アマコードの使い方と稼げる設定を大公開

amacodeせどり機能一覧

最終更新日

この記事の所要時間: 86

 

あのせどりすとを超えるせどりアプリが出てきました。

インストアコードが読み込めて、粗利計算機内蔵、モノレート以外にkeepa分析内蔵。

すごく…神アプリです。

 

 

インストアコードが無料で読めるようになったので、せどりすとプロ(2800円)を買う理由はなくなりました。

今後はせどりすと無料版とamacodeの2つを初心者、副業の方は使っていけば良いです。

 

どちらか片方ではなく、2つを使い分けるというのがここではポイントです。

そのコツを掴めれば、作業量と資金に比例して稼げるようになっていくでしょう。

 

プロレベル(月利30万以上)を目指す方はせどりすとプレミアムを契約して仕組み化、効率化をして達成していきましょう。

 

アマコードの機能、初期設定は?

 

せどりすとプレミアムのような複雑な設定は不要で、初期設定でもすぐに使えるようになります。

 

amacodeせどり機能一覧

 

【 Amacode機能一覧 】

●高性能商品バーコード読み取り検索

・内蔵カメラバーコードリーダー搭載

・MS910・KDC200等Bluetoothバーコードリーダー等による連続読み取りに対応

●BOOKOFF・TSUTAYA・GEOのインストアコードに標準対応

・インストアコードの読み取りも追加料金不要です。

●商品キーワード検索機能

・もちろんバーコードからだけでなく、商品のキーワードでも検索できます。

●豊富な商品検索機能

・カート価格、最安価格、ランキング、商品カテゴリを表示

・損益分岐点を自動計算

・比較対象を新品最安値、カート価格、中古最安値から選択可能?

・Amazonランキングの波形を商品一覧に表示で、仕入れスピードが加速

・仕入れ時の詳細な利益をシュミレーション可能?

・Amazon、モノレート、プライスチェック、価格コム、オークファンへのリンクを標準装備

・1つのJANコードに対して、複数登録されている商品を一括表示

・Amazonの有無をチェック可能

・大型商品、在庫切れ商品、プレミア商品をお知らせ

●お宝商品を見逃さない!お宝アラート機能

・ランキング、粗利益額、在庫状況、定価越え、出品数、レビューなど複数の条件を組み合わせ、

・あなたのオリジナルのお宝フィルターを作成することが出来ます。

・背景色やバイブレーションでお宝商品を見逃すことはありません。

・仕入れ値を固定して、検索すれば、仕入れられる商品だけをお知らせすることが出来ます。

●商品手数料自動計算機能

・Amazon手数料・FBA料金・仕入れ値・発送料など、様々な手数料を自動計算します。

・損益分岐点が常に表示されているので、仕入れ値を引けば簡単に利益計算ができます。

●仕入れリスト管理機能

・仕入れ商品をリスト化し、CSV形式で送信できます。

●難しいMWSAPIの設定が不要

●ユーザーが検索した商品リストを自動キャッシュし高速表示

●最高速度で検索が可能な「簡易モード」を搭載

 

 

せどりの維持費はどんどん低くなる

 

せどりをやるためには今までお金がたくさんかかっていました。

毎月のアマゾン大口契約のお金(4980円)、せどりすとプレミアム(初回契約10,800円、毎月5,400円)、アマコードプロ(4,980円)。

 

しかしこれからはアマゾン大口契約、価格改定ソフトGAGA(380円/月)。

これだけでOKです。

 

外注化される方はこれに外注費が上乗せされますが、それは微々たるものです。

何よりも自分が動かずとも納品が勝手に進行するので、あなたの時間が増えてトータルの利益が増えます。

 

このようにインフラがどんどん良くなり、ノウハウもどんどん進化していくので稼ぎやすくなっています。

その分ライバルも増えていくので、しっかりとした戦略と仕組みを学び実践していくことが、今後の生き残りに直結していきます。

 

そして人間力を高めていきましょう。

自分が儲かれば後はどうでもいいという自己中心的な人が多すぎます。

そういう人は成功する資格なんてないし、応援されないので消えていきます。

 

アマコードの初期設定(NWS API)

 

設定しなくても使えるのですが、速度がめちゃくちゃ遅いです。

大口契約することで使えるようになる、NWS APIというものを設定しましょう。

 

MWS APIの設定方法

 

アマコードの基本的な使い方

 

今までせどりすとを使っていた方は最初戸惑うかもしれませんが、慣れると簡単です。

まずKDCを繋いで一番左側のウィンドウでスキャンをします。

 

KDCの設定方法

 

KDCの購入先

 

NWSAPIを設定すると高速スキャンしても速いので設定すると良いです。

 

そして隣の商品という所に移動して深掘りやっていきます。

 

アマコードせどり

 

まず差益が取れるかをざっくり見ます。

中古なら中古最安値、新品なら新品最安値が出るのでそれを見て差益があるか確認。

差益がなければ転売できないので。

 

で差益がざっくり見て取れそうならモノレート分析ですね。

モノレートで想定したらラインで売れるのか調査します。

 

 

 

問題なく売れるのであれば手数料電卓を使います。

 

仕入れ設定という項目がアマゾンリンクボタンの上にありますからタップして下さい。

 

そうするとこのような画面になるので、出品価格と仕入れ価格を入力します。

 

amacode使い方

 

 

すると利益が自動で計算されるので、それを確認して仕入れです。

 

簡単ですよね。

 

せどりすとの時は粗利といった項目がややこしく、ここを見て混乱しだす人がいましたが、

アマコードにはこういったわかりずらいものはありません。

 

1日使ったらすぐに慣れて使えるようになるはずです。

 

アマコードプロ(有料版)について

 

アマコードには無料版とは別に、月額4,980円で利用できる有料版も用意されています。

こちらを使うことでアマコードWEB版が利用できるようになり、出品や電脳せどりの管理を行っていくことが出来ます。

 

また、無料版と異なり専用のサーバーを利用しているため、速度が改善されます。

せどりすとプレミアムも速度は非常に高速ですが、しっかりとお金を払えば快適な環境が手に入るということですね。

 

せどりすとプレミアムとアマコードプロのどちらを導入すべきかという点は難しいです。

ハードルの低さはアマコードプロですが、せどりすとプレミアムには長年の信頼があります。

UIも洗練されてめちゃくちゃ使いやすいですしね。

 

一方のアマコードプロはくせがあると言うか、直感的に使えないデザインです。

せどりを経験した事がないプログラマーに作らせているのが原因だと思います。

 

せどりすとプレミアムはふみかどさんという、自身もせどり経験者である方が作成されているので、せどらーの気持ちをよく理解したUIに仕上がっています。

 

結局こればかりは使ってみるまでわからないので、両方使ってご自身にフィットする方に絞り込んでいくというのがよろしいかと思います。

稼いでる人たちはせどりすとプレミアムをずっと継続しているので、アマコードプロに簡単にはシフトしないはずです。

もっと価格が安い(月2,000円とか)だったら、乗り換える強力な理由になったんですけど、後発のくせに中途半端な価格設定にしてきましたね。

 

まとめ

 

何はともあれ、せどりをするなら必ずiPhoneに入れておきたいアプリがアマコードになります。

せどりで稼ぎ続けるためには、ネックとなる箇所を潰していき、システマチックに行動が滞りなく流れ続ける状態を作っていくことが大事です。

 

アマコード以外の稼げるアプリについてはこちらの記事でまとめているので、参考にされて下さい。

 

せどりで稼ぎ続けるためのアプリ21選。厳選比較済2018年対応

 

記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です