実践している方は、海外転売を取り入れることで、より安定的なビジネスを作ることが出来ます。

とはいえ、同時に取り組もうとして利益が落ちてしまっては本末転倒。

 

このパートではどうやって、せどりから海外転売にステップアップをしていけばいいかを解説します。

せどりの外注化を進める

まず最初にやるべきことは、今現在取り組んでいるせどりを外注化することです。

作業を細分化し、自分がやらなくても良い作業を人に任せていきましょう。

せどりから海外転売にステップアップするタイミング。キャッシュフローは無在庫で改善する

システムやツールに投資をする

外注化と並行して、ツールに任せられる作業はツールに任せていきます。

自分でやるよりもツールのほうが正確に、大量に数をこなすことが出来ます。

そしてツールを管理する人を雇えば、ツールに管理すら自動化が完了です。

合いた時間を使って無在庫海外転売に着手をする

資金力が豊富な人もいるかも知れませんが、ほとんどの人は限られた資金をギリギリまで使ってせどりを行っているはずです。

 

余剰資金がないからせどり以外に取り組むことが出来ないでいる。

このような人は少なくないでしょう。

 

そこでおすすめしたいステップアップとしては、上記の自動化をせどりに施して生み出した時間で、無在庫海外ネットショップ転売をスタートするということです。

ネットショップであれば規約に左右されることなく、自由に転売が出来ますし、在庫を持たないので、資金繰りが悪化することもありません。

 

破綻しない仕組みを最初に作り、レバレッジを掛けることで、あなたのビジネスはさらに成長をしていきます。

まとめ:継続的にローリスクミドルリターン以上を副業で求める方に海外転売はおすすめ

国内の疲弊しきったマーケットと比べて、海外転売にはライバルが少なく、今から参入しても稼ぎやすい土壌が整っています。

言語の問題や、トラブルなど、海外ならではのデメリットもあるものの、実践するメリットのほうが大幅に上回っています。

 

もし国内の競争に疲れ切ってしまっていたり、国内せどりを実践したけど稼げなかった人は、海外転売に挑戦してみてはいかがでしょうか。

今後転売で長く稼ぎたいと考えているのであれば、参入障壁が低い国内ではなく、海外に活路を見出したほうが、息の長いビジネスを作っていくことが出来るはずです。

 

 

作業をたくさんしないと稼げない。

在庫を持ったり、人を雇ってオフィスを構えないといけない。

そんなやり方に消耗していませんか?

一人で実践でき、収入が上がっても忙しくならないビジネスは情報発信だけです。

誰でも簡単にできるビジネスを追い求めて疲弊するのではなく、あなただから出来るビジネスを構築して、安全に稼いでいく。

収入が増えても忙しくなったり、管理が複雑になってQOLが低下しない仕組みの作り方を、メルマガ登録をしてくれた方に公開しています。

海外転売
SNSやってます。フォローミー!
記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです。SNSでのシェアも大歓迎です。


ビジネスと一杯のコーヒー