せどり(転売)の確定申告(税金)は税理士を使え!独学は追加徴税!

せどり転売確定申告 確定申告

この記事の所要時間: 1529

せどり転売で利益が出るようになると、税金や確定申告について悩むようになります。

税金の支払いは自分で行うことも出来ますが、法に従って適切な処理が出来る保証がありません。

正しく納税処理を行わないと、税務署から追加で調査が来て、追加徴税を受けてしまうこともあります。

 

そのため、僕は顧客には税金の支払いに関しては税理士を雇用し、彼らに業務を外注化せよと一貫して言っています。

 

自分で1から税務の勉強をしたり、処理をする事は難しいですし、法律も年々変化している中、自分がそれらに追いつくことは不可能だからです。

ゼロベースで税の知識を身に着けていたらそちらに時間を取られてしまい、稼ぐための作業に集中できません。

 

自分で確定申告をして書類にミスがあったりして、何度も役所を往復したり、時間を取られたり。。

その間仕入れをしていたり、外注を育てて自動化を進めたらもっと稼げますよね?

 

だからそういった所に時間や労力を割くのは無駄なのです。

最初から外注化をして収益が発生する業務にだけ集中をしましょう。

 

今回は税理士の雇い方、探し方、税金との付き合い方について解説をしていきます。

 

せどり転売で稼げるようになってきて税金の支払いをどうしよかと悩んでいる方
記帳代行や決算書作成をはじめとする、税理士の報酬相場が知りたい方
税の処理をどこまで自動化するか決めかねている方

 

の参考になれば幸いです。

 

せどり転売と税金は対策必須。ばれないと考えるのは危険です

せどり転売で稼げるようになった人から聞かれるのが「税金ってどうすればいいですか?」という話。

これに関して今まで一貫して税理士に丸投げしろと言い続けてきました。

 

この考えは現在でも変わっていません。

税金のことを自分で勉強したり、調べたりする時間がもったいないので

そこはプロに任せようと。

 

んで、最近になり会社でも税理士さんと顧問契約を結んだんですが、

普段の顧問料が月5万円で、決算書作成が20万円で契約しています。

 

年間で80万ぐらいでプロを雇える。

安いと思います。(ここよりも安い所もあります)

 

個人の人でも記帳代行サービスというのがあり、これは一ヶ月1万円とかで契約できます。

そして確定申告をするときは自分でするか、申告代行(決算書作成)を頼む。

 

こういう流れが個人でも組めるわけです。

兼業の人や個人事業主の間はこうやって運用をして、自分は仕組みを作ることに集中。

 

アフィリエイトにしろ、せどりにしろ、輸出入にしろ全部この考え方で問題無いです。

税理士を雇う時のポイント。報酬相場はビビるような金額ではありません

顧問契約や記帳代行をお願いする税理士さんはどうやって見つければいいでしょうか?

 

これに関しては人づての紹介というのが一番無難です。

僕自信も父親に紹介してもらった税理士さんと契約をしています。

 

なので、税理士を探すときは人づてに探す。

これを基本として覚えておくといいでしょう。

信頼できる人が紹介してくれた人ならそこまでひどい人に引っかかることはないでしょう。

 

人脈がない場合は自分で税理士さんを探すことになります。

この場合は自分の住んでいる地域に住む税理士さんを探して、相談をしに行けばよいです。

 

何人かと話して、自分が取り組んでいるビジネスに対する知識や理解があるか?

経営者サイドで動いてくれるか?

 

この辺りを見て問題なければ記帳代行からお願いしていけばいいです。

仕事が雑だったり、契約してみたら思ったほど使えないなーと思ったら契約更新の時に打ち切ればいいだけですから。

 

外注を雇う時と一緒ですね。

入り口で人を集めておいて質の高いものを絞り込んでいく。

しょっぱいやつは弾く。

 

インターネットビジネスについて理解のある税理士さんの方が、話をしやすいと思うので、転売せどりに対する税務処理の経験、アフィリエイトの納税処理の経験がある税理士さんを探していけると理想です。

経験があり、実際に話した時に誠実な対応をしてくれる税理士さんを見つけられるように、複数の業者から相見積もりを取るようにしましょう。

 

ダメな税理士会社の中にはメールで連絡をするといきなり電話をしてきたり、見積もりをメールで送ってくれと頼んでも出してこないところがあります。

割と有名な会社でも仕事が雑な所は普通にあるので、税理士選びは慎重に決めていきましょう。

 

料金面の安さも重要かもしれませんが、適当な税務処理を行う税理士と契約をしてしまうと、会社(個人)の信頼を落としてしまうリスクに直結をします。

 

税理士の報酬というのは、それほど高いものではなく、今後AIの普及に伴い、ますます安くなることが期待されます。

 

報酬相場の目安として、

 

記帳代行(レシートや領収書を定期的に送り、その記録を行ってくれる) → 月額2万円〜
決算書作成(年に1回会社の運営状況を書類にまとめる業務。個人でも必ず行わなければいけない) → 5万円〜
確定申告の代行 → 5万円〜

 

を意識しておけばいいでしょう。

 

重ねますが、安さだけでなく、しっかりと自分のビジネスを守ってくれるプロ意識の高い税理士に仕事は任せるようにして下さい。

 

確定申告にはいくつか種類があって僕は青色申告というので申告をしています。

青色申告の他に、白色申告というやり方もあるのですが、節税効果が高いのは青色申告です。

 

どちらの申告方法を選ぶべきかは、税理士さんと相談して決めるのがいいと思います。

 

こういったことで悩んでいるのがもったいないし、

その時間を使って他のこと使ったほうが儲かりますからね。

 

まあ税金について悩めるってことは稼げてるってことなんで

しっかり税金払って、稼ぎまくっていきましょう。

税理士選びで一番大事なこと

税理士には多くく分けて2つのタイプがいて、国の立場に立って税をたくさん支払うように淡々と仕事をする税理士、もう一つは経営者サイドで節税のために工夫をしてくれる税理士です。

 

節税をされたい方は経営者サイドで動いてくれる税理士さんを選ぶと良いです。

 

僕は父親から紹介された税理士さんを使っておりますので、最初から条件を指定して選ぶというのはやりませんでした。

個人的に税金を支払うのはそれほど嫌なことではなく、自分が住んでいる東京や日本が好きなので、どんどん支払っていこうというスタンスです。

 

ゼロベースで探す時は自分の家や事務所から近い場所に住んでいる税理士さんを選んだほうが良いです。

何かあった時にすぐに飛んでいく事が出来るので楽です。

 

知り合いからの紹介や口コミで選べるのが理想ですが、知り合いや口コミがない場合は、自分で税理士さんを探すことになります。

 

一括検索サイトを使い自分の地元、地域にいる税理士さんを探しましょう。

そして面談をして相手との波長やスタンスを確認していきましょう。

気に入ったら書面契約を交わして正式に税務を任せていきます。

記帳代行という方法もアリ

副業の方は税理士さんと顧問契約するのではなく、月々のレシート管理だけを任せる記帳代行という方法があります。

 

こちらは月5千円程度で頼める業者さんもいるため、任せやすいと思います。

そして年に一貫の決算、確定申告代行をお願いし、税務の作業を終わらせる。

 

これが副業の方向けのプランです。

 

何度も言いますが自分でやると時間がかかるので最初から任せましょう。

副業の人ほど人に任せないとだめです。

 

税の支払いに始まり、納品作業など、自分がやらなくてもいい作業はどんどん人に任せる。

これが出来る人が右肩上がりで成長をいきます。

 

なんでも自分でやる人は収入が頭打ちになり、時間が足りずに自分を成長させることに時間を使えなくなります。

 

そうすると自分のステージ(器)が上がらないので、進化が出来ません。

 

外注さん、税理士さんにお金を払って時間を捻出し、浮いたお金でさらに稼げばトータルの収益はプラスになるのです。

このマインドセットを持てない人が多いので、これからビジネスを始める方は人に任せるというのを徹底していきましょう。

 

僕は普段は税務のことは気にせず、仕事や勉強に集中をしています。

 

やる事と言えば月に1回領収書を税理士さんの事務所に送るだけです。

後は年に1回の決算や年度末調整の書類を書くぐらいで、僕がやる作業はほぼゼロです。

 

税金の支払いも郵便局で年に一回やるので、稼げるようになったからといって豪遊しないようにw

実際に見積もり取ってみた結果…。どれぐらい税理士にお金がかかるのか?リアルな相場が判明

安井さんがこのサイトを使って見積もりを取りました。

 

依頼した内容(安井さんのメールより抜粋)

 

今朝、税理士の紹介メールが来ました。
15日夕方にメールを送ってから土日を挟んで20日朝に来たので
約4日(2営業日)で「こちらはどうですか?」という提案の返信をいただきました。

・事業届は未提出、所得は赤字
・レシート合計200枚前後でおおむね日付順に保管していた
・代行やアドバイスなど、今後の長いお付き合いを見据えている
・2018年で既に利益20万以上出ている
ということを事前の相談メールで伝えていた状態です。

その結果、
確定申告報酬 50,000円(税抜)
記帳代行報酬 25,000円(税抜)

総額 75,000円(税抜)
という見積もりを得ることが出来ました。

 

普通に安いと思います。
僕はこの1.5倍から2倍以上は払っているので。

 

安井さんは名古屋というロケーションで頼んでこれなんで、東京であれば競争をしていてもっと安くなるはずです。

 

という事で税金について悩んでいる方はまずは見積もりを取ることから始めましょう。
税金について自分で調べたり行動する時間は無駄です。

自分で確定申告や税金の管理を行いたい場合。freeeの活用

これまでお伝えしてきた通り、確定申告をはじめとする税の処理はプロに任せるのがおすすめです。

 

しかし中には、まだ稼ぎが少なかったり、時間的な成約から売上が頭打ちになっているせどらーの方も少なくないと思います。

収益がすでに伸び悩んでおり、組織化を断念していたり、税理士に任せるほど稼げてない場合は、自分で税の処理を行うことも検討していきましょう。

 

freeeという会計ソフトは個人であれば年間1万円で利用でき、チャットサポートで税の悩みを相談する事ができます。

自分で最終的な決断と処理は行わないといけないものの、この金額で専門的なソフトを導入できるのは大きな魅力です。

 

法人でもfreeeは年間2万円で導入が可能なので、法人化したばかりの転売ヤーの方でも導入する魅力があると言えます。

 

freee以外にも安価に導入できるソフトはいくつもあり、弥生会計(僕の会社はこれを使用しています)や、マネーフォワードクラウド会計が有名です。

会計ソフトの入力を代行してくれる業者もあり、月額1万円程度から委託が可能です。

 



 

ソフトを使うことで、生のデータを税理士とリアルタイムで共有できるメリットが有り、経営の動きを自分でも月単位でトレースする事が可能になります。

キャッシュフローが厳しい経営をしていたり、資金繰りに頭を悩ませている場合は、毎月の数字から経営を見ることで、改善点が浮き彫りになるかもしれません。

 

経費で落とせるもの(品目)一覧

事業として利用するために購入したものを経費として計上し、節税することが出来ます。

具体的にどういったものが経費として落とせるのかをこのパートでは解説します。

店舗せどりに利用するために購入した車や自動車保険を経費として計上することが可能です。

経営者が海外の輸入車や高級車と呼ばれる部類の車に乗っているのは、節税目的という理由が大きいです。

 

個人で高級車を購入しても、税金を取られるだけでメリットが皆無ですが、法人として購入することで節税効果が期待できます。

僕も社用車として350万ほどの中古車を購入しており、節税メリットを感じることが出来ています。

 

新車だけでなく、中古車も経費として扱うことが出来るので、限られが予算でも1グレード上の車を狙うことが可能になります。

欲しい車があるが、個人のお金で購入することを躊躇している方は、会社のお金で購入することを検討してみてはいかがでしょうか。

パソコン、スマホ

パソコンやスマホも事業に利用した品目として経費扱いにする事が出来ます。

僕はiPhoneを毎年買い替えて経費として計上しています。

 

新品でiPhoneを購入すると10万円以上する高額な買い物になりますが、節税目的であれば躊躇なく購入が出来ます。

常に最新機種で良い性能を持つスマホを使うことで、生産性の向上も期待ができます。

 

パソコンも導入で、一定間隔ごとに購入することで、快適な環境を保持することが出来ます。

パソコン本体だけでなく、ハードディスクやルーターのような周辺機器も経費として扱うことが出来ます。

新幹線や高速料金などの移動交通費

出張をする際に利用をした新幹線や、高速道路の利用料金を経費として扱うことが可能です。

東京と大阪を移動すれば片道で2万円以上の運賃が発生するため、無視できない規模になります。

 

これも法人ではなく、個人の私的理由として使ったら経費になりませんが、事業目的として購入すれば節税対策になります。

教材(情報商材)、ツール、コンサル、書籍、セミナー

ビジネスを勉強するために購入した教材や、ツール、コンサルティングサービスを経費として計上する事が出来ます。

領収書を取得するか、決済の履歴を残しておき、それを税理士さんに渡しましょう。

 

教材やコンサルで勉強することでビジネスがさらに加速すれば、節税できてお金も稼げるという最強にコスパの良い状態を作り出すことが出来ます。

まとめ

本当の意味で成功するためにはRの住人にならなければならず、散財してしょーもない事にお金を使ってる人はいつまで経ってもGの住人です。

 

稼いでいても魅力がない人は全てGから抜け出せない人なので、そうならないようにRへとシフトをしていきましょう。

税理士任せる事で、税理士報酬は経費になるため、節税効果のメリットも得られます。

 

稼ぐ利益は全て短期的なものであり、幻ですから次の成長曲線を描くために、どんどん自己投資していきましょう。

仕入れツアー、コンサル、塾、教材。

こういった所で足りない知識を拡充して自分を無限に進化させていけば消えてしまう事はありません。

 

教材や塾、コンサルも経費として認められるので、きちんとした人に頼めば、節税もできて、さらに稼げるようになります。

実際僕が昔属していたコミュニティでは、稼げるようになった人が追加でお金を払ってさらに稼げるようになるという、成長のループに突入しているのを何度も見ました。

 

稼げてる人の集まりには勢いがあるため、お互いいい影響を受け合って、さらに稼げるようになっていくのです。

誰と付き合うのかで自分の稼ぎが決まると言っていい。

 

そしてそんな稼げてる彼らは、例外なく税理士を雇っていて、自分で税の処理をやってる人は一人もいませんでした。

 

あなたは今、ネットビジネスで利益を出せるようになって、何でも自分で出来ると思ってしまっているのかもしれませんが、いずれ限界を思い知ります。

すべてのことを自分でやっていたら、時間は必ずどこかのタイミングで足りなくなります。

 

仕事以外にも、子育てや、家事、自分のプライベートなど、時間を使わなければいけないこと、自由に使いたいことはたくさんあるはずです。

 

自分で税の処理をして、その間違いを指摘されて追加徴税を受けるよりも、プロに監査をしてもらって、確実に納税処理を自動で終える方を僕はおすすめします。