ブランド物転売とノーブランド転売はどちらが儲かるのか?

この記事の所要時間: 521

細野です。

 

物販ビジネスをやっていくと、扱う商材がノーブランドか、ブランド物のどちらかになっていきます。

 

ノーブランドは利益率が高いが見極めが難しい。

ブランド物はすぐに売れるが競争が激化して薄利多売になりやすい。

 

このような違いがあります。

 

転売ビジネスで挫折をせずに結果を出すために、どのような手順で取り組んでいくのがいいでしょうか?

 

ハードルの低さを意識する

 

これからビジネスをはじめる人に必ず意識して欲しいポイントというのがあります。

 

それは何かと申しますと、ハードルの高さです。

 

ブランド物を薄利多売で大量に販売する。

これは現在でも有効ですし、稼ぐことが出来る戦法です。

 

しかしブランド商品を大量に販売するためにはまとまった仕入れ資金が必要です。

 

一方でノーブランド商品は単価が安く、仕入れ資金が少なくとも取り扱うことが出来ます。

 

なので、資金が少ない状態であればノーブランド品を扱い、資金が増えてきたらブランド商品を扱うというのが理想と言えるでしょう。

 

無在庫なら同時に出来る

 

物販ビジネスは在庫を持つことが前提と思われていますが、実は在庫を持たなくても取り組むことが出来ます。

 

そして無在庫で取り組めるのであれば、売れるまでのスピードが速いブランド商品を扱ったほうが結果がすぐに出ます。

 

ただしブランド物は前述の通り競争が激しいというデメリットがあるため、ノーブランド品も同時に扱ってリスクをヘッジします。

これをやれば回転率と利益率を同時に確保できるわけです。

 

支払いをクレジットカードにする事で、赤字なる事もありませんし、クレカの枠上限まで無在庫転売で商品をぶん回すことが出来ます。

 

副業で取り組まれる方は会社員で社会的信頼が高い方が多いはずです。

クレカの与信枠が100万円以上になる方が大半のはずですので、この枠を使って無在庫転売をしましょう。

 

初期段階のビジネスとして与信枠が100万円もあれば、問題なく30万円以上稼げますので十分です。

 

無在庫転売オンリーでも30万を超える利益をコンスタントに出していけますが、ある程度の規模になると頭打ちになってきます。

 

その場合は超高単価(10万円を超える商品)に特化したブランド品にシフトするか、在庫を持つ店舗せどりにシフトをしましょう。

 

そうすれば副業で50万、75万、100万と稼いでいくことが出来るようになります。

 

資金作り、練習としての無在庫転売

 

大きく稼ぐための資金作りや、ビジネスの練習として無在庫転売に取り組むことを僕はおすすめしています。

 

無在庫転売で大きく稼ぐのは効率が良くないので、半年ぐらいやって資金が30万〜50万円作れたら(やれば誰でも作れます)、在庫を持つビジネスにシフトします。

 

そうすると無在庫で稼ぐよりももっと早いスピードで大きく稼げるので、自分が望むライン(月利200万ぐらいが上限)までビジネスを成長させる。

 

その後も物販をやりたいなら続けてくれていいですし、飽きてきたら事業ごと売却をしてもいいんです。

 

自分で商品開発をして販売をしてもいいです。

最初からオリジナル商品に行くと資金もないですし、知識もないので挫折をしてしまいます。

でも経験があり知識があり、資金もあれば勝率を高めることが出来るんです。

 

このように手順を適切に踏んで行動をしていくことで、誰もが年収1000万という数字を超えていくことが出来ます。

 

副業の方でも本業の収入と合わせて年収1000万という数字はとても簡単な達成ラインです。

やることをやっていけば行くんですね。

 

資金1000万を目指す

 

一つのゴールとして資金1000万をまず目指して欲しいです。

これぐらいの資金があれば利益率10%で回しても月利が100万円を超えていきます。

 

10%の利益率の商品は掃いて捨てるほどあるので、大量に仕入れて大量に販売する事が可能です。

そうなると、資金が少なく利益率重視でやらないと稼げない人よりも、より楽に効率的に稼いでいくことが可能になります。

 

ハードルが下がるので人に任せることもより簡単になっていくでしょう。

 

自動化をして不労所得を得ていくためには、自分以外の人が出来る作業を増やしてそれらを結合していかなければなりません。

 

資金を増やして利益率を落とすことで、これが実現をします。

そして黒字経営で回るビジネスというのは、高い価格で売れます。

 

単純に年間の利益が1000万のビジネスであれば、億を超える値段で買いたい人がいても何もおかしくない。

億を超えるお金があればさらに難しいビジネスや、資金を使ったビジネスに挑戦することが出来ます。

その段階まで達するとおおよそ必要とされるお金は十二分に手に入れていますし、いつでもビジネスを卒業できる状態に達しているでしょう。

 

売却。そして自由へ

 

物販ビジネスは作業量も多く、忙しない日々が続きますが、期間を区切って短期集中で取り組むことで、長期的には自由を手にすることが出来ます。

そしてそこを目指すべきです。

 

ある程度の規模になってくるとわかりますが、同じ作業の繰り返しで成長がありません。

同じことばっかりやっていると人間飽きてくるので、これだと毎日がつまらなくなってしまいます。

 

売却をゴールに据え置くことで、今何をしなければいけないかがわかりますし、目標に向かって一直線で進むことが出来ます。

 

稼いでどうするかをしっかり考えておけば、無駄な行動も、停滞も起きませんので、何のためにビジネスをやり、稼いでどうするかをしっかりと考えて行動を起こしていきましょう。