ドロップシッピングが儲からない理由は仕入先!稼げるサイトは海外卸

ドロップシッピング ドロップシッピング

この記事の所要時間: 1040

細野です。

 

今回はドロップシッピングについて。

アフィリエイトとの違いが曖昧なドロップシッピング。

 

アフィリエイトは無形資産を扱えますが、ドロップシッピングは有形資産を扱います。

有形実物商品のみを扱うのがドロップシッピングと考えればよいでしょう。

 

ドロップシッピングとは?何からやればいい?

 

ドロップシッピングで稼ぐ手順はシンプルです。

 

ASPに登録する(もしもドロップシッピングなど)、

サイトを作る、

商品登録をする。

 

これだけです。

アホでも出来ますねw

 

でも稼げないです。

 

なぜかって皆が一つのASPの商品を大量に登録するからです。

もしもドロップシッピングにある商品を登録してもライバル多すぎで埋もれます。

 

そしてドロップシッピングに特化したASPは少ないので、ドロップシッピングだけで稼ぐのはほぼ不可能と断言して問題ないでしょう。

ネットビジネスを長くやってきてもドロップシッピングで稼いでるって人と会ったことがないので。

 

もしもドロップシッピング以外にもASPはありますが、どこを利用しても同じです。

誰もが参入でき、簡単に実践できるノウハウに優位性はありません。

 

バイヤーズ転売は稼げる?無在庫の販売先は?自動化ツールは?
卸からの仕入れとして、初心者でも実践が可能なのが、ネッシーとトップセラーです。 トップセラーやヤフーショッピングやカラーミーショップと自動連携する機能が用意されており、無在庫転売との相性も良いです。 最近になり、この2つ...

 

ネッシー仕入れ転売で個人が稼ぐ方法!せどりやメルカリ転売で大活躍
こんにちは、細野です。 僕が物販の世界に入った時、ネッシーで仕入れてヤフオクで売る転売は儲からないと言われていました。 今調べてみると、現在でもネッシー=稼げないというのが実際にやってみた人の感想になってるようで...

 

フレームを外して考えてみる

 

ドロップシッピングに興味がある、実践しているが稼げてない人は、ドロップシッピングという言葉から少し離れてみましょう。

 

ドロップシッピングだと考えるから難しいのであって、やっている事はマッチングビジネスです。

そして物を販売していくので、ASPに登録されている商品でなくても商品を確保できるのであれば何を販売しても問題ない。

 

つまり、ドロップシッピングではなく、無在庫販売であると考えればいいのです。

 

無在庫販売で稼ぐというフレームに置き換えて考えると世界が一気に広がります。

 

プラットフォームを使って1週間以内に黒字にする

 

無在庫販売で取り組むことが理解できたら、次に販売できるプラットフォームについて考えましょう。

 

ドロップシッピングでは自分でネットショップを構築しますが、無在庫販売ではネットショップを作らなくても販売が可能です。

すでに出来上がっているプラットフォームに参入をすることで、集客や決済の仕組みに最初から乗っかることが出来るんですね。

なので、この便利な仕組みを使って収益化をやっていきます。

 

プラットフォームで参入することで自分で仕組みを作るのに比べてスピードが何倍にも加速をします。

 

プラットフォームを使わずに参入をするとゼロベースで集客をしなければならないので、知識不足で挫折をしてしまいます。

長期的には自前のネットショップで販売をしても良いですが、最初はプラットフォームを使って稼ぐことを意識しましょう。

 

扱う商材を国の外に向けてみる

 

国内の商品を無在庫販売で売れるようになったら、次は海外の商品を日本向けに無在庫販売しましょう。

在庫を持っても稼げますが、まずは無在庫でやるのがいいです。

 

注文が入ったら海外にいるセラーにお客さんの住所宛に直送をさせる。

これをやる事で自宅を介さずに商品が出荷されるので作業量が激減をします。

 

基本的な作業はドロップシッピングと全く同じなので、迷う所はないはず。

稼げない人は自宅に一度商品を取り寄せて検品をしてから出荷をしていますが、それは時間の無駄なので辞めましょう。

顧客直送でガンガン売ってる方が時間も増えますし、無駄なことに意志力を使わなくて済みます。

 

日本の商品をeBayで国外に無在庫転売する

 

輸入無在庫で稼げるようになったら次は国内の商品を海外に輸出しましょう。

これも無在庫でやります。

 

そして梱包や出荷作業は時間の無駄なので代行会社を使って最初から自動化をします。

輸入と輸出を同時にやるなんて難しそうと思うかもしれませんが、仕組みを作ることで両立が可能。

 

国内の無在庫転売は大きく稼げないので、輸入にシフトした段階で撤退をします。

同じ時間を投入した時に稼げるのは輸入と輸出なので、稼げる所にリソースを割いて集中していくのです。

 

日本国内という枠組みにおけるドロップシッピングや無在庫転売は稼げないビジネスモデルなんですね。

これ一本で生活というのはほぼ不可能なので、儲からないビジネスモデルにしがみつくのはやめましょう。

 

ドロップシッピングで儲からないのは必然。稼ぎたいならこれをやれ

 

僕がネットビジネスの世界に入った頃、ドロップシッピングという言葉がちょうど出てきて、興味を集めていました。

 

気がつけばドロップシッピングなんてのは死語になり、現在では知らないという人も普通にいるのではないでしょうか?

 

聞きなれない言葉に聞こえますが、要は無在庫転売の事であり、商品をネットで売って、売れてから販売元から顧客のもとに直送をさせるビジネスのことをドロップシッピングと言います。

 

そんなドロップシッピングですが、稼いでいるという人と会ったことがなく、本当に稼げんの?と思う人もいるかと思います。

 

結論から言うと、ドロップシッピングで稼いでる人はあんまいないけど、無在庫転売で稼いでる人はたくさんいる。

 

だからドロップシッピングの勉強とかするなら、無在庫転売を学んで実践したほうが結果が出るのも早いよって事。

 

と言ってもわからん人もいるかと思うので、今日はドロップシッピングについて買っていこうと思います。

 

ドロップシッピングが稼げない理由

 

ドロップシッピングでは自前のサイトを作り、そこに商品登録をしていくというのをやります。

 

この時点で初心者には無理ゲーだろって感じなんだが、HTMLとかSEOの知識を学ばないといけない。

 

現在であれば無料で使えるヤフーショッピングなど、最初からSEOが強く、検索に反映されやすいプラットフォームがゴロゴロある。

 

Amazonに自分で商品を登録をすることも出来るし、プラットフォームを持たずに他人の商品を無在庫で売ることだって出来る。

 

そんな時代に自前のサイトに商品登録とか、どんだけ原始人なんだよって話です。

率直に稼げるはずがないし、大半の人には無理です。

 

ドロップシッピングで食べていく → アホ

 

ドロップシッピングだけで食べていこうと思ったら、対応してくれるサービスに片っ端から登録し、そこにある商品を全部登録しないと厳しいと思います。

 

元々普通に売っても売れないようなものがドロップシッピングサイトには多いので、ただでさえ引きが弱い商品なのにそれを売って食っていくなんて現実的じゃないです。

 

周りを見渡せばもっと安くて質のいい商品はゴロゴロありますよ?

 

僕であれば中国の工場から直接買うわけですが、彼らは質の高い商品をびっくりするぐらい安い価格で売ってくれます。

 

最近では何を買うにも工場からの買い付けが基本になってしまって、Amazonやリサイクルショップの価格ですら激高と感じてしまうほどです。

 

僕みたいな人間はレアキャラだと思いますが、消費者サイドで見ても彼らの目は肥えてきているので、一介の弱小ASPが抱える商品になんぞ目向きもしてくれません。

 

だからドロップシッピングで稼ぐとかそういう事考える暇があるなら、もっと現実を客観的に見たほうがいいです。

 

自分であればこの値段でこれを買うかを問いて下さい。

買わねーだろ。

 

無在庫転売で利益率30%を叩き出す

 

無在庫で転売をするやり方は大きく稼げない、利益率が悪いと考えるかもしれませんが、僕の客ベースで言うと、出ている人は利益率30%超えてたりしますね。

 

苦戦している人でも15%ぐらいは出ていて、しょぼい輸入やってるより遥かにいいです。

 

一方でドロップシッピングはと言えば、すでに市場があってないようなものであり、結果が出るまでに時間がかかり、稼げる額が少ないという糞仕様なのでやる価値ゼロと断言していい。

 

人生は有限であり、どこに自分の労力と時間を使うかは考えなければいけません。

 

この世で悲しい悲劇があるとするならば、いくらやっても報われない努力をし続けることです。

ドロップシッピングというのはそういう努力を強いられる選択になります。

 

転売で稼げない人なんているんだろうか?

 

転売業界では日々ノウハウが進化しており、どんどん稼ぎやすくなっています。

 

極めようと思えばどこまでも追求できるのが転売の魅力であり、浅いようで深い世界です。

 

そんな世界にどっぷり浸かり、食っていくことが出来るのは言うまでもなく、副業、お小遣い稼ぎとしても最適だと考えています。

 

結果が出るまでの速度、再現のしやすさ、ステップアップできる余地。

どこを見て物販、転売が他のビジネスと比べても優れており、初心者におすすめをしています。

 

転売で稼げない人なんているのかな?

煽りではなく本気でそう思ってます。

 

ここまでノウハウが進化して、取り組みやすい土壌が整っていて、それでも稼げないなら、その人は別のことをやっても稼げない人だと思います。

 

今ドロップシッピングを頑張っていて稼げていないなら、それはノウハウの賞味期限が切れているだけです。

 

賞味期限切れの手法にしがみつくのではなく、シンプルな原理を学び、未来永劫金を無限に稼げる世界に来る方を、僕としてはおすすめします。

これからも無在庫販売はずっと稼げる

 

現状大半の無在庫販売やドロップシッピングをやっている人は日本国内という枠組みで商品を回して小銭稼ぎをしています。

これだとライバルが多すぎて大きく稼ぐことが出来ないです。

 

一方で僕が教えてる人は輸入をやり、輸出をやり、ネットショップに取り組んでいるので長く稼げます。

また資金が100万ほどたまった段階でもっと大きく稼げる、店舗せどりというやり方にシフトをしています。

 

無在庫販売は人に任せて30万〜50万の利益が自動で上がるようにしておき、自分は浮いた時間で店舗せどりに取り組んでいるんですね。

これをやれば副業の人でも月収100万を狙っていくことが出来るようになります。

 

仕組みを作らずに儲からないドロップシッピングにしがみついていたら、月収はよくて数万円ですが、儲かるビジネスモデルにシフトすれば利益は何十倍にも膨れ上がるのです。

 

もしこれを読んでいるあなたがドロップシッピングをやっていて稼げてないなら、根本の部分からズレてしまっているので、儲かるビジネスモデルにシフトしていくようにしましょう。

無駄な努力をこれ以上続ける必要はありません。