レゴ投資(転売)は稼げない。規制されて新規参入は不可能手を出すな

レゴ投資転売 レゴ投資

この記事の所要時間: 218

こんにちは、細野です。

 

世の中に存在する転売手法には様々なスキームが存在します。

稼ぐ人は数種類の商品だけで大きな金額を稼いでいたりします。

 

中長期的には自分のオリジナル商品を作り、ネットショップやアマゾン、楽天などで販売をしていくといいでしょう。

しかし最初からそれをやるのはハードルが高すぎるので、まずは他人の商品を売って稼げるようになっていく。

これが現実的かつハードルが低いと思います。

 

そんな中、少し前まで有効だった転売手法が、レゴ投資という転売手法です。

有効だったと申しますのは、現在ではこの方法では稼げないからです。

 

なぜか?

 

アマゾンが規制をしてきたからです。

現在では新規出品者はレゴの出品をする事が出来ない状態になっていて、これからレゴ投資をやろうと思っても出来ないのです。

 

僕としては在庫を持ちますし、保有期間も長いレゴ投資はコスパ悪いと思ってます。

僕自信が過去に寝かせて利益を上げて転売する手法を実践してきたからこそわかるのですが、在庫を持つ期間は短ければ短いほど、資金効率が良いです。

 

仮に利益率が低くても、同じ商品を何十回、何百回と回転をさせたほうが儲かります。

 

それを実現するためには、回転率が高い商品の仕入れ(ランク信者)、在庫を保有せずに販売する(無在庫転売)、価格改定ツールによる24時間マーケット監視。

これらを組み合わせて、最小で最大を狙っていく戦法を取るのです。

 

レゴ投資は在庫保有期間が長く、在庫を持たなければならないという欠点があり、儲かる物販ビジネスの条件を満たしません。

回転率もそこまで高くないです。

 

ですので、余らせているお金があり、昔からアマゾンで転売をしているアカウントを持っている。

そういう人以外には適さないと考えています。

 

現在はアマゾンを使った店舗せどりや電脳せどりは、ダウントレンドに突入しています。

店舗も電脳も稼げるのですが、最初にやるビジネスには適さないということです。

 

まずは在庫を持たない無在庫販売で足元を固め、資金と実績を作りましょう。

そこからアマゾンを使って転売、店舗に参入をすれば、よりスムーズに月利50万、100万という世界に到達することが出来ますので。

 

今回の情報は以上となります。