一人暮らしを東京でスタート。23区内でおすすめの場所と必要予算

シェアハウス 一人暮らし

この記事の所要時間: 157

こんにちは、細野です。

 

僕は年収400万にすら満たない人には、

実家暮らしか会社の寮をおすすめしています。

 

生活費で一番大きな負担となる家賃をこの方法を使うことで

大幅に削減することが出来るからです。

 

ただし、人によっては仕事の都合上、田舎から通勤できない人、

会社が寮を持っていない人もいると思います。

 

そういう人はどうやって東京での生活をスタートさせていくべきなのか?

僕の考えをここでは紹介していきます。

 

シェアハウス

 

シェアハウスはその大半において家賃が4万円〜6万円程度で入居が可能です。

そしてこの家賃には電気代、水道代、ガス代、通信費が含まれるため、

家賃=生活維持費にする事が出来ます。

 

これ以外にかかるお金としては自分のスマホ代、食費ぐらいでしょうか。

(トイレットペーパーも運営会社が負担してくれるので生活消耗品も買わなくていい)

 

その反面、他人と同じ屋根の下で生活をしなければならず、

ストレスを感じるデメリットが有ります。

 

部屋も六畳以下の部屋になることが多く、

プライベート空間を確保することは難しくなります。

 

そのため、自宅にお客さんを招いて仕事をする人や、

芸術活動を自宅でやる(絵を描く、楽器演奏をする)という人には向きません。

 

その横で会社が忙しく、家と会社の往復で平日は終わるという人には

最適な住環境と言えるでしょう。

 

何よりも経済力が弱い年収400万以下の方には

毎月の家賃8万円とか10万円というのは負担が大きすぎます。

 

それを2割から3割程度カットするだけで、まとまったお金を浮かすことが出来、

生活の質は上手にやると下がるどころか上がります。

 

なぜかというとシェアハウスはアクセスが良い場所に設置されていることが多く、

駐車場がある物件もあったりするので、

しょぼいアパートを借りるよりもスペックが普通にいいからです。

 

そしてキッチンや冷蔵庫、電子レンジといった生活家電を共有することで、

所有する物を減らし、効率的に家計を回せるようになります。

 

僕であればこの環境で4ヶ月ぐらい頑張り、

ネットビジネスに取り組みます。

 

そして本業のお金とは別に30万から50万を稼げるようになった段階で、

一人暮らしを始めます。

 

今までと順番を変えるのです。

 

資産が増えない人はいきなり一人暮らしをして、

いきなり身の丈に合わない生活をしてしまいます。

 

ずっとシェアハウス暮らしをしろと言っているのではないのです。

 

稼げるようになるまで今の環境で集中して修行をし、

稼げるようになってから一人暮らしをしようよという事です。

 

シェアハウスはコスパが高いと思っていたのですが、実際に住んでいる人に話を聞くと、トラブルも多く、環境としてそれほど良くないことがわかりました。

人気のあるエリアの物件は順番待ち状態ですし、個人が運営しているようなシェアハウスはルールや制度が未熟であり、不安が残ります。

 

動画で話したので見て下さい。

ルームシェアは上級者向けなので、最初は割高でも管理がしっかりしているシェアハウスがおすすめ。

 

僕が見つけたコスパが高いと感じたシェアハウスの事例

 

過去に僕が内覧をしていいと思ったシェアハウスは2つあります。

 

一つは横浜駅から快速でひと駅の所にあるシェアハウス。

これは不動産会社が古くなったビルを買い取り、シェアハウス用に改造したものでした。

 

元の建物はおそらくどこかの会社の寮だと思います。

 

駅からはバスで5分ぐらいの距離なのですが、

駐車場があり月1万円で契約できます。

 

また近隣にはホームセンター、コンビニ、スーパーと、生活に必要な物が

駅前に密集しており、買い物に不自由することはありません。

 

何かあっても横浜まで行けば何でも手に入るでしょう。

 

気になる家賃は3万円大前半から、高い部屋でも5万円以下。

 

築年数はおそらく30年程度と古いですが、リフォームをしているので

汚さは感じませんでした。

 

5階建てでこの時期の建物にありがちなエレベーター無しではなく、

ちゃんとエレベーターがあります。

 

また、建物内にビリヤードルームや、フィットネスルームがあるので

ジムに通わずともトレーニングをすることが出来ます。

 

もちろん全室に無線LANが来ていますから、

インターネットも大丈夫です。

 

僕であればこの環境で車通勤か、

自転車通勤をして仕事に集中をします。

 

自転車も5万円ぐらい出せば通勤にバリバリ使えるクロスバイクを手に入れることができます。

 

都心部では車よりも自転車のほうがアクセスが良いので、

生活の中心を自転車が支えてくれるでしょう。

 

買い物をして荷物が増える時や雨の日は

バスを使って移動をする。

 

このように使い分けることで柔軟に暮らしていくことが出来ます。

 

もう一つの物件は東京都心にある物件。

 

なんと上野駅まで徒歩で20分というアクセスの良さです。

 

ただここは築130年という古い建物で、

大きな地震が来たら崩壊は必至。

 

隣の部屋と部屋の仕切りはなく、エアコンを共有するなど

本当に寝るだけの空間でした。

 

その代わり家賃は破格の3万円。

 

これぐらい安いとアルバイト暮らしでも生活を維持できてしまいます。

 

何よりも上野に生活の中心を置くことで

ビジネスもやりやすいですし、

東京の良さを全面的に感じながら生活をする事が出来るでしょう。

 

僕が考えるにスケーラビリティを利用できる物件が良い。

個人が運営しているような小規模な所はおすすめできない。

 

このような結論となりました。

 

慣れてきたら個人運営もダメではなと思うのですが、最初はプロに運用を任せるのが良いです。

トラブルがあった時にもあなたの間に入って問題を解決してくれます。

 

部屋選びも一緒にやっていきます

 

僕のコンサルでは稼ぐスキルとは一見関係ない、

生活基盤についても一緒に考えていきます。

 

車を買いたければ一緒に選びに行きますし、

部屋選びであればその人のビジネス形態に最もフィットした物件を

僕も一緒に見ていきます。

 

そうすることでその人の能力と才能が最大化されると考えています。

 

今回紹介したテクニックはその中の一つに過ぎません。

 

生活費の内訳を見せてもらい、それにメスをいれることで

どんな人の生活でも改善をすることが可能です。

 

身の丈に合った生活の大切さ

 

当たり前の話をしますが、お金を雑に扱う人の所に

お金は留まろうとしません。

 

僕は1年間お金の稼ぎ方を教えてきましたが、

稼げるようになっても人生が変わらない人というのを育ててしまいました。

 

なんでかなって思ったら、彼らはお金は稼げるようになったかもしれないけれど、

お金の使い方については僕と同じにならなかったので

今まで通りしょーもない事にお金を使って浪費を続けてしまったんです。

 

この事の反省点から僕は生活の根底からマインドセット、お金の使い方を教える必要性を感じました。

 

僕は毎年毎年資産が右肩上がりで増えていますが、

それは稼げるようになってもなおトータルだとお金が増える使い方をしているからです。

 

僕自身これは失敗だったな、コスパ悪かったなと感じるお金の使い方をしています。

 

ただ、そういった失敗でさえも今は情報発信のネタになるので、

こけても丸儲けという状態になってます。

 

このように何があっても負けない仕組みを作ってしまえば

多少の失敗は許容できる人生というのが過ごせるようになります。

 

人生が詰んでる人は負けられない状態なのに、

負けやすい仕組みを作ってしまっています。

 

なのでその土台の部分からテコ入れをしていくというのをやっていかないと、

一生負け犬として人生が終わります。

 

人生変えるなんて簡単です。

本気で死ぬ気でやればネットビジネスで稼ぐなんて簡単な事なんです。

 

僕が示したせどり→アフィリエイトという流れを守れば

無理なくステップアップが出来ますから

このやり方でお金の問題を解決して次のステップへと進んでいって下さい。

 

シェアハウスには質の悪い人間も少なくないので、あまり長く住む必要はありません。

ネットワークビジネスの勧誘目的で住むなんて人もいるみたいなんで、気をつけましょう。

 

東京都内で家賃が安いエリア

 

ここからはシェアハウスではなく、賃貸物件を契約する時の視点を共有していきます。

 

初期段階では一人暮らしはおすすめしませんが、やる場合は資金的余裕(50万は欲しい)がある事を前提に、家賃が安いエリアで生活をスタートさせましょう。

 

その際に、オートロック、宅配ロッカー、立地。

これらは妥協をして、駅から10分以上離れている場所を狙いましょう。

そうすれば激安物件に入ることが出来るはずです。

 

ただし激安と言っても隣の音が気になったり、地震が来たらアウトな物件に手を出す必要はありません。

鉄筋RC構造で作られている築年数30年ほどのマンションがおすすめです。

 

23区内の平均家賃を調べた所、上位5位は以下のようになっていました。

 

1位 西高島平 5.55万円(都営地下鉄三田線/板橋区)
2位 葛西臨海公園 5.70万円(JR京葉線/江戸川区)
3位 北綾瀬 5.90万円(東京メトロ千代田線/足立区)
4位 一之江 6.00万円(都営地下鉄新宿線/江戸川区)
4位 京成金町 6.00万円(京成金町線/葛飾区)
4位 金町 6.00万円(JR常磐線/葛飾区)

引用:http://suumo.jp/journal/2018/07/25/157580/

 

 

JRが使える所から見ていきます。

 

まず、2位の葛西臨海公園は電車がかなり混雑します。

また駅前に買い物をできる所がなく、電車で移動する人には不便なエリアであると言えるでしょう。

 

4位の金町駅は駅前に施設が充実しており、非常に住みやすい場所であると言えるでしょう。

JRだけでなく、京成金町も利用できるため、移動の汎用性が高いエリアです。

個人的にはJRが使える激安地区として一番おすすめです。

 

次に営団、私鉄、都営が利用できる激安エリアです。

 

1位の西高島平は駅前があまり利用しておらず、安さ以上の魅力は感じませんでした。

むしろ3位の綾瀬が激しくおすすめです。

 

北綾瀬駅は駅前が充実しており、非常に住みやすいエリアだと言えます。

隣駅の綾瀬まで移動すれば、JRも使えるため、移動にも便利です。

 

一之江駅については、特筆すべき点は見当たりません。

あえてここを選ぶ理由は希薄でしょう。

 

まとめますと、金町駅または北綾瀬を最初に済む場所として選ぶと、非常にコスパの高い東京ライフが可能になると言えます。

 

ちなみに5以下は、下記のようになっています。

 

7位 堀切 6.15万円(東武伊勢崎線/足立区)
8位 柴又 6.20万円(京成金町線/葛飾区)
8位 江戸川 6.20万円(京成本線/江戸川区)
8位 篠崎 6.20万円(都営新宿線/江戸川区)

引用:http://suumo.jp/journal/2018/07/25/157580/

 

足立区、葛飾区が狙い目なのが傾向として見えてきますね。

8位にランクインしている江戸川区もだめではありませんが、若干都心部までのアクセスが悪くなります。

 

しかし若い世代が多く住んでいるエリアとして有名であり、平井、小岩などは個人的に住みやすい場所だと考えます。

 

一人暮らしの予算を抑える工夫

 

一人暮らしを開始すると、色々とお金がかかります。

 

今はどこに住んでいてもAmazonで必要な資材はすぐに届けてもらえる環境にあります。

従って、一人暮らしをする前に色々と揃えるのではなく、部屋の鍵を受け取って、実際に住み始めてから揃えればいいです。

 

最初から必要なものは、布団と敷布団、枕の3つだけです。

これは実家で使っていたものをそのまま送ればいいです。

圧縮してダンボールに入れれば、一箱で送れるサイズになるはず。

 

 

家電類は、ヤフオクで買うことをおすすめします。

期日指定をして、部屋で受け取りが出来るに日時に出荷をさせるか、生活が落ち着いてから落札をすればいいです。

 

ヤフオク以外だとジモティーもおすすめです。

業者さんもいるのですが、コスパの高い価格設定になっていることが多く、頼みやすいです。

ここで購入をした冷蔵庫は中古でありながらメンテナンス済で、設置までやってくれたので、非常に使い勝手が良かったです。

 

電子レンジ、炊飯器といった調理家電は初期段階ではいらないです。

スーパーに行けば置いてあるし、お米も安く売られているので、それを使えばいい。

 

生活が落ち着いたらこれも中古で揃えれば、性能が良いモデルが安価で購入できるでしょう。

 

全体的に新品ではなく、質の高い中古をヤフオクやジモティーで調達するというのが、おすすめです。

全部新品で揃える値段の3分の1以下まで安くすることが出来るはずです。

 

電気やガス、水道の契約は面倒でも自分でやる

 

不動産会社が代行でやってくれるところもあるのですが、自分の個人情報が売られていることがあります。

JCOMや新聞の勧誘などが来てしまう要因になるため、面倒でも自分で契約をやりましょう。

 

区役所や警察署で質問をすれば、免許の更新や契約のやり方は全て親切に教えてもらうことが出来ます。

税金を払うことになるので、どんどん公共の施設を利用していきましょう。

 

独立起業を目指すならバイトという生命線があることを覚えておく

 

おすすめはしませんが、最初から成り上がることを目的としてネットビジネス専業になる場合について解説をします。

 

東京の場合、仕事は豊富であるため、嫌な職場であってもすぐに辞めることが出来、仕事は選び放題です。

そしてアルバイトであっても月に10万程度稼ぐのは難しくないため、生命維持をすることは難しくありません。

しかし家賃も高いため、月収10万では切り詰めた生活になってしまいますし、未来に夢を持つことが出来ないでしょう。

 

理想的には副業として成功して、もっと時間を費やせばさらに収入が2倍、3倍と狙える段階になって独立するのがいいのです。

最初から専業を目指す人は、高い基準を持ち、諦めることなく取り組むようにしましょう。