フリマハッカー販売終了。代わりのツールはオワコン。相場観で生存しろ

フリマハッカー フリマハッカー
この記事は約26分で読めます。

フリマハッカーを使って10分で時給3万円の世界に到達した証拠動画。煽りたくないけどこれで稼げない人はいるのかな?と思ってます

 

フリマウォッチャーのキャンペーンで登場した、フリマ仕入れ支援ツール「フリマハッカー」。

 

そのフリマハッカーがインフォトップに登場しました。

販売価格は先着1000名で19,800円。

 

月額課金ではなく、買い切りでこの価格です。

色んな塾が有料のツールを販売してきましたが、このフリマハッカーがツール乱立にトドメを指しましたね。

 

もう月額5000円とか払って、しょぼいツールを維持する必要はないって事です。

Amazonとメルカリの価格差がある商品を自動で抽出して、楽して稼ぐ。

フリマからの仕入れは「フリマハッカー」で完結をします。

フリマハッカーで稼げる仕組みを解説。稼げない!はガセネタ

フリマハッカーで稼げる仕組みはシンプルです。

 

例えばメルカリの仕入れを自動化するなら、

 

メルカリで商品を仕入れているユーザーを見つける → その人が仕入れた商品がAmazonで利益が出るかを見る → 商品が利益を出て購入しかしてないユーザーなら転売屋 → その人が仕入れた商品で利益が出るものをアラート登録 → アラートが来たら買い付け

 

稼いでる人が仕入れてる商品を真似することで、リサーチをしなくても稼げる状態にしていきます。

 

これは稼いでる側からしたら迷惑極まりない話ですが、ネット仕入れの世界ってそういうものです。

飽和する時は一瞬なんですね。

 

フリマで商品知識を使って仕入れをしている人はたくさんいるので、そういう人らの真似をしているだけですぐに稼げるようになるでしょう。

 

仕入れに時間を割いていると何か買わないと稼げないという恐怖感が出てきて、しょーもないものを買ってしまうことがあります。

しかしそういったマインドで仕入れをした商品って大抵の場合思うように売れないものです。

 

良い商品というのは好条件が満たされており、妥協をせずに待ち続けてようやっと手にできるものです。

 

僕であれば店舗でも仕入れをしますが、何も買わずに退店するお店がたくさんあります。

そんな事して利益が出るのかって思うかもしれませんが、色んなジャンルのお店を一日で周るので好条件の商品が回っていくと見つかるんですね。

そういった商品だけを厳選して仕入れをしています。

 

もちろんそれだけ厳選をしても値崩れしたり、赤字になることはあるのですが、全体的には安定をして利益を出してくれています。

ネット仕入れでも同じです。

 

良い条件の商品が来るまで待つこと。

そして商品が出品されたら他のライバルが仕入れる前にすぐに購入すること。

これが一番簡単に大きな利益を上げる方法なんです。

フリマハッカーの致命的な欠点(デメリット)

そんなフリマハッカーですが欠点もあります。

 

それはAmazonを使った転売なので、新規参入の人には不利だということです。

規制されているカテゴリーの解除をしないとネット仕入れでは稼げません。

 

規制を解除するノウハウはもちろんあるのですが、フリマハッカーにはこのノウハウは付属しないため、自分で解決をしなければなりません。

 

逆に規制を解除してすでに販売できている状態の方は、フリマハッカーを使うことでさらに有利な仕入れが出来るようになるでしょう。

 

フリマハッカーは電脳せどりで稼いでいきたい人にとってイチオシの商品となります。

今なら価格も19800円ととてもリーズナブルなので、ネット仕入れで稼ぎたい人はこのチャンスを逃さないようにしましょう。

 

分割決済にも対応しています。

2回払い(初回\9,950円、次回以降\9,950円) 、3回払い(初回\6,650円、次回以降\6,650円)。

フリマハッカー特典

モノレートに代わる独自DBが使えるようになります。

モノレートのデータがおかしくなったり、信頼できないことがあるのは経験者であれば知っていると思います。

 

フリマハッカーを購入した人はこの独自DBも無料で使えるようになります。

モノレートでしか分析できない人よりも優位性のある仕入れが出来る様になるので、これは強力な特典となります。

 

この独自DBはkeepaのように価格が下がった時に通知したり、値段が上がって売れた時に通知するなど、より柔軟性の高い機能が搭載されています。

 

なので、プレ値になった商品が本当に売れたのかを誰よりも早く知り、有利に仕掛けることが出来るようになります。

 

当然オフラインでも使えますし、ネット仕入れでも使えます。

トレンド仕入れ(タイアップせどり)をやっている方にも便利な機能です。

 

ツールはiPhoneアプリではなく、グーグルクロームの拡張機能として動作します。

なのでWindowsでもMacでも使えます。

スマホでは使えないのが残念ですね。

 

モノレートやキーパとデルタトレーサーを比較してみました。

仕入れようとしている商品がどれぐらい売れているのかを分析するために使うツールです。

 

商品によって異なりますが、デルタトレーサーを併用することでより深い掘り下げが出来るようになります。

そのことで大量仕入れをする際に的確な判断を出来るようになります。

 

スマホからでもアクセスが可能なので、店舗仕入れとの相性も良いです。

フリマハッカーは電脳せどりやりたい人だけではなく、店舗仕入れと組み合わせても大きな威力を発揮します。

 

このツールはフリマハッカーを購入すると全員が無料で使えるものです。

追加でお金取られるバックエンド…ではないのですよw

そういうせこいサービスではないのでおすすめをしています。

 

ぜひフリマハッカー、デルタトレーサーを使いこなしてあなたの仕入れに役立ててみて下さい。

爆益がありますように。

フリマハッカーが使えない時に確認すること

OSや環境を選ばず使える(スマホからでも利用可能)なため、問題は出ないはずですが、おかしな動きをしている時は以下のことを確認しましょう。

 

OSを最新のものに更新しているか(iosは最新?Windows10使っている?)

ブラウザーは最新版か?(Chrome、Firefox、Edgeは常に最新にしておきましょう)

 

それでも動きがおかしい時はサポートの問い合わせしましょう。

メルカリの仕様変更に対応できておらず、使えなくなることがたまにあります。

 

フリマハッカーを自動化する流れ

フリマハッカーを使うことで、簡単に利益の出る商品を持続的に見つけることが出来ます。

店舗せどりや輸入転売のように、スキルを身につけるまでに時間がかからないため、人に任せるのも簡単。

 

フリマハッカーを使って、フリマウォッチにアラート登録をする。

アラートツールに登録する商品数に応じて、利益は増していくものの、このやり方には一つ問題があります。

 

それは自分が学校に行ってる間や会社に行ってる間は、儲かる商品の落札や入札、購入が出来ないということです。

常にスマホの画面を見て対応できるわけではないので、あとで対応しようと思っていざアラートが来た商品にを見てみると、すでにライバルが購入済。。

こういった問題が出てくるわけです。

 

そのため、アラートツールにルールを追加する、「リサーチ」を担当する外注さんと、商品を「購入(入札)」する外注さん、商品をAmazonFBAに納品する外注さん(代行会社でもOK)の3つを雇います。

 

すると、あなたは一切作業する事なく、収益が発生する状態を作ることが出来ます。

 

人を募集する場所は、クラウドソーシングサイトと呼ばれるサービスを使います。

具体的には、クラウドワークスというサービスを使い、募集をかけていきます。

 

雇う人数としてはまずは、それぞれの工程を細分化しつつ、1作業につき一人を雇用するといいでしょう。

それが出来たら、作業の進行ペースを見ながら、処理が追いついていかなかったり、理解が浅い外注さんを入れ替えながら、人を増やしていきます。

 

フリマハッカーを使いこなすことで、仕入れする商品に不自由することはないため、予算の許す範囲でガンガン買い付けを行っていきます。

なぜガンガンが買い付けをするのかというと、電脳せどりは仕入れに使っている資金に比例して、利益も多くなっていくからです。

フリマハッカーをヤフオクで使う方法

メルカリのライバル分析が可能になるフリマハッカーですが、ヤフオクでも同等の機能を実現するツールはないのでしょうか?

これについてはヤフオクの仕様上、落札者の情報が公開されないため、ツールで対応するのは難しいです。

 

ヤフオクは販売者分析を行うことは簡単に出来ますが、落札者分析を行うことは出来ません。

独自のデータベースを作ってヤフオクの全取引を記録するツールが出てくれば今後変化があるかもしれません。

他のツールとの比較

せどりにはいくつもの便利ツールがありますが、それらと比較をして、フリマハッカーが優れている点を浮き彫りにしていきます。

セドリオンとフリマハッカーの比較

セドリオンとフリマハッカーどちらがいいですか?と質問を頂きました。

これはフリマハッカー一択です。

 

セドリオンは既に実力があり、ある程度儲かる商品やジャンルを絞り込めている方向けの商品です。

初心者にはそれがないので知識ゼロでも稼げるフリマハッカーから始めるべきです。

セドリオンとフリマハッカー選ぶならどっち?稼ぐならこのツール
在宅副業で稼げる電脳せどりに対する興味が高まっています。 これはフリマやオークション、ネットショップを駆使して仕入れをし、それを転売して稼ぐやり方です。 参入するプレイヤーの数が増えるにつれ、電脳...

アルバトロスとの比較

 

今回はアルバトロス、トレジャーパーフェクトと言った
Amazonでプレミアム価格になっている商品を見つけるツールについて話します。

 

プレ値というのは何かというと、定価超えしている商品ですね。

 

定価を超えて販売されていて、かつ定価以上で売れる商品を大量に仕入れる。

そうすれば短い期間でまとまった利益を確保することが出来ます。

 

これを実現するためにプレミアム価格に鳴っている商品を抽出するツールというのがあり、

僕もお客さんに聞かれて導入をしたことがあります。

 

僕自身はプレ値狙いはあまりいい戦略じゃないと考えています。

 

それはなぜかというとそもそもプレ値になる商品というのは

供給量が少ないからそうなるわけであり、

そういった商品をまとめて仕入れようと思うと資金も必要になってきます。

 

それに何よりもプレ値狙いは忙しないです。

在庫が復活して相場が暴落することもあるのでとにかく短期で売り抜けなければなりません。

 

もちろん在庫復活までのラグが長く、そのまま価格が切り上げられて

どんどん上に上がっていくケースもあります。

 

博打要素が結構デカイです。

 

僕はそういったものよりもより確実性が高い所で勝負をして

そういう商品に分散して投資をしていくほうが安定をすると考えています。

 

一瞬稼げることよりも安定的に会社の給料と同じようにお金が入ってくる。

そういった仕組みのほうがいいと思いませんか?

 

元々流行についていくのが苦手というのもあり

流行り廃りに関係なく取り組めるやる方を模索した結果

現在のやり方に落ち着きました。

 

お客さんにせどりを教える活動をやっている都合、

情報を彼らに提供出来たら喜ばれる。

 

そう思い天野さんのトレジャーパーフェクトというのを契約してみました。

 

で、実際に3ヶ月ほど使ってみたのですが、

全くもっていらなかったです。

 

確かにプレ値になってる商品が出てきて便利なのですが、

そういった商品はそもそも店頭に無い。

 

トレジャーパーフェクトは毎月5,000円程かかるツールなのですが、

これであればせどリストプレミアムのプレミアム商品抽出サーチを使ってるほうが

遥かに稼げます。

 

1年前はツールも何がいいのか手探り状態でしたが、

今では断言できます。

 

少なくとも兼業で30万以上、専業で50万以上までなら

GAGAとせどリストプレミアムだけで行けます。

 

それ以上上の世界に行く上で何かツールがあるのかもしれませんが、

十分だと思いますねー。

 

組織化をすれば専業であれば月利100万も突破するので、

せどりで目指すラインとしてはこれぐらいでいいと思ってます。

 

そこから会社作って社員入れて‥みたいな事も出来ますけど、

大変な割にリターンがしょぼいです。

 

なんで僕としてはサイトアフィリエイトにシフトするのをおすすめしてます。

 

そしてサイトアフィリの方で組織化するほうが遥かに儲かるし、

報酬も天井がないのでいいと思ってます。

 

このような流れの中取り組んでいくといいでしょう。

 

ということで、トレジャーパーフェクトを始めとするプレ値ツールについて

僕の考えでした。

 

他のツールでも出来ることは同じなので、これ系のツールはいらないと思ってくれて結構です。

 

これは結論から言うと買わなくてもいいと思ってます。

 

僕自身購入をして教えている人達に情報を流すために利用していたのですが、
見つかる商品もあるっちゃあるけど、
普通にせどってるのと大差ないし、
月の維持費が5000円ぐらい取られてコスパがイマイチだなーという感じ。

 

基本的に情報に対する対価として
仕入れツアーのようなその人独自のスキルであったり、
マンツーマンに近い形でのサポートといったものに投資したほうがいいと僕は思ってます。

 

誰もがアクセスできるツールやデータへの投資は
思ってるほど費用対効果が高くないなってのが僕の感想。

もちろんこういったツールを使ってガンガン稼ぐ人もいると思うのですが、
僕と僕のチームが検証した範囲では
別になくてもいいんじゃね?って感じでした。

 

今後ツールの未来があるとしたら月額利用料金を安くするか、
規制カテゴリを中心とするニッチなカテゴリのデータを取得してくれるツール。

こういったものでないとお金は払わないと思います。

 

ツールがあれば稼げると知らない間は思ってしまいますが、
ツールがあっても稼げないし、ツール依存だとすぐに稼げなくなるリスクがあるというのは覚えておきましょう。

 

聞きたくない言葉かもしれませんが、
泥臭く自分の腕を磨き続けることが最短コースなんです。

 

電脳せどりなら一緒に電脳をスカイプで画面共有して教えてくれる人に
お金を払って教えてもらう。

これをやらないと稼げるようにならないです。

せどぷれとの比較

前から目にしていたのですが、継続して売れてるツールにせどぷれというのがあります。

 

これは何かというとAmazonで定価越えしている商品を抽出してくれるツールですね。

 

僕は一貫してこういうツールはいらないし、コスパ悪いからやめとけと言ってきたのですが、知らない人からしたらプレ値になっとるの教えてもらえたらそれを仕入れまくって稼ぐだけやん。余裕やろーってなるんだと思いますw

 

実際はプレ値になっているものがわかった所で見つけられないですし、専業の人が店舗に電話をかけて在庫を抑えてしまうので、お店を自分で回って集めようとしても集まりません。

 

だからこそこんなツールに振り回され右往左往する暇があるなら、どんなエリアのどんなお店でも稼げる実力を身につけるべきなのです。

 

この当たり前すぎる主張を聞いた時に「そうだよね」って思える人は長く稼げるし、「そうは言っても何か裏技的なやり方があるに地がない」と思ってノウハウを探し続ける人はいつまでも稼げるようになりません。

 

今せどりで稼げていない、これからせどりをやろうと考えてる人に言いたいのは、テクニックがあるから稼げるんじゃないよって事。

 

テクニックも使いますが、シンプルな手法が一つあれば十分です。

 

投資の世界でも移動平均しか使わない人のほうが長期的に稼いでいたりしますよね?

 

せどりも同じです。

 

僕らが使っているのは市場心理や人間心理に則った極めてシンプルなやり方。

 

なぜ安い商品が供給されるのか?

どういう行動を起こしたら普通の人が仕入れられない商品を仕入れできるようになるのか?

 

こういった所を徹底的に掘り下げ、それを愚直に実行していくので、経験者の方はもちろんですが、未経験の方でもすぐに稼げるようになっています。

 

僕らも便利なツールは使っているのですが、それは何度も包み隠さずお伝えしている通り、せどりすとプレミアムとGAGAの2つです。

 

この2つを使い、外注さん数人で組織化するだけで、副業で30万以上、専業で50万以上というのは当たり前に狙っていけます。

 

そしてその後は法人取引であったり、お店以外から商品を引っ張ってこれるスキームをいくつも作ることで、どんどん安定して稼げるようなります。

 

僕らは別にヤマダ電機さんで仕入れができなくなろうが、ブックオフがせどりを禁止しようが関係ないです。

 

仕入先が数千店舗あるので、プレ値がなくても利益の出る商品が無限に見つかりますし、プレ値のようにいつ再販されるかわからない寿命が短い商品ではなく、仕入れの時に勝ちがほぼ確定している商品に特価をして仕入れていきます。

 

そしてその商品がなぜ今後在庫復活しないのか、なぜ安定的に売れていく可能性が高いかも理解して仕入れているので心理的負担が少ない。

 

このように一貫した行動指針を与えて教育しているので、僕が教えた人達は未経験だろうが稼げるようになるし、成長が鈍化しないのです。

 

大半のしょっぱいせどらーの人は人や知識への投資が出来ないですし、プレ値発見ツールなど小手先のテクニックに走ってしまいます。

 

そもそもプレ値がなぜプレ値になるのかをちょっと考えればこんな儚いビジネスに投資しようなんて思わないはずです。

 

モノの値段が需要と供給で決まる以上、供給が追い付かないがために値段が上がっているプレ値を皆が狙い始めたらどうなるか?

飽和してしまう事は容易に想像が出来ると思います。

 

月に数千万売ってる人達もこういったツールは一切使ってないと言っていたので、煽りでも誇張でもなくプレ値発見ツールはいらないです。

 

せどぷれの利用料金は月額4980円ですが、こんなものに投資するよりせどりすとプレミアムに投資したほうが遥かに利回りは高くなるはずです。

 

少なくとも僕らは利益という実態のあるものを追求する方法を研究してきて、抜け穴を探している人達よりも遥かに短い時間で効率的に収益を出し続けることに成功をしています。

 

シャブ中患者から脱却して、厳しい現実と対峙をする事を決意した人から変わっていく。

 

人生もビジネスも常にシンプルであり、シンプルだからこそ結果を出し続けられる。

そういうもんです。

 

プレ値発見ツールはいらない。

サヤ取りせどらー 最終バージョンとの比較

サヤ取りせどらーというネット仕入れのツールについて今回は語ります。

このツールですが、実は現役で使ってたりしますw

 

このツールを出している会社のツールって使えるのが多くて、
競合分析ツールだったり、
海外から仕入れるツールだったり
色々出ているのですが、仕上がりレベルが高くて気に入ってます。

 

なんですが、皆さんにおすすめするかっていうと
外注さん雇ってないなら使わないほうがいいよと言っておきます。

 

僕がやってるやり方はとにかく数をこなしまくることで
商品を見つけていくやり方で
時間もかかるし、作業量も莫大なんで
一人でやってると死にますw

この作業専門の人を雇って24時間体制ガリガリ回すぐらいでやらないと
多分ペイしないと思うんですよね。

 

ただツールの出来はいいので
使いこなせるアイディアがある。

 

自分がやってる作業の一部をこれで自動化出来ると思った人は
買ってみてもいいと思いますよ。

 

ツールを使いこなす上でのおすすめの使い方としては
自分なりの使い方を混ぜて、他の人と狙う場所をずらして使う。

他のツールと組み合わせて全く別の機能をこなす目的で使う。

 

店舗せどりと基本は同じです。

人と同じことやってたら稼げない。

 

ツール自体はよく出来ているんで
使う目的が決まってる人はがっかりする事はないと思いますよ。

サヤ取りせどらー最終バージョンが使えない理由。2019年は返金?
少し前まで電脳せどりのツールとして有名だった「サヤ取りせどらー最終バージョン」というツールがあります。 e-FLAGSの横山さんが制作と販売をしているツールで、非常に秀逸なツールでした。 横山さんの会社は現在FXの教材販...

ブレイントラスターと比較

ブレイントラスターという電脳せどり支援ツールがあります。

これもフリマハッカーと同じような事が出来るツールだったのですが、維持費が高かったです。

 

一括で購入する場合は119,800円、月額利用の場合は9,800円です。

 

これと比較するといかにフリマハッカーのコスパが高いのかよくわかると思います。

 

これから買うならフリマハッカー一択ですし、今ブレイントラスターにカモられてる人も見切りをつけて移行したほうがいいと思います。

ZENTOとの比較

これは論外です。

年間で40万以上という利用料金(買いきりではなく年間課金という悪質さ)です。

しかも通年募集ではないので、契約したい時にいつでも申し込むことが出来ない。

 

販売会社はブレイントラスターを販売しているRTL一派です。

この一派のツールは非常に評判が悪いので、この時点でないなって感じ。

 

このツールを買うのであれば、フリマハッカーを買い切りで買ってまずは月に10万でも20万でも稼げるようになったほうがいいです。

専業で外注化をして、24時間仕入れが出来る。

資金が1000万以上あり、キャッシュフローに余裕があるという方向けでしょう。

 

資金が少ない間は、利益率の高い中古で、100万円を200万円にするという所から、スタートさせたほうが懸命です。

フリマハッカーとセットで使うべき自動化ツールは何?

販売先はAmazonになるため、Amazonの効率化ツールを導入したほうがいいです。

具体的には、価格改定ツール、サンクスメール送信システムの2つがあると良いです。

 

前者は価格を最安値にする事で、成約率と在庫回転率を高めるために使います。

サンクスメールは、評価を入力してもらい、カート取得率を上げるために、使います。

FBA納品代行会社の選び方

Amazonで販売を続けていくと、ネックとなる箇所が出てきます。

 

出品作業というのはその最たるもので、モチベの低下や集中力のブレに直結をします。

 

出品という誰がやっても大差がない作業は人に割り当てるというのをやるべきですが、

いざ人を雇ってくれとお願いして、雇い方を教えてやっても出来ない人が多いです。

 

自分で雇う事で破格で人を使うことが可能になるので

ぜひともチャレンジして欲しいところですが

最初の間は難しいかもしれません。

 

そんな人におすすめしたいのがFBAの納品代行会社です。

 

これは一昔前は数が少なかったのですが、

最近は倉庫業をやってる会社が参入をしてきたり、

プレイヤーを引退された方が会社を立ち上げたりと

インフラが整ってきました。

 

料金体系もとても安いので、人を雇う手間や教育の労力を考えると

最初から代行会社に頼んだほうがいいのでは?と思うようになりました。

 

特に副業の人はこの手間をお金で買うことで

集中すべきポイントを絞っていけるようになります。

 

今回は納品代行会社の選定方法と相場、

募集が打ち切られてしまったときにどうすればいいかをシェアします。

 

実はFBAの代行会社や販売代行をやってくれる会社は

僕がせどりを開始した頃からありました。

 

当時は人に任せるというマインドがなかったので

なんでも自分でやってしまって

貴重な時間、さらに大きな収益を得るチャンスを失いました。

 

自分と同じ失敗をしてほしくないので

自分が教えている人たちには人を雇うことの大切さ、

既に出来上がっている仕組みや知識に投資する事の大切さを伝えています。

 

遠回りしてチンタラ稼いでもしょーがないですからね。

 

で、僕がせどりを始めた時期からあった代行会社はすでに倒産していたり、

活動が停止している会社がいくつかあるんです。

 

なぜそのような事になるかというと利益が出なかったからだと思います。

 

特にせどらーが立ち上げた会社はマネジメントがうまくいかず

気がついたときにはなくなってしまっている会社が少なくない。

 

なぜこのような事が起きるのかというと、

プレイヤーとして求められる能力と

倉庫会社を運営する能力は全く別物だからだと思います。

 

僕自信も過去にしょっぱい代行会社を使ったことがあるのですが

その会社はマネジメントが下手くそで

値段が高いくせに仕事の質が悪いという最悪な会社でした。

 

そして代表の人はせどらーの人でしたw

 

なんで、これから代行会社を選ぶのであれば

管理がしっかり行き届いていて、手数料も激安すぎない所を選んだほうがいいでしょう。

 

安いからという理由だけで選ぶと

納品が遅かったり、意思疎通がゆっくり過ぎて

代行を頼む意味がなくなったりします。

 

今回自分の講座に参加している人達に自分で雇えないなら代行会社を使って下さいと伝えようと思い、

色々調査をしました。

 

すると、条件が良い会社は新規会員の受付を停止していることが多かったです。

 

ここを皆に紹介したいなーと思う会社に限って、申込みが殺到しているんですよねw

いかに自分で人を雇えない人がたくさんいるのかよくわかります。

 

こういった事態になってしまった時には、再開を待つか、

自分で外注さんを雇う道を模索します。

 

再開を待つ時のスタンスですが、メルマガに登録したり、

メルマガを発行してないなら再開されたときには連絡をくださいと自分の連絡先を相手に残しておくのをやればいいです。

 

こうすれば他の人よりも先んじて募集の情報を得ることが出来るので、

チャンスを逃してしまうことがありません。

 

今までの代行会社は料金が高くて利用するに値しない業者ばかりでした。

 

しかし最近は外注さんに頼むよりも安くて、運営を丸投げできるサービスが増えてきました。

 

インフラはこれ以上ないんじゃないかというぐらい充実をしてきています。

 

ちょっと前だとお金を持ってない人がせどりをやるというのが通例だった物販業界も、

まとまった資金を持つ人が一流の指導者を入れて最初から大きな結果を出すのが普通になってきました。

 

こうなってくると何も後ろ盾を持たない人はますます成功するのが難しくなっていきます。

 

半年後、1年後は今よりもさらに新規参入が難しくなっていくので、今のうちに稼げるようになり、代行会社を含め自動化にも取り組んでいくようにしましょう。

 

なお、フリマハッカーに登録すると紹介してもらえる納品代行会社は料金体系がぼったくりであるため、おすすめしません。

フリマハッカー事態は良いツールですが、この会社のそれ以外の商品(塾やサービス)はあまり品質がよろしくないように感じます。

フリマハッカーの使い方まとめ

使い方を改めておさらいします。

 

まずは購入後に発行される、IDとパスワードで会員ページにログインします。

 

すると「HOTキーワード 今アツい仕入れキーワード」という項目がありますので、そこに出ているキーワードでメルカリとヤフオク、Amazonの相場を調べます。

価格差があるなら、モノレートやデルタトレーサーで利益が出るか調査。

複数購入できそうな時(新品や業者が大量出品している時)には、モノゾンで1ヶ月の販売数を調べます。

 

利益が出そうなら、販売者のIDを抽出したり、同じ商品を購入しているIDをフリマハッカーで掘り下げます。

販売者IDからは儲かる商品が他に見つかる可能性が、購入者は電脳せどらーである可能性があるため、他に仕入れている商品を芋づる式にあぶり出す事が可能になります。

 

 

 

販売数から逆算して、自分が取れるリスク(資金、含み損に耐えられる期間を考える)を計算し、購入。

商品を自宅またはFBA納品代行業者さん、外注さんの住所に送ります。

 

Amazonで販売する場合は、価格改定ツール、サンクスメールを自動化出来るツールを使い、アカウントヘルスとカート取得率を上げていきます。

 

せどりアプリおすすめ2019。神の使い方で爆益【無料/仕入れ】
こんにちは、細野です。 現代におけるビジネスは情報戦であり、情報を制した人間が圧倒的に大きく勝ちます。 せどりというビジネスは、資本力もそうですが、効率的に情報を処理出来るアプリやツールを組み合わせて、それを適切に処理す...

 

あとは上記の繰り返しで、資金量に応じて稼ぎは伸びていきます。

これはいかに多くの外注さんを雇い、24時間体制で大量の仕入れと販売をこなせるかというゲームです。

中国輸入のリサーチツールとして使う

中国から仕入れた商品をメルカリで転売をする際のリサーチツールとしても、フリマハッカーは大活躍します。

現状フリマハッカーは国内転売にしか使わない人が大半なので、輸入のリサーチツールとして活用することで、優位性のある仕入れが可能になっていきます。

メルカリ中国輸入転売のやり方。売れる商品のリサーチは超簡単です
中国輸入は数ある輸入転売の中でも、最もハードルが低く、初心者の方にもおすすめ出来る手法です。 中国輸入で稼ぐ方法には、Amazon転売、ヤフオク転売、eBay転売、BASE転売など色々な手法がありますが、今回はメルカリを使って...

細野的フリマハッカー評価(レビュー)

今までネット仕入れは手間の割にリターンがしょぼいという認識で、後回しでいいと考えていました。

しかし在宅で稼ぎたい人や、電脳せどりメインで稼ぎたい人もいると思います。

 

そういう人にフリマハッカーをおすすめしていきます。

 

メルカリで使える買い切りのツールを探していた方は、自信を持っておすすめできる商品なので検討をしてみて下さい。

一足先に購入された方からはこのツールだけで月に60万を超える利益を出せたという報告を貰っています。

きちんと実践すれば元が取れないという事はないので、しっかりと行動をして稼いでいきましょう。

フリマハッカー販売終了!代わりとなるツールは?

不定期でフリマハッカーは使えなくなることがあり、その度に運営にクレームを入れて復旧をしてもらっていました。

しかし最近になりついにサポートに連絡をしても使えない状態が直らず、気がつけば販売自体を終了していました。

 

利用者に説明をすることなく一方的に販売とサポートを終了するのは悪質であり、許されません。

販売直後にフリマハッカーを購入された方は元が取れていると思いますが、最近買った人はどうすればいいのでしょうか?

 

フリマハッカーの販売者はバックエンドの売り込みばかりに力を入れており、サポートの質は最悪です。

デルタトレーサーやアマコードも同じ会社がリリースしていますが、これらも会社側の都合でいきなり使えなくなるリスクがあります。

 

現状はフリマハッカーに変わるツールはありません。

しかしフリマ仕入れそのものはツールがなくても全く問題なく実践できます。

 

もしツールがないと仕入れができない、フリマハッカーが使えなくなって稼げずに困っている方は、僕のメルマガに登録下さい。

ツールに依存することなく、安定的に物販ビジネスで収益を上げる仕組みをご提供します。

作業をたくさんしないと稼げない。

在庫を持ったり、人を雇ってオフィスを構えないといけない。

そんなやり方に消耗していませんか?

一人で実践でき、収入が上がっても忙しくならないビジネスは情報発信だけです。

誰でも簡単にできるビジネスを追い求めて疲弊するのではなく、あなただから出来るビジネスを構築して、安全に稼いでいく。

収入が増えても忙しくなったり、管理が複雑になってQOLが低下しない仕組みの作り方を、メルマガ登録をしてくれた方に公開しています。

フリマハッカー
SNSやってます。フォローミー!
記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです。SNSでのシェアも大歓迎です。


ビジネスと一杯のコーヒー