月商300万をネットショップで稼ぐために、今あなたがやらないといけない事

この記事は約5分で読めます。

細野です。

 

年商3000万〜5000万程度のビジネスを作り上げると、生活していけるだけの財をそこから得られるようになります。

 

あなたの販売している商材が利益率10%程度と仮定すると、年商3000万で利益は300万、年商5000万なら500万円の利益になります。

利益率が倍の20%であれば600万、1000万となり、一端の一流企業に負けないレベルの収入になっていきます。

 

今回はハードルを低くするために、年商3000万以上、月商300万以上を売るために、やるべき事を解説していきます。

 

単価x販売数x日商を理解する

 

月商300万を超える上で理解しなければならないのは、単価と売上の関係です。

 

例えば販売単価1000円の商品を100個売っても10万円にしかなりません。

でも、単価が1万円のものを100個売れば100万円の売上です。

 

同じ利益率だとしても手元に残り利益が全く変わってくるので、単価を高めるという視点をまず入れましょう。

 

低単価をやっている限り、稼げる金額は低く、大きく稼ぐことは出来ません。

月商300万なんて夢のまた夢です。

 

でも単価を2万、3万と高くしていければ、割と簡単に月商300万は行ってしまうんですね。

 

これの意味する所は、あなたが販売する商材の販売単価で、あなたのネットショップの月商も自動的に決まるということです。

 

自分が販売したい商品を売ることよりも、月商を伸ばしたいなら単価を上げる努力をしなければいけないのです。

 

稼げない人ほど低単価の商品でチマチマ小銭を稼いでいたりします。

 

80対20の法則

 

80対20の法則をご存知でしょうか?

 

全体の2割が全体の80%を超える結果を占めているという統計データです。

 

20%の本質に集中して、8割のムダを切り捨てることで、より大きな結果を出していくことが出来るという意味ですね。

 

販売をしていくと収益に直結している商品と、収益に直結をしない商品が出てくるはずです。

最初の間は一点突破で軌道に乗せたいので、まずは儲かる分野に集中をしましょう。

1ジャンルでも利益を出すことは充分に可能ですので。

 

慣れてきたら自分が扱う分野を広げ、周辺機器や関連商品も扱うようにしていきましょう。

そして単価が高い商品の比重を増やし、低単価商品の比重を減らす。

 

純粋に稼ぐだけなら最終的な到達地点はブランド物転売に行き着くと思います。

型番で管理されていて、知名度がある商品ですね。

 

単価を上げれば必然的にこういった商品に行き着きます。

 

もちろん、自分で商品開発をしてそれを大量に販売して稼ぐ方法もありますが、それは効率が悪いので、稼ぐだけなら他人の商品を売っていればいいのです。

月商300万程度であれば自分の商品は全く必要ありません。

 

月商300万までどれぐらいの期間があれば到達しますか?

 

 

月商300万をコンスタントに売り上げるためには、300万を超える資本が必要です。

逆に言うと資本があれば、月商300万までかかる期間はとても短いということです。

 

商品選定と単価設定をミスらなければ半年も掛からずにこの数字は達成できるでしょう。

 

半年間取り組んでみて月商が300万に到達しないのであれば何かが間違っているということですね。

それは、資金かもしれないですし、商品単価かもしれないですし、販売数かもしれません。

 

単価が高くても販売数が伸びなければ意味が無いので、その場合は数が出る商材を研究する必要があります。

 

またプラットフォームとして、最初から独自プラットフォームを構築するのは辞めましょう。

 

最初はヤフーやAmazonなど、大手プラットフォームを使ったほうが集客が安定をします。

ヤフーとAmazonで稼げるようになってから、自分で取得したドメインでネットショップを構築して、情報発信をやればいいのです。

 

ネットショップの情報発信はきちんとノウハウが有り、リサーチをしっかりやってマーケティングを意識すれば簡単に反応が取れます。

なんせ、ライバルはマーケティングなんて全く意識してないですからね。

 

ちょっと勉強するだけですぐに偏差値が50を超えて結果を出せる側に回ることが出来るのです。

 

その後、必要に応じて、楽天、Qoo10など出店を広げながら、顧客リーチ数を最大化する。

その横で自分のネットショップもSEOで上がるように、ブランディングをしていきます。

 

最終的にはAmazonや楽天なしで稼げるようになりますが、最初は短期ビジネスとして割り切り取り組んだほうがいいです。

手数料も高いけど、集客の事を考えなくていいので、安定をします。

 

ネットショップで真剣に稼ぎたい方を応援していきたい

 

僕自身が培ってきたウェブ集客のノウハウを使って、今後はネットショップで成功したい人の応援をしていきたいと考えております。

 

もし本気で年商5000万、億を超えるネットショップを作りたい方がいたら、僕の通信講座で学んで頂き、必要に応じてコンサルティングを受けて下さい。

多少時間はかかるかもしれませんが、年間5000万〜億の売上はそれほど難しいことではないことが理解できるはずです。

 

一つのことだけで突き抜けることは難しいけど、組み合わせれば達成は可能。

一つの偏差値を60や70にするのは難しいが、複数の偏差値を50まで持っていくのは簡単。

これが僕の理論です。

 

偏差値50の組み合わせをいくつも作って、それらを副次的に組み合わせて稼いでいけば、月商300万なんて簡単すぎ。

年商5000万も全然不可能じゃないです。