無在庫販売をAmazonでやるのは遠回りコスパ悪すぎ

Amazon無在庫

この記事の所要時間: 637

細野です。

 

物販ビジネス、転売ビジネスに興味を持つとAmazonを使った無在庫販売に興味を持つ人がいるかもしれません。

しかし僕はこれをやらない事をおすすめします。

なぜか?

 

しっかりと丁寧にご説明させて頂きます。

 

ツールで在庫10万。最短で稼げるが最短でアカウント停止に…

 

BCCという転売ビジネスのバックオフィス業務を請け負う代行会社があります。

その会社が主催した無在庫輸出セミナーに参加した時の事です。

 

講師の方が自身が実践して結果が出ている、無在庫輸出の方法を教えてくれました。

 

会場にはその人からコンサルを受けている、コンサル生も来ていたのですが、話を聞いてみると稼げるけど割のいいやり方ではないというんです。

 

どういうやり方なのかというと、ツールを使って利益の出る商品を大量に見つけてエクセルデータで出力。

それを海外Amazonに一括で登録して、一気に数万個の商品を無在庫で販売するというもの。

商品が売れたら仕入れをして海外に向けて発送をするという稼ぎ方でした。

 

この話だけを聞くととても簡単に稼げそうなイメージがあります。

 

ところが実態は確かに稼げるが、売れた時に日本で在庫が確保できなかったり、赤字になってしまいキャンセルをしなければならない事が多いという事。

 

Amazonで販売をしている人は販売者がキャンセル率や出荷遅延率で厳しく管理されているのはご存知だと思います。

 

国内転売でFBAを使って売っていればこの数字が悪化することは100%ないのですが、無在庫転売をやろうとするとこの2つの数値との勝負になります。

商品が売れたらすぐに仕入れ、すぐに発送をやらないと数値が悪化をして、改善しない場合アカウントが停まってしまうんです。

 

Amazonは全て数字で機械的に管理をしているので、人情に訴えて規制解除を試みても無駄です。

一度アカウントが停止するとそこからの復活は非常に困難です。

メルカリのように何度でも復活できるというものではないんですね。

 

Amazonを利用した無在庫転売は最短で稼げるけど、最短でアカウントが停まって稼げなくなるリスクがある。

これをまずは理解しましょう。

 

Amazon無在庫は規約違反なのか?

 

このような実態を目の前に気になるのが、Amazonって規約で無在庫転売を禁止しているの?という事です。

 

これに関しては公式に禁止はしていないというのが回答になります。

 

しかし前述の出荷遅延率やキャンセル率というものが測定されており、その数値が上がるとアカウントが停止したり、規制をされるリスクがどんどん上がっていきます。

 

出荷遅延率は発送予定日数を変更することで対策ができますが、キャンセル率はどうにもならないです。

無罪販売をやっている人の中にはキャンセル率を下げないために、赤字でも仕入れて販売をするという人もいるほどです。

 

ここまで来ると何のためにビジネスをやっているのかわからないですよね?

 

BUYMAなどでもキャンセル率が上がるとアカウント評価が下がると言われていますが、Amazonほど厳しくはないです。

自分のネットショップであれば自分のルールを強いることが出来るので、この基準はさらに緩くなります。

 

ですから無在庫転売をやるならば、メルカリで入り、BUYMAと続き、ネットショップへと移行していくのが、最も安全かつ堅実なステップとなります。

いつも言いますが一つの市場に固執する理由ってどこにもないですし、固定をすると短期利益は上がるけれども、長期利益や安定性が失われます。

 

僕としてはこれを読んでいるあなたに一瞬稼げる方法ではなく、長く堅実に安定的に稼げるスキルを身に着けて欲しいと考えています。

ですから僕はAmazonを利用した無在庫販売を提案しません。

 

Amazonは有在庫xシステム化で稼ごう

 

転売ビジネスで最も大きく稼げるのはAmazonです。

楽天でもなく、ネットショップでもなくAmazonが一番稼げます。

 

その理由は圧倒的な集客力とFBAという強力なシステム。

この2つが他の市場に比べて軍を抜いて優れています。

 

ですから単純に金儲けを目的として取り組むのであれば、Amazonをメインにする。

メインに出来なくてもAmazonでの販売を見据えてビジネスに取り組む。

 

こういった大局観が有効になってきます。

 

毎日数百個レベルで商品を大量に販売して捌けるのはAmazonだけなので、在庫を持ってAmazonでは販売をする。

そして代行会社や外注さん、管理ツールを組み合わせて自動化をしていき、取り組む手法や市場を広げる。

 

これをやれば未来永劫金を無限に稼ぎまくれるシステムが完成をします。

 

その後は自分のスキームを売るなり、会社ごと売却するなり好きにすればいいです。

 

転売ビジネスは長くやることではないので、目標とする金額が稼げたらスパッと辞めて、次のステップへと進んでいきましょう。

 

完成された物販ビジネスの全貌

 

僕としてはこちらの動画でもお話させて頂いた通り、オールカントリー、オールジャンル、オール市場、有在庫&無在庫、中古&新品という自分のスキームが最強であると自負しております。

このやり方であれば融資もいらないのでハードルは非常に低いです。

 

 

そんなに全部出来ないよと思うかもしれませんが、仕組みを作れば出来るんですね。

 

1ヶ月で全部できるるようになれと言っているわけではなくて、3ヶ月、半年かけて仕組みを作っていこうという話をしているのですから。

 

そして資金に関する悩みもこちらでお話させて頂いている通り、融資というチート技法があるので、解決可能です。

 

せどりで融資を受けて300万〜600万を引っ張る方法

 

融資なんて受けられるの?って思うかもしれませんが、1ヶ月目から当たり前に黒字になる僕のスキームで3ヶ月、半年というトラックレコードを見せられたら融資担当者に悪い印象を持たれるはずなどありません。

 

さらにはプロによる面接対策、事業計画の書き方のレクチャーがあるわけですから、我流でやろうとして挫折したり失敗することもない。

本当にインフラもノウハウも素晴らしい時代だなと思います。

 

今から参入するならAmazonは不要

 

その後も研究を続けて思うのですが、無在庫転売で稼ぐだけならAmazonは遠回りです。

在庫を持つならAmazonを使うのですが、無在庫ならいらないなって感じ。

 

その理由として他の人と差別化が難しく、飽和するまでの速度が速い。

今からあえてAmazonで無在庫をやる必要あるのかなって感じです。

 

まとめ

 

こんな時代に物販ビジネスに取り組めることが幸運であり、僕のスキームを知った時点で勝利は確定していると思って下さい。

あとはやるかやらないか、時間の問題なんですね。

 

マインドを鍛え、僕のスキームに乗っかり金を無限に稼ぎまくって下さい。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください