せどり情報発信でえげつないレベルで稼いできたノウハウを暴露する

せどり情報発信 せどり情報発信

この記事の所要時間: 6315

こんにちは、細野です。

 

今日はせどりと情報発信について語ります。

 

せどりで稼げるようになったら情報発信をしろとか言い出す

頭のおかしい人がいたりしますが、

情報発信は元来使命感を持ってやるものです。

 

稼げるからやるとか論外。

 

そういう思いでやってる人についていこうなんて誰も思いません。

 

今回は自分なりのメッセージや使命感を持っていて

その上でせどりを提案していこうと考えている人のために

どうすればこれから参入して成功できるかを語ります。

 

まあ、せどり業界の情報発信はレベルが低いので

これから参入しても余裕で勝てます。

 

僕がそうだったんでw

 

なんで安心して読んでもらえればと思います。

 

  1. 情報発信に必要なもの
  2. コンテンツが作れないなら‥。タダで教えて客と対話しまくれ
  3. メルマガ配信スタンドはこれを使え
  4. レンタルサーバーはXサーバー
  5. 各種SNSアカウントを作り、情報発信を多角化
  6. 無料レポートスタンドの必要性
  7. 実績で勝負するかメッセージで勝負するか
  8. まず提供をしろ。話はそれから
  9. 情報発信せずに稼ぐ方法もある
  10. せどりで月収100万を稼ぐために必要なもの
  11. 月利100万に必要な資金って?
  12. せどりで年収1000万を稼ぐためのマインドセット
  13. せどりの情報発信で失敗する人の特徴
  14. 情報発信を推薦する理由
  15. 発信を教えてる人のブログを見た結果www
  16. 情報発信の具体的な作業手順
  17. 今から情報発信をやるなら…
  18. 具体的な作業手順
    1. その1:LPの作成
    2. その2:コンテンツの作成
    3. その3:集めたアクセスをリストに転換
    4. その4:お客さんの問題を解決する商品を作る
    5. その5:購買してくれたお客さんと同じ方向を見て活動をする
  19. 情報発信を始めるタイミングについて
  20. 情報発信をするときにネックになる壁
  21. 手動から自動化への持って行き方
  22. プレイヤーを引退するタイミングと情報発信を組み合わせる理由
  23. 私にもできますか? → お前には無理だよ
  24. 絶対に失敗しない発信スタイル
  25. 情報発信が出来る条件を確認
  26. 教える力を身につける:無料で教えまくる
    1. 毎月一緒に泊まり込みで仕入れ
    2. LINEグループを作り困っていることを24時間聞ける環境を作った
    3. 儲かる商品が見つかったらすぐに全体でシェアをした
    4. クーポンをヤフオクで大量に購入してメンバーに配布
  27. カスタマーオリエンテッド(顧客との関係性を重視した経営)という考え方
  28. 発信の基礎はDRM
    1. 和佐大輔さんと木坂健宣さんのネットビジネス大百科
    2. 和佐大輔さんのDRM2015
    3. メルマガ配信スタンド
    4. ステップメールを学ぶ
    5. 自分が発信をする業界の教材全て
    6. 生涯読書数最低100冊
  29. 教える側としてどれぐらいの実績があればいいのか?
  30. 転売やせどりの情報発信を学ぶコンサルなんて最悪
  31. まとめ
    1. こちらの記事も読まれています

情報発信に必要なもの

 

情報発信で稼いでいくためには、

サイト、メルマガ配信スタンド、各種SNSを使っていきます。

 

そして集客をしてメルマガに登録をしてもらい

最初の間は関係構築をすると良いです。

 

僕も最初の1年ぐらいは関係構築をひたすらやりました。

 

せどりの話も出していきましたし、

せどり以外の話もたくさんしました。

 

勘違いしている人がいるのですが、

せどりをやりたい人を集めてもしょーがないです。

 

そんな人ひとりもいないですから。

 

自由になりたい人であったり、

年収を上げたいと考えてる人、

夢を実現したい人を集めるんです。

 

そしてそういう人に手段としてせどりを提案します。

 

僕であればそこから先、収益を自動化するために

サイトアフィリエイト提案しています。

 

まずはせどりで稼ぎ、それでも物足りなければ

サイトアフィリエイト(アドセンスとASPアフィリ)もやっていこうよというわけです。

 

これで年収1000万程度であれば誰でも達成できると

僕は考えています。

 

情報発信は確かに一番稼げるし、軌道に乗れば自動化が出来ます。

 

ただカリスマ性やメッセージ性など実践できる人が限られると僕は思ってるんです。

 

だからそういう再現性がないことではなくて、

再現性があって情報発信なしでも稼げる仕組みを提供しているんですね。

 

まあ今回はその条件を満たしていると仮定して

話を進めていきます。

 

コンテンツが作れないなら‥。タダで教えて客と対話しまくれ

 

コンテツが作れない方は、システムも併用して使うことで、

 

セミナーを録画する → メルマガで配信する → サイトにも掲載する → YouTubeからもアクセスできる形にして新規のお客さんがいつでも入ってこれるようにする → 教育と販売

 

という仕組みを作ることが出来ます。

 

この状態が作れると
自分が働かなくても24時間仕組みが回るので
コンテンツが増えれば増えるほど楽になります。

 

単純にレビュー書いて、
キーワードを盛り込んで、
被リンクだのテンプレだのやってSEO対策をしても
小銭ぐらいは稼げると思いますが、すぐに頭打ちになります。

 

そして一つのサイトだけでは稼げないので量産に追われる…。

 

これはサイト量産で稼いでいる人を横で見ていて感じる身も蓋もない印象です。

 

もちろんそれが楽しい、
サイト作成によって半自動的ながらも収益が上がっているというのも事実ですから
利点があるのは認めます。

ただ作業にばっか追われて
自分という人間を売る活動が
全く手付かずの状態でいいのかな?って時々思うんです。

 

実績があるならそれをテコに人に教える活動をすれば
単純に売上をもっと伸ばすことが出来るのに
日々の作業に忙殺されて出来ない。

 

それで本当にいいのかな?って話です。

 

僕はサイト量産ではありませんが
ネットショップで上記と同じような状況に陥ったので
お店の運営そのものを止めて情報発信に力を入れました。

 

日々の作業がネットショップは多いので
これをやってやら他のことをやる時間がなくなるなって気がついたんです。

 

正直半年ぐらいは
いろんな媒体を作っては壊し、壊しては作っての繰り替えですが
ようやく現在では仕組みとして回り始めました。

 

教えることによる実績も出来て自信もつきましたし、
自分のカラーを出してもついてくる人はついてきてくれることがわかったので
だいぶ楽になりましたね。

 

新規顧客の開拓が直近では最大の過大なので
毎日リストが取れるようにランディングページを作ったり
サイトのレイアウトをわかりやすくしたりして
仕掛けていきます。

 

あとはコンテンツがかなり溜まったので
一般公開できるものはどんどん一般公開して
自分の企画に参加する人、参加しない関係なく
学んでもらえる仕組みを作っていきます。

 

実績作りの段階で一時的に一つの作業に没頭することは大切ですが
実績が出来た先はこうやって展開していくといいです。

 

コンテンツがある人の所に人は集まりますし、
他人と同じ事ばかりやっている人には魅力を感じません。

 

皆が未だにレビュー型から抜け出せないのは
企画力もそうだし、自分という人間を売る自信がないからでしょう。

 

なぜ自信がないのと言えば実績がないというケース、
あるいは僕のように過去のトラウマに縛られて
実績があっても自分に自信を持てないケース
このどちらかだと僕は見ています。

 

実績がない人は狂ったように作業しまくってさっさと実績を作ること。
(適切な指導者がいること前提)
実績がある人はいい加減ビビってないで表に出て行きましょう。
(同じような境遇の仲間を作って励まし合いながら前進すること推奨)

 

毎日のように対話しまくってデータが集まってきてますから、それを基軸にコンテンツを増やしていくのです。

 

メルマガ配信スタンドはこれを使え

 

情報発信をするならメルマガ配信スタンドは必須です。

 

これは色々ありますが、最近僕が使っているのは、マイスピーというスタンドです。

 

マイスピーの評判はガチ!料金は普通、マニュアルが神。到達率は要工夫
こんにちは、細野です。 ビジネスを自動化したいと思った時、必要となるのは秀逸なシステムと戦略です。 戦略に関しては別記事で解説するとして、秀逸なシステムについて今回は解説をします。 まずビジネスの自動化は、...

 

ここはアフィリエイトセンターを作れたり、

会員サイトを作れたりと

機能が充実している割に安い。

 

機能が制限される下位プランであれば3000円で始められます。

 

最初の間はこの3000円のプランでやるか、

サーバー設置型のcyfonsというシステムを使うとおいです。

 

ただしcyfonsは使い勝手があんま良くないので

初心者にはおすすめしませんがw

 

有り難いことに最近は毎日サイトやYouTube、SNSから人が集まってくれて

メルマガ登録がされますが、

これをさらにブーストアップするために集客を自動化します。

 

そして手動でたまにサイトを更新しつつ、

Twitterでつぶやいたり、フェイスブックページの運営をしたり

リスティング広告運営してみたり、LINE@やったり、

色々な仕掛けを打っていきます。

 

自動化したらしたでやることはあるので

しばらくは飽きないですねw

 

せどりはやることがある程度固定化されるので飽きちゃいましたが

情報発信は自分のアイディアひとつでどんな企画も作れるし、

話すことも自由なので飽きないです。

 

まさに一生できる仕事だと思います。

 

レンタルサーバーはXサーバー

 

色んなレンタルサーバーがありますが、色々比較した結果

僕がいいと思うのはXサーバーです。

 

快適だし、何かあった時に復旧もやってくれますので安心です。

 

エックスサーバーの料金は高い?評判を実際に契約して比較してみた
こんにちは、細野です。 情報発信やアフィリエイトを始めるとサーバー契約をする事になります。 無料ブログでもサイト作成は出来ますが、大きく稼ぎたいなら自分でドメインを取って有料連テンプレートをワードプレスに入れて使...

 

 

各種SNSアカウントを作り、情報発信を多角化

 

人が集まっているSNSは各種使っていくのが基本です。

 

年配層が多いFacebookではそういう人が興味をもつテーマを発信。

 

若者が多いTwitterでは、若い人が好む話題を提供。

 

外での活動が多い人ならInstagramを使っていけばいいですね。

 

アメブロやmixiはオワコン臭が半端ないですw

商用利用禁止ですし、僕は現在使ってません。

 

無料レポートスタンドの必要性

 

せどりの情報発信を教えてる人がカスだと思うのは

彼らの集客方法が無料レポートスタンドに依存をしていることです。

 

それ以外の集客方法を彼らは教えることが出来ません。

 

まあ確かに無料レポートスタンドを使ってお互いに紹介しあって上位表示をすれば

人はそれなりに集まります。

 

集まりますけどそれは機能的価値で集まっただけで

自分のビジョンに共感してくれたり、

応援をしてくれてメルマガを読んでくれてるわけではないんですね。

 

だからそういう人がこれからはマッチングビジネスだーと言ってもついてこないし、

いつまでもせどりの話をするしかないんです。

 

過去にセミナーに行った時に思想を伝えていきたいと言ってる人がいましたが、

その人のサイト全くアクセス集まってないですからね。

 

動画もやってなく、SNS集客もしてなくて

無料オファーと無料レポートスタンドでのみの集客でした。

 

それでも数千万単位を1年で稼いだって言ってたんで

再現性はバッチリですね。

 

もしあなたがせどりの話をずっとして、

せどりやりたい人集めて

そういう人とばかり付き合いたいと思うのならこのやり方を取ればいいでしょう。

 

ただ、その先に行くつく未来は

楽しいものでないということだけは指摘しておきます。

 

実績で勝負するかメッセージで勝負するか

 

情報発信で結果を出していく上で、最初に決めないといけないのは

実績ベースで勝負を仕掛けるか、メッセージで共感してもらうかということです。

 

実績で勝負するなら数百万単位の結果がないとインパクトが弱いです。

 

僕はそこで勝負するのはしんどいと思ったし、

実績を作るために根性論で突破できる気力もなかったので

別の方法で戦う道を選びました。

 

その結果はご覧のとおりで、しっかり支持してくれる人が集まりましたし

お金を払って参加してくれた方の満足度もとても高いです。

 

せどり以外の話をして、そちらでも支持をされているので

僕が提案する話を前向きに受け入れてくれる人が集まっているんです。

 

だから実際にメッセージが来るのですが、

まずはせどりで稼げるようになって

そこから先はサイトアフィリやりたいですって言ってくれるんです。

 

自分の提案を受け入れてくれてる人がいるのは

非常に有り難いことですね。

 

まあ僕が提案しているのは僕自身が実際に経験してきて

こんなサービスあったらいいな~と思うことを形にしてるだけなので

支持されるのは必然なのですが。

 

だって他ならぬ自分が欲しいと思うサービスだから。

 

まず提供をしろ。話はそれから

 

結局せどりの情報発信をやってる人がいつまでもしょっぱい話しかできないのは、

彼らにとっての価値提供というのが売れた商品の紹介と無料レポートの紹介という視点しか無いからです。

 

言うまでもなく、そんな情報を求めているのはしょっぱい人だけです。

 

売れるもの知っても同じ商品なんて見つからないし、

無料レポートダウンロードしたらスパムメールが大量に届きますからねw

 

相手にとってメリットは一つもないわけです。

 

それでも彼らがそれを辞められないのは

それに依存することでしか情報発信で稼ぐ仕組みを作れないからです。

 

確かに再現性はあり、その点は評価出来ますからね。

 

ただつまんないし、作業ゲーだし、比較されるし、

お先は非常に暗いと思いますけどw

 

究極的なゴールは自分というカテゴリーを作ってしまい

そもそも比較をされない次元に到達をすることだと僕は思います。

 

手前味噌で恐縮ですが、僕はこのラインまで達することが出来たので

今後も集客に不自由することはないし、

不自由することないのにさらに入り口を広げる施策をいくつも打っていくので

これからも未来永劫安泰なのです。

 

その代わり再現性はないと思うのと、

出来る人は限られるのがデメリットですね。

 

情報発信もコンサルで今後教えていきますが、

情報発信を教える場合は試験を設定して

来れる人を厳選していきます。

 

それぐらい情報発信というのは誰もが気軽に手を出すべきではないと

僕は考えているのです。

 

もちろん自分の勉強としてアウトプットの場を作るだけなら全員やっていいのですが、

人を巻き込むということは他人の人生に介入することなので

誰もが気軽に手を出すべきではないと僕は思うんです。

 

自分が受け入れられるか、スルーされるかは

1年ぐらいひたすら自分が提供できるものをアウトプットして

無償で見返りを求めず奉仕してみて下さい。

 

出し惜しみ無しで徹底的にやれば必ずファンはついてきますし、

あなたの思いや意志が強ければ強いほど

集まってくる顧客も良質になってきます。

 

集め方で顧客も、その質も決まってくるんです。

 

情報発信せずに稼ぐ方法もある

 

せどりの情報発信をして月収が100万を超えているという人には

大きく分けて2種類の人がいます。

 

一人は僕のように情報発信をして稼いでる人、

もう一人は組織化をして人を雇うことで100万以上の収益を上げている人です。

 

少し前まではせどりのみで月利100万というのはとても難しいと思われていましたが、

現在では普通にいます。

 

実際に僕自身せどりオンリーで月収100万以上の稼いでる人の塾に入ったり、

仕入れツアーに参加してみたのですが、

これぐらいのレベルならちょっと頑張れば自分でもいけるかな?という印象を持ったのです。

 

そこで、2016年度の3月から3月の終わりにかけて

仕入れスタッフを雇い、納品スタッフを雇用して

1ヶ月間組織化運営をしてみました。

 

その結果はこんな感じです。

 

仕入れに使ったお金150万。

3週間で売れた金額、80万円。

全在庫保有資産価値200万円。

 

すでに80万売れていて、在庫の合計金額が200万円以上という状況。

 

1ヶ月週に4回仕入れをスタッフにやらせて、

半自動的に収益が上がる仕組みを作ってこれです。

 

仕入れた商品が売れるまでには若干ラグがあるものの、

このペースで続けていけば問題なく月利100万程度なら達成できることがわかりました。

 

せどりで月収100万を稼ぐために必要なもの

 

僕自身の経験から、せどりで月利100万を稼ぐためにやることは、

週に5回以上仕入れに行くこと、

納品スタッフを一人以上、出来れば二人以上雇うことです。

 

月収100万というのは専業でやっていける一つのレベルで、

ここでは副業ではなく、専業としてガチでやっていくことを前提に書いています。

 

専業でやるということは自分の持つ時間の100%をせどりに割けるということなので

土日祝日以外の全てをせどりに投じて、

朝から晩まで仕入れを続けます。

 

社員を雇う場合は、最低一人、

出来れば二人以上仕入れスタッフが雇えると有利です。

 

そして出品ですが、これは自分たちでやるのではなく、

出品だけを担当するスタッフを雇って下さい。

 

そうすることで自分たちは仕入れだけをやれば良くなりますし、

出品にかかる時間を大幅に削減することが出来ます。

 

僕がメルマガに登録している人にだけ教えている企画では

この人の雇い方や教育の仕方も教えているので

せどりの組織化で月収100万以上稼ぎたい人は登録しておいて下さい。

 

月利100万に必要な資金って?

 

月収100万をせどりのみで稼ぐなら

300万から500万程度あれば

問題なく月収100万を達成できると思います。

 

ただしこれはジャンル固定をせずに中古も新品もやった場合の話です。

 

ジャンル固定や新品のみのせどりをしている場合はこれの2倍から3倍ぐらいの資金が必要になるでしょう。

 

資金は本質ではありませんが、やはり最初から数百万単位で使えると

大きなスケールで物事を見ていくことができるので有利です。

 

起業段階の資金として1000万程度が一つの目安と言われますが、

せどりの場合はその半分から3分の1ぐらいあれば

問題なく年収1000万程度で良ければ持続的に稼いでいけると言っていいでしょう。

 

せどりで年収1000万を稼ぐためのマインドセット

 

現在でこそせどりで月利100万ぐらい普通に行くだなーと思える僕ですが、

最初からこんな風に思考できたわけではありません。

 

塾にも色々入りましたし、仕入れツアーも何回も参加しています。

 

そしてそこで学んだことを自分のコンサル生や、和佐大輔さんと一緒に運営をしてるライスワークラボでアウトプットし、

チームで実証することでデータを超高速で集めて、ここまで進化してきたのです。

 

これからせどりで年収1000万目指す人は、

僕と同じように自己成長に投資を惜しんではいけないと思うし、

最短コースで行くならマンツーマンで教えてくれるコンサルに申し込むといいと思います。

 

月利100万を稼げるスキルが300万とか500万だったとして

トータルで年収1000万を持続的に稼げるなら安いと思います。

 

残念なことにネットの世界では本当に実力がある人は

そもそも情報発信をせずに自分たちだけで実践をしてしまいますが、

僕はそういう状況が嫌だと心の底から思っているので

教える活動に力を入れています。

 

せどりの情報発信で失敗する人の特徴

 

情報発信で稼げる人は、大きな実績がある人か、教えるのが上手な人です。

これ以外の人は稼げません。

そして後発ほど不利です。

 

誰も言わないので私が真実をあなたに伝えます。

今から参入してもライバルもたくさんいる、先行者の実力も高い。

 

すごくわかりやすい話が、私よりも教えるのが上手で、私よりも洗練された仕組みを提案できるのか?

ここを考えればリワードなど皆無であることがよくわかると思います。

 

別に私は自分が稼げなくなるとか、ライバルを増やしたくないからこんな事を言っているのではありません。

実際に無理だし、時間の無駄に終わる可能性が大きいのでやるべきではないと思ってる。

 

これを読んでくれてる殆どの凡人以下の人は転売(せどり)で30万〜100万をコンスタントに稼ぐプレイヤーをやっている方が良いです。

そのほうが長く稼げますし、稼げるまでの期間も短いです。

 

しかしセンスがある、教えるのがうまい、先駆者が考えつかなかった仕組みを提案できる。

こういった自信があるなら参入してきて下さい。

 

情報発信を推薦する理由

 

前述の通り情報発信には再現性がありません。

良い教材もないので、情報商材買ったり塾に入ってもまず稼げるようにならないです。

 

一瞬小銭を稼ぐぐらいは出来るかもしれませんが、私のように何年間にも渡り右肩上がり、ド安定で稼ぐ仕組みを作れる人は本当に一握りです。

 

情報起業家の寿命は平均して2年〜3年以下と言われます。

私自身見ていて、発信が止まっているかつての仲間たち。

ドメインそのものが消失しているかつての同士を見てそのように思う。

 

私だけが生き残り、一線でハイレベルな発信をし続けて支持を得られている。

他の人はジャンル固定、糞つまんねーメルマガ書いて飽きられて終わり。

あるいは賞味期限の手法売り逃げして数億円単位を荒稼ぎして勝ち逃げ。

 

こういう人しかいません。

 

これを読むあなたも例外なく「儲かるから発信」という言葉に踊らされて、発信活動を考えているのだと思います。

 

そして当たり前の話をしますが、そういう薄っぺらい人に誰も共感しないし、ついていこうと思わないです。

 

実際あなたのブログにアクセス集まってますか?動画で反応取れてます?SNSのフォロワーは数万単位で付いてますか?

 

どれも満たしてないと思います。

私は全て満たしてます。

 

全部右肩上がりで日々反応がどんどん取れるようになっています。

 

そして転売の話しかしない(出来ない)薄っぺらい人間だと思われたくないので、幅広く色んなテーマでお話をさせてもらってます。

だから私が仮想通貨やろうよと提案してもついてきてもらえますし、国内転売から貿易業にシフトした時も、きちんとお客サンがついてきてくれました。

 

私は成長に100%コミットしているので、賞味期限切れの手法を売り逃げする必要もない。

日々私の所には新しいノウハウが入り続けて、それを吟味して、無駄を削ぎ落とす作業をやっている。

 

検証した結果コスパが悪いと判断したら有料の情報でも私はガンガン捨てます。

実際私は数百万単位でコンテンツの開発と制作をしていますが、その大半は捨てられていく情報と時間への投資です。

 

今から後発で入ろうとする人が私以上に研究開発に投資をして、実験と検証を私以上に深められるでしょうか?

 

奢った言い方ですが、勝ち目ないですよ。

 

私には資金がある。

いくらでも研究開発にお金を入れていける。

 

あなたにはお金がない。

カネに困ってるから賞味期限切れの手法を売り逃げして小銭稼ぎしたい。

 

わかりますか?

スタンスが違うんですよ。

目指す所、思想、お客さんとの向き合い方、スキームの洗練さ。

そのどれもが比較にならない。

 

だから今から発信やって稼ごうとか考えないことです。

無理だから。

 

発信を教えてる人のブログを見た結果www

 

巷には情報発信を教える塾があるみたいで、その塾長さんのブログを見ました。

 

例えばこれは布施さんの師匠さんのブログ。

 

中野せどり

 

月単位で数百のアクセスしか取れてない。

私のブログの1日のアクセス数以下しか反応が取れてないんですよ。

 

こういう人から習って発信力が身につくと思いますか?

 

せどりやりたい人にせどりのやり方を教える。

そりゃ布施さんぐらい実績があればいけると思いますよ?

 

けどあなたには数百万単位の粗利、数千万単位の月商はないですよね?

じゃあ無理じゃん。

 

そしてRTLのような塾に入っても稼げないです。

無料レポートでしか集客する方法学べないから。

 

せどりやりたい情弱に粗悪な教材を売るスキルは身につきますが、自分で集客して教育して販売するスキルは身につかないです。

 

実際そうなってますよね。

あんなの自由でも何でもないです。

お仲間同士で馴れ合いを死ぬまで一生続けないと稼げないですから。

 

こんな感じで発信を教えてる人の実力もカスレベルですし、それを学んだ人が再現性皆無の空論を教えているというのが業界の実態です。

 

私は心の底から発信で稼げる人は1割すらいないと信じているので、あなたには勧めません。

 

私だから稼げているのであって、あなたには無理。

断固としてこのように考えるので、嘘をつかず正直に伝えます。

 

発信は魅力的だし、チャレンジしたい気持ちは理解します。

 

しかしあなたが発信で安定的な仕組みを作れるかというとそれは全く別の話。

 

私はリワードの低い宝くじみたいな博打をやるよりも、もっと現実的にバカでも稼げるリワードの高い転売(せどり)でしっかり稼げるようになる方を強くあなたにおすすめします。

 

情報発信の具体的な作業手順

 

いつかは自分で情報を発信してお金を稼いでみたい。

そんな風に考えてる人は少なくないと思います。

 

情報発信ビジネスは数あるビジネスの中で最も安定的に大きく稼げるポテンシャルを持っているビジネスです。

一度仕組みが出来上がると自動的に収益が発生するようになり、作業量に依存しなくても稼げるようになります。

 

しかしながら再現性が他のビジネスに比べて著しく低い、いや皆無だと言うことを覚えておくべきでしょう。

今回は情報発信をビジネスとして取り組みたい方に具体的な手順を示していきます。

 

今から情報発信をやるなら…

 

何を目的とするかにもよりますが、メルマガとSNSの2つは必須です。

この2つを使わずに後発の人間が今から参入をして結果を出すことは不可能でしょう。

 

ブログから入る人もいると思いますが、今は文字は読まれません。

そしてSEOは後発が勝つことは専門性が高くない限り不可能なので、非常に難しい。

 

ブログを作ってはみたものの、更新が止まったり、記事を書けずに挫折をしてしまう人が大半でしょう。

なのでSNSを使い、少ない文字数で的確に情報を伝えていくスタンスで入っていくことをおすすめします。

 

SNSが優れている点は広告との親和性が高いことです。

現在は検索エンジンを全く使わないという人もいて、何か知りたいことがあればSNSで調べるというのが一般的になってきてます。

 

便利なツールを探すためにAPPストアを見る。

料理の作り方を調べるためにYouTubeにアクセスする。

電車の遅延情報を知るためにTwitterを使う。

 

こういう使い方が一般的になってきてます。

 

それまでは情報の調べ方は検索エンジンにアクセスをしてキーワードを入れるというものでした。

これは高度な情報や物事を掘り下げる際には現在でも必須な作業ですが、大半の人にとってそこまでマニアックな情報を掘り下げる必要はないのでSNSを使います。

 

ですからこれから発信をするならSNSを使って参入をすることをおすすめします。

 

次にメルマガですが見込み客の名前とメールアドレスを取得して、こちらから提案を出来るように関係性を作っていきます。

SNSなどで知らない人からいきなりコメントが来るとびっくりすると思いますが、なぜそのような事が起きるかというと信頼関係が構築されてないからです。

 

私のSNSにもたまに頭のおかしい人から変な反応が来ますが、全てシカトです。

なんであんたの雑魚い質問にいちいち答えなきゃならないのって感じ。

 

でもこれがメルマガをずっと読んでくれてる人からのメッセージだったら何かしらの形で応えてあげたいなってなります。

これが関係性が成せる技です。

 

相手に何かお願いをする際にいきなりコピペした文章を無差別に送る人がいますが、意味がないです。

私の所にも、教材を紹介してくれ、無料レポート紹介してくれなど会ったことも見たこともない人からメールが頻繁に来ます。

そしてフルシカトされて終了です。

そりゃそうでしょ。私にメリットが皆無だもの。

 

具体的な作業手順

 

その1:LPの作成

 

メルマガを開始するためにはランディングページというメルマガ登録専用のページを用意します。

これは自分で作ることも出来ますし、デザイナーの人に任せることも出来ます。

 

このLPの出来の良さで登録率が変動するので、常にLPは改善していかないといけません。

私はスキルがないのでデザイナーさんにLP制作をお願いしております。

 

LPを作る際のコツはWordPressで作ることです。

WordPressを使って作ることで簡単な手直しであれば自分でも修正できる。

全てをゼロベースで作るのは難しいので、便利なツールを使うのがポイントです。

 

具体的にはランディングページ制作に特化したテンプレートが販売されているので、そういったものを使って作成をしていきます。

 

カラフルを使って成約率の高いLP(ランディングページ)を作る方法
どうも、細野です。 ランディングページというものはアフィリエイトやコンテンツビジネスをしていく上で欠かせないものです。 お客様との最初の関係性を構築するメルマガ登録ページ。 商品やサービスの販売を行うページ、会社の...

 

その2:コンテンツの作成

 

主にYouTubeにあなたが見込み客に提供できるコンテンツをアップロードしていきます。

編集が出来る方は編集をすると反応を取りやすくなります。

 

私は編集技術を取得する気がないので、内容で勝負してやろうと思って中身が濃い話をガンガンアップしています。

ただこれは私だから出来るのであって、皆さんには難しいと思います。

 

なのでまずは出来る所からやっていくしかないです。

最初は反応も全然取れないと思いますけど、それでも1000本、2000本と動画を作っていく間に話すのも上手になり動画を作ることに抵抗がなくなっていきます。

 

販売する商品やサービスが固定されている人であれば、自分の担当する分野に関する専門性が高い情報をアウトプットしましょう。

私は販売するサービスや商品を固定化していないので色んなテーマごっちゃ混ぜです。

組み合わせを大量に行うことで比較されなくなるというメリットがあります。

テーマを固定化することで比較をされやすくなりますが、反応は取りやすくなります。

 

世の中の発信の大半はテーマが固定化されたものばかりなので、この逆を行くことで目立つことが出来ます。

ですがそれが出来るのは私のような限られたごく一部の人間です。

殆どの人にとって発信をやる理由は収益化であり、そこに使命感やビジョン、メッセージというものが皆無です。

 

従ってそういう人の発信は薄っぺらいですし、お客さんも内容がしょぼい発信を見抜くので反応が取れない。

こうして発信で結果を出せずにたくさんの人が消えていくわけです。

 

コンテンツの作成はどんな人にでも出来ることです。

毎日使っているiPhoneの使用方法を解説するだけでも立派なコンテンツになるわけですから。

これは誰でも出来ることですね。

でも殆どの人はやらないし、やっても続けることが出来ずに辞めていくわけです。

 

その3:集めたアクセスをリストに転換

 

SNSで発信を開始するとアクセスが集まってくるのでファンになってくれた人にメルマガ登録をして貰います。

そして最初の間は手動でメールを送って相手から反応を取っていきましょう。

 

反応を取る方法は何でも良いです。

プレゼントを用意して感想を書いてもらってもいいですし、無料でスカイプしてもいいと思います。

 

初期段階で大事なことは収益化を急がないということ。

ゆっくりすぎるぐらいのスピードで収益化はやっていきます。

 

あなたが道を歩いていていきなり売り込みかけられたらうざいですよね?

それと同じことを自分もやるなってことです。

 

事実このサイトでは売り込みページというものは存在せず、私のメルマガに登録した人にだけ商品やサービスの決済案内ページが配信される仕組みになっています。

一般的なビジネスサイトだとサイドバーに情報商材のバナーがずら~っと並んでいて、そこで一見さん相手に買ってもらうという戦法を取っています。

しかし私はそれは意味ないですし、一見さんを獲得するつもりもないのでやりません。

 

大衆の逆を行く。

発信活動を実践する上で非常に重要な考え方がこれです。

他の人と同じことをやっても埋もれてしまうので、あえて逆のポジションを取る。

そうすることで後発でも認知をしてもらうことが出来ます。

 

その4:お客さんの問題を解決する商品を作る

 

リストが集まってきたらお客さんの問題を解決する商品の企画を練ります。

 

私であれば

 

教材を買っても内容が古くなり使えなくなる

内容のショボさに対して価格が高すぎる

わかりにくい

結果が出るまで時間がかかる

 

こういった問題意識を持っていたので、これを解決する商品を作りました。

 

参入をした時点であなたには既存の商品にない問題を解決できるアイディアが何かしらあるはずです。

なのでそれを形にして同じ問題を共有する人に提供をすれば当たり前に売れていきます。

 

その5:購買してくれたお客さんと同じ方向を見て活動をする

 

情報発信で消えていく人が多い理由の一つに、売ったらそれで終わりというスタンスの人が非常に多いことがあります。

売るまでは頑張るけど、売れた後は適当。

こういう人が非常に多いです。

 

発信の世界では教える気はないが需要があるテーマに関して話せるので発信をして収益化している人間と、相手にしっかりと教えて変わってもらうことを目的として活動している人間がいます。

 

前者に捕まると結果は出ません。

そりゃそうだよね、教える気なんて元々ないんだから。

 

後者を見つけることが出来て、その人との相性が良いと結果を出せるようになります。

 

学校に通っていた時も相性のいい先生と悪い先生っていたと思います。

自分と相性のいい先生を見つけることが出来た時は結果を出せたはずです。

 

同じことを発信活動でも目指しましょう。

 

そして頑張ってくれてる人に報いることが出来るように、日々コンテツの見直しや改善を行っていきましょう。

私が見ていて改善や再構築がしっかりと出来てる人がこの業界は少なすぎます。

 

テクニック偏重で泥臭い作業を嫌がる人が非常に多い。

そしてそういう人で大きく稼いでる人を私は見たことがないです。

 

私が10年以上に渡り自分でビジネスをやって結果を出せるのは、非常に地道で泥臭い作業を愚直に実行ができるからです。

人に話すためには自分が実践して理解しないといけないので、やりたくないなと思うことでも私はやります。

そして徹底的に掘り下げて結果を出したことを提案するので、相手は私の言葉に耳を傾けて実行してくれます。

その結果相手も相手が望む結果を手に入れることが出来るので、私に対する信頼性が高まっていきます。

 

そういう人が何人も私にはいるので、私は支持をされる(消えない)というわけです。

もちろんアンチみたいな人もいますが、私の言ってることが理解できない人間は人生の敗者なので気にしていません。

成長が停まって何も成し遂げずに死んでいくおっさんとか、斜に構えちゃってる糞ガキですからね。

そんな人間はさっさと淘汰されて土に還ればよろしい。

 

情報発信を始めるタイミングについて

 

僕が思うに情報発信を始められる最低ラインは、副業であれば月収30万を3ヶ月以上連続で達成したタイミング、専業であれば月収50万以上を3ヶ月連続。

 

これが僕が考える基準ですね。

 

単月であればこういった数字を越えていくひとはいますが、継続となると一気に減ります。

 

一瞬稼げただけの人から習っても実力としては弱いので、最低ラインとして3ヶ月というのは外せないと考えています。

 

3ヶ月ぐらい継続してこの数字を出せれば、ある程度実力があると判断していいと思います。

 

情報発信をするときにネックになる壁

 

情報発信をする時にネックになるのは、文章が書けなかったり、動画を作れないというハードルです。

 

これは数をこなしていくことでしか出来るようにならないので、継続しろとしか言いようがない。

 

SNS集客をしながら手動でコンサルを売っていけば結果が出るまでの速度も早いと思いますが、メルマガを発行してリストを必ず取りましょう。

 

そのためにLPは必須です。

これはデザイナーさんに外注して作れば良いです。

自分で作る場合はLPを作れるシステムが売っているので、そういったものを買いましょう。

(自分でLP作るのは難しいのでおすすめしません)

 

手動から自動化への持って行き方

 

最初の間は手動で教える塾やコンサルを売っていれば良いですが、教えることに慣れてきたらコンテンツ化してそれをステップメールで売りましょう。

 

これは自分だけで作ってもいいし、すでに仕組みとして完成しているものをアフィリエイトして提供しても良いです。

 

僕が情報発信を提案しようと思った背景は実はここにあります。

 

自分の通信講座をアフィリエイトしてもらって、稼いでもらうことで一緒にビジネスを大きくしていくことが出来る。

 

恐らくゼロベースの段階で情報発信を始めた時に、コンテンツを作ることはかなり難しいのではないかと思います。

 

なので実践記や、今自分が語れる事をアウトプットしつつ、そこに共感してくれる人を集めていくという流れがおすすめです。

 

自分だけが語れることを増やしていくというのがおすすめですよ。

 

コンテンツ販売を自動化するコツとしては、ステップメールを使います。

 

これは書く順番というのがあるので、添削をしてもらいながら書きなおしていくことで一定のレベルに誰でも達します。

 

僕はずっとこれを自分流でやっていたんですけど、すげー遠回りしでした。

成約を取ることが目的であれば立証されているテンプレを使い、そこに自分の個性を混ぜていくというやり方が良いです。

 

せどりも情報発信も我流でやるのではなく、基軸となる考え方を持ったほうが良いです。

 

これだけノウハウもインフラも充実しているんだから便利なものは使って行ったほうが賢明です。

 

プレイヤーを引退するタイミングと情報発信を組み合わせる理由

 

せどりをこれから先もずっと続けていくという人は少ないと思います。

 

特に僕の読者さんには長くやっても3年だぞと言ってあるので、期間を意識して頑張ってくれてる人も少なくないはず。

 

プレイヤーとして取り組む期間としてはこの3年がひとつの目安になります。

 

そしてプレイヤーをしながら教える理由としては、表現力を磨きどんなビジネスでも結果を出せるスキルを身につけること。

加えて、資金の成長速度を加速させる事です。

 

せどりで月利100万をコンスタントに稼ごうと思ったら、かなりガッツリやっていかないと厳しいですが、情報発信をすると比較にならない労働量でこの数字は突破していきます。

 

特にコンサル売りだすとあっという間に数百万売れたりします。

これは僕自身がやってハマったのでやり過ぎに注意して下さい。

 

現在は単価を上げてうまくバランス出来るようになりましたが、半年30万ですとかやるとガン売れしちゃうんで、売りすぎてサポートできないという状態にならないようにうまくバランスを取りましょう。

 

教えた人が稼げないと、せどりのように再現性が高いやり方だと教えるのが下手というイメージがついてしまいます。

 

そうなると情報発信で継続的にやっていくのは難しくなります。

 

情報発信やアフィリエイトのコンサルは再現性がないので結果が出なくても怒られませんが、せどりで稼げないってなると普通に怒られますw

 

再現性がない物販なんて手間隙かかるのにやる意味全く無いですからね。

 

相手を巻き込むからには是が非でも結果を出せるというマインドでやっていきましょう。

 

SEO上げて、無料レポート作って、頭の悪い人にゴミみたいな商品を売る。

そんなありきたりな情報発信にずっと吐き気がしておりました。

 

ただSNSがSEOを追い抜き始め、今後主流になるのは間違いないと確証が持てるに連れ、SNSで集客してDRMで回すというモデルを提案してもいいかなと思えるようになりました。

 

またコンテンツが作れない人に関してもJVというスキームがあり、自分自身がコンテンツホルダーとして質の高いコンテンツを作れるようになったので、ここを活かしてもらうかなと。

 

今後コンテンツはまだまだ増えていきますから、皆さんが紹介出来る商品は増えていきますよ。

お互い切磋琢磨しつつどんどん次のステージへと進んでいきましょう。

 

私にもできますか? → お前には無理だよ

 

ここまで書いてきて、発信って結構大変だなーと感じた方もいらっしゃると思います。

 

私は素人が発信をやることをおすすめしません。

間違っても副業レベルで片手間でやることではないです。

 

片手間で稼げる副業は物販やアフィリエイトぐらいです。

発信を片手間でやっても小銭稼ぎがいい所でしょう。

 

結果が出るまでに時間もかかりますし、それまでに殆どの人は諦めます。

 

稼ぐだけならもっと簡単な方法がいくらでもあるので、発信を考えているのであればなぜ自分がやるのか?発信をして何をしていきたいのかをしっかりと考えましょう。

 

そこを考えずに始めるからどこかで見たようなメッセージ、他の人と同じような運営スタンスになってしまうのです。

 

絶対に失敗しない発信スタイル

 

せどりで稼げるようになると次に情報発信を…と考える人に「お前には無理だからやるな」と一貫して伝えています。

 

このように言うといつも( ゚д゚)ポカーンとされるのですが、煽りではなく心からこのように思っています。

情報発信でせどり以上に安定的に稼げる人など1%もいない。

そもそも君の実力と表現力や哲学には誰も惹かれないし、巻き込まれない。

殺す気、殺される気で物事に立ち向かえない人間に情報発信は適さない。

 

だからこそある程度他人行儀でも成功できるサイトアフィリエイトを勧めてきました。

物販が嫌ではない人はオールジャンルxBtoBを発展させて事業として大きく稼ぐことを提案してきました。

 

今回はこの大前提条件を踏まえた上で、情報発信をやりたい1%の選ばれた民に向けて、何をしていけばいいかという事を具体的に語っていきます。

1%の人に向けて書いているんで、実践できない、難しいという批判は受け付けないのでよろしくです。

 

情報発信が出来る条件を確認

 

この業界で失敗していく人のパターンを分析すると、何をやってはいけないかが浮き彫りになります。

 

皆何をするべきかというHow toの部分ばかり見ますが、それよりも何をやってはいけないかを見たほうが簡単なのです。

やりたい事がわからない時にやりたくない事を書き出せという神田さんが提案する考え方の応用ですね。

 

逆算思考というのはこのように在りたい姿から考えるのではなく、在りたくない姿から掘り下げていきます。

 

情報発信で失敗する人は、

 

-教えるのが下手

-実績がしょぼい

-人間として魅力がない(薄っぺらい)

 

この3つに集約をされます。

 

従って教える力、実績、人間的魅力を高めていけば失敗する確立を減らすことが出来ます。

ノウハウは?と思うかもしれませんが、ノウハウはいつも言うように十分すぎるぐらい整っています。

だからノウハウを追い求めないことです。

もちろんノウハウを学ぶために投資はしてもらうのですが、それを学んでも結果がでない人はゴロゴロいます。

 

ではこの3つの力をどうやって補えばいいか?について僕がやってきたことを事例に解説します。

 

教える力を身につける:無料で教えまくる

 

教える力というのは断言断定をし絶対的な安心を相手に提供することで始まります。

あなたの理論が多少偏っていたとしても断言断定をすることで相手は余計なことを考えなくて済むのでスムーズに行動が出来る様になる。

 

これの意味する所は断言断定が出来ないなら教える側に回ってはいけないということです。

リスクを取らない教育方針というのは教育指導要領で縛られた学校の教師をイメージして下さい。

毎年同じことを教えて、モンスターペアレントと最下層の子供を相手にしなければいけませんが、年功序列で給料は上がっていきます。

 

僕は自分で思考できない人間はヤマザキパン工場で働いてAIによる淘汰を待っている方が幸せだと言っていますが、教育の現場でも同じなんですね。

 

今そうなってきているように、教えるのが一番うまい人間の講義をビデオ撮影し、それをiPhoneやiPadで学習するのが当たり前の世界が到来するでしょう。

その時に子供の勉強を教える教師の価値は限りなくゼロに近づきます。

一流講師の補佐をする仕事しか彼らには与えられず、その地位から這い上がるにはステージが極めて高く、実務経験も豊富なトップ講師を打倒さなければならずとても難しい。

 

ネットビジネスの世界でも同じです。

教えるのが下手な人から習ったら結果を出しにくい、成果が出ません。

 

習う側の気持ちを考えればそんな人間が出てきたら迷惑でしかないですよね。

僕に言わせればそんなのはスパムでしかないわけで、業界からさっさと消えて欲しい。

高いプロ意識を持って相手を巻き込む強制力を発揮できる人間、死ぬ気殺す気でやれる人間だけが教育ビジネスで成功する資格があるのです。

 

じゃあそこにこれから参入して下克上しようと思うなら、まずは自分の実力を認めてもらわないといけない。

どうすればいいかと言えば、まずは無料で教えるというのをやればいいです。

 

無料で一緒に仕入れに行く、無料でパソコン操作教えてあげる、無料で輸入のリサーチを一緒にやる。

マインドがやばい人もたくさん来ると思いますが、これをやる事で大量の実戦経験、お客さんの声を集めることが出来ます。

 

僕であれば和佐大輔さんと一緒に運営をしているライスワークラボでこれをやりました。

ライスワークラボは35万円をお客さんから貰って二人の講師を選べるというシステム。(現在は変わっています)

 

4人の講師がいて、当時いたのは輸入、せどり(僕)、せどり(別の人)、PPCアフィリエイト(山田さん)という構成。

 

僕を選んでくれる人は山田さんのPPCとセットに選ぶ人が多かったので、僕の所には半年教えて15万円程度の報酬が入りました。

そして僕を選んでくれた人は全部で14人〜20人に満たない人だったと思います。

僕はそれで報酬を130万程度頂いたのですが、半年間以下のようなサポートをやった。

 

-毎月一緒に泊まり込みで仕入れ

-LINEグループを作り困っていることを24時間聞ける環境を作った

-儲かる商品が見つかったらすぐに全体でシェアをした

-クーポンをヤフオクで大量に購入してメンバーに配布

 

上から順番に解説をしていきます。

 

毎月一緒に泊まり込みで仕入れ

 

これは何かというと遠征をやりました。

僕はせどりでゼロベースで稼ぐためには稼いでる人と毎月一緒に仕入れに行かないと無理だと考えています。

一度だけでも効果はあるけど何度も行かないとマインドが変わらないですね。

 

行動習慣は3週間で変わるけど、思考習慣が変わるには半年かかる。

そして25歳を超えるとマインドは治らないので、25歳以上の人を変えるにはオフラインで何度も会って強制的に相手の自我を破壊してやらないといけない。

このように考えやってきたわけです。

 

この当時は実績がなく、お金を払ってでも実績が欲しくてほしくてしょうがなかったので、遠征にかかるホテル代、飛行機代、新幹線代は全て自分で出していました。

相手の移動費と宿泊費も自分が出そうと考えましたが、さすがにそれは大丈夫ですとお客さんが言ってくれて実費負担してもらいました。

また食費に関しても僕が頑張っているのを評価してくれて出してもらっていました。

 

ただそれでも毎回遠征をやると10万単位でお金が吹き飛ぶので、半年間で60万を超える赤字、それに対して130万の収入なので実質的にはマイナスですね。

金銭的には残っているのですが、20人近い人を半年教えて手元に残るお金が70万以下。

とてもじゃないがこれでは続けられない。

 

年収が140万という計算ですからねw

これなら自分でせどりやってるほうが遥かに儲かる。

 

おわかりでしょうか?

ここまでやらんと教える実績と教える力は見つかないのですよ。

出来ないでしょ?

 

だから半年間無休で働ける財力がないなら情報発信なんてやらないほうがいいんです。

 

LINEグループを作り困っていることを24時間聞ける環境を作った

 

現在ではLINEによる質問は受けてないのですが、当時はコンテンツを作りたかったので何に困っていて、何がわからないのかあうとぷっとしてもらってました。

また、モノレートのURLを送ってもらったりスクショしてもらって、僕がそれを見て購入の判断をするというのをやっていた。

仕入れで悩んだ時に常に僕がその判断を肩代わりすることで、安心して仕入れが出来るように配慮をしていたわけだ。

 

これは初心者の人からすると絶対的な安心があったようで、変なものを仕入れずに済んだ、僕の視点がよくわかったと好評でした。

 

当然自分が判断しているので売れなかったらお客さんに損をさせることになります。

その意味で大きな責任があるのですが、トータルでマイナスになることはせどりではありえないので大丈夫だろうと考えていました。

 

実際仕入れた商品をまとめて出して1ヶ月単位の収支がマイナスになってしまうという声はなかったので、この試みは成功したと言えます。

一人だけなかなか在庫がはけずに赤字が続いたという人がいたのですが、半年間で受講費35万円(僕の所には15万しか入らないw)を超える利益に到達できたと声を貰い、無事に回収をさせました。

 

儲かる商品が見つかったらすぐに全体でシェアをした

 

具体的な事例を大量に見せようと思い、全国チェーンで仕入れが出来る商品は見つけたらすぐにシェアをしました。

LINEのグループを作っていたので、そこでどのお店でいくらで仕入れできるかを共有していたのです。

 

全国チェーンなので北から南まで同じ値段がつくし、値札の写真を送っていたのでその画像を見せて値下げをして貰う事も出来ました。

 

この情報だけで相当な収益を僕は顧客にもたらしたのです。

 

クーポンをヤフオクで大量に購入してメンバーに配布

 

当時ブックオフのチェーンでワンデークーポンというのがあり、これを使うと10%オフで商品を買うことが出来た。

半年間で土日は24回、祝日も含めると30回近い仕入れのチャンスがあった。

 

だから30回以上ワンデークーポンを使えるようにヤフオクでアカウントを買って、そのアカウントをグループでシェアしました。

クーポンを使った時はクーポンをLINEグループでシェアしてもらい、メンバー全員がその日ブックオフで有利に仕入れられる仕組みを作りました。

 

今もそうだけど、当時はブックオフで高単価商品を仕入れる人は少なく、ブックオフだけでも鬼のように僕らは稼ぎました。

中古商品や新古商品を扱うことで天文学的な利益率が出るので、小資本の人からは大いに感謝をされました。

 

カスタマーオリエンテッド(顧客との関係性を重視した経営)という考え方

 

今まで解説してきた通り、僕がやってきた事はお客さんとの関係性を徹底的に重視した経営スタイルです。

現在では直接指導をする場面は少なくなっていますが、会いに来てくれる人にはこれに近いスタンスで教えていて、物販コンサルに関しては月利の保証というのをやっています。

 

これの意味する所は月利50万なら月利50万に到達するまで一緒に仕入れに行って面倒を見る。

月利100万なら月利100万に達するまで一緒に仕入れに行って面倒を見るという事です。

 

ただこれをやると依存心が強い人も来てしまうので、試験を儲けて借金して習おうとか、ビジネス以前のマインドがやばい人は弾くように仕組みを作っています。

また参加費を高くして貧乏人が参加できないようにしています。

バカと貧乏人の相手はしたくないのでw

 

情報発信で消える人はすぐに売ろうとして、しょぼい商品やサービスを提供して終わるんですよね。

で、相手も稼げるようにならないので実績も作れずに、次の一手を打ち出すことが出来なくなる。

 

一方で僕は顧客との関係性重視でやってきたので、お客さんが次に何をやればいいか、何に今困っているかがよくわかる。

 

例えば資金が30万作れないという人が多い、店舗に仕入れに行けない人が多いとわかった。

だからこれを補うスキームとして、無在庫転売、輸入、電脳せどりをを学べる通信講座を作った。

 

同時に最初は赤字でよかったので、これのベータ版をライスワークラボで提供して、やはり赤字で教える活動をやってノウハウとスキームを洗練させた。

 

そしてそこでの経験、得られた知見を元に自分のメルマガ読者に提供をした。

半年間の実地データが反映されて、無駄がなく恐ろしくわかりやすい通信講座に仕上がったので、参加した人は当然稼げるようになる。

それでも満足せずに、添削動画を作ったり、ノウハウを片っ端から学びまくり、コンテンツを充実させるというのをやった。

 

これにより資金がない人、在宅じゃないと嫌な人も相手が出来る様になり、全方位でお客さんの面倒を見れるようになった。

当然物販だけでも申し分ない収益を上げることが出来るので、ずっと物販をやってきたいという人は僕の通信講座だけで活動を継続することが出来る。

 

発信の基礎はDRM

 

教える活動をまずは手動でやり実績とデータを作り、それを通信講座化して自動化する。

僕が辿ってきた道のりはこのように集約することが出来ます。

 

そしてその根底となるノウハウは何かというと、ダイレクトレスポンスマーケティングというものを使っています。

 

これは見込み客を集めて、教育をして、販売をするというマーケティング手法なんだが、この世で最も合理的なビジネスモデルと言われています。

なぜかというと資本やブランドを持たない人でも大きく稼ぐことが出来るスキームだから。

 

実際このスキームを進化させ続けたことで僕には毎月100万円をコンスタントに超える自動収益が発生しています。

僕が一切作業をしなくても年収1000万以上の収益がもたらされるのです。

 

しかしこの金額に僕は満足しておらず、むしろこのレベルは達成できて当たり前、もっと高く評価されたいと考えています。

具体的には自動収入が300万以上は出ないと話しにならんと思っていて、それに向けて様々な仕組みを作り込んでいます。

 

その仕組というのも根幹には常にDRMがあり、そのDRMを超一流の人から学ぶことで実装をしました。

では超一流の人とは誰か?

 

和佐大輔さんと木坂健宣さんのネットビジネス大百科

 

せどりのバカ相手のしょぼい情報発信やってる人と昔スカイプで話した時に「和佐大輔さんって誰ですか?」と言われたことがありますw

その人は無料レポートでしか集客できない方法で情報発信をやってるクソしょっぱい人でした。

無料レポートでしか集客ができないので一生バカ相手にノウハウを売りつけて活動しないといけない。

自動化が出来ないんですね。

稼げている人でしたが、手動収入であり、DRMの恩恵を受けているとは言えない状態でした。

 

僕は情報発信をやっているのにネットビジネス大百科で勉強してない人はモグリだと思ってます。

ここで話されている事を理解してないと、前述の無料レポート集客のように手法固定をせねばならず儚いスキームしか作れない。

 

そしてDRMの真の価値である、自動化が実装できないです。

 

楽して稼ぐというのはNGと言われますが、楽をして稼ぐために頭を使うというのは健全な行動です。

DRMを超一流の人から学ぶことでこれが実現するのになぜやらないのか?

頭おかしいとしか思えない。

 

ネットビジネス大百科のレビュー

 

和佐大輔さんのDRM2015

 

ビジネス街百科は10年ぐらい前に出た教材なので事例が古かったり、今読むとイメージがしにくいという欠点がありました。

それでも本質は変わらないのでここで語られていることをやるだけなんだが、ビジネス初心者からするともっと事例が…というマインドになるんですね。

これは僕も思っていたのですごくよくわかる。

 

和佐さんがこれに応える企画として2015年にDRM2015という企画をやってくれたので、これを学ぶことで今の事例で何をすればいいかを理解できる。

例えばキーワード選定って具体的にどういう作業やるの?とか、お客さんの声ってどうやってリサーチするの?といった作業レベルの具体的な所までもを話してくれています。

 

僕は最近になりDRM2015を見たのだが、ここまで具体的に話してもらって出来ない人っているのかな…って感じました。

参加費は僕が参加した時点では3万円でした。破格だと思います。

ビジネス大百科を学んだら次にDRM2015を買うといいと思います。

 

メルマガ配信スタンド

 

情報発信をやるのであればメルマガ必須です。

そしてこれをやるためにはメルマガ配信スタンドというのを契約しないといけない。

 

僕は現在マイスピーというものを使っており、毎月1万円を払っています。

ただこの負担は初心者には厳しいと思うので、この半額程度で性能が良いワイメールがおすすめです。

 

これよりも安いものもありますが、共有サーバーというのを使っていてメールが届きにくくなるのでおすすめしません。

 

マイスピーとワイメールだけ覚えておけば月収100万まで問題なく行けます。

 

マイスピーの評判はガチ!料金は普通、マニュアルが神。到達率は要工夫
こんにちは、細野です。 ビジネスを自動化したいと思った時、必要となるのは秀逸なシステムと戦略です。 戦略に関しては別記事で解説するとして、秀逸なシステムについて今回は解説をします。 まずビジネスの自動化は、...

 

ステップメールを学ぶ

 

自動で収益を上げるにはコンテンツ販売をしてそれをステップメールで販売しないといけません。

しかしステップメールと言われても何を書けばいいかわからないですね?

 

実はステップメールには書くための型、盛り込む要素があり、それを自分のストーリーとセットにして書けば成約が取れるようになります。

 

コンテンツを販売するときにはセールスレターというのを書くのですが、セールスレターはネットビジネス大百科で解説をされているので、そこで習ったとおりにやるだけです。

もちろん最初から完璧なものなど作れませんから、作りながら提供し、提供しながら改善を繰り返す。

 

これをデータアナリティクスと言うのですが、ビジネス大百科でも解説をされています。

 

僕自身はだいぽんさんのABAという教材でステップメールを勉強しました。

この教材は僕が買った時に20万円したのですが、内容は素晴らしいです。

具体的かつ普遍的な事が解説をされています。

 

だいぽんさんはABAのスキームで毎年1億円を超える収益を自動で稼がれています。

DRMを極めた覇者と言っていいでしょう。

もはやお金のために働く必要もないので、ABAを公開して販売することにしたそうです。

かっこよすぎるwww

 

だいぽんさんのABAについて。初心者でも実践出来る?欠点は?
こんにちは、細野です。 年明けから僕のサイトにバナーが設置されたり、 ランディングページが新しい物に切り替わったことに気がついた人もいるでしょう。 今までとサイトの更新や運営スタンスが変わったので 誰かのコンサルでも受けてる...

 

自分が発信をする業界の教材全て

 

情報発信をする上で不可欠だと思うのが、自分が属している業界の有名な教材には全て目を通すということです。

infotopでランクインするような教材は当たり前に全て購入するのが大前提です。

 

それをやる事で今何が引きがあり、どんなスキームが最先端なのかを理解できます。

当然勉強した事は自分の発信、教える活動で使えるのです。

 

オールジャンルで最先端のノウハウを取り入れて提供することで自分のお客さんはどんどん稼げるようになります。

お客さんを稼がせれば稼がせるほど自分の名誉も高まり、さらに稼げるようになっていくのです。

 

客を稼がせればいい。

ものすごくシンプルですね?

情報発信でやらなきゃいけない事ってただこれだけです。

 

稼がせるサービスを提供しないのであれば、顧客が圧倒的に得をする、顧客の問題を解決してあげて下さい。

 

受験を教えるなら東大に合格させる。

語学を教えるならTOEICで900点取らせる。

 

考え方は全く同じです。

出来ないなら発信の世界に来ないで下さい。

 

生涯読書数最低100冊

 

古典的名著を中心に100冊ぐらいの本は読み、その論点をスラスラ話せる知性と教養を身に着けましょう。

これは当たり前に偏差値60を超える大学を卒業していれば身についているスキルです。

 

なぜかと言えば卒業論文を書くためにこのレベルの作業をどんな人でもやるからです。

もしこういった作業をやらずに卒業できてしまったならそれは二流以下の大学だと思うので、自分で教養を底上げしなければならない。

 

最初は本を読むスピードも遅いと思うので、新聞や新書から入るのがいいと思います。

新書は200ページ前後の構成なので集中して読めば2時間〜3時間で読み終わります。

 

そしてそれを週に5冊ぐらい読むのです。

そうすれば月に20冊読めるので、半年で100冊が読破できて、人に話すネタが大量に集まります。

 

頭の悪い人から習いたくないので、最低限の教養を身につける努力をしようよってことです。

本を読むことで読みやすい文章、日本語が理解できるので、メルマガも書けるようになるというメリットがあります。

 

また読書感想をブログや動画を作ってアップしていけば、それが集客コンテンツにもなります。

このようにアウトプットを前提としたインプットをやることで成長は加速をします。

 

自己投資を繰り返し月収100万を超えるまでに役立った本やセミナー
こんにちは、細野です。 2015年よりブログとYou Tubeに力を入れ始めました。 現在では月収が100万を切らなくなって久しいですが、ここまでの道のりはとても長いものでした。 それまでの僕は手動でしか稼...

 

教える側としてどれぐらいの実績があればいいのか?

 

教える側に来る基準としてどれぐらい稼げていれば実力充分なのかという話なのですが、

 

-副業なら月利30万以上を3ヶ月以上維持

-専業なら月利50万以上を半年以上維持

 

これぐらいが最低の基準になると思います。

 

物販だと月商を上げて売上を高くする事が簡単に出来てしまうので、利益ベースでいくら稼いでるかが実力になります。

また年末だけ稼げましたみたいのは駄目です。実力としてカウントされません。

 

なんでもない時期に稼げる事、それが一定期間持続できる事。

この状態で実力として認められます。

 

もしこの状態にすら達してないのであればまだビジネス以前の状態なので、物販を頑張りましょうという事です。

稼げてない人から習っても稼げるようになりませんので。

 

物販で30万すら稼げないってちょっとありえないというか、そんなんでよく人に教えようと思うよなーって。

意外と多いんですよね。

10万とか20万稼げたぐらいでドヤ顔して発信の世界に来る人。

すぐに稼げなくなって消えるからいいんですけど、そういうしょっぱい人に習うお客さんがかわいそうです。

 

転売やせどりの情報発信を学ぶコンサルなんて最悪

 

転売せどりの情報発信を実践するためのコンサルや塾を受けるのは最悪の選択です。

そもそもその人達は満足に集客出来てないですし、せどりや転売の話しか出来ない人です。

 

そんな人から学んでも集客は出来るように成りませんし、一発屋で終わるのは明確。

発信活動は使命感を持ってやるものなので、お金目的でやろうと考えているのなら、絶対に避けたほうがいいです。

そうやって消えていく人を何百人と僕は見てきました。

 

まとめ

 

以上が情報発信で持続的に自動的に稼ぐための全てです。

ここまで読んでくれてわかったと思いますが無理ですよね。

 

悪いことは言わないので発信の世界に来ようなどと思わない事です。

こんなリスクと犠牲を払わなくても、もっと簡単に稼げる方法はいくらでもあります。

 

稼げるから情報発信をやろうとするというマインドは大概コケるのでやめたほうがいいです。

 

お金のために発信やってますって人を応援したいですか?

ちょっと冷静になって考えればわかる事が理解できない人がこの業界は多すぎる。

 

そうやって賞味期限切れの手法を売りつけて消えていくのです。

それは僕からしたら自業自得だよね…と思うのですが、これを読んでいるあなたにはそうなって欲しくないので真実を語りました。

まっとうに価値提供が出来る優秀な発信者が増えることを願います。

 

僕のコミュニティでは実践をして結果を出せるようになった人が、後輩に教えて成果報酬型で稼ぐシステムを取り入れています。

自分で集客や販売をしなくていい代わりに、口先だけでは報酬が得られない(詐欺が出来ない)仕組みにすることで、習う側と教える側をフェアな関係で結んでいるのです。

厳しいけどやりがいのある、対等な講師システムに興味がある方は、メルマガ登録後案内が来る企画に参加下さい。

 

その企画で結果を出すことで、僕が運営するコミュニティで講師をする権利を得ることが出来ます。