BUYMAで儲からない理由とあなたが取り組むべきビジネス

BUYMA稼げない

最終更新日

この記事の所要時間: 749

こんにちは、細野です。

 

最近提案するようになった無在庫転売が好調で、ここを伸ばすためにどうすればいいかを考えていました。

 

一つの仮説としてBUYMAをやるといいんじゃないかと思ったのですが、調べてみると出品が禁止されているサイトに自分たちが使っているサイトが掲載されていてこれはダメだな~と。

 

BUYMA出品禁止ショップ一覧

 

BUYMAはメルカリ以上に規約が厳しく、チートして突破しようとするとアカウント削除になります。

かといってブランド物を扱おうとすると血を血で洗う戦いの連続であり、卸契約や現地に買い付けスタッフを雇っていないと稼げないです。

 

卸も現地スタッフも初心者の人にはハードルが高すぎて難しいです。

僕も現地スタッフを雇うというのをやりましたが、大変なくせに対して安くないですし、稼ぐためには在庫を持ったほうが現実的で国内でせどりやってるのと大差ないなという結論に。

 

この問題を解決し、小資本、少在庫で効率的に稼いでいくためにどうすればいいかを考えた所、ヤフーショッピングを使えばいいのではないかという仮説が見えてきました。

 

プラットフォーム販売は大変な割に稼ぎがしょぼい

 

アマゾンにしろ、メルカリにしろ、プラットフォームを使った稼ぎ方というのは作業量が多く大変な割に稼ぎがしょぼいという事です。

あえていうとアマゾンは自動化がしやすいので、一度軌道に乗せたら大きく稼げますが、それ以外のマーケットは月収30万も行ったらいい所ではないでしょうか。

 

特にメルカリでだけで在庫を持たずに大きく稼ぐのはかなり難しいと考えています。

たくさんのアカウントと販売支援ツール、外注さんを入れて10万円を超えるかな…という感じ。

 

なのである程度慣れてきたら在庫を持ちつつ、攻めるやり方を提案しています。

在庫を持つことで競合よりも安く出すことが出来ますし、物販のいい所は安くすれば売れること。

その事で赤字になるかもしれませんが、赤字になるぐらい安くしないと売れない商品は次から仕入れなければいいのです。

 

事前にリサーチをして、小ロットで注文を入れていけば大きな損失になる事はありません。

 

比較されない土壌を作る → 勝利

 

自分だけのネットショップを作るメリットとして比較をされないという大きなメリットがあります。

 

BUYMAは同じ商品を出してくる人がどんどん出てくるので、後発ほど不利ですし、生き残れたとしても常に出品、常にリサーチというしんどい未来が待っています。

 

専業でやるなら別として副業の人ほど、放ったらかしでも収益が上がる仕組みを作ることが大事です。

 

そのために何をやらなきゃいけないかと言えば、独自プラットフォームです。

 

これは自分でドメインを取得し、そこにネットショップを作り、自分で集客をするというやり方なのですが、最初からここをやるとハードルが高すぎて挫折をします。

 

しかしヤフオクとメルカリ、バイマで売れてる商品をリサーチし、それをヤフーショッピングに登録するという流れなら初心者でも出来ます。

 

ここで大事なのは入り口の所でメルカリとヤフオクで手動で稼げているということです。

メルカリとヤフオクで稼げれば、ヤフーショッピングでやることも全く一緒。

 

ひたすら商品登録をして、売れたら発送依頼の繰り返しですからね。

 

メルカリみたいに大量に出したら目をつけられたり、BUYMAみたいにノーブランドNGとか言ってきません。

 

最終到達点はどこ?

 

メルカリもBUYMAも短期ビジネスであり、長くやることではありません。

これから無在庫ビジネスをやるのであればヤフオクから入り、BUYMAはすっ飛ばしていいと思います。

 

大変な癖にリターンがしょぼく、コスパが悪いので。

 

それよりも比較されずほったらかしでもずっと売れていくお店をヤフーショッピングで作り、そこを育てたほうが後々楽です。

 

そして資金ができた段階で電脳せどりをやれば、月収50万は副業でも余裕で行きます。

無在庫で30万〜50万、有在庫で30万といった感じで推移させていければ月50万常時安定はそれほど難しくないです。

 

副業なので作業が出来なくなること前提で仕組みを作る。

そして作った仕組みを結合するというのをやる。

 

これをやっていくことで大きな稼ぎを維持することが可能になります。

 

有在庫で利益30万を出すには、100万〜150万程度の資金があれば大丈夫なので、無在庫を伸ばしつつ、本業、バイトをやって資金を増やしましょう。

 

ネットショップとしての情報発信

 

自分でネットショップを作る段階になったらやって欲しいのが、メディア運営です。

SNSでもいいですし、WordPressでもいいので媒体を作って集客してほしいんですね。

 

自分の情報を発するのは難しいかもしれませんが、自分が販売している商品やカテゴリーの情報を発するのは難しくないはずです。

ライターさんを雇って書いてもらってもOKです。

 

これをやることで集客の間口が広がるので、集客してないお店よりも売上が立ちやすくなります。

 

この集客はヤフーショッピングの段階で余力があるならやっても良いです。

 

また広告を出すことで売上を加速できるので、リスティング広告の出し方も覚えるといいでしょう。

これは最初は難しいと感じますが、慣れると簡単です。

 

やってる人も少ないのでハマると一気に面白くなりますよ。

 

BUYMAのデータを移動させる

 

僕はBUYMAというのは販売する場所ではなく、データを獲りにいきに行く場所だと考えています。

BUYMAで売れる商品は他の市場でも売れるし、需要判断に使えますから。

 

そのまま真似して販売しても稼げますし、得た情報を基軸に逆張りを仕掛ければさらに大きく稼げます。

 

何も知識がない所からブランド商品を始めようと考えると大変ですけど、基軸となる接点があるとスタートするのがとても簡単になります。

 

他の市場で売れてるものは別の市場で売れる。

別の業界で有効な考え方は他の業界でも活用できる可能性が高い。

 

このように移動する力、させる力を発揮していけば、後発の人間でも稼いでいくことが可能になります。

 

大半の人は一つのブランドや一つの手法をマネジメントすることで精一杯です。

自分が持つ経験や視点には限りがあるので、そこから広がりが出ないのです。

 

ですが、移動する力を使うことで一つの考え方が複数の人間の実践で広がったり、取り扱える商品やブランドが広がっていくということが起きるわけです。

 

BUYMAでは本物を売っていても偽物と難癖をつけられる

 

BUYMAはプラットフォームなので運営側がだめと言ったら、どれだけまともにやっていても一瞬でアカウント停止です。

僕であれば本物を販売していたのに、偽物と難癖をつけられて売上を全部取り上げられたことがあります。

 

稼げるまでに時間がかかり、再現性がなく、運営の気分次第ですぐにアカウントが止まる。

こんなコスパの悪いビジネスはないです。

 

まとめ

 

物販には資本が求められる。。

この現実を目の前になんとか資金作りを頑張ってくれとお願いしてきました。

 

しかしそれは前提条件が誤っていただけでした。

今は資本がなくても物販ビジネスは出来ます。

 

あなたがBUYMAで転売を考えたきっかけは何でしょうか。

アパレルだけで稼ぎたい。

そんな人一人もいないと思います。

 

僕らにとってアパレルというのは稼げる商材の中の一つに過ぎません。

片手までやってこれで10万、20万自動で稼げたらまあいいかって感じ。

 

そして飽和しても他の商品やブランドはいくらでもあるのでノーダメです。

 

BUYMAでしか稼げない人は違います。

 

VIP価格での買い付けが出来ない人は薄利多売、大量出品をずっと続けないと利益が出ません。

そして利益が出ても強いライバルが出品をしてくると一瞬で潰されます。

 

仕入れにおけるvip交渉が無駄な理由。300通メールしてわかった事実

 

あなたはいつまで後発が稼げないスキームで消耗するんですか?

後から参入しても確実に手堅く稼げる無在庫転売から入ることを僕はおすすめします。

 

1ヶ月メルカリで無在庫転売した結果wwww

 

記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です