せどり転売ライングループに入るな!雑魚が群れても時間の無駄

せどりチーム せどり

この記事の所要時間: 1355

こんにちは、細野です。

 

今日はせどりのチーム(グループ)を探している人のために、

チームの実態と必要性について語っていきたいと思います。

 

コミュニティやサロンビジネスがぶーむであるため、

初心者の方はせどりチーム(サロン)に参加をしないと

稼げないと考えるかもしれません。

 

ただ、これは間違いであり、

実際はチームに入っても養分にされるだけですし、

稼げてない雑魚が群れているだけで

有益性は皆無です。

 

稼ぐためにやることは

マインドをしっかり作り

優位性のあるノウハウを淡々と繰り返し

それをアウトプットし続ける事です。

 

この環境と行動習慣を身につけられる

人と出会うべきであり、

せどりチームでは

これを提供することが出来ません。

 

この記事では

雑魚と戯れ続けた転売ヤーの悲惨な末路(養分として一生を過ごすことに)
100人の質の悪い人と付き合うよりも、一人の超優秀なメンターと出会うべき必要性

をわかりやすく解説し、

あなたが一刻も早くせどりビジネスで自立出来るようガイドしていきます。

せどり転売ライングループに入るな!雑魚が群れても時間の無駄

せどりのチームってものが流行りだしてから、

そういったものを冷ややかに見ていた僕は

いくつかのチームに入ってみました。

 

有名な人の所も行ったし、

実績はまだまだだけど特定のジャンルで突き抜けている人のところも行きました。

 

そうやって業界で開発されたノウハウを一式パクった時に思ったのは

チームに属してなくても無限にノウハウ作れるし、

チームでシェアされる話題も何が売れたとか、代行会社どこがいいかとか

レベルの低い話題ばっかで読む価値が無いなって事だったんです。

僕がせどりライングループを提供しない理由

僕は自分の企画の中でLINEグループやチャットワークのグループ、

フェイスブックページといったものを提供していませんが、

その理由は明確です。

 

その種のものを提供することが自分の顧客にとって害悪になると考えているからなんです。

 

僕らがビジネスに取り組むのは慣れ合いをするためでありません。

 

ビジネスを通じて結果を出し、

その先のステージに進むためです。

 

せどりをやりたい人なんて一人もいません。

アフィリエイトやりたい人もいない。

 

情報発信なんてもっとやりたくないw

 

だけど自分の夢を実現するためにやらないといけないからやるんですね。

 

そしてやるからには徹底して勉強をし、

行動をしまくり検証をしていく。

 

この繰り返しなわけです。

 

雑魚と戯れている時間は1秒たりともないわけですよ。

 

仲間を作って一緒に頑張りたいと思うのは

人間の基本的な性質でもあります。

 

ただ帰属するにしても大切な視点というのは

誰とやるかという事です。

 

慣れ合いしている人達と付き合って成長しますか?

 

そうじゃないですよね。

 

扉を開き、人生を変えるのは自分自身なのですから。

 

僕は最近はチームよりも、勉強会というものを重視していて、

メリハリをつけた交流の場を作っています。

 

レベルの低い議論を毎日するよりも

質の凝縮された体験価値を1日にしたほうが

成長曲線は飛躍的に伸びていきます。

 

その最たるものが仕入れツアーであり、コンサルなわけですが、

それは参加できる人が限られるので

バランスをとるために勉強会を作りました。

 

これであればより多くの人に参加してもらえて、

参加者の人が抱えている課題を一気にまとめて解決できます。

 

他の人の課題も知ることで自分が同じ状況になった時に

どう対処すればいいか勉強になりますし。

 

この勉強会は僕の運営している企画に参加している人と

和佐大輔さんと共同で運営をしているライスワークラボに参加してくれた人だけが参加できます。

 

もし興味がある人がいたら、まずは僕のメルマガに登録をしておいて下さい。

 

ライスワークラボは半年に1回しか募集しないので

すぐに学びたい人は企画に参加するのがおすすめです。

有意義なコミュニティの見極め方

もしどうしてもせどりチームに入りたいと思うのであれば

そのチームの規模を見るといいです。

 

質の高い議論がされるチームチャットは少人数制です。

少人数というのは15名以下のことを指します。

 

数百人単位のチャットは発言する人が限られて

古株同士が仲良くして慣れ合いコミュになってしまうんですね。

 

なので規模が小さなコンサル生限定のチームだったり、

マンツーマンで語れるLINEサポートを提供してくれる人を選んだほうがいいです。

 

しょっぱいチーム10個入るより

死ぬほど濃いコミュに1個入るほうが価値があります。

 

また参加のハードルが高いチームを選ぶなら選んだほうがいいです。

 

高額塾のフェイスブックグループに参加した時は

皆さん積極的に参加をされていて

有意義な議論が交わされていました。

 

なのでせどりのコミュニティを選ぶなら数十万単位の投資が必要になる超高額なチームに参加すると

意識の高い仲間と出会える可能性が高いです。

 

僕があえてLINEチームを探すなら

そういった場所を探して投資をします。

 

せどりに人脈は必要か?稼ぐために仲間は必須?

僕がせどりで稼ぐために付き合った人は片手に数えるほどしかいません。

 

せどりで稼ぎたかったらやることは簡単で、稼いでる人と一緒に仕入れに行って、

作業や普段の行動を極限まで効率化出来るように横について教えてもらうことです。(コンサル)

 

僕はこれだけでどんな地域のどんなジャンルでも稼いでいけるスキルを手に入れました。

 

そして僕が教えた人達も、会社勤めをしながら週に1回とか2回という少ない仕入れ回数で、

年収を100万、200万、300万と上乗せすることに成功しています。

 

せどりというはアフィリエイトや情報発信と異なり

極めて高い再現性があります。

 

また輸入や輸出と異なり、言語や海外の文化を理解していなくても稼ぐことが出来ます。

 

そして仕入れ以外の大半の業務は人に任せて自動化することが

簡単に出来ます。

 

あなたがやらなければいけない事は仕入れのスキルを身につけること

そして仕組みの作り方を学ぶこと

 

この2つだけです。

 

この2つをしっかり理解して実践できれば

副業で月利30万から50万、

専業であれば50万から100万を難なく達成することが出来ます。

 

それも半年以内に。

 

他のジャンルでこんなに高い再現性で

ここまで短い期間で稼げる方法はありません。

 

色々模索したのですが、最初にやるビジネスとしては

せどりがベストだという結論に至りました。

 

稼いでいくために仲間がいれば頑張れる、

頑張っている人が横にいると安心できる。

 

確かにそうかもしれません。

 

でもそういったノイズがあるがために

自分が集中すべき事がブレたり、油断をしてしまう側面があるのも覚えておいたほうがいいです。

 

僕はLINEチームも人脈も仲間も作りませんでしたが、

問題なく稼げましたし、教えて稼がせる世界でも成功できたので

LINEグループは全くもって必要ないと考えていますよ。

 

世の中の転売ヤー、せどらーって

知性も低いし、人としての魅力も皆無な人ばかりです。

 

そんな人達と付き合っても

あなたのQOLは上がらないし、

マインドセットも強化されません。

 

せどらーと付き合っても

時間とお金を無駄にして終了です。

 

せどりで(自称)稼いでる人の中には、稼ぐ上で大事なのは仲間と情報という人がいて、

LINEやチャットワークで作ったチームに加入することが稼ぐ上で大事だという人がいます。

 

それを見てこの人は本気でそんな事思ってるのかな?と僕は思うのですが

どうやら本当にそういう事を考えているようです。

 

そこで今回はこのLINEチームについて必要性や選び方を解説していきます。

僕がLINEチームを作って活動をしていた時

1年ぐらい前の今頃僕はLINEのチームを作って

僕から学んでくれてる人と密に連絡を取りながら活動をしていました。

 

当時はお店で使えるクーポンをシェアしたり、

各地のお店で買えた商品を共有したりして

学んでくれてる人が少しでも稼ぎやすいようになるよう運営していました。

 

しかし‥。

 

僕の手元を離れたら稼げなくなる人が続出

 

契約期間が終わって独立すると、それまでとは一転して稼げなくなる人が出てきました。

ひどい人になると活動そのものが停止してしまう人なんてのも。

 

それを見た時に僕は反省しました。

 

「確かに僕がずっと横について教えてやればその場では出来るけれど、彼らは本当の意味で自立してなかったんだ」って。

 

僕が横にいて教えたら出来るのは当たり前です。

僕は答えを知っていて、その答えを横で教えたら、正解に到達するに決まってる。

でも僕が横にいなくなったらその人はどうなる?

 

これが僕がLINEやチャットワークチームをやめた理由です。

 

僕がいなくても自分で考えて自分で仕組みを作って行動をして稼げるようになってほしい。

 

もちろん基軸となる考え方やテクニックというのは伝えていきます。

ただ最終的にそれを使って結果を出すのは僕ではなくて、お客さんなんですよね。

 

そこを徹底したいし、近すぎず遠すぎず。

本当に必要な時はガッツリ助ける。

そんな存在で在りたいと僕は思ってます。

一瞬だけでもいいから俺は稼ぎたいんだ。小手先のテクニックをたくさんくれよって人に‥

そうは言っても人間の根源欲求として

どこかに帰属したい、人と繋がっていたいという思いはあると思います。

 

そこで僕が考える有益なチームの選び方というのを書いておこうと思います。

稼げるチームの条件その1:参加費が超高額で意識と覚悟が決まった人が集まっているチーム

チームを選ぶ際に大事なことはそこの主催者もそうですが、

集まっている人もそれ以上に大事です。

 

これは考えて見ればわかると思うのですが、

本気で取り組んでいる意識が高い人が集まるチームと、

教えて下さいテクニック下さいみたいな乞食マインドの人が集まるチームだったら

意識が高い人が集まってるチームのほうが得られる情報や体験は濃くなりますよね。

 

そしてそういった意識の高いチームを運営するのは非常に難しく、

運営する側がゴールを共有し、一緒に向かっていくんだという姿勢でやらないと

メンバーもついてきてくれません。

 

高額塾や参加費が高いチームに参加をすることで

周りの人もこれ一本でガッツリやっていこうって人が多くなるので

参加費が高いチームというのが選ぶ際の基準になるでしょう。

稼げるチームの条件その2:メンバーが受動的ではなく主体的な人が集まってるチーム

チームに参加すれば稼げるというのはあり得なくて、

メンバーが主体的に情報を発したり、他の人を巻き込んで勉強会を企画したりするチームが良いです。

 

こればかりは運になってくるのですが、

成長したい、人の役に立ちたいというエネルギーレベルが高い人のチームに参加すると

自分たちで仕入れツアーを企画したり、勉強会やったり、オンラインセミナーをお互いでやったりと

アクティブな活動が行われます。

 

僕が知りうる限りここまでアクティブなチームというのは今まで見たことが無いですが

もし自分でも運営したいという人がいたらぜひ目指してみてください。

 

メンバーも稼げるようになるし、あなたも刺激を受けることは間違いありません。

稼げるチームの条件その3:参加できる期間が区切られていて、継続のためにはお金を払わないといけないチーム

チームというのは放っておくといつまでも運営されるものと

参加者が勘違いをしだします。

 

そうすると惰性で緊張感のない雰囲気になっていってしまいます。

 

だからチームというのは運営期間を区切って

その期間が終わったら解散するか、

引き続き参加するのであれば参加費を再び取るべきです。

 

そうすれば常に主催者と参加者の間には程よい緊張感というのが維持されます。

 

緊張感がないと真剣に取り組めないですからね。

 

何のためにビジネスやってるのって慣れ合いするためじゃないですよね。

稼いで次のステージに進むためでしょ。

 

ここを勘違いしないようにして、参加するチームは選んでいきましょう。

もしも僕がゼロからせどりで稼ぐならこれに投資をする

もし僕が知識ゼロになってせどりで稼ぐとするなら、

まずはせどりで強固な仕組みを作ってる人から直接習いに行きます。

 

この環境に投資をして、資金がゼロになってもいいからスキルを身につけます。

 

それが出来たら仕事をしながら資金を増やして

2年から3年程度集中してせどりをやります。

 

そして1000万から2000万ぐらい稼いだらそのタイミングでせどりを辞めて、

次のステージに進みます。

 

その際に投資すべきものは、直接会って教えてくれる人(コンサル)、せどりすとプレミアム、GAGA(価格改定ツール)、人件費(外注費用)。

 

これだけです。

 

こうやって書き出してみるとすごくシンプルですよね。

稼げるノウハウなんてそんなもんです。

 

ラインやチャットワークのチームには僕は投資はしないです。

稼ぐだけなら全く必要ないものなので。

 

ということで、LINEチームについての僕の考えでした。

 

せどりとは必ず破滅するビジネス。在庫と資金が必要。儲からない
この記事ではせどりとは何?と調べている人や、興味がある人に向けて、せどりというビジネス(副業)の仕組み、せどりで稼ぐためにやらないといけない事を伝えていきます。 今でもせどりで稼ぐことは可能です。 しかし、現在ではせどり...