AGA(薄毛、ハゲ)を回復させる方法まとめ(ステマなし)

AGA(ハゲ、薄毛)対策

最終更新日

この記事の所要時間: 1237

※この記事は現在進行形で私が実験している研究成果をシェアするものです。全ての内容についてステルスマーケティングでない事を約束し、これよりも良い手法が見つかった場合は記事を断続的に更新してシェアすることを誓います。

※スマホで見ている場合広告ブロッカーが発動して商品リンクが表示されないことがあります。商品情報を見るために広告ブロッカーを一時的に停止して閲覧をするようにして下さい。商品リンクには私のアフィリエイトリンクが含まれていますが、気に入らなければ自分で検索をして購入すれば私にアフィリエイト報酬は入りません。

 

どうも、細野です。

 

男性にとって薄毛の問題は、女性のバストやダイエットに匹敵をする悩みです。

薄毛が進行することにより著しくQOLが低下するというデータがあり、多くの人が対策について頭を悩ませています。

 

残念ながら国内の健康美容商品はステルスマーケティングによって支配をされており、効果がないものを効果があると嘘をついて販売するサイトばかりです。

そういったものにひっかかっているとお金を払ってAGAの対策をしたにも関わらず、全く効果が期待できない結果に終わります。

 

私自身がステルスマーケティングの実態に気が付き、また自身がAGAと診断された事で、真剣にこの分野の研究を行い、自分の大切な人に安心をしておすすめできる手法と製品を絞り込みました。

 

経済的余裕がある人にはお金の力でブーストアップするプラン。

経済的な余裕が無い方にはコストを抑えながら効果を期待するプランを用意しました。

 

何年も継続しているのに効果の出ない育毛剤やサプリは窓から投げ捨ててこの方法を試してみて下さい。

早ければ2ヶ月、遅くても3ヶ月から半年の間には変化を感じられるはずです。

 

薄毛のメカニズムとそれを解決するシンプルな方程式

 

まず我々男性がなぜAGAとい不治の病に悩まされるか説明をします。

 

AGAというのは残念ながら現在の医療技術では治すことが出来ない不治の病なのです。

まずこの厳しい現実を受け入れることから薄毛との戦いが始まります。

 

今回お伝えするやり方で対策をすれば全盛期の髪のボリューム、コシに戻していくことが出来ますが、戻ったからと言って安心して対策を止めてはいけません。

頻度や量は減らしても良いですが、必ず継続をして下さい。

そうしなければ再びあなたの頭髪は薄毛が進行していきます。

 

この薄毛のメカニズムは簡単に言うと悪性男性ホルモンの作用です。

年齢の経過とともにおっさん化というものを感じると思いますが、ホルモンバランスというものも体内では変化しています。

 

その最も躊躇な例が更年期障害というものです。

これは特定の原因があって発生しているのではなく、ホルモンバランスの変化にとって起きています。

 

そしてこのホルモンバランスは運動によって均す事が出来るのがわかっています。

しかし運動をしていても私のように薄毛進行が出ることがあります。

 

この原因は遺伝です。

二世代以内に薄毛の親族がいる場合、あなた自身も薄毛になる事が遺伝研究でわかっています。

 

私は祖父と父親が薄毛なので、子供の頃からいつかハゲるのはわかっていました。

しかしいざ自分の身に薄毛が進行しだすと、とてつもないQOLの低下を感じました。

 

私の父や祖父の時代には良いAGA対策がありませんでしたが、現代ではアンチエイジング技術は素晴らしく進化を遂げております。

薄毛の研究は日進月歩で進行しており、今後さらに素晴らしい研究成果がシェアをされるでしょう。

 

現状の研究成果でも充分に薄毛対策としては効果を狙っていけますので、AGAになっても焦らず冷静に対策をしていきましょう。

経済的な余裕がない人は副業をやって下さい。

 

私の提案に従って行動をすれば、どんな凡人でも今の収入とは別に30万円を超える収入をコンスタントに手に入れることが出来るようになります。

全ての原因と問題を私が徹底的に分析をして、完全なるソリューションを作り上げたので、今お金がなくても全く問題ありません。

 

薄毛問題を解決するに辺り、以下の方程式を頭に入れます。

 

AGAの進行ー(抜け毛量の減少+発毛量の加速)=発毛

 

進行していくAGAを遅延させて、毛髪量を増やしていくこと。

そして悪性男性ホルモンを抑制すること。

 

これをやればAGAの進行を止め、毛髪量を増やすことが出来ます。

シンプルですね。

 

金をかけてAGAを最速で止める方法(おすすめ)

 

ここからはお待ちかねの具体的なテクニックになります。

 

対策方法は内服薬+外用薬の2つを使います。

具体的にはデュタステリドを内服し、ミノキシジルを育毛剤を使って摂取します。

 

まず育毛剤ですが、現在私が使っているのがこちらのドクターゼロというものです。

 

 

これはミノキシジル、デュタステリドが含有されており、最も効果を感じられている育毛剤となります。

効果が出にくいと言われているM字の部分にも効いているので、今後もずっとリピートをしていきます。

そして原状回復が終わったら、後述の安価な対策方法にシフトする予定です。

 

強度は5%のものと7%のものがありますが、研究データでは強度を上げてもそれほど効果は出ないと言われているため、5%のもので良いと考えています。

5%でどうしても発毛しない方や、禿げ上がってしまっている方は7%を使っても良いと思います。

 

有名なフォリックスをおすすめしない理由は使用感です。

ベタつきや散布のしやすさでは含有成分が弱く見えるドクターゼロに軍配が上がります。

 

何よりも私の抜け毛進行を食い止めたデュタステリド含有なのが素晴らしい。

こいつは本当によく効きました。

医療技術の進歩にバンザイです。

 

フォリックスにはこのデュタステリドが入ってない。

だから採用を却下しました。

 

ドクターゼロは一般的なドラッグストアでは販売していないので海外から輸入となります。

オオサカ堂という輸入代行会社からの購入が安心です。

 

次に飲み薬ですが、ジェネリック薬を使います。

ジェネリック薬とは効果や中身が同じなのに、オリジナルよりも安い薬のことです。

特許が切れていたり、特許が有効でない国(インドなど)で作られて普及をしています。

 

情報強者はこういったものを取り入れて、コストを抑えながら効果を最大化にしていきます。

知っているか知らないかの問題なので知りましょう。

 

で、買う薬ですが、私はDUTAVOLVEというものを使っています。

 

 

これが抜け毛の進行を食い止めます。

内服薬にはフィナステリドとデュタステリドの2つがありますが、私がデュタステリドを使う理由はシンプルです。

M字ハゲに効くからです。これだけ。

 

フィナステリドでは効果を感じられない症状でもデュタステリドなら効果を狙っていくことが出来ます。

私自身は確かにその効果を飲んでからすぐに感じることが出来たので、デュタステリドを支持します。

 

内服薬なので副作用があります。

妊活中の人は使ってはいけません。

女性は使えません。(女性の対策方法は後述します)

勃起力、性欲の後退が起こることがあります。

 

上記を踏まえて内服薬は摂取しましょう。

ただ外用薬だけだと効果はあまり期待できないので、内服薬+外用薬の組み合わせが事実上必須です。

 

私は最初外用薬だけで対策しましたが物凄く遠回りをしました。

副作用が強い一分の薬(ミノキシジルタブレット)は服用を控える理由がありますが、デュタステリドやフィナステリドは深刻な副作用ではないので受け入れる価値があります。

また継続して利用していくことで副作用に対する耐性がつくという研究データもあります。

 

まとめますと、ドクターゼロの7HP(5HPでもOK)とデュタステリドジェネリックを毎日使うということです。

これでAGAの進行が私の場合は停止しました。

(厳密には進行しているが発毛量の方が多いので全体の毛髪量が増えている)

 

予算少ない人向け

 

お金に余裕がない人は、育毛剤のコストを削って対策をします。

デュタステリドは価格的に高くないのでケチらずに買いましょう。

 

つかう育毛剤ですが、ロゲインという海外の育毛剤が良いです。

これもオオサカ堂で購入できます。

 

 

 

 

7HPは1ヶ月5000円近いコストですが、こちらは2,800円程度まで下がります。

 

ちなみにステルスマーケティングしてる育毛剤は1万円近い価格がして、発毛効果が立証されているミノキシジルが含有されていません。

そんなものを使っても生えるはずがない事は明らかですね。

日本の美容業界は腐敗しきっています。

 

女性の対策方法

 

女性の場合は妊娠中、妊活中でない事を確認した上で、女性向け商品を使います。

男性用商品よりも薬品の含有量が抑えられた商品が販売されているので、それを使います。

なおフィナステリドやデュタステリドを女性は使うことは出来ません。

 

 

 

サプリメントによる対策

 

薄毛進行をサプリメントで止めることは不可能だと考えています。

その理由は私自身が色々試したものの効果を感じられるサプリは皆無だったからです。

 

ステルスマーケティングの情報を要約すると、亜鉛、リジン、ノコギリヤシを摂取することで効果が期待できるということですが、これは別にやらなくもいいです。

 

その理由としてまして、まずマルチビタミンに亜鉛は含まれている。

リジンとノコギリヤシは私の人体実験で効果を感じられなかった。

この2つの理由があるからです。

 

マルチビタミンを飲んで、運動をしていれば、他のサプリは摂取しなくても良いというのが私の考えです。

 

私のおすすめのサプリについてはコチラの記事を参照下さい。

100万サプリに使って分かったiherbで買うべき厳選商品

 

シャンプーによる対策

 

ビオチンが髪に良いことからビオチンシャンプーが効果的とされる見解がありますが、私が実践した範囲では効果を感じられませんでした。

 

私はフケが出るので、その対策も兼ねてニナゾルシャンプーというのを使っています。

が、これは必須というよりは使いたければ使えばいいんじゃねという感じ。

 

 

今のところフケに対する効果は感じられていますが、それ以外で劇的な変化は見られません。

進展があれば推奨商品に昇格をするかも。

 

食事

 

発芽玄米を強く推奨します。

 

 

ファンケルまたはイオンの発芽玄米が良いです。

 

発芽玄米は最も効率的に体が必要としている栄養を吸収できる食と言われております。

 

私は発芽玄米に切り替えてから全てのパフォーマンスが劇的に向上しました。

 

白米、パン、パスタ、ピザ、うどん、ラーメンを減らし、発芽玄米メインにすることを推奨します。

また1日二食以下の食事量に減らすことを同時におすすめします。

 

 

全ての問題は原因と結果の法則に支配される

 

おおよそ我々が抱える悩みなんてものは、先人達も抱えてきたことであり、研究されてきたテーマでもあります。

 

なので大半のケースにおいてすでに解決策が確立され、そのコストもどんどん安くなっています。

 

現状薄毛対策には月に1万円近いお金がかかってしまいますが、このコストは今後ジェネリックがたくさん作られてもっと安くなっていくでしょう。

そしてAGAという病気そのものを完治できる薬がいずれ開発されるはずです。

 

それまでの間は今回シェアした手法で武装をして、AGAと戦っていきましょう。

 

この記事が薄毛に悩む方の役に立ちますように。

 

それでもハゲが止まらない、生えてこない方

 

最終手段になるので、気軽には実践して欲しくありませんが、ミノキシジル内服薬というものを使います。

これは副作用もえげつないので、覚悟を決めて使いましょう。

 

おすすめは、2.5mg(一番強度が弱い)を購入し、ピルカッターで2回分割をして飲むことです。

これをやれば1回あたりの強度は0.6mgまで落ちるので、副作用を大幅に軽減できます。

それでも体に負担がかかるのは間違いないので、生えてきたら服用を止めて、外用薬のドクターゼロでの対策に戻していきます。

 

ミノキシジルタブレットを服用している時も、外用薬(ドクターゼロ)との併用は続けたほうがより効果が出る速度は上がっていきます。

僕自身も内服薬のデュタステリド、外用薬のデュタステリド(ドクターゼロ)、内服薬のミノキシジル(ミノキシジルタブレット2.5mg)、外用薬のミノキシジル(ドクターゼロ)を組み合わせて利用しています。

 

副作用としては僕の場合は胸の動悸です。

心臓に負荷がかかっているのがわかりますね。

ただ、強度を落としているので常時負担がかかっているのではなく、たまーになんか心臓に負担かかってるな?という感じ。

 

発毛効果としてはこれやりはじめて、生え際の産毛がすぐに濃くなってきたので、結果が出るのも早い印象です。

ただし劇薬なんで、決死の覚悟を持って飲む薬。

禿げ上がってたり、何が何でもハゲを治すぞって覚悟の人だけです。

素人にはオススメできない。

 

 

記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です