MSMP (マンガせどりマスタープログラム)レビュー

MSMP(マンガせどりマスタープログラム)

この記事の所要時間: 916

こんにちは、細野です。

 

今回は久しぶりに教材のレビューをしようと思います。

 

教材は定期的に情報を入れる度に買っているのですが、久しぶりにクソ教材を掴まされましたw

まず最初にこの教材に興味を持っている人に言いたいのは、買わなくていいよという事。

 

この教材に書かれていることは、漫画をセットにして販売するという手法なんだけど、こんなものは真新しいものではないし、無料レポートにたくさん書かれている。

だから漫画せどりをやりたいならその分野の無料レポートをいくつか見れば充分な知識は手に入ります。

 

また漫画せどりは自分のようなガチせどらーであれば取り組む価値がありますが、初期段階、小資本のせどらーさんには必要のないものです。

 

中古せどりが資金がない人にオススメできたのは今から5年とか10年前の時代であり、今は無在庫転売です。

これであれば資本はゼロで参入可能です。

(余裕を持たすため3万円ぐらいは用意して下さいとお願いしてます。)

 

漫画せどりで稼げる条件を理解しろ

 

ゲームの前提条件を理解することがそのゲームを攻略する上で肝となる。

ゲーム攻略が上手な方であればどんな人でもこれは知っていると思います。

 

そして人生とはゲームであり、ビジネスもまたゲームである以上、せどりというゲームルールを理解することが効率的に稼ぐ上で必須です。

 

そんな漫画せどりにおけるルールって何か?

 

簡単にまとめると以下のようなルールがあります。

 

ルール1:マンガはセットにしないと高く売れない

 

まず最初に理解すべきルールはコミックセットです。

マンガは1冊では新品でも400円とか500円ぐらいの商品であり、中古商品がそこに入り込める余地はありません。

 

冷静に考えてみて欲しいのですが、1冊400円ぐらいの商品を中古で送料を払ってまで手に入れたいのかという話です。

たまにシステムを知らずに買う人もいるのですが、真っ当な神経をしていたら買わないですよね?

 

その感覚は僕らだけのものではなく、一般的なお客さんにも共通の感覚なのです。

ですからマンガで稼ごうと思ったらセット化して10冊セット、50冊セットという単位で販売をしなければなりません。

 

これの意味する事は何か?

 

ルール2:セット化するためにたくさんのお店を回らないといけない

 

セット化して販売するためには仕入れるマンガをたくさん集めないといけないことを意味します。

一店舗でセットが集まることもありますが、大抵の場合何店舗も回って歯抜けの巻を集めます。

 

このお店では108円で買えるが別のお店では買えない。

この巻は108円でなくても仕入れていいが、この巻は108円で仕入れないといけない。

 

そういった入手難易度特性を把握しながら仕入れの相場観というのを作っていかねばなりません。

それも何種類も何種類も。

 

覚えゲーと言えばそれまでですが、時間もかかり、労力も大きいです。

その割にはリターンもしょぼい。

思考停止で稼げますがw

 

同時に大量の労力に付随して欠かせないリソースがマンガせどりにはあります。

 

ルール3:車を持ってないと稼げない

 

本を仕入れたことがある人はわかると思いますが、重さがありかさばります。

数十冊単位で仕入れるとかなりの重さになり、これを電車や徒歩で仕入れて転売するのは不可能です。

 

ですからコミックセットで大きく稼ごうとするならば車が絶対必要になってきます。

車を持ってなければマンガせどりでは稼げないと考えてくれて問題ないです。

 

在宅で初月から黒字になる無在庫転売と比べてこれはかなりハードルが高いのではないでしょうか?

 

今の時代に書籍仕入れをやっている人は昔からせどりをやってる人だと思うのですが、端的にコスパが悪すぎるんですよね。

低資本で稼げるし、思考停止でも稼げますが上限があります。

 

成長の段階でこの手法に取り組む時期があってもいいと思いますが、もっと少ない労力で大きく稼げるので、僕であれば今からコミックセットに進出というのはやらないです。

 

ルール4:在庫維持費が高い

 

FBA(委託販売によって発送や在庫管理を自動化すること)で販売をしても売れなければ在庫管理費用がアマゾンから請求されその維持時がかさんでいきます。

 

FBAの倉庫管理費用は面積に対する請求なので、コミックセットのように大きくてかさばる商品は維持費も高くなります。

そうすると売れなくても在庫を持ってるだけで利益が毎日減っていきます。

 

重くてかさばるものはジャンルによってはライバルが減り高回転の商材がありますが、電子書籍が当たり前になった今の時代にコミックセットを中古で買いたいという物好きは今後どんどん減っていきます。

ダウントレンドの相場でポジションを張っていくことは合理的な判断とは言えません。

 

もちろんこれからも書籍やマンガで稼ぐことは出来るのですが、これを主軸の商材にしていくのはあまりセンスのいい行動とは言えないです。

 

漫画せどりマスタープログラムの骨組み

 

これまで書いてきた漫画せどりで稼ぐルールを理解した上で、漫画せどりマスタープログラムの骨組みについて解説をしていきます。

 

今回レビュー記事を書くにあたって他の購入者の方が何を感じているのか検索をして調べてみたのですが、買わずにレビューしている人しかいませんでしたw

そんな人のレビューや意見を参考にしてもしょうがないですよね。

 

漫画せどりマスタープログラムは250ページを超えるPDFであり、ちゃんとお金を払って読んだ人でないとわからない事、見抜けないことがあります。

僕はこの教材を手にするために39800円を払いました。

払った上でクソ教材だから買わなくていいよと言っています。

 

39,800円すら投資できない貧乏人の評論と、実際に身銭を払って教材を読んだ人間のどちらが信頼できるかを冷静に考えて下さい。

僕であれば買わずに評論家気取りをしている人間のサイトは読むに値しないと判断しますし、メルマガも秒速で解除していきます。

 

大手ASPに登録されているせどり教材でおすすめできる商材は一個もないので、商材を1個買ったぐらいで稼げるようになると思わないで下さい。

特に漫画せどりマスタープログラムのようにジャンル固定の手法は賞味期限も短いです。

 

せどりで安定的に稼ぐにはオールジャンル、新品&せどり、国内&海外で稼ぐ必要があります。

ここまで手広くやればライバルも皆無になりますし、分散効果が効いて物凄く安定をします。

 

話を戻して漫画せどりマスタープログラムの骨組みです。

 

手法その1:複数店舗を回って動きの早い商品をかき集める

 

これは今までも書いてきたし、鉄板の稼ぎ方ですね。

1冊では価値がないが全巻セットにしたりおまけをつけて付加価値を高めるやり方です。

 

実際僕もこれで稼いでいたし、今でも通用するやり方だと思います。

 

手法その2:プレ値コミックを狙う

 

絶版になったり、希少な商品を集めて転売するやり方です。

見つかれば稼げますが、レアだから値段が高いわけであり簡単には見つかりません。

 

覚えゲーなので暗記をすれば思考停止で取れるようになるメリットがあります。

 

手法その3:トレンド追従

 

アニメ化されたり、映画化、ドラマ化された作品は値段が上がる傾向にあります。

また連載が終了する、著者が他界した時も値段が上がります。

 

そういったトレンドにアンテナを貼っておき、トレンドが発生してアップトレンドの初動が確認できたら買っていく。

 

短期間で器用に稼げる方法であり、流行に強い方にはおすすめです。

短期間で爆発的に稼ぐにはトレンドを上手に利用するのが一番速いですからね。

 

僕は動きの早い商品を追いかけるのは苦手なので、どんなシーズン、どんな場所でも仕入れが出来る事を重視して仕入れをやっています。

その事により年末だからこれだけ稼げましたみたいな子供だましではなく、月収50万なら毎月50万の利益、月収100万なら毎月100万という構造を作り出すことに成功しています。

 

また僕から学んでくれてる人たちもこの価値観を共有してくれているので、彼らも毎月毎月コンスタントに報酬が発生をしています。

トレンドなんて刹那的なものを追っかけなくても僕らはいくらでも稼ぐことが出来るのです。

 

ただ有効な方法であることは認めるので、取り組める人は取り組んでみて下さい。

 

トレンドは短期間で稼げますが、トレンドが終わって暴落するまでのスパンも短いので短期集中で大量行動が求められます。

副業との相性は非常に悪いと考えていいでしょう。

 

まとめ:買う価値なかったでしょ? 苦笑

 

以上が漫画せどりマスタープログラムの骨組みです。

250ページもあるけど、最初はモノレートの見方とか、FBAの登録方法みたいな内容でページが埋められてますw

 

この段階でこの教材ダメなんじゃね?という予感がしたのですが、最後まで読み進めてその予感は的中しました。

 

これで39,800円はあり得ない。。

買った人がかわいそう(´;ω;`)

 

ただ販売者の名誉のために書いておくと、39800円はメールでの質問を受けてくれるサポート付きの価格。

実質的に教材の価値としては5000円ぐらいが適正な相場だと思います。

 

あとの3万以上はコンサル費用ですね。

それに加えてアフィリエイトで買う人は紹介してくれた人のサポート費用。

 

このように考えることでありな投資となるでしょう。

 

僕のように勉強のために購入するだけの人であれば、買う価値はゼロと断言していいです。

 

2017年度に出た教材としては飛び抜けてクオリティが低い本教材。

ライバルも増え、小手先のテクニックではどうにも出来なくなっている時代だからこそ、これを読んでいるあなたは本質的な所に目を向け、しっかりとした仕組みを作り込んでいくことをおすすめします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください