せどり失敗の定番はいきなり独立起業。副業でスタートが安全です

せどりとは せどり
この記事は約32分で読めます。

軽い気持ちで始めて、不良在庫だらけになってしまった。

クレジットカードで仕入れをして借金を作ってしまった。

 

しっかりと勉強をせずに我流でせどりに取り組むと、このような非常な危険な未来が待っています。

また古物商取引許可証という資格を取らずに、中古品や新品商品を販売することは法律違反であり、罰せられたり、逮捕される可能性があります。

 

せどりは儲かりますよ。簡単ですよ。

 

せどりについて情報を発しているブログではこのような甘い言葉がたくさん飛び交っています。

しかしビジネスである以上、簡単なやり方であればすぐに飽和してしまいます。

真似をされやすいビジネスというのは、稼げるまでの期間も短いけれど、稼げなくなるまでの期間も非常に短いのです。

 

在庫を持ち、仕入れを繰り返し、それをAmazon納品センターに送るという莫大な作業をこなして、ようやっと稼げるせどり。

そして仕入れが出来ても、不良在庫が残ったり、アカウントが消されたり、規制されたりと、非常に厳しい茨の道が待っています。

店舗せどりやネット仕入れ(電脳せどり)の未来は非常に先が暗いです。

今回はせどりで失敗してしまう理由を分析し、どうやって挫折要因を回避していけばいいかを考察していきます。

 

せどりは続けられないビジネス。失敗は必然です

まず店舗せどりは人に任せにくいですし、年をとると続けられなくなります。

地方では店舗数が少なく、どうしても不利になってしまいます。

 

一方で電脳せどりは仕入れのためのお金が必要です。

人に任せやすいというメリットはあるものの、自分ひとりで実践すると毎日大量の荷物が届き、家の中が段ボールだらけに。

荷物の受け取りをしなければいけないので、うかつに旅行もできません。

(旅行にでかけてる間に宅配ロッカーに入り切らないレベルの荷物が届いてしまう)

 

お金を得る目的って自分の好きなことに時間を使ったり、行きたい場所に出かける自由を手にするものだったはずです。

それなのにせどりを始めてしまったことで、QOLが激減してしまう。

 

せどり(転売)に対する世間のイメージは良くないです。

底辺ビジネスと言われることもあります。

 

確かにやってる事を考えるとかっこいいことではないし、引かれることは理解します。

しかし商売であれば安く買って高く売るというのはどんな業種の人でもやっています。

 

僕らはお店やネット、海外で買ったものを転売していますが、リサイクルショップも同じことをやっています。

店頭で安く買い取ったものを、店頭やネットで高く売っている。

 

家電量販店はメーカーから大量に仕入れることを条件に安く商品を仕入れて、それを店頭で仕入れ値よりも高い値段で売っている。

 

不動産屋は建物を作ってそれを小分けにして貸したり、販売をしている。

あるいは賃貸物件の仲介や管理をやって稼いでいる。

 

どんな商売でも転売的な要素が含まれている事に気がつくでしょう。

 

せどりで稼いでるいるというと、どこから卑しく見えてしまうのは、楽をして稼いでいるように見えるからだと思います。

 

確かにせどりは楽です。

会社で周りの人とうまくやっていく必要もないし、長時間高速されているのに残業代が出ないということもない。

頑張ったら頑張っただけ自分のものになります。

 

逮捕される

古物商を取らずに実践したり、偽物販売をすると罰せられ、前科がついてしまいます。

うまくいくかわからない段階で古物商を取ったり、在庫を持つのは過剰なリスクであると言えます。

古物商取引許可証を取らずにせどりをやると全て違法行為となります。

 

買い取りビジネスは失敗確実。フランチャイズに今後はなくオワコン
今回は買い取りについてのセミナーです。 ブックオフやリサイクルショップがやっていることを 個人でも実践し、稼いでしまおうというやり方。 実際やるとジャンルを絞らずに取り組んでいけば 申...

 

転売をして稼げるというのは一般時からすると意味不明な行為です。

 

なぜそんなに安く買うことが出来るのか?

利益の出る商品を見つけることが出来るのか?

ここがわからない。

 

人は理解できない者に対して排除したり、批判をして自分から遠ざけようとする修正があります。

だからせどりで稼げるようになっても、それが簡単に理解されるとは思わないことです。

相手が理解しようとか、理解したいという気持ちにならない限り、何をやっても、話してもお互いが歩み寄ることはないのですから。

 

世間の理解はネットで稼ぐ=まともでない仕事 という理解なんで、これを覚えておき、浮世離れした稼ぎ方をしていると思って下さい。

法は犯していませんが、お金を稼ぐ方法=人に雇われて労働 というのが一般人の理解なので、会社に行かず、バイトもせずに稼ぐというのは理解されないんです。

 

僕は店舗で仕入れをしていて店員さんから追い出されたり、注意をされた経験が何度もあります。

フリーマーケットで仕入れをしようとしたら販売者の人に怒られたこともあります。

 

でも別に気にしません。

ああそうなんだで終了です。

 

そういう仕事だと思ってるし、そんなの気にしていたら仕入れなんて出来ないですから。

 

そこでビビってしまう人に言いたいのですが、後ろ指を指されても金を稼げるのと、そのまま金を稼げずに惨めな思いをするのとどっちがいいですか?

 

僕は後ろ指さされようとお金を稼げている方がいいです。

稼いでやりたい事がたくさんあるので。

 

でも稼げなかったらそれらは空想で終わってしまい、実現が出来ません。

だから行動をしてお金を稼ぐというのをやる。

他人からどう見られるのかを気にして決めるのではありません。

自分の人生なので。

 

稼げるやり方があると知っても多くの人はやりません。

 

例えばこの記事を書いている時点ではビットコインが話題になっていますが、僕はやっていませんし。

でもその横でビットコインをやって稼いでる人もいるわけです。

 

このように世の中には情報が溢れていますが、情報を見てもスルーしたり、行動しない人も多いので飽和をしてしまう事はありません。

行動する人でもおかしなやり方をやってしまい、結果が出ずに挫折をするという人も多いです。

 

せどりも同じです。

稼いでる人がいるらしいよ → そんなの無理に決まってる

こういう反応する人が多いですし、やっては見たものの諦めて撤退していく人も多い。

 

だからこれからも副業というのは続いていきますし、稼げる人と稼げない人が出てきます。

向き不向きもあるので変な先入観を持たずにチャレンジしてみたほうがいいです。

 

僕も色々なネットビジネスを試して、現在のスタイルに落ち着いています。

適正を知るというのは成功する上でとても大事なことなので、楽しんで続けられることを見つけるために、挑戦を続けていきましょう。

 

仕入れが出来てもせどりは稼げるようにならない。在庫が増えるだけ

仕入れが出来ればせどりは稼げる。

せどりを教えてる人たちはずっとそう発信してきました。

 

果たしてそれは本当でしょうか?

 

少し前に卸商社から仕入れをして稼ぐやり方を教えていた人がいました。

そのやり方はライバルが少ない、ライバルが仕入れができない取引先から商品を仕入れて売るというやり方。

 

一時的にはとても良い結果が出ました。

しかしその人達の稼ぎは現在ゼロになってしまいました。

 

なぜか?

仕入先を固定し、卸と商社からしか仕入れが出来なくなってしまったからです。

 

卸商社が転売屋に出来るなら自分たちでも同じことが出来ると思ってAmazonにアカウントを作って参入。

すると安く仕入れが出来る卸商社に雑魚転売屋が勝てる余地などありません。

あっという間に淘汰をされて一文無しに。

副業でやってる人は諦めて社畜に戻りましたが、専業になってしまった人は再び就職活動をしているそうです。。

 

このような悲惨な未来が待ち受けているのがせどりというビジネスなのです。

 

社会的ステータスが最悪

そもそも小売から買って小売に横流しをする虚業がビジネスと呼べるかも怪しい。

周りの人になんて説明すんですかって話ですよ。

 

「〇〇君のお父さんはブックオフで仕入れた本を転売する仕事をしているんだよ」

子どもたちの間でこういう扱いをされる覚悟があなたありますか?

 

僕には耐えられないです。

 

ただでさえ転売屋てのは肩身の狭い扱いを受けているのに、それを自分の家族単位でやられるとなると、これはもう絶望でしかないですね。

 

儲かるビジネスの鉄則である【在庫を持たない】という条件をせどりは満たしません。

ですからせどりで稼げるのは事実だけど、せどりで持続的に儲けられる人は非常に限られる。

 

家族に反対される

奥さんから副業をやることに対して反対をされるという相談を受けることが多いです。

 

なので今回は第三者として、旦那さんがやっている事が家族にとってどんな意味が持つのか?を解説したいと思います。

 

あなたの旦那の給料はここ一年でどれぐらい上がったでしょうか?

100万でしょうか?200万でしょうか?

 

おそらく額面ベースで年間数万円程度というのがいい所だと思います。

一般企業に勤めると利益の配分が社員にまで回ってくることはないので、あなたの旦那がどれだけ結果を出そうと得られる報酬は限定的です。

 

もしあなたが、今の生活に経済的な不満や問題を抱えているならば、何かしらの対策を考えなければなりません。

 

節約、パートに出る、契約社員になる。

どれも効果がないとはいいません。

 

しかしそれをやって得られる金額なんて知れているのではないでしょうか?

 

あなたのご主人がやっているせどりという副業は、片手間でやっても年単位だと300万〜600万を超える税引前収入が得られる稼ぎ方です。

事業として取り組めば1000万以上も不可能ではありません。

しかもこの数字に早い方だと3ヶ月で達してしまいます。

 

今の給料が上がらないと言われる時代に、これだけ短期間で大きく稼げる方法が他にあるでしょうか?

 

個人が起業とか、副業と言うと、アフィリエイトや自宅でスクールを開くことの方がかっこよく見えるかもしれません。

しかしこれらは特殊な技能や表現力があって成立するものですし、誰もが実践して結果を出せるものではありません。

 

ところがこれがせどりだとどうかというと、専門知識不要、経験不問です。

ゼロベースで参加して最初の1週間から黒字は当たり前、早い人は実践初日に初報酬が発生します。

 

今時どんなしょぼいバイトでもお給料は1ヶ月後に入ってくる中、初日から報酬が発生する稼ぎ方があるでしょうか?

 

短期のバイトでも説明会だの、移動だの面倒な事をたくさんやって…という感じですね。

 

女性のあなたであれば、物事をシビアに現実的に見ることが出来るはずです。

いくらスーパーのレジうちの子が知り合いの子でいい子だったとしても、より家から近くにあり安く売っているスーパーがあればそちらで買い物をする。

こういった決断が冷静にできるはずなんです。

 

ご主人のせどりを応援するというのも全く同じ事です。

どんな短期の仕事や副業よりも最速で稼げる。

だから応援をする。

 

そうすれば家計が良くなり、家族で旅行に出かけたり、お子さんの教育費に充てたり、エステに行くお金が生まれていきます。

 

僕が奥さんに対してやって欲しいことは、ご主人が取り組まれている副業を助けてあげるということです。

 

反対や邪魔をしないであげて欲しいのです。

もし家族の幸福を願うのであれば。

 

具体的には在宅でも出来る作業をご主人が会社に行っている間にやってあげたり、外注さんを雇われているのであれば外注さんの管理をあなたがやる。

そうすればご主人はリサーチや仕入れにだけ集中ができ、さらに大きな金額を稼げるようになります。

 

家族が入る方の副業はパートナーの協力と理解で決まると言っても過言ではありません。

 

人からどう見られるか…とか、そういう事を気にしている余裕があるなら、副業なんてそもそも考えてないはずです。

なりふり構わず出来ることをやっていかないと、経済的に不自由な生活を強いられるのが現代社会です。

 

かつては右に習えで仕事をしていればお給料も上がって、誰もがそれなりに幸福感を感じられました。

でも今は違います。

 

時代が変わったということは時代の変化に対して、僕らの生き方や行動も変えていかなければならないということです。

これを読むあなたが賢明な人間である事を願います。

 

家族にせどりを反対されてしまう人は、短い期間でしっかりと結果を出し、せどりを通じて経済力を高めることが出来る証明をする事が大事です。

そうすれば反対していた人たちも手伝ってくれたり、参加してくれるようになっていきます。

 

パートや内職やっているよりも、せどりしてるほうが稼げて、自由な時間も増えるとわかったら、やらない理由はないのですから。

 

独立起業は失敗の鉄則パターン。稼げるようになっても安心出来ません

あなたが取り組むビジネスは、後発でも稼げるビジネスですか?

人に話しても恥ずかしくない仕事ですか?

 

将来性が皆無なせどりをやるならば、期間を区切って超短期集中でやることをおすすめします。

せどり転売は潜在意識が凄まじく汚れて、続ければ続けるほど人とした大事なことが失われていきます。

 

だから事業を売却するなり、仕組みを作って自分が1秒も作業しなくても稼げる状態を目指しましょう。

 

店舗せどりは社員を雇えばその状態を作り出すことが可能です。

電脳せどりもリサーチまで人に任せて、外注さんのチームを作れば自動化が簡単に可能です。

 

ただしどちらも在庫を持つので、素人にはおすすめできません。

ビジネスの世界では勝てるパターンに忠実に乗っかっていかないと、再現性を確保することが難しいです。

 

後発でも勝てるビジネスの見極め。

そして頭を使って稼ぐ方をおすすめします。

 

せどり転売で独立起業をして専業になれる収入は?失敗する人の特徴は?
こんにちは、細野です。 今回はせどり一本で専業化したい人のために、どれぐらいの収入になれば専業としてやっていけるのかというのを話したいと思います。 個人的に在庫を持って取り組むせどりビジネスを初心者の方におすすめしていま...

 

せどりは生き馬の目を抜く非常に厳しい世界

僕が提唱するせどりのスタイルは
ジャンルを固定せず、中古も新品も全部やろうというもの。

そして店舗ではオーラが出ている商品を中心に、
仮設を立ててそれを検証するというサーチを徹底します。

 

仮説は主に、横軸、縦軸、時間軸という3つの軸で
作っていきます。

そしてこの経験が蓄積される事によって
最終到達地点である目利きというのが出来るようになっていきます。

 

目利きができるというのは
僕の解釈では独特の空気感や雰囲気を
言うならば第六感で感じ取れる状態です。

「オーラが出ている」

僕は動画や現場でこの言葉をよく使いますが、
まさにそういった事なのです。

 

物事の基本原理として
誰でも出来て簡単なことは飽和をしてしまう運命にあります。

過去には108円仕入れやワゴン仕入れといった方法が
飽和をしたように、
誰でも出来る事、再現性が高過ぎることは
すぐに広まり実践する人が増え、通用しなくなるのです。

 

なので、再現性と参入障壁を確保して
安全に稼ぎ続けるという視点から考えると、
「頑張れば出来るけど、やれと言われてもなかなか出来ないこと」。

これを出来るようにしていくというのが僕の答えです。

 

再現性が高いものでもアルバイトを雇って
日本全国でやらせれば稼げるというのも1つの答えではありますが、
持続性という観点では甚だ疑問です。

そうやって108円仕入れを日本全国で実践させた人達は
今何をしているのでしょうか。

おそらく仕組みとして成立をしなくなり
人員整理、事業整理を余儀なくされたのではないかと思います。

 

参入障壁を維持しながらある程度の再現性を確保すること。

人を雇ってやらせるというのは
もちろん僕もやっているし
あなたもやるべきことだと思うのです。

目利きなしでも出来る仕入れを追い求めるといった
自分の腕を高める努力を放棄する姿勢は関心をしませんね。

長く稼ぎ続けたいのであれば
頭を使い、目利き力、判断力、半能力を高めることでしか
せどりでは生き残れないというのを
そろそろ理解してもいいと思いますよ。

 

せどり=オワコン。Amazon、メルカリでもすでに飽和状況

最近になり「せどりってもう稼げないですよね?」とか「すでに終わってしまったビジネスだと思ってました」という声を頂くことが増えました。

 

確かに普通に見よう見まねでやろうとしても、稼ぎにくくなっているのは事実です。

しかし今現在せどりで稼いでる人がいるのは事実ですし、新規参入でも稼げるようになる人は普通にいます。

 

その違いはどこで生まれているのかというと、新しいルールに対応できるか出来ないか、これだけです。

 

例えばメルカリを使った無在庫販売が流行っていた時期がありました。

アカウントを量産してツールを使うことで、月に20万、30万と在庫を一切持たずに稼ぐことが出来ていました。

 

しかし規制が厳しくなりツールを使うとアカウントが消されたり、無在庫販売だとバレるとすぐに消されたりと、今までのやり方を続けていると稼げなくなってしまいました。

 

この時に「もうメルカリ無在庫転売ってオワコンだよね…」と考えて撤退する人と、「新しいルールに適応して稼げるようになっていこう」と考える人の二種類がいます。

 

諦める人は周りに「もうメルカリはダメだよ」、「飽和しちゃって稼げなくなった」と言いふらします。

それを聞いた人は「そうかー。もうメルカリを使って転売は稼げないんだなー」と思うようになります。

そしてまた別の人に「メルカリはもうオワコンらしいよ」と話し始める。

 

XXってもう稼げないですよね、オワコンですよねという言葉はこのように環境変動に適合できなかった人達が広げている価値観なのです。

 

実際には飽和したと言われる市場でも稼ぎ続ける人がいます。

 

例えばPPCアフィリエイトも一時期は全く稼げない手法だと言われていましたが、現在は塾や教材がたくさん出てきて、再び人気が出ています。

 

せどりも同じです。

確かに新規参入としてAmazonに取り組むのは資金が少ない人には不利かもしれません。

 

しかし転売って別にAmazonじゃなくても出来ますし、Amazonがなくても稼げるわけです。

 

僕らはAmazonも使っていますが、Amazon以外からも収益を上げています。

 

そして一つのやり方に固執をしたり、振り回されない仕組みを作り続けているから生き残っています。

 

ネガティブな情報って集めるのはとても簡単です。

説得力もありますし、本当っぽく聞こえてしまいます。

 

せどりはおすすめではありませんが、現在でも稼ぐことは可能。

飽和している傾向はあるが、完全飽和はしていないというのが実態です。

 

せどりのデメリットをどうやって解消するか?

最近ではせどりに興味を持つ人が増えてきて、

せどりなんて絶対やらないと思っていたという人が

せどりに取り組んで結果を出すのが当たり前になりました。

 

在庫を持たなければいけない、仕入れの資金が必要、肉体労働。

 

せどりには短期間で稼げるというメリットがあると同時に、

こういったデメリットも存在します。

 

こういったせどりのデメリットをどうやって解消していけばいいかを

考えていきたいと思います。

 

物事というのは全てが表裏一体です。

 

メリットがあればデメリットがあるし、

デメリットがあればメリットもあるのです。

 

例えばせどりが肉体労働というデメリットがあるとして、

逆説的に考えれば体力さえあれば何とかなるんだと考えることが出来ます。

 

体力というのは技術なので、

食事や筋トレによって高めることが可能です。

 

つまり後天的に身につけることが出来るスキルなんですね。

 

だから大した問題にはなりません。

 

資金に関しても、実はなんとでもなります。

 

販売実績を作りながら、融資というのを受けることで

数百万単位のお金を引っ張ってくることが出来ます。

 

そしてこれは会社勤めをしている人ほど

社会的信頼が高いので有利です。

(もちろん独立していても可能。)

 

せどりの資金問題を融資や助成金で解決。やり方とタイミングについて
※安易にせどりで独立して稼げなくなって人生終了する人が出ています。あなたが自分の事を特段優秀で自己管理能力が高いと思えないなら、せどりで独立をされる事はおすすめしません。あなたの未来を「楽に稼げそうだから」という安易な理由で棒に振らないで下...

 

在庫を持つということも

不良在庫が増えるデメリットがある横で

短期間で大きな金額を稼げるというメリットがある。

 

売れない商品も値下げをすることで

最終的には現金化出来ますし、

正しい仕入れ方法で取り組めば

トータルでは黒字になっていきます。

 

黒字にならないとしたらそもそものノウハウが間違っているか、

分析をミスっているかどちらかです。

 

手持ちの資金や目標によって取るべき戦術は変わってくるので

そこは教えてくれる人を見つけてその人の指示に従いましょう。

 

我流で感覚ベースで取り組むからおかしなことになるだけです。

 

せどりのデメリットというのは今回書いてきたように

全て対策が出来るし、克服可能です。

 

10年とか20年せどりをやりつづけるのは大変かもしれませんが、

2年、3年程度集中してやるだけなら

気合と根性でなんとでもなると思います。

 

そして正しいノウハウとマインドセットがあれば

稼げてしまうのがせどりです。

 

僕が現在やっている情報発信もある程度の型はありますが、

最終的には創造的なひらめきの部分に左右される側面が大きいです。

 

一方でせどりは技術を身につけると

退屈なぐらい反復の連続ですw

 

そして退屈なビジネスほど堅実に稼げるというのが

身も蓋もない現実です。

 

感情の起伏やエクスタシーに満ちた稼ぎ方は

一瞬うまくいってもその後破綻をしたり、稼げなくなったりするものです。

 

僕が知りうる限り、せどりというのは数あるビジネスの中で最も単調であると同時に、

最も堅実に食いっぱぐれなく稼ぎ続けられる方法です。

 

デメリットに目を向ければ良くない所もたくさん目立つと思います。

そんなデメリットだけを見て行動をしない人が多いのも事実です。

 

あなたはそんな人を横目に、サクッと参入をしてスムーズに稼いじゃって下さい。

 

早く参入すればするほど先行者利益がありますし、

後発の人が追いつけないぐらい強固な仕組みを作っていくことが出来ます。

 

住む場所によって稼げる金額に差が出る(田舎すぎると実践不能)

僕は日本全国でせどりを教えて、
北は東北、南は九州まで行き、
どの地域にいるコンサル生にも結果を出させてきました。

 

家の周りにお店があればせどりで稼ぐ事は可能です。

 

よほどの過疎地域でなければ、どんな地域でも、月に30万、50万ぐらいなら
問題なく稼げます。

ただし、ジャンル固定しない、エリア固定しない、
新品中古もやる。

これをやればの話です。

 

地域によって稼げなくなる人は
ジャンル固定をしています。

新品しかやってない。
家電しかやらない。

そりゃ稼げなくなりますよ。

 

僕でもジャンル固定したら稼ぐのは無理です。

僕ですら出来ないことをなんで初心者がやって出来るのかって話です。

根本からおかしいってことを自覚しましょう。

 

つーか、田舎だから稼げないと本気で信じてるなら(この時点で頭に虫でも湧いてんじゃねって感じだが)、
引っ越せよと思う。

そんなに真剣にせどりで稼ぎたいと思ってるなら
環境を変えればいいじゃん。

別にネットで稼ぐ方法なんてせどり以外にいくらでもあるんだし
そこで固執とか意味不明っす。

 

いつも言いますよね。

思考を柔軟に、視点固定するな。

 

しつこいぐらい言いますよ。

固定するな。固定するな。固定するな。固定するな。

 

そんぐらいうるさく言っても固定してしまうのが人間ってもんです。

なんでかっていうと固定したほうが楽だからです。

でも楽なことは飽和しますし、
すぐにダメになってしまう。

 

ちょっと難しいけど頑張って仕組みを作れば出来る。

こういう事が長く稼いでいく上で大事な考え方になってきます。

 

短期利益も長期利益も両方狙えるのがせどりのいいところなので
出来ない理由をダラダラ述べる暇があるなら
人がやらんことを、他人が追いつけないレベルで徹底的にやりまくりましょう。

文句とか出来ない理由を述べる時間は無駄です。

そんなことやっても1円も稼げません。

だから捨てる。
糞マインドいらないです。

 

どこでも30万、50万なら稼げます。
そしてそれで十分だと思います。

100万とか200万とか稼ぎたいなら、
他の手法も混ぜて達成したほうがいいと思う。

 

1個で100万。

無理じゃないけどしんどいです。

でも2個で100万。3個で100万。

時間をかければ出来ちゃいます。

僕もそんな感じでした。

 

一番稼げるのは情報発信だけど、
これはこれでまた大変さもあります。

だから稼げるし飽和しないだけれども。

 

僕は東北に住んでいるから稼げないんです。

こういうセリフを僕の前で吐かないで下さい。

 

どこでも稼げる。

いいですね。

稼げないのは人と同じことをやってるから、
思考や視点を固定しているから。

そんだっけっす。

 

ちゃんと結果が出てる人何人も知ってるので
地域のせいにするのやめましょう。

自分の腕を磨き、人と違うことをやる。
これだけっす。

 

とは言え、詳しく話を聞くと難しい実態がある事がわかってきました。

 

大雪が降り冬の間は外に出られなくなる、一番近くのお店まで車で40分かかる。

こういった方もおられました。

仕入れに出かけるのが難しい場合は、せどりに取り組むのは辞めておいたほうがいいでしょう。

 

しかし仕入れに出かけられる地域に住んでいて、車を持っているならば、せどりを一度は考えてみてもいいです。

 

ちょっとした地方都市であれば、お店の数や扱える商品も多いので、何かしらのジャンルでしっかりと利益を出せるようになるはずです。

そしてたまにやる遠征(泊まり込みの仕入れ)で普段自分が仕入れられない商品を仕入れて、罪庫の分散度合いを高める。

これをやれば住んでいる場所に関係なく、長く稼ぎ続けることが可能になります。

 

残念ながらせどりは肉体労働なので、作業をし続けないと収入が下がってしまうというデメリットがあります。

また、仕入れをして在庫を持ちますので、どうしても不良在庫というものが発生してしまいます。

 

たくさんの人にせどりを提案してきましたが、長くせどりを頑張るのは構造的に難しいと感じています。

 

ですが、短期間でまとまったお金(数十万〜数百万)を稼ぐのであれば、おすすめです。

年齢もあまり関係なく、年配の方でもせどりであれば稼ぐことが出来ています。

 

ノルマを設定せず、仕入れができる時に商品を仕入れるというスタイルでも良いです。

細く長く続けることで、経験も増えていき、上手に仕入れることが出来るようになっていきます。

 

田舎せどりのステップアップ(仕入れられない、売れないを解決)

田舎せどりでステップアップするには、都会のせどりとは異なる戦略が必要です。

まず都会ほどお店が多くない地域に住んでいるのであれば、お店がある場所までどれぐらいの時間がかかるのか?

そしてその移動時間が発生することを自分が受け入れることが出来るかを考えて下さい。

 

せどりというのはお金を稼ぐために、かなりの行動量が必要です。

まず仕入れに行くために時間がかかります。

そして仕入れに行っても転売して利益が出る商品が見つけられるとは限りません。

 

次に仕入れた商品を車に積んで、何店舗も移動をしなければならない。

一つのお店でずっと利益が出るということはなく、異なるお店を数百から数千店舗回って仕入れをするほうが安定するからです。

なので移動範囲は必然的に広くなっていきます。

 

僕であれば泊まり込みで仕入れをやるというのをやっていて、隣県はもちろんの事、日帰りでは帰ってくることの出来ない地域にも仕入れに出かける。

これに電脳せどりや輸入転売も加えて、仕入れる場所や国、扱う商品ジャンルに一切制限を加えずに取り組んでいました。

 

それだけやってようやっと仕事として成立するのです。

 

そして仕入れができてもそこからが大変です。

仕入れた商品をAmazon配送センターに送るために、出品作業をしなければなりません。

この作業は自分で人を雇ったり、外部の業者に任せることも出来ますが、最初の間は自分でやる事になります。

 

仕入れをして、出品をする。

そして出品した商品がAmazon配送センターに届いて、データとして反映され、ようやっと販売開始なのです。

 

売れるか売れないかわからない商品を仕入れて、それが売れるのには最短でも1週間はかかるという事です。

単純にキャッシュフローが物凄く悪いですし、殆どの人が挫折してしまう要因がここです。

 

仕入れするだけでも大変なのに、仕入れができない。

仕入れた商品が売れない。赤字になる。不良在庫になる。

そして嫌になって投げ出す。

こんなもん稼げないじゃないか、ふざけんな!と。

 

せどりとは過酷な肉体労働である

せどりはバカでも稼げます。

バカでも稼げるけど肉体労働をずっと続けなければいけません。

そこに自由はありません。

仕事に対する誇り、やりがいも皆無。

 

そのかわりは金は稼げる。

小銭だけど(30万〜60万)。

 

多くの人がネットビジネスで稼ぐことを夢見て、この業界に入ってきますが、1ヶ月と続かずに挫折しているのが現状です。

彼らは口を揃えてこう言います。

 

「思っていたのと違った」

 

あなたのネットビジネス、せどりに対するイメージって何ですか?

バカでも稼げるから自分も簡単に稼げて当たり前って考えるのですか?

 

あなたは知らない

単純作業を繰り返す苦痛。

誰の役にもたたない虚しさ。

 

地域に関係ないビジネスで成功しよう

僕であれば雪が降ったら仕入れに行けないビジネスではなく、年間を通じて100万、200万と毎月毎月安定的に稼げるビジネスを選びます。

ビジネスの最終目的は収益を上げることですから、せどりのように小銭しか稼げないビジネスを思考停止してダラダラやっているのは時間とお金の無駄です。

 

そしてあなたが田舎でないといけない理由。

これは何でしょうか?

 

たまたま親が近くにいたり、生まれ育った地域にしがみついているだけですよね。

 

金があればあなたも大都会に引っ越して、多様性に満ちた人との付き合いを楽しむようになるはずです。

金を稼げば田舎を切り捨てて都会に引っ越すことが出来る。

金があれば子供に今よりもいい教育を与える。

 

しかしあなたは出来ない。

田舎に住んでいて貧乏だからだ。

田舎に住んでいて金を稼げないからだ。

 

年齢が高いけどせどりで稼げますか?

年齢が高い方がせどりで稼ごうと思った時に

どういった事に気をつけていけばいいかというのを語ろうと思います。

 

せどりは年齢が高い人でも結果を出してる人がたくさんいるので、高齢者にこそおすすめです。

しかし体の自由も年齢が上がると効かなってくるので、やらずに済むのであれば、やらないにこした事はない。

 

せどりという言葉が有名になり、多くの人がこの市場に参入をしてきました。

あなたの子供や、孫までもがせどりを知ってやっていてもおかしくない時代になっています。

 

そんな時代に年齢が高い人が対等に戦っていこうと思ったら、

体では勝てないので、知識や経験で勝負をしていかなければなりません。

 

言うなればこれまでの人生経験を活かし、知識や経験をお金に変えていくのです。

 

そうは言っても我流で取り組んで結果が出るはずなど無いので

まずはしっかりと仕組みを作っている人から出来れば直接習います。

 

こうすることで、今のあなたに最適化された知識を直接会って伝授してくれる人を確保できます。

 

大半のケースであなたよりも若い人が先生になると思いますが、

プライドを抑えて、言われたことを実行する努力をしましょう。

 

3週間ぐらい行動を継続すると行動習慣が形成され、

半年継続すると思考習慣が変わっていくと言われます。

 

せどりに限らずお金を稼ぐためには

最終的には思考習慣を変えなければいけません。

 

この思考習慣の事をマインドといいます。

 

ですので、ノウハウとマインドを同時に教えてくれて

強固な仕組みを作っている人から直接学ぶというのが

最短ルートでせどりで稼ぐ解決策になります。

 

体を鍛えろ

 

せどりは肉体労働なので、体力をつけることがとても大事です。

体力をつけるには食事量を減らし、筋トレをするのが一番有効です。

 

食事を減らすこと(1日に2食を目標に減らしましょう)で体の細胞が活性化をし、

筋肉をつけることで負荷に耐えられる体が作られます。

 

週に2回程度で良いのでスポーツジムに通い運動をする習慣を身につけましょう。

それを半年ぐらい続ければ、基礎的な体のベースが出来てくるはずです。

 

 

 

年齢が上がることで強みになるのは、これまでの人生で築き上げてきた人脈です。

 

せどりをする際には、単調な反復作業が多いため、

手伝ってくれる人を確保するのが非常に大切です。

 

なぜならすべての作業を自分でやっていては効率が悪いからです。

 

ただでさえ体力では勝てないのですから、

組織化をする事で少ない労力や限られた時間で

稼げる仕組みを作っていくというのが大事になってきます。

 

仕事を割り当てるのは会社でもやってきた作業なので

割りとスムーズに出来ると思います。

 

昨今ではインターネットで人材を募集することも簡単になりましたし、

家族や親戚、近所の人、友人に仕事をお願いしてもOKです。

 

特別な能力や才能がない人でも稼げるのがせどりです。

多くの人を今まで教えてきましたが、正しいノウハウをちゃんと学んで

習ったとおりに行動した人は皆稼げるようになりました。

 

年齢も性別も、住んでいる地域も関係なかったです。

 

こんな稼ぎ方は他にないと思います。

 

それぐらい抜群の再現性があるせどり。

 

60代となると家族や子供も大きくなり、

子供も会社の給料が上がらないなどお金に関する悩みを抱えているケースが多いと思います。

 

家族でせどりに取り組み、お父さんと息子さんが仕入れをやり、

お母さんと息子さんの奥さんが出品作業をやる。

 

こういった分業をすることで、今の会社に勤めながら

年間で300万〜600万程度の収入を得る仕組みを作っていくことが可能です。

 

大金持ちにはこれだとなれないかもしれませんが、

会社からの収入もこれとは別に400万とか600万とか入ってくるし、

奥様がパートの仕事をされていれば年間で100万程度にはなるはずです。

 

こういったものを複合的に管理していくことで

夫婦単位だけでも世帯年収600万は当たり前のように突破するし、

親子世代で取り組めば世帯年収1000万、1500万は難なく突破できます。

 

さすがにこれだけお金が入ってくる仕組みがあれば

あとは質素な生活を継続していくことで

お金に不自由してしまうことはないのではないでしょうか?

 

前述の減食と運動を繰り返すことで健康状態も激的に改善されますので、

入院をするリスク、発病をするリスクも減らすことが出来ます。

 

もしお酒やタバコをやるという場合は、その数を減らしていくことで

さらに健康的になっていく事が可能です。

 

楽して稼げるわけではありませんが、

しっかりとやるべきことをやれば

年配者でもせどりは結果が出ます。

 

Amazon、メルカリ、ヤフオクに手を出さない

せどりを実践する上で避けるべきは、Amazon、メルカリ、ヤフオクといった巨大プラットフォームへの依存です。

 

これらは最初の間は便利なので利用をしてもいいですが、長く続けることはおすすめしません。

Amazonで毎月5万稼げる仕組みを作っても、アカウントが停止したらそのビジネスは終了です。

 

可能な限り早く、プラットフォームに依存せずに自分の力で稼げるようになるべき。

僕であればネットショップと情報発信(ブログ)をスタートして、自分で集客して販売する仕組みづくりに着手をします。

 

プラットフォーム転売に未来はありません。

まとめ

せどりで失敗してしまう理由は、資金不足と仕入れスキルの不足、そしてリスクコントロール能力の欠如です。

さらにこれらに付随して、自己管理能力が低い人が稼げない傾向が多いです。

 

たくさんの人にせどりを伝えてきて、1年と続かない人が大半であり、ひどい人になると1ヶ月保ちません。

それぐらいせどりって続けるのが難しい副業なんだなって感じます。

 

稼げるようになって独立をした人でも、ライバルが増えて稼げなくなったり、仕入先がAmazonに進出して仕入れができなくなったりして、会社員に戻った人もいます。

 

若ければ復職のハードルはそれほど高くありませんが、30歳を超えてくると就職のハードルは上がり、どんどん難しくなっていきます。

 

安易な独立をせどりでしない事、せどりで起業するのであれば、余裕で月に100万〜200万ぐらいはコンスタントに稼げる実力を身につけることです。

そして自動化をして、別のビジネスからも稼げるようになったり、人に教えて収益化というのをやっていくと、さらに安定をします。

 

せどりでしか稼げないから、せどりが飽和すると困るのです。

稼ぐ道がいくつもあり複業状態になっていれば、稼げなくなるなんて事はありません。

 

あなたが成功するための手段として、本当にせどりでないといけないのか?

せどりを続けていくだけの素質や覚悟が自分にあるのかを、冷静に問いて下さい。

作業をたくさんしないと稼げない。

在庫を持ったり、人を雇ってオフィスを構えないといけない。

そんなやり方に消耗していませんか?

一人で実践でき、収入が上がっても忙しくならないビジネスは情報発信だけです。

誰でも簡単にできるビジネスを追い求めて疲弊するのではなく、あなただから出来るビジネスを構築して、安全に稼いでいく。

収入が増えても忙しくなったり、管理が複雑になってQOLが低下しない仕組みの作り方を、メルマガ登録をしてくれた方に公開しています。

せどり
SNSやってます。フォローミー!
記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです。SNSでのシェアも大歓迎です。


ビジネスと一杯のコーヒー