買取ビジネスは失敗確実。フランチャイズに未来はない【オワコン】

買い取りビジネス買取
この記事は約11分で読めます。
買い取りセミナー ブックオフでもヤマダ電機でもない仕入先の開拓

 

あなたはブックオフやセカンドストリートに不用品を売りに行ったことがありますか?

リサイクルショップはお客様からお客様から商品を買い取って、それを店頭やネットで販売しています。

 

商品には価格相場がありますから、相場以下で購入をしていけば損が出にくいビジネスです。

しかし世の中を見渡せば、リサイクルショップとして続いている個人のお店は少なく、生き残っているのはフランチャイズ系がメイン。

 

ゼロからリサイクルビジネスを始める上でFCに加盟したほうが稼げるのか、自分で会社を作ってビジネスを始めたほうが儲かるのか?

僕は仲間と会社を作って買取ビジネスを実践するという道を選びました。

そして実際に会社として買取ビジネスを行ったことで、このビジネスの良い側面も悪い側面も見えてきました。

 

この記事では買取ビジネスや、FCを利用したリサイクル事業に興味がある人に向けて、

買取ビジネスのメリットとデメリット
儲けるためにやらなければいけない事
黒字化までの期間
将来性

について余すことなくお伝えしていきます。

買取ビジネスのメリットとデメリット

買取ビジネスを行うためには、買い取った商品を保管する倉庫と、それを販売する販路が必要です。

僕らは販路はネットに限定し、買取業務のみを行うことに特化。

販売を行う店舗を持たない業態での運営でした。

 

実際に買取ビジネスをやってみてわかった、メリットとデメリットについて解説をします。

買取ビジネスの良い点

買取ビジネスを開始すると、ライバルが少なかったこともあり、申込みは割とコンスタントに入ってきました。

集客は主にウェブ広告とSEOがメイン。

地域に特化してやる場合はこれにチラシが加わります。

 

集客さえ出来れば買取依頼はすぐに来るので、お客様の自宅(会社)に出向き買取業務を行い、引き取った商品を倉庫に持っていくだけです。

後は出品担当のスタッフはそれらを適切な方法で販売し、収益化。

 

買取ビジネスは古物商許可という資格を取得すれば、誰でも始めることが出来るビジネスです。

求められる資本も少なく、得られるリターンも大きい。

 

ではなぜこのビジネスで成功できる人と、成功できない人がいるのか?

買取ビジネスのデメリット

HPを作ってコンテンツを作り、集客をかける。

 

これだけで買い取りビジネスはは仕事として周り、稼げるようになります。

ただ、良い点ばかりでなく、悪い点もあります。

軌道に乗るまでは肉体労働

まず最初に極めて労働性が高いビジネスであることです。

最初の間は自分が現場に出て買取業務やお客様への対応を担当して

買い取りはせどりの仕入れ以上に肉体労働になるので
人を雇ったり、組織化仕組み化自動化していく事を前提に進めたほうがいいと思います。

 

単純にお金を稼ぐだけならばローリスクで実践が出来るのですが、買い取りとせどりを並走してやると他のことが何も出来なくなってしまいます。

 

お金を集中して稼ぎたい段階であればいいと思うのですが、転売の次のステップを見据えている人も多いと思うので買い取りをやる際は、仕組み化前提で進めることを意識しておいてもらえればと思います。

集客が難しい

ビジネスをする上で一番苦労するのは集客の部分だと思います。

店舗を持つ場合は地域に特化することで、商圏を得ることが出来ます。

しかし店舗を持たず買取に特化するオンライン型の場合、ネット集客(ネットマーケティング)が必要となり、見様見真似で参入できるものではありません。

個人がメルカリで売るようになり、店舗に出向いて売る人が減ってきた

ネットで物を売るのが昔に比べて一般的になった今では、安値で買い叩かれてしまうリサイクルショップに持ち込んだり、ネット経由で申し込みをする人は減ってきています。

自分でメルカリを使って販売するという人が増えているのです。

 

今後も大局的にこの流れが変わる可能性は低いため、買取ビジネスそのものが斜陽産業であると考えることが出来ます。

買取ビジネスで稼ぐコツを解説

上記で解説した流れを滞りなく行えば、買取ビジネスで収益上がっていくはずです。

自分でホームページを作れない、集客のやり方を詳しく教えて欲しいという方はコンサルをするので連絡下さい。(法人として事業で取り組む方のみ)

 

このパートでは買取ビジネスで稼ぐためのコツを伝授していきます。

経営の仕事に集中をする

最初の段階は自分が積極的に全ての業務に関わっていかなければなりませんが、最低限の仕組みが完成したら現場を任せる社員を雇用しましょう。

 

そして自身は広告やSEOなど、事業の中心となる代替の効かない仕事に集中をしていきます。

買取業務も代替が効かない仕事では?と思うかもしれませんが、商品の相場が一定である以上、買取のルールも明確にすることが出来るはずです。

 

僕であれば、Amazonの売値の3分の1〜5分の1というラインを意識して買取をしていました。

 

1万円で売れる商品であれば2000円〜3000円で買い取る計算です。

実際には足が速い(人気が高くすぐに売れる)商品であれば、もっと高い値段で買い取ったりして柔軟にやっていましたが、基本的には損が出にくい価格での引取をしていました。

 

ルールを明確化し、どうしてもわからない時だけ聞いてもらう。

そして例外ルールを少なくし(買取価格表を作るなどすれば例外をなくせる)。

仕組み化をしていくことで、誰がやっても同じ結果になる組織が出来上がっていきます。

 

買い取りには社員(アルバイト)を行かせて、買い取ってきた商品を倉庫に運ばせる。

 

倉庫には出品アルバイトが常勤をしていて、常に買い取った商品が出品される仕組みを作る。

 

自分自身はサイトの更新をしたり、新しいBOTのコンセプトを考えたり、

広告の監理といった仕事に集中をします。

 

これを短くても半年間集中してやれば生活できるぐらいの規模まで育てることが出来るでしょう。

僕が会社作ってやってた時そんな感じだったので。

マニア層を取り込める知識を身につける

買い取りで稼ぐにはお客さんの趣味に精通していることが必須条件です。

 

効率的に稼ぐにはマニア層から支持を得ることが不可欠なので

ここである程度適正が分かれてきます。

 

広く浅く何でも買い取り系だと薄利多売戦略を強いられるので、人材を確保して大規模に組織化していかないとしんどいです。

 

どちらを目指すかはあなたの趣向性やバックグラウンドによって変わってきます。

黒字化までの流れ【長く疲弊する戦い】

買取ビジネスを初めてどれぐらいで事業が軌道に乗るか気になっている人も多いと思います。

 

ネット集客メインでやる場合、SEOや地域への認知が広がるまでに最短でも半年ぐらいの期間は必要になるはずです。

なぜ半年間の期間が必要なのかを解説します。

SEOが育つのに時間がかかる

ネットで集客する場合、メインとなるのは検索エンジン、SNS、広告の3つです。

 

SNSと広告に関しては短い期間で結果を出すことが出来ますが、予算が必要です。

なので、あなたの資本が少ない場合SEOがメインの集客となるはず。

 

SEOは買い取りたい分野に関連する情報を網羅していくことで、コンテンツ化されていきますが、これが検索エンジンに認知されて評価されるまでに時間がかかります。

目安としては短くても3ヶ月から半年以上の期間が必要なのです。

スタッフへの教育や社内の仕組み作りに時間がかかる

集客する仕組みとは別に、普段の業務を回せるように社内を整備していかなければなりません。

買取業務を担当するスタッフ、買い取った商品を倉庫で受け取って出品するスタッフ、売れた商品を梱包して出荷するスタッフ。

 

社員やアルバイトを雇用しつつ、彼らの教育と育成を行わなければなりません。

一つ一つの業務は難しくありませんが、マニュアルや教育が整っていない状態で人を育てていくのはとても大変なことです。

 

実績のない会社には良い社員は来てくれませんし、アルバイトであれば育っても辞めてしまうリスクがあります。

自社が認知されるまでに時間が必要

店舗を持たない場合でも倉庫を借りてそこをオフィスとして利用していく流れになります。

買取ビジネスは在庫を持つ商売であり、数をこなさないと売上が伸びていきません。

 

資本力に対してリターンが比例しやすいのです。

 

お客様に自分のお店を覚えてもらい、実績を作るためには時間が必要です。

買い取った商品の実績をネットにアップする。

高値で買い取った商品や、買取価格の情報を更新していく。

 

店舗を構える方であれば、地域に広告(チラシ)を配布してみる。

その間に買い取った商品を販売するための倉庫、買い取った商品を販売する仕組み作りも完成させなければいけません。

フランチャイズに加盟するのは愚の骨頂

買取ビジネスで稼ぐまでの流れや、成功するための秘訣をまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

一筋縄ではいかないビジネスであること、すでに斜陽産業に入っていることが理解できていれば現時点ではOKです。

これらに加えて、もう一点注意しなければいけないのは、安易にフランチャイズに加盟して稼ごうとする浅はかな思考です。

 

フランチャイズに加盟することで、店舗の物件探し、スタッフの雇用、集客や広告出稿代行してもらうことも出来ますが、FCビジネスは基本的に本部が儲かり、参加する側には旨味が殆どありません。

 

もしFCに加盟をして買取ビジネスをスタートさせたいと思っている場合は、店舗の平均的な年商と利益率を運営に聞いてい観て下さい。

経費を知ら払っても年間の収益が2000万にすら満たないのであれば、事業として伸ばしていくのは難しいです。

 

前述の通り、買取ビジネス事態が斜陽産業となっており、大手以外が参入して生き残れる余地は少なくなっています。

やるなとは言いませんが、勝算が非常に低いビジネスであることは知っておいたが方がいいです。

 

FCに加盟して稼げるのであれば、誰もが大金持ちになっているはず。

運営側も勝算があるなら自社でリスクを取って進出をしますよね。

それをやっていないという事は、大きく稼ぐのが難しいので、スキームを提供して稼いでいるのです。

 

これらに加えて致命的なのが加盟料です。

初期費用として100万〜500万以上が最低でも必要

成功する、失敗するに関係なく加盟してお店を構えるために数百万の初期投資が必要です。

 

ノウハウがない所からゼロベースでビジネスを始めることを考えれば、これは高くないと思うかもしれませんが、本部に毎月固定費としてお金を取られ、稼ぎに関係なくお金を持っていかれます。

もちろんビジネスとして成功すれば、本部に支払うお金以上のリターンを会社に残すことも出来ます。

 

しかし運営の規約に縛られ自由な経営は不可能。

会社員やっているのと大差ない毎日の連続が続きます。

 

独立を目指すのであれば、金銭的に大きな成功、そして自分が思い描く自由な経営が出来なければ意味がありません。

FCに加盟すれば稼げるという短絡的な思考は、破滅を招くのです。

買取ビジネスに向いている人(会社)の特徴

これから買取ビジネスを始めるのは素人にはおすすめ出来ない。

本気でそう思うからこそ、その背景を正直に伝えてきました。

 

しかし全員が買取ビジネスで成功できないわけではなく、このビジネスに向いている人(会社)もあります。

買取ビジネスに今から参入して稼げる可能性がある人の特徴を紹介します。

実店舗を持っており顧客リストがすでにある方

現在店舗運営をされており、自社が扱う商品が中古市場でも需要ある場合、今抱えているお客さんを相手に買取ビジネスを開始することが出来ます。

 

例えばあなたが街の時計屋さんだった場合、お客様から時計を買取、オーバーホールして店舗やネットで売る。

あなたがカメラ屋さんを経営しているのであれば、お客さんからカメラや周辺機器を買取、それを店頭やネット販売する。

 

店舗を持っている方は自分が扱っている商材に精通していますし、顧客リストを持っているため、横展開がやりやすいです。

ネット集客をやっていない場合、買取ビジネスへの参入をきっかけに取り入れることで、店舗への集客力アップが期待できます。

マニアとのネットワークがある方、ご自身がマニアな方

いまご自身がマニアやコレクターで、収集家同士のネットワークがある方は、買取ビジネスに向いています。

マニアとしての知識や、専門業者が安く買い取る商品を高値で引き取ってあげることで、仲間からも感謝をされます。

 

今後小さな会社や個人が買取ビジネスで成功しようと思ったら、ニッチな分野を攻めていくしか勝算はないと思います。

まとめ:将来性がないビジネス。手を出すべきではない

買取ビジネスが今後も成長を続ける可能性は低く、それを個人でスタートするにはハードルが高いすぎる。

そして事業としてやるにしても、5年後、10年後には生き残っているかわからないビジネスです。

 

業界大手のブックオフですら、不採算店舗を閉店したり、FC契約を更新しない選択をするオーナーが増えています。

デジタルコンテンツの普及に伴い、ブックオフがメインとして扱ってきた、本、CD、DVD、ゲームは店頭で買うものからダウンロード配信で購入するものにシフトをしています。

 

この流れは今後も変わることはないでしょう。

 

お金を稼ぐには時代の流れを上手に利用をする視点も不可欠です。

時代と逆行するビジネスで成功するのは難しく、そこに今から飛び込んでいくのは合理的な思考ではありません。

 

もしあなたに卓越した商品知識や、勝算がないのであれば買取ビジネスをやることはおすすめしません。