カメラ転売の仕入先と稼げない人の特徴。コンサルと塾選びのコツは?

カメラ転売 カメラ転売
この記事は約12分で読めます。

細野です。

 

巷には1ジャンルしか仕入れをしないという、転売塾が溢れています。

その中でもしぶとく生き残っているのはカメラ転売の塾でしょう。

 

ゲームせどりの塾はAmazonが規制してオワコン化しましたが、カメラ転売は今からでも新規参入して稼ぐことが出来ます。

 

それはなぜかというと、中古商品を扱うからです。

メーカーの製品が出品規制をされても、中古商品ならAmazonに出品することが出来る。

 

そしてデジカメというのは一般的にはもう売れない商品と思われています。

 

今やiPhoneに搭載されているカメラで綺麗な写真が撮れるので、デジカメを買おうという人は少なくなっています。

 

しかしインターネットとなると別です。

ネットはニッチな商品と相性が抜群によく、古いカメラでも問題なく売れていきます。

 

そこでこの記事では、カメラ転売で稼ぐためのコツとビジネスとして拡大をする方法を紹介していたいと思います。

 

カメラ転売で稼げる仕組み

 

中古カメラとなると付属品が欠けていたり、バッテリーがなかったりと仕入れが出来ない商品も多い。

しかし現在は互換品が海外のメーカーから多数販売されているので、そういったものを輸入して欠品をなくす。

 

こうすることで転売出来ない商品をせどり出来る商品へと変えていきます。

 

またAmazonでは規制があるものの、新品のカメラを転売することも可能です。

絶版になってしまったカメラや、純正の保守パーツなどが、店頭やネットでは売れ残っていることがあるため、そういったものを仕入れてAmazonで転売をすれば利益を出すことが出来ます。

 

Amazon以外の販売先は、主にヤフオクとeBayです。

メルカリでも販売は可能ですが、カメラを購入する層は年齢が高い人が多いため、ヤフオクやeBayのほうが売りやすいです。

 

Amazonのカテゴリー規制を解除する方法

 

カメラ転売で新品を扱い、それをAmazonで販売する場合は、出品規制がかかっているため、解除申請をしなければいけません。

これには納品書や領収書をメーカーに頼んで作成して貰う必要があります。

 

しかしこれは何も取引実績や信用がない個人には難しい。

そこでメーカーと取引している卸商社に頼んで、これらの書類を作成依頼します。

 

具体的にはネッシーという無料で登録できる卸サイトに登録をして、その中で自分が扱うメーカーの商材を持っているお店に連絡をして、書類の作成を依頼していきます。

規制解除には解除の書類を取得するために、商品購入が必要であるため、単価の低い商品を最初は選ぶといいです。

そうすればコストは1メーカーあたり1000円以下で済ませることが出来るはずです。

 

カメラ転売の仕入先は?

 

カメラを仕入れる先ですが、これは中古であればリサイクルショップ。

新品であれば家電量販店となりますね。

 

ネット仕入れ(電脳せどり)をする場合は、ネットショップとメルカリが主な狩場となるでしょう。

 

アマゾン転売する方は、新品は規制が入っている方が多いと思うので、始めるなら中古からやっていきましょう。

そして規制が解除されてから、新品にも取り組むというアプローチを取ればいいです。

 

そんなんで利益出るのか?って思うかもしれませんが、カメラの仕入れってどこでも出来てしまいます。

僕はカメラ転売に着手するまで、仕入先はカメラのキタムラだけと思っていたのですが、自分が普段から仕入れをしているお店でも普通に仕入れが出来ましたw

それまでは素通りにしている所に儲かる商品がゴロゴロ転がっていて、一体今まで何をしていたんだろうと凹んだことを覚えています。

 

カメラの場合、Amazonのランキングが低くても、回転をする商品が多いのであまり回転率の心配をする必要はありません。

ヤフオクやメルカリと価格差がある商品も多数あるので、ネット仕入れとの相性もとても良いです。

 

本格的に仕入れを加速させたい場合は、古物市場、卸や商社との取引も視野に入れて下さい。

卸商者は法人化してないと取引をしてくれない所が殆どだと思いますので、まず最初はネット小売で実績を作り、しっかりと収益を出せるようになりましょう。

 

僕がカメラ転売を知った当初は、eBayで仕入れてヤフオクで販売したり、カメラのキタムラで仕入れてヤフオクで売るといった、非効率極まりない転売手法しかノウハウがありませんでした。

 

今はこんな小難しいことしなくても手っ取り早く稼げるノウハウが整備されています。

普通に普段の仕入れをする時にカメラもついでに見るだけで、月の利益に+5万、10万と追加することは全然難しくない。

カメラ転売だけだと収支は不安定になってしまいますが、オールジャンルでやれば関係ないです。

 

無在庫転売とカメラの相性の良さ

 

数あるジャンルの一つしてカメラを扱うのは良いですが、在庫を持って取り組むのはやめましょう。

資金が必要だし、売れるか売れないかわからないからです。

 

僕であればカメラを在庫を持たずに転売していて、1個売るだけで利益が数千円は出る。

それを月に何十個、何十種類と販売することで、カメラというカテゴリーだけでまとまった利益を出すことに成功しています。

 

無在庫カメラ転売をやれば、仕入れに行かなくてもいいですし、資金もいらないし、同じ商品を何度も販売することが出来る。

初心者にも中級者以上の方にも非常にフレンドリーなのです。

 

在庫を持って転売せどりをやるのは時代おくれすぎるので、これからカメラ転売をやるなら無在庫で取り組むようにしましょう。

 

カメラ転売=覚えゲー

 

転売のジャンルとして長らくしぶとく生き残ってきたのだが、カメラとゲームです。

 

昨今ではゲーム機がアマゾンで出品できなくなり、ゲームせどりは新規で参入するには非常に部が悪い市場になりました。

しかしカメラの方はどうかというと、相変わらず稼げているという状況が続いております。

 

最近カメラ転売をネットでやって稼いでる人が僕に会いに来てくれて、一緒に仕入れをしながらカメラ転売のノウハウを進化させました。

カメラ転売=面倒くさく利益率が悪いビジネス という認識だったのですが、ゲームせどり以上に飽和しにくいジャンルだと感じています。

 

なぜカメラ転売は飽和しないのか?

 

カメラ転売は僕がせどりを始めた頃から一つのジャンルとして定着しており、長く生き残ってきたジャンルです。

輸入をして稼ぐ方法、輸出をして稼ぐ方法、ネットで転売する方法、そして店舗で仕入れて転売する手法。

 

細分化をすると本当にたくさんの稼ぎ方がある事に気が付きます。

 

カメラに特化をした塾やコンサルも多数あり、結果を出してる人も多いです。

 

そんなカメラ転売ですが「出品先はヤフオクでしょ?面倒くさくやってられん」と敬遠をしていたのです。

 

ところがお客さんと会って話したことで、現在ではアマゾンでカメラを販売して稼ぐ事が出来る事がわかった。

そして回転も良いので、これはいいジャンルだなと考えを改めたのです。

 

カメラ転売がいいと思うのは少額から高額まで幅広い単価の仕入れに対応することです。

 

安いものは2,000円程度で仕入れなんて事も普通にできます。

そしてそういったものを8,000円で売ったりするので、利益率も良いです。

 

単価が安い分、大量に仕入れて販売をしていくということも可能であり、初期段階の仕入れ商材として活躍をしてくれるのではないかと思います。

 

僕も今後お客さんと仕入れに行く際は、カメラの仕入れを積極的に提案していくつもりです。

 

アマゾンのゲーム出品規制により、ゲームせどりは終了しました。

昔からせどりをやっていた人は問題なく出品ができますが、新規で参入する際はアマゾン以外で手仕舞いをしないといけません。

 

そして大半のコンサルや教材というのはアマゾンでゲームを転売することを想定しているので、その手のジャンル固定の人達のスキームではもう稼げません。

 

僕はずっとジャンル固定はしないほうがいい、どんなエリアのどんなお店でも仕入れが出来る実力を身につけるべきと言い続けてきました。

しかしジャンル固定の人らは耳を貸さずに自滅していきました。

自業自得なので同情の余地はありません。

 

こちらとしては勝手に死滅してくれたお陰でますます稼ぎやすくなってしまったわけであり、ありがとうって感じです。

この業界頭の悪い人がたくさんいるお陰で楽して稼げて笑いが止まりません。(^Д^)

 

新品がダメだから中古をやるという発想

 

新品しか仕入れをやってなかった人たちが、アマゾンの規制に右往左往して中古仕入れの進出してきています。

そのため一時的には中古仕入れは飽和の影響を受けると予想しますが、逆に新品がガラ空きになるので規制解除が取れてる人はやりたい放題です。

 

化粧品も食品も規制解除する人が少ないので、ライバル不在。

ゲームも規制の影響でライバル激減しました。

 

カメラに至っては僕自身ずっとやってこなかったように、元々ライバルらしいライバルがいないです。

まったりとずーっと稼げるジャンルだったんですね。

そりゃジャンル固定して思考停止になるわ。

 

新品せどらーの人らが中古の世界に来た時に、出品コメントが書けなかったり、商品写真の撮影に苦労したりと、思うように作業が捗らずに挫折をしていく人がかなり出ると予想しています。

 

メルカリの規制に引き続き、アマゾンの規制で、業界の浄化が行われており、思考停止で稼いでた人たちが全員消えていくので、地に足の着いた仕組みを作れてる人はこれから先ずっと安泰です。

 

この2年、3年の間はノウハウも良くなっていますし、小手先のテクニックではどうにもならないほど、ライバルの実力も上がりました。

我流でやってる人は全然稼げないですし、稼げてもすぐに頭打ちになっています。

 

一方で新しいことにチャレンジして、学び続けてる人は右肩上がりの成長です。

学びやチャレンジを続ける限り、仕入れの腕や幅が広がりますし、仕組みを作って自動化も出来ていきます。

 

一方で学ばない人、同じことを思考停止で繰り返しているだけの人は、成長しないし、ライバルが増えてどんどん稼げなくなっていきます。

 

今が生き残りの正念場と言っていいでしょう。

 

僕としては引き続き力のある人からきちんとした経営を学び、それを実践して会社売却を見据えた運営をやり、さっさと稼いでさっさと次のステップに進むことをオススメします。

 

楽して稼げるからといつまでもダラダラせどりをやらない事。

せどりは2年から3年やって数千万を稼いでサクッとやめるものです。

 

その後は事業を売却してそのお金でもっと大きなことや、夢にチャレンジをして、豊かな人生を過ごしていきます。

せどりという虚業を続ける限り豊かな人生は一生手に入らないので、スピード感を持ってやっていきましょう。

 

カメラ転売で稼ぐコツ

 

基本的に覚えゲーなので、売れる商品を覚えていく必要があります。

ジャンル固定のいい所は覚えれば思考停止で稼げることなので、リサーチをしまくることに最初は時間を使いましょう。

 

そして駄目な商品と転売できる商品の違いを頭に入れていきます。

 

そっから先はレバレッジ。

車を使ってお店をどんどん回って仕入れます。

 

端的に言って労働ですけど、労働なだけに稼ぎやすいです。

 

販路もAmazon、ヤフオク、eBayと色々あるので一つ一つ出来るようになっていきましょう。

 

最もカメラ転売は仕入れ資金が必要であり、在庫を持つビジネスなので初心者向きではありません。

カメラが好きな人やまずは一つのジャンルを極めたいという方はやってみれば?という感じ。

 

僕ですか?

在庫を持つビジネスは嫌いなんでやりませんよw

 

在庫を持たずにこっそりと1個の商品で1万円稼ぐほうが性にあってますので。。。

在庫を持たない転売に興味がある方はメルマガに登録頂ければ、秘密をシェアします。

 

外注化について

 

ネット仕入れをされている方であれば、仕入れのスキルが安定をしてきたら、自分のルールを人に伝えて、任せていきましょう。

クラウドワークスなどで、商品リサーチを成果報酬型で募集をすることで、あなたの仕入れを手伝ってくれる外注さんを募ることが出来ます。

 

リサーチ、仕入れ、商品画像撮影、出品、梱包、発送まで、カメラ転売における作業の大半は人に任せられるものばかりです。

それらを全て自分でやっていたら、どこかしらのタイミングで限界が来て、頭打ちになります。

 

自分がずっと現場にいると人に、家族と過ごしたり、旅行に出かけることも難しくなるため、自由になれません。

これだと会社員をやっているのと違いがないし、土日祝日もない分、会社員よりQOLが下がってしまいます。

 

人に任せて管理をしていける経営者にシフトすることで、収益的にも、時間的にも高い所に到達することが出来ます。

 

評価集めについて

 

ヤフオクやeBayで販売する際には、単価の低い商品を取引して、評価を集めるというテクニックが有効です。

高額商品の販売をヤフオクもeBayも規制をしているので、低単価商品を販売して実績を作り、リミットアップや信頼を作り、単価の高い商品にシフトしていくようにしましょう。

 

ヤフオク相互評価が規約違反に。今後のアカウント耐性強化方法は?
どうも、細野です。 ヤフオクのアカウント規制について研究をしていくと、評価が少ない段階で高単価の商品を出品したり、大量出品をしようとすると規制をされたり削除されることがわかってきました。 この問題を解決するためには評価を...

カメラ転売のコンサルや塾を選ぶ方法

 

コレクター要素が高い、カメラという商材は、多くの人が参入しても飽和しきらない程大きな市場規模があります。

仕入れに資金が必要というデメリットはあるものの、自分なりの方法を確立することで、長く稼ぐことが可能なやり方なのです。

 

ですが、転売をするためにはずっと仕入れを行わなければならないし、資金が少ない場合は仕入れできる商材の数にも限界があります。

そこでカメラ転売で結果が出た人は、コンサルや塾を開校し、カメラ転売のノウハウを教えて収益化するという方法を取っています。

 

ヤフオクやeBayで販売をするやり方であれば、規制の影響を受けない(eBayはリミット制限がある)ので、取り組めば結果が出る可能性があります。

 

僕のコンサルに対する考え方、選び方については、こちらで解説をしているため、参考にして下さい。

 

せどり(転売)コンサルのおすすめは?評判の見極め方は?料金相場は?
10年間稼げなかった佐藤さんの快進撃。 そして羽富さんの借金完済。 僕の所は他の人から習ったが結果が出なかったり、思ったのと違ったという人が流れ着いてくる。 言うなれば最後の砦として細野悠輔という男が機能をしている...