マイスピー(MyASP)はメルマガとして最強。比較対象がいない

マイスピー マイスピー

この記事の所要時間: 2932

こんにちは、細野です。

 

マイスピーを契約してからもうすぐ1年になるのですが、1年間使い続けてきてようやっと使いこなせるようになってきましたw

 

僕はこう見えてソフトを使ったり、使い方を覚えるのは苦手なのです。

特に左脳の処理を必要とし、直感的な操作が出来ないシステムは超苦手。

 

だからWindowsは使わないし、スマホもiPhoneです。

Windowsは何をするにも操作を覚えたり、ソフトを探さなければいけないが、Macであればやりたいと思ったことがすぐに出来る。

操作も直感的であり、覚えるとか、勉強するという概念は皆無。

 

Androidも同じですよね。

タッチパネルが反応しない、最新OSにアップデートが出来ない、操作が直感的ではなく左脳処理を強いる。

クソしょっぱいOSです。

 

誰と付き合い、何を使うかでその人のなりというものが見えてくるので、僕はWindowsは使わないし、Androidも使わない。

 

使いやすさ、人間工学を意識した、人間の心理にアプローチしやすい関係性を持つ人間として認知をされたい。

 

ただしビジネスを実践する上では全てが自分の理想通りになるわけではなく、時には使いにくいシステムも我慢をして使わないといけない。

マイスピーと僕との関係性もそんな所から始まりました。

 

なぜ僕はマイスピーを契約したのか?

 

僕は今まで業界の有名な配信スタンドはほぼ全て契約して、使ってきました。

 

エキスパートメールプロ、アスメル、ワイメール、Cyfons、ミルキーステップ。

メルマガをやっている人であれば誰もが使ったことがあるシステムを実際にお金を払って使ってきたのです。

 

そんな中、値段と性能のバランスとしてはワイメール。

これが一番いいと今まで感じてきました。

 

なぜかというと月に5000円で専有サーバー貰えて、UIも使いやすい。

 

マイスピーだと月3000円で共有サーバースタートという設定なのでしょっぱい。

その上のプランは6,000円するのでたけーなと。

 

でも今は万人が最初からマイスピーを契約してメルマガ情報発信をやるべきだと思ってます。

 

それはなぜかと申しますと。

 

自動化出来る。これに尽きる

 

マイスピー以外の配信スタンドだと自動化をしようと思った時に異なるシステムを組み合わさなければなりません。

 

決済システム、メール自動送信プログラム。

こういったものを自分で設置して設定をやらないといけないのです。

 

これらを自分でやってきた僕に言わせると、非常にだるいし管理がめんどい。

やらずに済むならやりたくないw

 

もう本当にこれなんです。

 

ところがマイスピーを使うと、オールインワンという感じで全てを一つの配信スタンドで実装が出来ます。

 

しかも驚くべきことにこれは月3000円の一番安いプランでも実装ができちゃうんです。

 

なんで3000円のプランで契約をして、稼げるようになってきたら6000円のプラン。

自動で稼げるようになってきたら上のプランに移行するのがいいと思います。

 

僕は月1万円のプランで契約をしているんですけど、6000円のやつと違いってアフィリエイトセンターを運営できるってだけですからね。

 

んで、このアフィリエイトセンターも使いこなすためにはカスタマイズをやらないといけないんで、ひっじょうに使いにくい。

 

今後何かしらの企画で活用方法を考えるかもしれませんが、現状は使いこなせてない状態です。

 

まーそれでも稼げているんで払い続けていますが、月6000円のやつでよかったなーと思いますね。

 

メルマガ読者が10万人を超えてきたら最上位プランを考えますが、当面僕は1万円のプランで問題なく運営出来ています。

 

決済システムや短縮URLなど別途購入しなければいけないシステムが内蔵されている

 

マイスピーは通常であれば、別途お金を払ってシステムを購入しなければいけない機能が、最初から搭載されています。

中でも便利なのが決済システムです。

 

PayPalや銀行振込をシステムとして自動化する事が最初からできる。

 

これは上位プランだけではなく、一番下のスタンダードプランでも実装されているので、非常に便利。

 

それまで使っていたyorozuyaというシステムは最新のPHPに対応してなかったり、セキュリティ的に問題があったりと、実務で使う上で支障があった。

しかしマイスピーに乗り換えたことで、決済システムまで全てが一つのシステムで管理できて超便利に。

さらにセキュリティ面でも自動的に更新をやってくれるので不安がない。

 

 

メルマガ配信スタンドの変更って可能な限り避けるべきだと思ってます。

ステップメールや読者さんの移行やらやることが多いですし、コンテンツ作ってる場合はコンテンツの移行もやり直しです。

 

僕はいくつも点々としてマイスピーにたどり着いたけど、最初からマイスピー使ってたら余計な作業はやらずに作業に集中出来て、もっと稼げたはずなんです。

 

世の中最も価値が高いものは時間なので、これを読んでいるあなたは最初からマイスピーを使って最短で稼ぐことをおすすめします。

 

外注さんの管理に超有効

 

僕らが100人を超える外注さんを雇って管理していると言うと、どうやってそんなにたくさんの人を管理しているの?って不思議に思われます。

 

特段不思議なことはしているわけではなくて、最初は1対1で教えて、自分の伝えるスキルを高める。

そして教えている風景を録画して、新規で応募してきてくれた外注さんに渡す。

これの繰り返しを続けることで、どんどん精度の高い教育システムが出来上がっていくわけです。

 

そしてそれをシナリオ化してステップメールに組み込めば、自動で24時間分回る教育システムの完成です。

これは手動では絶対に実現できないので、自動化をしていくためにメール配信システムは必ず導入をしなければならない。

 

エキスパートメールからワイメールへ最初は乗り換えた

 

メルマガ配信スタンドとして初心者が候補にするのは、

エキスパートメールやアスメルだと思います。

 

僕自身は最初にアスメルをアンリミテッドアフィリエイトを読んで契約。

 

その後メルマガ配信スタンドを
エキスパートメールプロからワイメールに乗り換えてみたので
その時の背景について、

この項目ではお伝えしていきます。

 

エキスパを解約したと聞くと来る反応が、
なぜ今?という疑問です。

 

業界のトッププレイヤー達が揃って使っている
メール配信システムをなぜ手放したのか。
疑問としては至って自然なものです。

 

実は今年の2月ぐらいから
エキスパートメールには個人的に疑問を感じる所があり
警戒をしていました。

 

どんな警戒かと言うと、
新規のお客さんに強引にシステムを売りすぎではないか?という
率直な疑問です。

 

このメールを読まれている方の中にも参加をされた方が
いらっしゃるかと思うのですが
6,000人を一度に集めてその参加者の方に
エキスパートメールクラウドを無料で使える権利をばらまいたり、
エキスパートメールの上位版であるプロを
値引き販売して時間内に契約するために走って契約をして下さいと煽ったりと、
お世辞にも褒められた販売を彼らはしていませんでした。

 

その結果、どういった事が起きたのか?

 

まずエキスパートメールは全く届かないメルマガ配信スタンドに
変わり果てました。

 

数百を超えるNGワードがあり、
そこにひっかかったメールは配信さえされない状況です。

 

例えばメルマガで投資行動を促すために
”投資”という言葉を使う人は多いと思いますが、
投資というワードが入っているだけで配信されなかったり、
他にも莫大な数のNGワードが把握しきれないほど登録されていて、
それに加えて無料で大量のユーザーが同じサーバーを使うようになったため
全くと言っていいほど届かなくなってしまいました。

 

致命的だったのはステップメールを組んだのに
そのステップが配信をされていない事がわかったこと。

 

おそらくNGワードで弾かれてしまったのでしょうが、
システムを組んで自動化をしたにも関わらず
相手のメールボックスにさえ届かないという現象が
僕がテストをした環境を含め続出をしました。

 

このような流れがあったので、
現在ではエキスパートメールクラウドはタダでも要らない欠陥品
というのが事情を知っている人達の間では共通の認識となっています。

 

そしてクラウドの上位版で
月額2万円するプロも
到達率がなぜか悪化をするようになりました。

 

実は僕のメルマガ読者さんは
まだ100人もいないのですが、
それだけ少数のリストであるにもかかわらず
「細野さんからのメールが届いていません」という声が
ここ数ヶ月で頻繁に頂くようになったんです。

 

専有サーバーで契約をして
独自配信システム化しているにも関わらずなぜ?というのが
率直な思いです。

 

また和佐大輔さんのフェイスブックコミュニティを運営されている
三浦さんも同様の問題を指摘されており、
彼が保有する数千のリストに対して
エキスパートメールプロから送ったメールがほとんど届いていないことが
わかったと本人の口から直接伺いました。

 

三浦さんはエキスパートメールの運営会社である
ビジトリーにクレームをしたそうですが、
自社には問題がなく対応できないの一点張りだったそうです。

 

このような状況ですので、
値段が高いにもかかわらず
しっかりとシステムの保守やサポートが出来ない会社と
指摘されても仕方がない状況ではないか?
そんな風に僕は思うのです。

 

僕はメルマガを通じて自分の可能性や
自分と関わる人達の人生をより良い方向に
導けたらいいなと思って情報の発信をしています。

 

そうすることで僕が旧世界で
決して手に入れることができなかった
他者からの理解や、それに伴う自己実現が
達成できると考えているからです。

 

なので、それを実現するための
メール配信システムには多少高くても
お金をケチらずに投資をしていく覚悟を
持っていました。

 

最初はアスメルという月額4,000円ぐらいの配信スタンドを使っていましたが、
到達率が悪いことを知りエキスパートメールライトに乗り換え、
ライトよりもプロの方が使い勝手が良く、マックでも使えるという理由から
昨年の秋からは一貫してエキスパートメールプロを
使い続けてきたのです。

 

しかし相手に届かないメルマガ配信スタンドに
2万円を毎月払い続けるのはあまりにも割高ではないか?

 

そんな風に今感じるのです。

 

で、なぜ競合他社のワイメールというサービスを利用することに至ったのか?
についてですが、
これは単純にネクストステージのメンバー間で評判が良かったからです。

 

これを使っているメルマガ配信者さんのメールは
無料レポートスタンド経由で獲得したリストにも届いていましたし、
ブラウザーからログインして利用できるシステムなので
マックからも利用できる。

 

そして月額の利用料金はエキスパートメールプロの4分の1の
5000円です。

 

サーバーも占有型で、
リスト数に応じて配信のスピードを自動調整したり、
携帯電話のアドレスには独自のサーバーを経由して配信するなど
到達率を高める工夫が随所に見られます。

 

またオプションサービスとして、
独自ドメインの持ち込みや
IP分散にも対応しているので
リストが多い人や自分で契約したドメインを有効活用したい人にも
申し分ない体制が整っています。

 

当面このワイメールにお世話になりながら、
メルマガを通じた情報発信を今後僕は続けていきたいと思います。

 

ワイメールからマイスピーに乗り換えた感想

 

2013年頃にワイメールを契約して

この配信スタンドでずっと情報発信を続けてきました。

 

メールの到達率、スタンドの使いやすさ、

全てが超一級であるワイメールはめっちゃ使いやすくて気に入ってました。

 

ただ一点だけ僕がビジネスを飛躍させるために必要な機能が

ワイメールにはなかったのです。

 

それは自動化の仕組みです。

 

僕がマイスピーに乗り換えようと思ったのは

だいぽんさんのAutomated Business Academyに参加したのがきっかけです。

 

この教材で学んでそこで言われた通りにやったら

情報発信で稼げるようになりました。

 

しかも自動で。。。

 

Automated Business Academyを買って実践したけど稼げなかったあなたへ
こんにちは、細野です。 今回はだいぽんさんのAutomated Business Academy(通称ABA)を買って実践したけど 稼げなかったという人のための記事です。 ABA。 これはもう本当に神教材だと思います。 ...

 

意味不明だと思います。

自動でお金が入ってくるとか。

 

でも何も作業しないでマリカーやってても、

女の子といちゃいちゃしてても、

海外旅行してても僕の銀行口座にはお金が勝手に振り込まれてくるんです。

 

MacBook Airがあればどこでも仕事ができる。

ノマドワーカーってやつです。

 

それまでは手動でしかお金を稼げなくて

例えばせどりであれば仕入れをしたり、出品したりといった作業。

 

こういったものをコツコツ自分でずっとやってたんですよね。

 

仕入れは仕方ないとして出品作業とか自分でやるもんじゃないですよねw

この世で最もつまらない作業だと思いますあれは。

 

仕入れは旅行しながら、うまいもん食って、温泉入って

その合間に仕事したら稼げるんで楽しいですよね。

 

せどりを通じて日本全国に行けたので

これに関しては本当に良かった。

 

ただ安定性や将来性というのを考えた時に

せどりというのは長くやるものではないと思うんですね。

 

なぜならこれだけ再現性があるってことは競合が増えやすいということであり、

実際に現在は競合が増えすぎて普通にやっても稼ぐことは出来ない市況になりました。

 

そんな時にせどりの次というのを見据えたら

僕の場合はサイトアフィリエイトやコンテンツ販売というのが

現実的な落とし所だった。

 

で、それをまずは人の力を借りながら少しずつ経験しつつ、

自分でも出来ることを増やしていったら集客に関しては不自由しなくなりました。

 

で、自動で収益上がる所まで来れた。

 

じゃあ今度は自分でやってきた集客を人の力を借りて伸ばしたいと思ったんですね。

 

その時にワイメールの機能だけでは追いつかなくなってきた。

 

集客の自動化や会員サイトを使わないのであればワイメールだけで何も問題無いです。

 

月5000円で専有サーバー、相手に届く。

 

僕は過去にエキスパートメールプロという月に2万円するシステムを使ったことがあるけど、

月に2万円も払っているのに、読者さんからメールが届きませんって言われましたからね。

 

2万円も払ってそれはないでしょw

どんだけコスパ悪いんだって思って数ヶ月使って解約しました。

 

で、その後に口コミで使い始めたのがワイメールだったんですね。

 

エキスパートメールプロは管理画面が使いやすいのですが、

ワイメールはUIが洗練されててエキスパートメールプロ以上に直感的に使えるのが良かったです。

 

メールもエキスパートメールプロより届くし、

これで5000円だから一生使おうと思ってました。

 

でも、集客の自動化が出来るアフィリエイトセンターが欲しくなってしまった。

 

だからマイスピーに乗り換えることにしました。

 

与沢塾で学んだロジックを3年後しで使えるようになった

 

実は僕は2013年頃に与沢塾を購入しています。

 

当時は無料オファー全盛期で、自分の商品を持ってなくても、

実績がなくても無料で紹介して報酬が貰えるオプトインをやれば稼げるという時代。

 

当時は人からお金を取ることに罪悪感を持っていたので、

無料で人に提供ができる情報発信ならいいかなと思ったのです。

 

ただやってみて思ったのは

無料オファーに登録した後で送られてくる大量のメール。

 

ビジネス経験がない人にこういったものを与えてしまうと

何が何だかわからなくなるのではないかと思います。

 

また自分の顧客が育たないのでいつまでも新規のお客さんを集めなければなりません。

これはビジネス的には非常に大変です。

 

ビジネスで最もコストがかかるのって新規のお客さんの獲得コストです。

顧客をしっかり教育して育てれば何度もリピートしてもらえます。

 

だからビジネスってのは顧客との関係性を重視した展開を目指すべきです。

焼畑農業で情弱相手にビジネスして感謝されますか?って話です。

 

ただ、与沢さんから習ったアフィリエイトの流れは合理性もあって、

例えば自分の商品を作ってそれをアフィリエイトセンターを作って紹介してもらい、

自分が動かずとも報酬が上がる状態を作る。

 

これは非常に良い仕組みだと思うんです。

 

単純に、売上 > 広告費の状態が続くのであれば、

広告費を打てば打つほど収益というのは伸びていきます。

 

ただ当時の自分は自分で商品を作るというスキルがなかった。

 

加えて勉強不足で顧客との関係性を強固にするという視点、

価値提供の原理原則が全くわかってなかった。

 

だから与沢翼で学んだのはいいものの、

それを使いこなすことが全く出来ませんでした。

 

ただ、そんな悔しい経験をしてから3年。

僕も成長をし、自分で商品を作って販売できるまでに進化しました。

 

だからこのタイミングで自分を多くの人に知ってもらうために

アフィリエイトセンターを立ち上げる事にしたのです。

 

マイスピーにしてからわかったマイスピーの欠点

 

マイスピーは月額1万円の利用料金で、メール配信、会員サイト作成、アフィリエイトセンターの運営が可能です。

 

またメルマガ登録時に、どこから登録されたかを記録してくれるので、

どこ経由で自分のメルマガが登録されているかがわかり、

サイト運営やSNS運営を効率化する事が可能です。

 

ただ、このメルマガ配信スタンドにしてから

僕はメールの到達率が下がってしまいました。

 

なぜそうなったかというと、Gメールでの送信をするようになったからです。

ワイメールの時はワイメールのドメインと自動的にひも付けされたメアドで発行をしていました。

 

これは後から設定をすることで改善できるのがわかったのですが、

最初は知らずに発行をしていて大幅に到達率を落としてしまいました。

 

またこれに加えて、登録された時に送る、サンキューメールがあるのですが、

これが初期設定だと「商品購入の通知」みたいになっていて、

始めて僕のことを知った人からしたら???ってなる。

 

この段階で正直印象って下がるし、精読率も低下しますよね。

 

これも設定で変更できるんだけど、

なぜか初期設定で有効になっていて困った。

 

ワイメールの場合は、「登録ありがとうございました」といった、

誰が読んでも悪い印象を持たないメールが送られるんだけど、

マイスピーの場合は「商品の申し込みありがとうございました」みたいなテイストなんで

ひっじょうに印象が悪い。

 

これは初期設定を変えるべきだと思いますね。

 

また機能が豊富なのは素晴らしいのですが、

複雑すぎて使いにくいです。

 

解説サイトが用意されているのでそこを読めば出来るのですが、

慣れるまでは結構癖があって大変。

 

直感的に使えるワイメールとは異なり、

左脳的な処理を求めてくるシステムです。

 

使いやすさは正直40点ぐらい。

慣れればいい話なんだけど、初心者には敷居が高い。

 

僕が考えるステージ別メルマガ配信スタンドの選び方

 

今後もマイスピーを使った情報発信をやっていきますが、

初心者の人は最初からこれを使わなくてもいいと思ってます。

 

最初は月2000円程度で使える、エキスパートメールクラウドを使い、

メルマガ読者が増えてきたらマイスピーのビギナープランに乗り換える。

 

お金に余裕がある人は最初からビギナープランでやることで

上位プランに移行したい時にもスムーズに移動できていいと思います。

 

まあ自分の商品が完成するまでは手動で稼いでいくのが基本なんで

ビギナープランで不自由することはないです。

 

年間の経費としては、エキスパートメールクラウドが2万4千円程度、

マイスピーのビギナープランだと38,800円です。

 

この負担が重たいなって思うなら

自前でメール配信システムをサーバーに設置できるCyfonsを購入しましょう。

 

これなら最初に2万円払えば、そこから先はどれだけメール配信しても

追加でお金はかかりません。

 

Xサーバーの維持費だけで情報発信が可能。

 

ただマイスピー以上に使いにくいし、

自分で設置しなきゃいけないから難易度かなり高いですよ。

 

もっと安いメール配信システムも一応紹介(おすすめしませんが…)

 

もっと安いサービスや倨傲他社のサービスも紹介しておきます。

マイスピーの比較として候補に上がるのは、アスメルとワイメールだと思います。

 

アスメルプラチナもワイメールも

契約をするためには初期導入費用が必要。

 

その料金は、

アスメルプラチナは21,150円で、

ワイメールが15,480円。

 

料金だけであればワイメールのほうが一回り安い設定になっています。

 

アスメルプラチナもワイメールも

専有サーバーからメールを配信します。

 

これによって共有サーバーを使うよりも

飛躍的に到達率を高めることができるので、

相手に自分のメールを読んでもらいやすくなります。

 

通常、サーバー占有型のサービスを利用しようとすると、

エキスパートメールプロのように月額2万円ぐらいは取られてしまうのが相場です。

 

ですが、アスメルプラチナもワイメールも

月額利用料金が5000円前後と、

エキスパートメールプロの4分の1程度です。

 

なぜこれほど安く、価格設定が出来るのでしょうか?

 

これについて調べてみたところ、

アスメルプラチナもワイメールも

サブディレクトリを使って、

一つのドメインを擬似的に複数ドメインに分割をしていることがわかりました。

 

一つのサーバーを完全に専有すると

月額2万円程度になってしまいますが、

仮想的に一つのサーバーを分割することで、

料金を安価に設定をして、利用者に提供が出来ています。

 

実際に使っている知り合いを見ていると、

ワイメールは届かないというケースをほとんど見かけないことに対し、

アスメルプラチナは契約して数日で届かないという報告が上がってきてます。

 

僕自身、過去にアスメルのプラチナでないほうを契約していましたが、

サポートセンターからのメールがスパムに入るなど、

システム面に不安を感じる体制でした。

 

ですので、僕の主張としては、

アスメルプラチナとワイメールであればワイメールのほうがおすすめという事になります。

 

ワイメールはエキスパートメールプロに近い操作方法で、

慣れるまでに時間もかかりませんし、

定期的なバグ修正やアップデートがされています。

 

月額2,000円以下のメルマガ配信スタンド

 

メルマガ配信スタンドには様々なサービスが有りますが、

料金体系が安価なものから検討をしますよね。

 

エキスパートメールプロは一月2万円近くしますし、

アスメルプラチナやワイメールも5,000円以上の維持費が毎月かかります。

 

本腰を入れてメルマガを運営するならば

こういった環境を使ったほうがいいのですが、

メルマガを始めたばかりの頃は

いきなり高額なプランを契約するのは抵抗があると思います。

 

そこで今回、月額利用料金が2000円以下の

メルマガ配信スタンドについて解説をしてみたいと思います。

 

 

オートビズ

 


 

あまり知られていないメルマガ配信スタンドです。

結構昔から存在する老舗的なサービスで、

あの木坂さんも使っていたりしますw

 

木坂さんの場合は年に数回しかメールを送らないし、

日程管理や、事務連絡で配信をするのに使うだけなので、

これぐらいシンプルなものでも問題なく回せるんでしょうね。

 

オートビズの料金は登録アドレス3,000件以下であれば1940円。

 

以後リストが増えるにつれ、料金体系が上がっていきますが、

一番高いプランを契約しても5,400円と

利用しやすい料金設定になっています。

 

安いプランはステップメールを組める数が少なかったり、

クリック測定が出来なかったりしますが、

最初の間はステップメールもクリック測定もそれほど必要ないと思います。

 

クリック測定に関しては

ツールであったり、ワードプレスのプラグインで代用ができるため、

メルマガ配信スタンドに内蔵されてなくても大きな問題にはなりません。

 

無料メルマガ配信システムでおすすめは?

 

無料で利用したい場合は、以下の選択肢を検討しましょう。

 

エックスサーバーを契約すると使えるメルマガ機能

cyfons

メールdeコネクト

 

エックスサーバーの料金は高い?競合やライトスピードと比較
こんにちは、細野です。 情報発信やアフィリエイトを始めるとサーバー契約をする事になります。 無料ブログでもサイト作成は出来ますが、大きく稼ぎたいなら自分でドメインを取って有料連テンプレートをワードプレスに入れて使...
cyfonsは不要!マイスピーが全てにおいて勝る!評判は無意味
cyfonsという会員サイト構築ツールをご存知でしょうか。 infotopで販売を開始され、ロングセラー品として現在でも売り上げランキングにランクインをする商品です。 この商品を販売直後に2つ購入し、今日まで紹介せずに来...

 

さらに上の世界を目指すなら‥

 

アスメルプラチナやワイメール以上の世界を目指すなら、

エキスパートメールという選択があります。

 

月に1万円以上の負担が必要になってきますが、

使いやしUIと占有サーバーを使い、

業界トップクラスの到達率で届けることが出来ます。

 

このクラスのメルマガ配信スタンドを使う頃には

ビジネスとしての基盤も整ってきていると思うので

広告費やシステムに投資をして、どんどん展開を有利にしていきます。

 

他にはまぐまぐの有料プラン。

これは月に8000円ぐらいの負担がかかりますが。

有料メルマガの導入、集客の間口を広げる事ができるので取り入れていきます。

 

メルマガで本格的に稼いでいくためには既存客との関係も大切ですが、

新規客への間口を開いていく事も大事になるので

メインのスタンドとは別にまぐまぐといった巨大配信スタンドも活用していくと

さらに広がりが出て行くでしょう。

 

僕自身は、アスメル、エキスパートメール、ワイメールと経験して、現在はマイスピーを使っています。

メルマガ配信機能だけならば上記のスタンドも駄目ではありませんが、自動化を前提とした総合力でこの配信スタンドに勝るものはないと思います。

 

カラフルと組み合わせてLPを作る方法

 

これは公式HPにやり方が書いてありました。

自分でLPが作れない方でも、このやり方を実践すればLPを量産できますね。

 

colorful(カラフル)というLP作成ツールで作成したLPにマイスピーのフォームを埋め込む手順は? | MyASP(マイスピー)ユーザーマニュアル
LPテンプレートツールのcolorfulでフォームを作成すると、 下のようなフォームが簡単に作れます。 この状態から、 右上の「テキスト」をクリックして、 ビジュアル編集モードを、 テキスト編集モードに切り替えます。 す・・・

 

上位プランに搭載されるアフィリエイトセンターについて

 

上位プランを契約すると、アフィリエイトセンター機能を使うことが出来ます。

これは自分のサーバーとLPと連動させるためには、特殊なカスタマイズをしなければいけないので、使いこなすのが難しいです。

 

クラウドワークスでこれが出来る技術者を募集したことがありますが、実装が出来ずに投げ出す人ばかりでした。

なので、腕のいい技術者が確保できないのであれば、アフィリエイトセンターには手を出さないほうが良さそうです。

 

集客を自動化するためには、アフィリエイトセンターを使わなければ難しいため、この問題については僕自身も考え続けていきます。

まとめ

 

マイスピーは情報発信を始めたばかりの人から、上級者までフォローできる数少ないシステムです。

 

最上位のプランを契約しても月の利用料金は21,600円。

 

僕は年に1回、ダブルオプトインをするので

大量に読者をホールドしませんが、

数万人単位にコンスタントにメールをするなら最上位のプランはありかなって思います。

 

ワイメールとマイスピーで悩むのであれば、

マイスピーのビギナープランのほうが最初はいいです。

 

そして徐々に上位プランにシフトしながら、

収益拡大を目指していくのが

乗り換えの負担も手間も発生しないので

おすすめです。

 

 

色んなシステムを使ってきましたが、他のシステムに乗り換える気が全く起きないのが、マイスピーです。

自信を持っておすすめできるので、どのシステムがいいかな?と思ったらマイスピーを契約される事を推奨します。

 

マイスピーを契約する、詳細を確認する