なぜ転売(せどり)はバカでも稼げるのかを超論理的に解説!

この記事の所要時間: 53

細野です。

 

僕はネットビジネスの世界に入った時に、誰でも出来る、簡単、80歳のおじいちゃんでも稼げる。

こういった謳い文句に吐き気がしていました。

 

さすがにそこまで楽じゃねーだろとw

 

頭使ってそれなりに苦労をしてお金って稼ぐものだと思ってました。

 

でもね。

今は割りとこの指摘は的を得ているなと。

 

確かにアフィリエイトとか、情報発信で稼ぐのはバカには無理かもしれんが、せどりで稼ぐならバカでも可能。

実際バカでも稼いでるわけでww

 

今回はなぜ頭が悪くてもせどりで稼げてしまうのかを論理的に語っていきたいと思います。

 

せどりは覚えることが少ないからバカでも稼げる

 

せどりは覚えることが他のビジネスに比べて圧倒的に少ないです。

ハッキリ言ってコンビニバイトのほうがよっぽど覚えることが多くて難しいと思います。

 

それぐらいせどりで覚えることって少ない、

シンプルだが優位性があるロジックを見につけて、それをひたすら反復する。

これだけで稼げるというお気楽ビジネスなのです。

 

覚えることが多かったり、応用しなければいけない要素が多いビジネスはバカだと無理だけど、覚えることが少なく、反復要素だけで稼げるせどりならバカでも稼げるということが出来ます。

 

最短1日で稼げるからバカでも稼げる

 

例えば無在庫転売で販売した商品が出して1日で売れる、仕入れた商品をメルカリやヤフオクに出して売れる。

このようにせどりであれば最短1日でお金を稼ぐというのが当たり前にできます。

 

他のビジネスではこれは無理ですね。

バイトでも1ヶ月は仕事をしてお給料ですよね。

派遣や短期のお仕事でも日雇いでなければ1日でお金は貰えません。

 

でもせどりなら短い期間で大きく稼ぐことが出来るので、もっとやろう、もっと頑張ろうという気持ちになりやすい。

そしてもっとやるともっと稼げるので、バカでも稼げるじゃん、俺でもいけるなーという気持ちになれる。

 

人間自信を持つことが出来れば行動が強化され、さらに上手にこなせるようになります。

 

周りが馬鹿しかいないから、バカでも稼げる

 

僕がせどりを始めた頃から現在に至るまで、せどりをやってる人って全然変わりません。

 

同じことを繰り返して、全く成長をしない。

そんな人ばっかりなんですよね。

 

稼げてないのに電脳にしがみつく。

稼げてないのに無在庫転売にしがみつく。

 

こういう人が未だにいますし、後はジャンル固定ですね。

 

ヤマダ電気仕入れの塾に入っていたのですが、規制されて稼げなくなりました。

ドン・キホーテ仕入れの塾で勉強したのですが、ライバルが増えて稼げなくなりました。

ゲームせどりのコンサル受けたのですが、出品できなくなって稼げなくなりました。

 

こんな人ばっかなんですよね。。

 

どんだけ頭悪いんだよって思いません?

さすがにここまでバカだと、ちょっと勉強するだけでも圧勝できるんです。

 

ライバルのレベルが低いというのは参入をする時に重要な要素となります。

 

バカと雑魚しかいないから今からでも稼げる。

せどりはそんなビジネスです。

 

インフラがどんどん整備されて追い風だからバカでも神速で稼げる

 

僕が始めた頃に比べてインフラが恐ろしいほど整備されています。

単調作業に関しては代行してくれる業者さん、ツールが自動的にこなしてくれたりと、余計な意志力や思考を使わずとも稼げるようになっています。

 

これらの作業も含め全部自分でやってきた僕からすると「こんなにインフラが充実しているのに稼げない人なんているのかな?」って思ってしまう。

 

逆にインフラが充実しまくったことで、頭を使わなくなるようになるという弊害が出ているように感じます。

 

今は全く稼げなくなってしまったジャンル固定の人らも、かつてはそのジャンルを掘り下げるために思考を練って行動していた時期がありました。

少なからず頭を使っていたのです。

 

しかし現在は自分のコピーをネット上に作り出し、24時間体制で金儲けが回る仕組みを作れるようになってしまった。

 

そうすると泥臭く自分の腕を高めようとか、もっと勉強しようという気概が出てこなくなる。

それで時代の変化についていけなくなり消えてしまうのでしょう。

 

今のこの楽過ぎる環境に甘んじず、常に上を目指して頑張るストイックさが必要です。

 

手っ取り早く稼げれば未来のことなどどうでもいい。

こういう思考停止をしたおめでたい人が多いので、バカでも後発で参入して圧勝できる。

これがせどり業界です。

 

まとめ:まじで余裕すぎるネットビジネス界屈指の虚業ビジネス。それがせどりだ

 

ノウハウ、インフラ。

これだけ充実したこの世界で稼げない人がいるという事実。

 

カーナビが出来たことで道が読めない人が増える。

動画コンテンツが普及をして本を読まない人が増えた。

 

テクノロジーの進化は僕らの生活を便利にしてきたけれど、その弊害としてバカが量産されるという副作用が出ている。

 

時代の進化の恩恵だけを受けて、副作用には振り回されない。

そんな人をたくさん輩出したいと僕は考えています。

 

知的マッチョでやっていきたい人は一緒に頑張っていきましょう。

思考停止で稼ぎたい人はAIに淘汰されて一生貧乏でどうぞ。