電脳せどりのリサーチ方法とコツを教えるから諦めろ。資金ないと無理

最終更新日

この記事の所要時間: 924

【どんな商品をリサーチするのか】

 

 

 ・今話題の商品

 

 ・価格が高騰している商品

 

 ・入手困難な商品(生産終了商品、受注生産商品、抽選販売商品、数量限定商品など)

 

 

 上記の商品をリサーチしていきましょう。

 

 

 

【リサーチに使うツールとは】

 

 

以下のツールを使用しリサーチします。

 

 

 ・Yahoo!リアルタイム検索

 

 ・Twitter

 

 ・Amazon

 

 

それぞれツールを活用した検索方法を紹介します。

 

 

【リアルタイム検索編】

 

 

Yahoo!リアルタイム検索を使って情報収集します

 

 

Yahoo!リアルタイム検索」とはYahoo!TwitterFacebookと連携して各SNSの投函を横断検索できるサービスです。

 

過去1ヶ月以内の日本語ツイート、Facebookの投函が検索できます。なお、「非公開」のツイートや記事は検索できません。

 

トレンドのリサーチをする際、最も活用するのがこの検索ツールですのでアプリのダウンロードは必ずしておくていいでしょう。

 

 

検索方法

 

 

Yahoo!リアルタイム検索を開くと下のように検索窓が表示されます。(下の画像はWeb版になります。)

 

検索窓にキーワードを入力します。

検索は以下の方法がありますので使い分けて検索していきましょう。

 

 

 ①呼び方、言い回しを変えてキワード検索する

 

Amazon」というキーワードでもいくつかの検索候補があります。「Amazon・ アマゾン・あまぞん・尼・密林」など。

 

「売り切れ」という意味でも様々な言い回しがあります。「売り切れ・品切れ・在庫切れ・完売・瞬殺・SOLD OUT・次回入荷 未定」などです。

 

よって、「Amazon 売り切れ」と「あまぞん うりきれ」では全く違う検索結果が表示されます。

 

色々な呼び方、言い回しを想定して検索しましょう。

 

また、ネット用語や略語なども使い分けながら検索してみましょう。

 

ファンの間の濃い情報を引き出せる可能性があります。

 

 

 ②AND検索・OR検索・NOT検索を使って効率よくリサーチする

 

AND検索

 

両方のキーワードを含んだ検索結果を表示する方法です。

 

キーワードの間に全角でも半角でもいいのでスペースを入れましょう。

 

OR検索

 

複数の語句のどちらかを含んだ検索結果を表示する方法です。

 

キーワードとキワードの間に「 OR 」(半角大文字)を入れる方法とカッコで囲う方法があります。

 

検索しやすい方で検索してみてください。

 

例 「Amazon OR 楽天」または「(Amazon 楽天)」

 

また、OR検索はAND検索と組み合わせて検索します。

 

例 「Amazon OR  楽天 セール」または「(Amazon 楽天) セール」

NOT検索

 

後につづく単語を除外して検索する方法です。

 

対象となるキワードの前に、半角のマイナス記号を付け足し検索します。

 

例「転売 高騰 チケット」

 

このように入力すると、チケットが含まれる投函はすべて表示されなくなります。

 ③画像・動画付きの投函のみを表示する

 

一目で商品名が把握でき、商品名がない投函であっても、画像から商品名を知ることができます。

 

画像検索も効率よくリサーチする方法の一つです。

上記の①~③の検索方法がありますので試してみてください。

 

複数のキーワードを組み合わせたり、画像付きのツイートを検索するなどして効率的に検索していきましょう。

 

 

ランキング

 

Yahoo!リアルタイム検索のアプリや、サイトを開くと話題のキーワードがランキングで表示されています。

 

このランキングから仕入れにつながることも多くあります。

 

下の画像はアプリでの表示になります。

 

芸能人の結婚・引退・訃報の多くがランキングに記載され、関連商品は相場に影響を与えます。

 

他には人気商品の生産終了・メーカーからの商品回収指示など、今後相場が上昇するかもしれないキワードも多く掲載されています。

 

どこに仕入れのチャンスが潜んでいるのか分からないので、ランキングは常にチェックしましょう。

 

 

お気に入りボックス

 

「キーワード」を保存し検索結果を通知で受けとることができます。

 

登録すると、新着件数を知らせてくれ、話題になったらすぐ通知してくれます。

 

登録するには検索して画面下・中央の星マークをタップします。

 

 

これでキーワードの保存が完了です。

 

保存したキーワードは右上のお気に入りボックスに追加されています。

 

隙間時間に新着記事を読むだけで情報収集できます。

 

品薄状態の商品名・店舗セール情報・人気アーティスト名など自分の得意なジャンルから登録していくといいでしょう。

 

 

テレビ

 

テレビの影響によって一気に注目され、品薄状態になったり相場が大きく動くことがよくあります。

 

こういったテレビに注目することで品薄前、価格の高騰前に仕入れることが可能となります。

 

Yahoo!リアルタイムアプリを開くとテレビという項目があります。

 

テレビを選択すると今放送中の番組のタイトルが一覧で表示されます。

 

番組名をタップすると、その番組に関するツイートが表示されます。

 

また、一番下の番組表をタップするとYahoo!テレビGガイドが開きますので番組の詳細を確認することもできます。

 

商品を紹介する番組であったり、発信力のある出演者に注目しリサーチしましょう。

 

キワード検索では「放送 品薄」といった組み合わせが効果的です。

 

 

Twitter編】

 

 

Twitterから情報収集する

 

有益な情報を発信してくれるアカウントをフォローしていきましょう。

 

おもちゃ、ゲーム関連、フィギュア、特定のストア、などアカウントによってジャンルも様々です。

 

自分の得意ジャンルを中心にフォローしていくと良いでしょう。

 

下記はオススメのアカウントです。

 

・プレミアの王道

・レアチェック

・楽チェック

・覇王 限定・人気アイテム復活速報

・人気フィギュア予約・発売再開情報

・人気ゲームソフト予約・発売再開情報

・人気商品予約・発売再開情報

・セブンネット人気商品予約・発売再開情報

・プレミアムバンダイ

・ランキング急上昇情報

・ニンテンドースイッチ等のネット販売情報

・ちゃんねらー(殿)のレアアイテム速報

 

ツイートを見ると在庫復活が何回目とか、前回の入荷では何分で売り切れたかの情報まで記載されています。

 

フォロー先からのツイートというのは非常に貴重な情報源となります。

 

また、投函者のブログから直接仕入れ先につながる場合があり、ワンクリックで仕入れることができます。

 

有効に利用していきましょう。

 

外出先であってもアプリのプッシュ通知機能で、隙間時間にTwitterを見れば時間がない人・知識がない人も仕入れができます。

 

 

Amazon解体編】

 

 

検索方法

 

たくさんある商品の中から条件を絞ってリサーチします。

 

いくつか方法があるので紹介します。

 

 

 ①カテゴリーで狙いを絞る

 

トップページ左上のカテゴリーの項目から商品を絞っていきます。

 

ある程度の商品数まで絞ることができます。

 

 

 ②全ジャンルから下記のキーワードを使って絞り込む

 

『限定・初回・廃盤・先着・特典・生産終了・早期購入・プレミア・完全生産』

 

「キーワード +  商品名」でも検索しましょう。

 

 

 ③URLの末尾に条件を指定するコマンドを追加し絞り込む

 

【 】内が末尾に付け足すコマンドになります。

 

・定価越え商品のみ表示【 pct-off=-0

30%offの商品のみを表示【 pct-off=30-

30%~50%の商品のみを表示【 pct-off=30-50 】

7,000円以上の商品のみ表示【 &low-price=7000

7,000円以下の商品のみを表示【 &high-price=7000

・在庫切れ商品のみ表示【 &sort=salesrank

・発売日順に並び替え【 &sort=-releasedate

・ランキングが高い順【 &sort=salesrank 】低い順【&sort=-salesrank

・レビューの評価が高い順【 &sort=review-rank 】低い順【 &sort=-review-rank

 

 

 ④非表示にしたい対象をウェブ上から排除し一気に商品数を絞り込みます

 

対象となるキワードの前に、半角のマイナス記号を付け足し検索します。

 

例 「 -amazon 」

 

 

上記の検索方法を使い商品をリサーチしていきます

 

・例えば7,000円以上の限定CDを探すとします。

 

「 cd 限定 」と検索して、URLの末尾に【 &low-price=7000 】を入力し検索します。

さらに並べ替えをして効率よく商品を表示させましょう。

 

このように上記の①~③を組み合わせて商品をどんどん絞って効率よくリサーチしていきます。

 

 

【得た情報をどのように活用するのか】

 

 

下の画像はYahoo!リアルタイム検索アプリで「Amazon 高騰」で画像検索し表示されたツイートになります。

 

「ハーバシンのハンドクリームが廃盤になりAmazonで高騰している」ということがわかります。

このツイートの画像を見ると。Amazon2,500円で販売されていることも確認できました。

在庫を持っている販売先を探して見ましょう。

楽天で648円で販売されていて、在庫もあるようです。

このようにツイッターの商品情報からAmazonでの販売価格を調べ、他のサイトを確認するなどしてさらに詳しくリサーチしていきます。

 

あとは在庫を持っている仕入先から仕入れるだけとなります。

 

 

以上が電脳せどりのリサーチ方法です。

記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です