スピンドルICO購入方法(販売終了)

スピンドル購入方法

この記事の所要時間: 90

本日ニュースで報道されているようにガクトさんが関与するICOとしてスピンドルが注目されています。

実はこのICO案件を11月の末に購入しすでに保有しています。

 

プレセールというもので購入しており、購入したときよりも価格がすでに上がり、利益が出ている状態です。

 

これからスピンドルに注目が集まり買いたいと考える人は増えてくると思います。

私自身もスピンドルの正規販売代理店として今後活動する予定なので、興味がある人はメルマガ登録して頂ければと思います。

 

スピンドルを購入できる通貨はイーサリアム

 

スピンドルを購入できる代理店はいくつもあると思いますが、私自身が購入した時はイーサリアムでの購入のみに対応していました。

 

イーサリアムで購入するメリットはビットコインに比べて価格が安いこと、今後も上昇が期待できることです。

実際私が購入したときよりもイーサリアムは価格がが上がり、ICOの値上がりとは別にイーサリアムの値上がり益も出ている状態。

 

スピンドルを買う際はまずはビットフライヤーやコインチェックで口座開設をしてイーサリアムに日本円を換金します。

そしてそのスピンドルを販売店のアドレスに当てて送金。

 

その後申請書を提出(ウェブから提出可能)して承認されれば自分の専用口座が開設をされます。

 

私が申込んだ時は管理体制がドタバタしており、申請書類を何度も書かされて非常に面倒でした。

現在はウェブで完結するように体制が一新されているので負担は少ないです。

 

スピンドルをあえて買う理由とは?

 

ICOの殆どは詐欺と言われており知識のない人が手を出すと危険です。

 

しかしながらスピンドルは著名人であるガクトさんが関与していること。

そして僕が信頼をするジモンさんの紹介なので残念な結果に終わる可能性は低いと考えています。

 

まずこのICOが失敗に終わるとガクトさんの今後の活動にも影響が出るので、成功をさせるために全面的に活動をしてくるはずです。

実際ブログでもスピンドルのことを書かれていて、かなり強いメッセージでこの活動に参加していることが伝わってきます。

 

スピンドルが取引所に上場した時に大きな売却益が期待できるので、公開前にICOとしてスピンドルを買うことで、将来の利益を確保できるメリットがあります。

要するにICOってのは未公開株みたいなものであり、今後それが上場した時に大きく化ける可能性があるよって話。

 

もちろん上場しない可能性もあり、紙くず以下の値打ちになるリスクもあります。

 

だからスピンドルを買う際は全財産を入れるのではなくて一部の資金を入れるようにしましょう。

仮想通貨が日本円やドルに変わると言ってる人もいますが、利便性やセキュリティ的に現実的とは思えません。

 

いつかこのバブルは必ず終焉をしてあるべき姿に堕ちていくはずです。

そしてその後は仮想通貨と実物通貨が住み分けて共存していく未来になると私は予想します。

 

足元固めるのであればSP500、自分のビジネス(物販やアフィリエイト)のほうが遥かに堅実ですし、10年後、20年後も残っている可能性が大きいです。

 

1月8日販売代理店説明会があるので参加します

 

私が参加しているZスクールにてスピンドル販売代理店の説明会が年明けの1月8日に実施されます。

私はこれに参加をし正規のスピンドル販売代理店になります。

 

皆さんはこの説明会に参加する事は出来ません。

代理店になる事も出来ませんのでスピンドルを自分でも販売して稼ごうと思ってる人は諦めて下さい。

 

スピンドルのアフィリエイトは報酬体系、管理体型になるかわからないのですが、私からスピンドルを買ってくれる人にメリットが提供できるように体制を作っていきます。

 

仮想通貨トレードの専用ツールも今後使っていけるようになるので、安値の通貨をシェアしたりして、トレード配信もどきみたいなことやってもいいですし、トレードの添削なんてやっても面白いと思います。

 

来月からビットコインFXも始めるつもりなので、その辺りを一緒に勉強していくコミュニティを作っても面白そう。

 

ICOに入れるお金がない人はどうすればいいか?

 

ICOや仮想通貨がバブっているとは言え、2万円とか3万円といった少額投資では大きなリターンは期待できないです。

最低でも100万、理想的に数千万は入れていきたいです。

 

でもそういった資金を用意できない人も多いと思います。

思いっきり見下しますけど、そういう人に限って仮想通貨仮想通貨と妄信的になっている人が多い。

 

だけど世の中近道なんてないんですよ。

それはわかってください。

 

宝くじで一発当てたい。

気持ちは理解します。

でもあぶく銭を手に入れても必ず破滅をしてしまいます。

 

ICOや仮想通貨も同じです。

今は実力がなくてもこれを利用してお金持ちになる人が出ている。

 

でもその人らが10年後20年後生き残っていると思いますか?

絶頂を超えた芸能人と同じように高い確率で消えているでしょう。

 

仮想通貨をやるなとはいいません。

でもやるならしっかりと足元を固めようってことです。

 

足元を固めるってのは何かというと、トレードなんて不確定なものに依存しなくても自由にお金を生み出せる能力です。

 

物販、アフィリエイト、その他事業。

こういったものを自分で回せるようになっていくということです。

 

そして資金がない人は学びながらスキルを身に着けてそこで稼いだお金を仮想通貨にコツコツ入れていけばいいです。

 

現在は仮想通貨積立というサービスもありますし、少額からでも仮想通貨投資を始める土壌が整っています。

 

焦らずに行きましょう。

SP500に積立投資しているだけでも充分な期待値を取っていくことが出来ますので。

 

スピンドルはアフィリエイト出来なくなりました

 

今しがたZスクールから連絡が来て、詐欺行為が発覚したためアフィリエイトが出来なくなったようです。

 

お世話になっております。
ポール・ジモン サポート事務局です。

1月8日にスピンドル代理店の説明会を予定しておりましたが、
本日、本部より連絡があり、アフィリエイト、二次代理店などが
禁止となりました。

上記の理由としましては、直近でスピンドルを名乗る詐欺が
横行したことが原因のようです。

つきましては、二次代理店が禁止となって
しまいましたので、こちらに伴って
1月8日の代理店説明会も中止になります。

事前に代理店説明会の表明をいただいていた方には
大変申し訳ございませんが、何とぞご理解のほど
よろしくお願いいたします。

以上になります。
よろしくお願いいたします。

 
 
期待して下さっていた方申し訳ありません。

これにより私の特典やサポート企画も廃案になります。

 

スピンドルを買いたい方はスピンドルのウェブサイトより申込ください。

ICO前に一般の方が購入するのは難しくなりそうですね。。。

 

スピンドルは売却不可だから危険?

 

実態をわかってない人が煽ってるみたいです。

フルシカトで問題ないかと思われます。

(もちろん投資は自己責任です)

 

お世話になっております。
ポール・ジモン サポート事務局です。

スピンドルの件でご連絡になります。

以下のブログ記事で、不安に思われている方や多数のお問い合わせがございましたので
皆様にお知らせします。

ブログ記事↓
https://www.shin-sasaki.com/single-post/2018/01/16/%E3%80%90%E6%82%B2%E5%A0%B1%E3%80%91Gackt%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3SPINDLE%E3%81%AF%E8%B2%B7%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%8C%E6%9C%80%E5%BE%8C%E3%80%81%E5%A3%B2%E5%8D%B4%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%8C%E5%88%A4%E6%98%8E%E3
%81%97%E3%81%9F

これに対しての回答を申し上げます。
まず、このブログで記載されている内容は、当方の日本国における改正資金決済法解釈を
著しく捻じ曲げており、誤解、惑わされないようご注意くださいませ。
このブログの方は、法律の専門家ではありません。

1:SPDは、ICO完了後は、移動・譲渡・売却などの制限はロックアップ条項を除けば、取引所上場後可能となります。
2:保有しているSPDが、世界のいずれかの取引所で上場すれば、そこで売買取引以外で、SPDプラットフォームを使用して仮想通貨ヘッジファンド
に投資することなども自由です。但し、ICO後、取引所に上場後になります。
3:お客様が、イーサリアムなどを得ようとする場合、SPDが、上場している取引所でSPDを売却すれば可能です。
4:SPDプラットフォームで、お好みの仮想通貨ヘッジファンドで資金運用する場合、SPD建てで運用し、SPD建てでそのファンド(当方ではありません)から
SPDでキャピタルゲインや、利回りを得ることができます。イーサリアムなどにするには、そのSPDを取り扱っている取引所でお客様が両替して頂くことになります。

現在、世界の取引所での取り扱いは、ミーティング等をすすめており、このような情報は、オフィシャルサイトで発表されます。

デマ・風説に惑わされることなく、正規代理店及び、当方オフィシャルサイトでの発表をご覧くださいませ。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください