ダイレクト出版の評判。無料の罠と解約方法。おすすめは皆無?

この記事の所要時間: 414

こんにちは、細野です。

 

ビジネスについて熱心に勉強している人の中には、海外の洋書を読んだり、今回紹介するダイレクト出版の本を読んでいる人もいるかもしれません。

 

僕自身稼げるようになるまではかなりの勉強をし、本もたくさん読んできました。

 

しかし実際稼げるようになって思うのは海外の最新のマーケティングとか、ビジネス書とかいらねーなって事です。

 

そんな小難しい話を理解していなくても稼げるし、手を出すとわからない事が無駄に増えるんでかえって害悪とすら感じます。

 

僕は一時期ダイレクト出版のアフィリエイトをやって稼いでいた時期があったのですが、購入層は昔の僕と同じような勉強熱心な人達。

 

皆、たくさん勉強しないとビジネスでは成功できないと思い、日夜情報収集にとても熱心です。

 

焦らないで下さい。

ビジネスで成功するためには適切な手順があり、それぞれに必要な知識は異なります。

 

メルマガ情報発信をやらないのならダイレクト出版の本を読んでなくても問題なく稼げます。

 

またメルマガアフィリエイトをやりたい人でも、ダイレクト出版以外の本で十分に必要な知識は拡充できます。

 

大事なことは知っているだけでなく、きちんと使える状態になることです。

ここを勘違いするとノウハウコレクター、知識マニアになってしまいます。

 

実際たくさん勉強しててよく知っているけど稼げてない人って学んだことを使ってない人が多いです。

僕もそうでした。

 

ダイレクト出版の本はいつでも購入できるものなので、必要なタイミングに達したら購入していけばいいです。

 

稼ぐために読んだほうがいい本

 

僕が稼げるようになるまでに読んできた本はこちらの記事で厳選をして紹介しています。

 

何度も言いますが難しい本をたくさん読むよりも普遍的な原理が書かれている本に書かれていることを使いこなせるようになる事。

ここが最も重要です。

 

ダイレクト出版の本をおすすめしたくない理由は、どこの誰が訳したかわからない本ばかりで、翻訳もプロがやってない(と思われる)ので大変読みにくいことです。

 

きっと原書は良い本なのだと思うのですが、訳が読みすぎて読み進めるのが苦痛なんですね。

英語が読める人は原書を取り寄せて読むことをおすすめします。

 

多読が必要な段階の人

 

もしあなたが大学を卒業していない。

卒業したが自分の教養に自信がないのなら、最初は新書と呼ばれる薄い本を読むことをおすすめします。

 

新書は一つのテーマをわかりやすくまとめられていて、ページ数も220ページ程度、集中して読めば1日で読み終わる本が多いです。

 

ですからまずは新書で本を読破できる快感と達成感を得るために多読をしていきます。

 

本を読めば読むほど語彙も増えますし、読みやすい日本語が書けるようになるので、他人との意思疎通も円滑になります。

 

個人的に役立ったダイレクト出版の本

 

僕の中で時間管理の本は多少役に立ったと感じています。

マインド的な意味で。

 

それ以外も有名なやつは大体買いましたが、前述の通り翻訳がひどくて、何回か読んでそのまま放置ですね。

 

メルマガでもアフィリエイトでも小難しい理論よりも、伝わる文章、論点が整理されている文章のほうが大事になってくるので、母国語である日本語をきちんと読み書きできるように修行したほうがいいと思います。

 

いろんな質問やメッセージが来るんですけど、この人日本語がおかしくないか?って人も少なくないのでw

 

メルマガは割りとスパムっぽいw

 

ダイレクト出版の本を一度でも買うと、年間購読のお知らせや新刊のお知らせが延々と届くようになります。

 

この会社は海外のマーケティング手法をそのまま実践すれば稼げると思ってる会社なので、やり方が無理矢理感が出てます。

 

メルマガは読めばわかりますが面白くないので解除しちゃっていいです。

 

僕なんかはアフィリエイター登録しているんで、アフィリエイター向けのメールがこれまた大量に届きます。

 

そっちもアフィリエイトセンターから配信停止の設定をすれば送られてこなく鳴るんだけど、何かのタイミングで本をまた買うと勝手に再登録されるんで質が悪いですw

 

何にせよ、特別な事情がない限りダイレクト出版の本はいらないと思いますね。

 

Amazonで評価が固まっている古典的名著を読めるまで一般的な本でトレーニングしていく方を僕はおすすめします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください