ネットビジネスは無在庫に拘るべき3つの理由

無在庫稼ぐ

最終更新日

この記事の所要時間: 650

細野です。

 

今回は儲かるビジネスについて語ります。

 

ビジネスにおいて儲かる型というのは決まっています。

 

就職でも儲かる業種と儲からない業種ってある程度固定化されていますよね。

儲からない仕事を選んでしまうとどれだけ頑張っても報われないので、しんどい思いをすることになります。

 

お金は全てではないかもしれませんが、慈善事業をやって生きていける人は少ないはずです。

 

であるならば、入口の部分で何が儲けやすく、何が失敗しやすいかを知ることは大変重要です。

そこを理解せずに行動をすると、時間と労力だけが無駄に費やされることになるでしょう。

 

儲かるビジネスのテンプレ

 

儲かるビジネスの型についてまず最初に解説をします。

 

まず最初に資金です。

資金を求められるビジネスに取り組まないこと。

 

これが大事です。

 

具体的にはオフライン事業全般が該当します。

これらは参入するだけでお金がかかり、成功する可能性も低いのでコスパが悪い。

 

稼ぐことを考えれば自動的に選択肢から外れます。

 

次に人員です。

社員を雇ったり、オフィスを構えて事業をやらないといけないビジネス。

 

これも儲からないです。

 

儲かるビジネスは少数生成だったり、社員が一人もいない事業です。

環境変動に応じて機敏に対応ができるので、利益を出しやすいというメリットがあります。

 

単純に規模の経済を考えるのであれば、既存の大企業が最終形態になるので、そこに今から参入して戦うのはあまりにも不利です。

 

個人が参入をして勝算がある分野というのは人員やオフィスといった参入コスト、固定コストが求められないビジネスであるべきです。

 

続いて在庫を持つ全てのビジネス。

これはまじで儲からないです。

 

在庫を持つビジネスは長期的にはやってもいいのですが、最初にやるべきではありません。

なぜかというと管理をしっかりやっても不良在庫が発生をするからです。

 

僕は倒産案件を扱っていますが、毎日のように在庫を持ったが売れなかった業者から身売りの情報が入ってきています。

それを僕らは二束三文で買い叩いて右から左に流して金儲けするという有様。

 

在庫を過剰に持たなかったら、在庫を持つビジネスを最初にやらなければ、彼らも僕と同じように買い叩いて暴利を得る側に来れたのです。

でも儲かるビジネスのテンプレを知らなかったから、儲からないビジネスを実践して大損をしてしまった。

 

無知というのはそれだけで大きな機会損失なのです。

ちゃんと勉強をすれば損をするリスクは極限まで減らすことが出来るので、これを読んだあなたは儲かるビジネスのテンプレを暗記しましょう。

 

暗記をしてしまえばこの条件に合致しないビジネスモデルに参入して結果が出ずに挫折をすることはありえません。

 

最後に利益率についてです。

利益率が10%を切るようなビジネス。

 

オフラインの事業や電脳せどりに最初に取り組むべきではありません。

 

なぜならばこういったビジネスは大きな資金を持ってないと無理ゲーだからです。

オフラインで店舗を構えるには1000万円が最低でも必要ですし、電脳せどりも1000万以上の資金がないと利益が出ないです。

 

なので最初に利益率が低いビジネスに取り組んでしまうと、高い確率で挫折をします。

 

利益率は最低でも20%ぐらいは欲しいですね。

在庫を持つのであれば当たり前に30%、40%は出ないと取り組む価値ないと思ってます。

 

在庫を持たないビジネスであれば薄利多売が成立するので、利益率が低くても破綻しません。

 

そのビジネスは自動化が出来るのか?

 

人生が有限である以上、何に時間を使い、何に時間を使わないかを考えることはとても大事です。

 

自分がやらなくてもいい作業は機械や人にやってもらう事を考えるべきです。

 

そしてビジネスでもこれは同じで、人に任せられるか?を基準に自分が取り組むビジネスを選ぶことは重要。

 

自分が全く動かなくても収益を発生する仕組みを作れるか?を見るということですね。

 

ここを考えずに取り組んでしまうと、いつまでも自転車操業になってしまい、作業しないと利益ゼロという状態が続いてしまいます。

 

それだと他の事が出来ませんし、人生を充足させる活動に時間を割くことが出来ない。

会社員とあまり変わらない生活になってしまうんです。

 

自分でビジネスをやろうとする方は、普通の人生とは異なるダイナミズムや楽しさ、自由度を求める方だと思います。

 

自由な人生を手に入れるためには自動化というのが不可欠です。

 

これからビジネスに参入するのであれば必ず自動化が出来るのかを見て下さい。

自動化出来ないスキームだったらやらなくていいです。

 

そして誰かからビジネスを習うなら、その人が自動化について教えられるか?自動化をした経験があるか?ここを見ましょう。

単発報酬しか稼げない人から学んでも自動化は一生できませんから。

 

最終的には無形資産、無在庫に行き着く

 

上記の考え方を実践していくと、必然的に最初に取り組むビジネスは無在庫転売になります。

 

アフィリエイトも在庫持たなくていいと思った人もいるでしょう。

しかしサーバー契約や商品の購入、広告費などアフィリエイトにはお金がかかるのです。

 

在庫は持たなくてもいいけど、資金が必要なので儲かるビジネスの条件を満たしません。

 

そして致命的なのは再現性がない。

さらに結果が出るまで時間がかかる。

 

再現性がなくて結果が出るまで時間がかかる。

よほどのマゾでない限りこれを聞いたらやろうと思わないですよね。

 

実際これを知らずに参入をした人の屍がインターネットには大量に転がっています。

せっかく自分でビジネスを興して稼いでやろうという気概になったのに実にもったいない。

 

最初から物販で無在庫転売をやっていればこの人らも稼げて、別の人生が歩めたはずなんです。

僕としてはそういう人を減らしたい、努力が報われる世界を知ってほしいと心から思うので、最初のビジネスとして無在庫転売を提案しています。

 

まとめ:ネットビジネスやるなら無在庫

 

これからビジネスを始めるなら無在庫転売をまずは覚えましょう。

ずっとこれをやれと言っているのではなく、最初の一歩、実績作りとしてやりましょうという話です。

 

無在庫を経験した上で在庫を持つビジネスにシフトしてくれてもいいですし、飽きてきたら事業売却という方法もあります。

 

年間に数千万の利益が出るビジネスモデルを作れたら、それを売却することで億のお金を得ることが出来ます。

 

不動産をやってる人は10年単位で回収をしますよね。

それと同じで儲かるビジネスは単年度の利益x10倍の理論値で売却をすることが出来るんです。

 

このように考えると物販ビジネスって可能性があると思いませんか?

 

世界三大利殖法である転売を実践することで、どんなバックグラウンドを持つ人でもお金持ちへの道が開かれる。

 

物販ビジネスはこのような可能性を秘めているので、好き嫌いをせずに一度は経験してみることをおすすめします。

 

 

 

記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です