月商100万とかいうクソ意味のない目標設定。月利を上げろよ

月商100万は無意味 せどり
この記事は約8分で読めます。

細野です。

 

たまにせどりやネットショップをやってる人に目標を聞くとこんな答えが返ってきます。

「月商100万まずは行きたいです」

 

それを見るたびにいつも、この人は月収と月商の違いがわからない人なのかな?と思ってしまいます。

 

今回は月商を上げても何の意味もないことを解説していきます。

月商を追いかけてばかりで資産が増えてない人は猛省をして、稼げる仕組みづくりに邁進をしていきましょう。

 

今回はせどりの実績を見る時や自分で実践をする時に注意して欲しいことを語ります。

 

どのような事かというと月商と月収の違いですね。

これは言わなくてもわかるだろって思っていたのですが、

意外と引っかかる人は多いので

指摘しておきたいと思います。

 

月商を上げても意味が無い

 

今回なぜこのような記事を書こうと思ったかというと、

僕自身が月商をまずは100万という意味不明な理由を設定して

とにかくたくさん買ってたくさん売ることを目的に頑張った過去があるからです。

 

せどりをやる目的というのは利益を上げる事であり

売上を伸ばすことではありません。

 

だから目標を設定するときにも

利益が10万円といったように

利益ベースで逆算して行動をしていかなければなりません。

 

そうすれば例えば1日仕入れをして獲得できる見込み利益が5万円なので

週に2回仕入れをすると1周間の期待値は10万円。

 

これが4週あるので40万円。

3分の1から2分の1が実際想定通りに売れて、

実際の利益は12万〜20万円。

2ヶ月ほどで在庫が回転し始めて黒字、

以降は毎月コンスタントに15万から30万程度の利益になる。

 

こんな感じで目標設定と、そこから必要な行動を逆算し

日々の作業を続けていかければなりません。

 

月商ベースの目標設定にしてしまうと

とりあえずたくさん仕入れてたくさん出品して‥みたいになります。

 

稼ぐ人は利益ベースで目標を設定する

 

利益ベースにすると、自分の手持ち資金や時間をどういう風に使えば

最短距離でゴールに到達できるかを考えるようになります。

 

例えば商品単価はいくらぐらいのものを扱わないといけないのか?

その条件を満たすジャンルは何か?

どういったお店に仕入れに行けばそれは売っているのか?

ネットや卸で仕入れるならどういうキーワードで検索をすればいいか?

 

こんな感じで今何をやらなければいけないかが

適切な目標を設定することで考えられるようになります。

 

この思考方法はせどりのように作業量に比例して

右肩上がりで収益が上がっていく稼ぎ方では基本となるので

必ず身につけて下さい。

 

コンテンツ販売やアフィリエイトでは作業量に依存しなくても収益が伸びますが、

せどりに関して言えば月利100万に最短で達する方法は

神の眼を手に入れて仕入れをガッツリやる事。

そして自分がやらなくてもいい作業は外注やツールにやらせるという事です。

 

月商PRしてる人いたらここを見ろ

 

サイトなどで月商をPRしている人がいたら

警戒モードで見て下さい。

 

過去には月商2000万で利益率2%って人が普通にいたのでw

(利益は40万円という事です。)

 

またその実績をいつ達成したかということもとても大事ですよね。

 

よくあるのが年末商戦や決算期でたまたまたくさん仕入れられて売れただけなのに

その数字が毎月売れているかのように演出する人。

 

こういう人から習っても同じ数字にならないんで注意したほうがいいです。

 

見るべきポイントは月の利益、作業量(仕入れ回数)です。

 

ここを外さなければその人と同じ思考で行動できるようになった時に

同じ数字が出るようになります。

 

月商=売上

 

月商というのは月の売上なので、手元に残るお金ではありません。

 

よくセールスレターなどで月商500万とか、書いてる人がいますが、500万売れてもいくら手元に残るのかが大事です。

利益率が10%以下だと500万売っても利益は50万以下。

 

売上は大きいが利益が手元に残らないという人はゴロゴロいます。

何のためにビジネスをやっているか考えましょう。

 

収益を上げるためにビジネスはやっています。

収益=稼ぐこと、儲けることです。

 

ひどい塾だと、商品での利益は一切出てなくてポイントで利益を出すというノウハウを教えている所もあります。

僕は店舗せどりであれば利益率は20%程度、電脳せどりは10%程度が現実的な数字ではないかと思います。

 

これの意味する所は、月商100万の時の平均的な利益は、店舗だと20万、電脳せどりだと10万円だという事です。

 

資金があればあるほどせどりは有利になりますが、利益率が高いビジネスではないので、月商を上げても利益が大きくなることはありません。

 

また利益率に拘る人が多いのですが、利益率が低くても資金を何度も回転させたほうがお金が増えるスピードは速いです。

低資本の人ほど資金回転率にはこだわったほうがいいです。

いくら稼げても資金ショートしたら意味が無いので。

 

資金が30万すら用意できないなら無条件で無在庫

 

もし、これを読んでいるあなたがビジネスに使うお金として30万すら用意できないなら、在庫を持つビジネスを最初にやるべきではないです。

 

なぜなら30万以下の資本を20%で回しても、得られる利益は6万円以下と極めて小さな数字だからです。

 

これであればアルバイトをしている方が遥かに稼げてしまいます。

 

なので資本が少ない方はヤフオク無在庫転売、eBay無在庫転売、ネットショップ無在庫転売を組み合わせて、まずは資金を30万〜50万作りましょう。

資金が30万以上出来てくると、そのお金を複利で回して増やしていけます。

 

1ヶ月目は30万円を利益率20%で回して36万円に。

2ヶ月目は36万円を利益率20%で回して43.2万円に。

3ヶ月目は43万円を利益率20%で回して51.84万円に。

 

このように出た利益を再投資することで資金が加速をして増えていきます。

複利で20%運用すると、4ヶ月で最初の30万円は2倍の60万円に増える計算です。

 

 

今の時代これだけ短期間で資金が2倍になる手法があるでしょうか?

 

あなたが資金を増やして大きな金額を安定的に得たいのであれば、資金作りを真剣に頑張ることをおすすめします。

 

資金があっても稼げない人は稼げませんが、しっかりと技術を身につければ資金の大きさに比例して稼げが大きくなります。

 

出た利益を使わない

 

厳しいことを言いますが、100万、200万といった原資を用意できない人ってお金の使い方が根本からおかしいです。

 

稼げてないのに旅行に出かけたり、散財をしていたりと、お金持ちと同じ生活を貧乏人がやっているんです。

 

メディアは消費者である皆さんを甘やかします。

そのままでいい、消費をすることが幸福。

 

確かに生活をするために一定の消費が必要ですが、身の丈にあった生活をしないと資産は増えません。

20代後半にもなって貯金が100万すらないというのは非常に恥ずかしい状態です。

 

僕は大学を卒業した時に貯金が55万円ありました。

大学時代からビジネスをやって稼いでいたので、お金に不自由がなかったんですね。

 

就活のスーツ、大学の教科書、定期代、食事代。

全部自分で支払っていました。

 

奨学金を貰って全部を借金で賄って年収500万以下みたいなしょぼい会社にしか就職できなかった人とは違うのです。

無借金経営でやってきて、負債を抱えたことはゼロ。

身の丈にあった生活を続けてきたから、お金に対する不自由が一切ないのです。

 

ビジネス専用の銀行口座を作る

 

お金の管理が出来な人におすすめなのはビジネスに特化した銀行口座を作ることです。

そしてその口座でお金のやり取りをやっていきます。

 

Amazonの入金先、ヤフオクの入金先は全てビジネス用口座に指定をして、お金の動きを可視化します。

これをやることで生活に使うお金と、ビジネスに使うお金を分離することが出来るようになります。

 

稼げてない人は自己管理が苦手な人が多いと思うので、このやり方を試してみましょう。

 

稼げるようになるまで浪費や娯楽は一切不要です。

成功のためにあなたが何を差し出せるか考えて下さい。

 

何も変えずに成功したいな…と思うのであれば、あなたにはやる理由も、稼ぐ理由もないのです。

やる理由、稼ぐ理由があれば浪費をしている暇などないのですから。

 

正しい目標は全て利益ベースで

 

これまで書いてきたように売上を上げても意味がないので、目標は全て利益ありきで設定をしましょう。

 

月に30万稼ぎたいなら、利益率20%だと150万円を回さなければならない。

150万円を用意するために自分は何が出来るのか?

 

このように目標を利益ベースで設定することで行動も逆算をされます。

 

利益が伸びない人は目標設定から間違っているので、行動もおかしなことになり、結果がいつまでも出ないのです。

 

せどりを頑張る理由は利益を出すため。

ただそれだけです。

 

月商を上げることは目標でも何でもないので、正しい目標設定をして、目標を達するための行動を起こして稼いでいきましょう。