せどりに同行して欲しいと思ってる人が抑えるべき8つのポイント

この記事は約10分で読めます。

こんにちは、細野です。

 

店舗せどりで稼ぐためには稼いでる人と何度も一緒に仕入れに行くというのをやらないといけません。

それをやる事で稼ぐ人の行動と思考が忠実にトレース出来、自分の仕入れ力が高まります。

 

もちろん仕入れができても手仕舞いをしくじると利益が出ないです。

よくあるのが値崩れしてしまったのに損切りをせずに(価格改定)そのままダラダラホールドして在庫ばかりが積み上がるケース。

失敗してしまったらさっさと損切りして現金に変えてまた仕入れにいけばいいのに、それが出来ない。

 

在庫を保有すればするほど管理費も積み上がりますし、経営効率も低下します。

 

何のためにせどりをやっているのかを思い出しましょう。

稼ぐため、収益を上げるためにやっていますね。

 

在庫を増やすためにやっているわけではないはずです。

 

こういった仕入れから手仕舞い、管理までを一貫して面倒を見てもらうのはコンサルが一番いいのですが、受けてくれる人がいなかったり、教えるよりも自分でやって稼いだほうがいい人もいるので、なかなか良いサービスが世に出ることはありません。

 

結果どうなるかというと、ツアー参加したけどあまり稼げるようにならなかった(複数人参加で適当に扱われて終了)、コンサル受けたけどスカイプ数回して終わりみたいな事が起きてしまうのです。

 

せっかく高いお金を払うのですから、せどり同行を選ぶ際はポイントを絞っていきましょう。

今回は選んではいけない同行ツアーと、選んでいい同行ツアーの特徴について解説をします。

 

こんなせどり同行ツアーはダメだ!

 

まず例によって駄目な事から解説をしていきます。

何をやってはいけないか、何を選んではいけないかを知ることで、何を選ぶべきかが見えてきます。

 

せどり仕入れツアーの選び方について せどりで稼げないから教えて食いつないでる人に騙されないために

 

その1:マンツーマンで教えてくれない人

 

仕入れを教えてもらうならマンツーマンが一番質問しやすいと思います。

多くても二人とか三人ぐらいが同時に教えられる限界です。

それなのに一度に6人とか9人相手に同行ツアーをやる人がいます。

 

なんというかこれはもう狂気の沙汰でしかない。

参加人数が多い分、参加費が安いのかと言えばそんな事もないんですね。

こういうしょっぱい輩を見つけた時に判断すべきことはただ一つ「スルー」です。

 

参加をしてもきちんと教えてもらえないし、取れる商品も分散されてしまい利益の出る商品を持ち帰れません。

 

その2:日給10万すら稼げてない人

 

一日仕入れをした時の期待値が10万にすら満たない人は三流せどらーです。

(期待値とは手数料も差し引いた手元に残る利益のことをここでは指します。)

きちんと腕を磨いて仕入れをしたらこの数字を下回ることはないはずです。

 

日給10万すら稼げないと何が問題かというと、月利が30万とか50万を超えていかないです。

月に数千万売ってる人たちの日給は当たり前に20万、30万、40万といったレベルに落ち着きます。

それを週に数回やって、組織化しているから物販で月利100万とか200万稼げるんです。

 

だから同行ツアーに参加する際に教えてくれる相手がこの段階に達していない、教えられない人ならば避けたほうが賢明です。

三流プレイヤーから習っても身につくのは三流の技能だからです。

学ぶならばしっかりとした技術とマインドを教えられる人を選ぶべきです。

 

その3:ジャンル固定な人

 

フィギュアしか教えられない、家電しか仕入れていないなどジャンル固定をしている人の同行ツアーはしょっぱいです。

もちろんそのジャンルを拡充するために参加するならOKなのですが違いますよね?

 

せどりで稼げなくて別にジャンルとか何でもいいけど、まずは仕入れが出来るようになりたい。

 

このように思っているから同行してくれる人を探しているわけです。

 

ジャンル固定をしてしまうと仕入れが出来る時はいいけど、仕入れが不安定になると収益が伸び悩むという問題はあります。

またおもちゃなどは年末以外は動きがゆっくりになるので、普段の収益が激減します。

 

ビジネスとしてせどりをやるのですから、常に収益が出て右肩上がりで成長をしていかないとまずいですよね?

ジャンル固定してる人のクソしょっぱい同行ツアーに参加すると、一発屋で終わるリスク、自分の地元では稼げないリスクが高まるので危険です。

 

その4:中古だけ、新品しかやってない人

 

ジャンル固定に付随をして中古だけしか教えられない人、新品しか教えられない人もしょっぱいです。

 

中古には中古の特性と扱い方、新品には新品のメリットデメリットがあります。

それらを俯瞰して教えてくれる人に習うことで、どんな地域のどんなお店でも仕入れが出来るようになります。

 

新品だけでやると資金もたくさん必要となるのでハードルが上がります。

逆に中古だけでやると回転が遅いので資金が回転をしないというデメリットがあります。

 

中古と新品を両方やることでこれらの問題を解決でき、回転もして利益も出せる経営が出来るようになります。

 

その5:店舗しか教えられない人

 

店舗だから店舗のことだけ学べればいいじゃないかと思うかもしれませんが、店舗と電脳せどりが両方できるとさらに稼げます。

 

なぜかというと店舗の視点をネット仕入れに反映したり、電脳で見つけた商品を店舗で活用したりと相乗効果が起きるからです。

 

店舗と電脳は別物と考えてしまうのですが、同じ考え方で稼ぐことが出来るものです。

ただし両者それぞれ癖があるので、片方しか出来ないという人も多いです。

僕もそうでした。

 

しかしきちんと稼いでる人から習えば電脳も店舗も両方出来る様になるんですね。

ちゃんとノウハウ、考え方があるんです。

 

同行ツアーに行くなら電脳も同時に教えてくれる人を選べるとより最短で効率的に稼げる視点が手に入るでしょう。

 

その6:国内転売しか教えられない人

 

店舗と電脳をセットで教えるのと同時に、国外からの仕入れを教えてくれる人がいるとさらに理想です。

なぜかというと仕入先は多ければ多いほど安定するからです。

 

僕の店舗の仕入先は数千店舗ありますが、ネット仕入れでも同じように仕入れが出来る相手やお店を複数持つことは大事です。

そして国内だけだとその数も限界があるので海外の卸業者から仕入れが出来る様になると有利です。

 

これは難しく見えるのですが、きちんとやり方があり、コツを押さえることでどんどん仕入れが出来るようになります。

輸入も出来て国内の店舗と電脳せどりも出来る状態になると、仕入れで不自由することはなくなります。

 

仕入れで不自由しないということは後は手仕舞いを練習して身につければ右肩上がりで月利100万という世界を狙っていけるということです。

あとは自分の資金と体力の問題ですが、それは組織化したり、融資を受けたりすることで解決できる。

ここまで来ると時間の問題なんですね。

 

稼げないというイメージはもはやなく、稼げて当たり前、稼げるイメージしか持てない状態に達します。

 

その7:有在庫しか教えられない人、無在庫しか提案できない人

 

物販の致命的な欠点として在庫を持たないといけないというものがあります。

在庫を持つことで稼ぎやすくなるというメリットがあるのですが、仕入れの資金が必要となり、低資本の人は稼げません。

 

じゃあ無在庫はどうなのかというと、アカウントを消されたり、大きく稼げないという問題があります。

なので無在庫と有在庫はどちらか片方ではなく、両方同時に回すといいです。

 

これも有在庫の人は有在庫、無在庫の人は無在庫だけとなってる事が多いのですが、同時に教えてくれる人がいいですね。

僕も後天的に勉強をして無在庫のスキームを身に着けて教えられるようになりました。

 

その8:欲タイプと和タイプ

 

【閲覧注意】人を見た目で透視してしまうヤバイ方法  -地雷屋さんと木坂さんに敬意を示して

 

教える人を選ぶ時に僕の経験上避けたほうがいい属性がいると考えています。

相手のステージが高ければ属性は無視して問題ありませんが、せどりをやっている人でステージが高い人というのは非常に少ないので、属性で判断して問題ないです。

 

僕の経験上きちんと教えてくれるタイプというのは理タイプが一番理想です。

その次が出し惜しみをせずに与えてくれる愛タイプです。

 

和タイプは自分の安全を優先するのと、断言断定が出来ないので教える活動に向きません。

欲タイプは自分の報酬を得ることが最優先なのでお金取るまでは丁寧に対応してくれますが、支払いを終えると対応が適当になりますw

 

和タイプと欲タイプは積極的に習いに行かないほうがいいです。

欲タイプを選ぶと残念な結果に終わるので、欲タイプだけは選ばないようにしましょう。

賞味期限切れの手法売り逃げするのは欲タイプ、和タイプが多いです。

 

理タイプはコスパを自分の内側と外側に求めるので、質の高い情報を提供してくれます。

愛タイプは奉仕精神が高いので最高品質のサービスを提供してくれます。

 

これを知っておくだけで高額サービス、教材、塾を買う際に変な選択をせずに済みますので、属性分析を覚えて、人生に役立てていきましょう。

 

プライベートだと恋愛、面接(就職)、部下の育成などに大いに活用ができます。

 

同行ツアーの相場

 

以上が選んではいけない人の特徴でした。

このやり方で選べば失敗をしてしまうことはまずないと思います。

一発屋や教えるのが下手くそな人、出し惜しみをする人の弾き方を余すことなく伝えました。

 

この条件を満たす人はほぼ皆無だと思いますが、もし見つけることが出来たら全力で投資することをおすすめします。

物の価格には額面的なものと相対的な価値がありますが、相対的に価値が高いものにお金を投じるほうが成長が加速します。

 

同行ツアーの気になる相場ですが、ジャンル固定かつ稼げてない人(月利10万以下)の人だと3万円程度です。

ジャンル固定で(月利30万程度の人)で5万円程度。

50万以上稼ぎ出すと10万円を超えてくるでしょう。

 

安いツアーの人に何人も参加すればオールジャンルが身につくのですが、安いツアーをやってる人は実力不足、教えるのが下手というケースもあるので博打要素が高まるデメリットがあります。

 

高い人でも中古だけとか、新品だけという人がいるので選定が難しいですね。

やはり今回書いた選定基準を全て満たす人の同行ツアーが一番いいという結論になります。

 

偽物を見抜く判断軸

 

相手の提供してくれるサービスが一流なのか二流以下のしょっぱいものなのかは、表に出している情報の質を見れば判断できます。

 

相手の動画、サイトを見て内容がしょぼければ、お金を払ってもしょぼい情報しか得られません。

 

また募集の段階で具体的なことを言わない人は、ネズミ講やマルチビジネスなど詐欺に限りなく近いスキームやビジネスを提案してくることが多いです。

募集ページや募集の段階で具体的な事を言っていない、教えてくれない人がいたら避けた方が賢明です。

 

またお金に困っているから情報発信をしている人も避けましょう。

金のために粗悪な商品を売って生計を立ててる人から習いたいですか?

 

きちんとした実力がある人であれば教えなくても自分で実践して食っていけるのです。

そしてそういう人の発信には自信と余裕があるものです。

 

ビジネスを始めた段階だとそれを見抜くのは難しいかもしれませんが、どうしても悩んでいるならばその人にメールやLINEを送って反応を見るというのもいいと思います。

ダメな人はそもそも返事が来なかったりしますw

 

僕の所にも問い合わせが毎日のように来ますが、よほどひどい人でなければ返事をしています。

社会人としてまっとうに仕事をしている人であればマナーも身についていて、きちんとしたメールやLINEを送れるものです。

そういう所を僕は見ています。

頭の悪い人、人生以前の人を相手にするのはしんどいのでw(お金貰っても付き合いたくないと思ってます)

 

まとめ

 

同行ツアーの選び方を知識が全くない人でも選べるように解説をしてきました。

 

もし今回の記事を読んで僕の同行ツアーに参加したいと思った方は、こちらの記事を読み募集要項を確認後、申込ください。

桃源郷の入り口にご案内しますw

 

考え方に惚れ込んでしまった方はコンサルも用意していますので、そちらは超高額ですが人生レベルで進化したい人、事業レベルで稼ぎたい人にはおすすめをします。

 

長くなりましたが、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

良い同行ツアーを選ばれて、稼げる人にあなたが変わっていくことを願っています。