一人暮らしでコストコ使いは微妙!もっといい店を教える

コストコ一人暮らしコストコ
この記事は約16分で読めます。

こんにちは、細野です。

 

今日は一人暮らしの人が会員制スーパーコストコを使いこなすために

どうやっていけばいいか僕の実践例を語りたいと思います。

 

コストコに入会するには会費と言うのを払わないといけません。

 

個人であれば4000円、法人であれば3500円を支払うことで

1年間コストコで買物をする権利を得ることが出来ます。

 

安いか高いかわからないものに4000円払うのは嫌って思うかもしれませんが、

この入会金は満足できなければ返金をしてくれる保証がついています。

 

なのでちょとでも使ってみようかなと思ったら

まず入会してみて、本当に使うのか使わないのか、

特をするのかしないのを判別していけばいいと思います。

 

この記事では僕自身の体験を踏まえて、一人暮らしや世帯数が少ない家庭の方がコストコに入会する価値があるのか?を考察していきます。

これからコストコの会員になろうか悩んでいる方や、活用方法が見いだせてない方の参考になれば幸いです。

コストコに入ってもいい人と入らない方がいい人

このパートでは一人暮らしをしている人の中で、どんな人がコストコに向いていて、どんな人は向いてないのかを解説していきます。

自宅の近くにコストコがある人(20分圏内)

コストコに入会する基準として、まず自宅の近くにコストコがあるのか?

 

これが一つの基準となると思います。

近くの基準とはどれぐらいか?ですが、20分以内で倉庫までアクセスできる環境です。

 

いくら安いとは言っても、近くになければ通うのが大変ですからね。

 

理想としては車や電車で20分以内の場所に住んでいて、

月に2回以上は利用する事で

明確なお得感が感じられると思います。

 

そして家族がいて大量の食料を買いだす必要があり、

品質を維持しながら食費を安くしたいと考えている人。

 

コストコでは大量買い、まとめ買いが基本なので

大家族であれば家族であるほど

お得感を感じることが出来ます。

 

肉や魚を例にとっても

一人で食べきるのは難しい量がパックされて売られているので

家族で利用することでその恩恵をうけることが出来るんですね。

 

じゃあ一人で暮らしている人はどうやってコストコを活用していけばいいかって話なんですが、

これは僕自信の活用法をシェアすることで参考にしてもらえると思います。

車を持っている人、カーシェアリングを利用できる人

僕はコストコに月に1回程度通うという使い方をしていて、

購入する商品は主に消耗品です。

 

車のタイヤやワイパー、トイレットペーパー、ティッシュ、

洗剤、タオル、文具、ミネラルウォーターなど

普段生活や仕事をする上で使い続けるものをコストコで買っています。

 

トイレットペーパーは一度購入すると

一人暮らしだと1年ぐらいは余裕で持つ量が手に入ります。

 

ドラッグストアで売っているものよりもさらに量が多く

1個あたりの負担が低い価格設定になっているんですね。

 

コストコに通う時は荷物あ多くなることが多いので、

マイバッグ持参、車を使って来店をしています。

 

コストコの商品はかさばるものが多いので

電車で通うと持ち帰りが大変です。

 

なんで車で通うことで物量を確保し、

快適に自宅まで持ち帰ることが出来ます。

 

バーベキューをやる時や、別荘に1週間程度泊まりに行く時も

コストコで食品を買い出ししておくことで

必要な物を一気に揃えることが出来ます。

 

大量買い出来るお店として、肉のハナマサや業務スーパーというのがありますが、

肉のハナマサや業務スーパーは品質よりも量を優先しているのに対し、

コストコでは肉も国産牛がありますし、味もおいしいものが揃っています。

 

一人暮らしをしている人も、不定期でまとまった量の買い物が必要になることがあると思うので

そういった時にコストコを使うことで

費用を安くして品質を維持することが出来るようになります。

 

車を持ってない人でもカーシェアリングを利用したり、友達と行く日を打ち合わせておき、まとめ買いが出来る方はコストコに向いていると言えるでしょう。

会社経営をしている方、購買担当の方

シェアハウスに経営していたり、会社としてコストコで売っている商品がコンスタントに必要になる方は、コストコを使う恩恵を感じられるはずです。

この手の方は普段は一人暮らしであっても、お仕事で一定の品質の商品を大量に必要とするため、コストコを利用するメリットが活きてきます。

オネストビーの対応エリア

コストコで買い物代行をしてくれるオネストビーに対応しているエリアに住んでいる方は、会員になることなくコストコで買い物をする事が出来ます。

 

コストコが必要になるのってホームパーティーや接待など、イベントの時だけという人って少なくないと思います。(僕がそうなので)

 

年に数回しか利用しないのに会員になるのはもったないので、多少手数料を払ってでも都度利用が出来る買い物代行を利用するのは、コストコと上手に付き合う上で有効なやり方です。

僕はこんな使い方をしています

僕の買い物パターンとしてはコストコに行って、コストコでしか売ってないものを買い揃えたら、

その足でIKEAに行ったり、ショッピングモールに行くことが多いです。

 

季節ごとに必要なものや、服などは

複数回に分けて買うのではなく

まとめて揃えてしまいます。

 

そして新しい物が入ってきたら

使ってないものは整理をし、処分をしていきます。

 

こうすることで物を増やしても家の中には

普段から使うものだけがストックされ

無駄に圧迫をされません。

 

生活消耗品としてはIKEAもおすすめで、

スリッパや掃除用具を特に愛用しています。

 

コストコやIKEAに通うようになると

ホームセンターが高く感じるようになりますw

 

普段はコストコもIKEAもそこまで近場でないので

日常使いはイオンが多いですが、

もっと近い場所に済んでいたら週に3回とか4回ぐらいは通っていると思います。

 

若干脂っこいですが、コストコに併設されているフードコートもおすすめです。

 

これは土日だと混雑していてまずまず入れないのですが、

平日であれば座って食べる余裕もあります。

 

ホットドッグやピザ、クラムチャウダーがお気に入りで

よく注文します。

 

ピザはおいしいけど、若干脂っこい印象を受けます。

 

イタリアのピザとアメリカのピザは違うと言われますが、

僕的にはピザはイタリア風の薄記事かつさくっと仕上がっているものが好きです。

 

デリバリー系だとピザーラがお気に入りで

これはお客さんが僕の家に来てくれる時によく利用をします。

 

フードコートはIKEAにもありますが、

IKEAがオーガニックフード、北欧の味付けなのに対して、

コストコはアメリカンジャンクフードですw

 

最近はIKEAのフードコートのほうが僕的には食べやすいなーと感じていますが、

はじめてコストコに来店した時にドリンクバー付きで150円のホットドッグを見て衝撃を受けたのを覚えていますw

 

ここまで安いとおやつ代わりに食べたくなるんですよねー。

 

最近は炭水化物を減らしているので、食べなくなりましたけど、

好きな人には本当にハマると思います。

 

マクドナルドよりもさらに本格な本場のジャンクフードを楽しみたいなら

コストコのフードコートです。

 

量も多く、たくさん食べたいという人ももおすすめです。

 

僕はせどりという転売技術を教える活動をやっているんですけど、

お客さんと仕入れのついでにコストコに行って

フードコートで一緒にピザを一緒によく食べました。

 

そしてお客さんがピザが油っこすぎて気持ち悪くなり

それを残すということが多発をして

「これって脂っこいんやな」と気がつくようになったんですよね。

 

最初の一口、二口はおいしいけど、

半分ぐらい食べると飽きてくるというw

契約更新を見送りました:僕がコストコ通いを辞めたワケ

2013年頃より長らく愛用してきた会員制スーパーのコストコ。

生活消耗品をまとめ買いしたり、せどり(転売)で使ったりと、公私に渡り活用をしていきました。

お金儲け視点で考えれば、コストコというのは非常に良い狩場です。

 

今まで倉庫でライバルに出会ったことは一度もありませんし、有料会員にならないと入れないというハードルが、参入障壁となり稼ぎやすい狩場になっています。

 

今後もお客さんにはコストコを中心とする会員制倉庫の提案を続けていきますが、僕自身が定期的にコストコに通って買い物をするのはそろそろ卒業する。

このように決めました。

 

その背景とコストコの代わりをどうやって僕が埋めていくかを語ります。

コストコで売ってるものはあまり安くないと感じるようになった

一人暮らしでコストコを使っていくと、量が多すぎて消費が大変だったり、食料品であれば食べきれずに腐らせてしまうこともありました。

保存が効く生活消耗品(トイレットペーパーなど)は役立つものの、1年近く使い切れないので、こんなにたくさん買って本当に得しているのかな?と感じるようになりました。

 

コストコの平均購買単価は3万円と言われますが、僕自身も毎回それぐらいはお金を払っていて、色んな商品を購入してきました。

 

ただ、最近になり思うのは、今はネットの価格とコストコの価格はそれほど差がないし、わざわざ倉庫まで行く時間と手間を考えると、全然得してないのでは?と感じるようになりました。

 

僕は川崎と幕張の倉庫を使うことが多いのですが、どちらも自宅からは30分ほどかかります。

それほど遠くないし、気分転換になるので来店をしていたのですが、面倒であることに変わりはないし、そこまでして来店しても、買うものは固定されているので、あまり新鮮さを感じなくなっていました。

 

最近は自炊も程々に、水や生活消耗品といったまとめ買いするもの。

車のワイパーなど定期的に必要となるものを買うことが多かったです。

 

ただ水はアマゾンでも安く変えますし、ワイパーも個人輸入すると2000円程度で買えるので、わざわざコストコ行くのもどうなのかなって思うようになりました。

ワイパーに至っては自分の車に適合するサイズがないこともありますしね。

 

[amazonjs asin=”B00W6F2OHO” locale=”JP” title=”クリスタルガイザー 500ml×48本 並行輸入品”]

 

そしてトイレットペーパーは日本のもののほうが質がいいですし、長期保管するスペースも圧縮されるので、大家族以外は恩恵が低い。

このように感じるようになりました。

 

多少割高でも地元のホームセンターやアマゾンなどで買ってる方が保管コストや時間の観点からはいいと思うようになったのです。

 

最近は 時間 > お金 という価値観が強くなっているので、数百円レベル安くするよりも、時間や意志力を削減することに価値を感じます。

 

物も人に上げたり、売ったり、捨てたりして断捨離をしていて、使わないものや不必要なものはどんどん減らしています。

ロピアの方が質も高くて安い。会費も不要

知っている人には当たり前かもしれませんが、コストコと同じぐらい安くて質も高いロピアというスーパーがあります。

2019年に僕は結婚をしたのですが、妻からこのスーパーを教えてもらい価値観が激変。

 

コストコの商品は値段は安いけど、必ずしも全ての商品の質がいいわけじゃありません。

まとめ買いが基本であり、一人暮らしや小規模な世帯だとスケールメリットを活かすこともあまり出来ません。

 

一方でロピアは僕らが普段購入する商品を一点から激安価格で販売し、会費も必要ありません。

元々は肉屋として事業をスタートしたスーパーなので、販売している肉の質がとても高いです。

そして値段も大半のスーパーよりも安いです。

 

当然その事は来店すれば誰もがわかることなので、ロピアは平日でもお客さんがたくさん来店をします。

でも幕張の倉庫みたいに土日だと駐車場に停められない‥というレベルではなく、少し駐車場の中で待っていれば車を停めることが出来る余裕があります。(僕が来店している平井店の場合。)

 

元々神奈川を拠点に活動を広げてきたスーパーですが、近年では東京や千葉にも少しずつ店舗が増えています。

リピアがあればコストコはいらないんじゃないかな‥と個人的に思ってます。

妻もコストコに行きたいと言いません。

生活雑貨はカインズホームの方が質が高い

掃除用具や消耗品はカインズホームで最近は購入するようになりました。

カインズはプライベートブランドの質が高く、使いやすかったり、成分が充実しており、お得感が高いです。

 

コストコPBであるカークランドシグネチャーは、質があまり良くないものもあり、値段相応という印象が否めません。

 

カインズは価格以上の満足度を感じられる商品が多く、同じお金を使うのであればカインズに通っている方がいいなと思うようになりました。

メイドインチャイナを買うなら中国から直接買えばいいと思うようになった

【買い物革命】アリエクスプレスを使い始めたら人生が激変した

輸入を初めてびっくりした事は、それまでコストコで買ってきた商品の大半が中国から直接買うと物凄く安く買えるということです。

 

例えばiPhoneリングはコストコだと2つで1000円〜2000円ほどしますが、中国の工場から直接買うと1個1ドルです。

実に10倍近い差があるんですよね。

 

今まですげー損していたんだなって輸入をやると気が付きます。

 

せどり(転売)を覚える一つのメリットが買い物上手になるということであり、輸入を覚えるとどんなものでも世界最安で手に入れることが出来るようになります。

 

日本では高く販売されているものでも、海外では安いことが多いので、比較をすることで上手にお金を使えるようになる。

それが生涯単位になると莫大な規模のお金の節約に繋がります。

 

お金をケチってQOLが下がったら意味が無いのですが、個人輸入を上手に使うとQOLを上げてお金を節約する事が出来るんです。

 

コストコで買っていたワイパーなども、同等のものが1800円程度で日本まで取り寄せが可能です。

 

車の電飾部品として例えば室内のLED化をしたいと思った時も2000円程度で部品が集まります。

僕はトヨタに車内のLED化の見積もりを出したことがあるのですが、8万円近い見積もりが出ててきてびっくりしたことを覚えています。

 

自分で部品を集めて安く取り付けしてくれる業者さんにお願いすれば、こういったコストは10分の1程度まで減らす事が出来る。

 

僕の車は今となっては時代遅れな型落ちの車ですが、車内をLED化し、交換部品は一番良いものに変え、パイオニアのカーナビを取り付けて、オーディオもスピーカーから一式交換。

快適性は素晴らしく、安全性も問題ありません。

 

これまでもネットで部品を買い付けて工夫をしていましたが、輸入をしたことで車の部品も底値で買えるようになりましたし、日本で売ってないマニアックな改造アイテムも揃うので、ますますカーライフが楽しくなりました。

 

初めてコストコに来店した時の感動を今でも覚えています。

 

独特の空気感、会員だけが入れるという特別な空間。

山形のコストコには開店直後に来店して、ガソリンの安さに驚いたりと貴重な経験を何度もしました。

 

しかし今はコストコに来店してもそこにあるのは見慣れた空間であり、買うものも固定化されたので刺激がありません。

 

お客さんと仕入れに行って儲かる商品を一緒に見つけて、渡した時の感動ぐらいでしょうか。

大量買いをしても怒られないし、価格交渉も通るので、せどり的には良い狩場なんですよねw

 

今は個人輸入を上手に組み合わせて、自分のQOLを上げたり、お客さんにファッションの提案をすることのほうが楽しく、そちらのほうが知的刺激に溢れています。

 

ファッションには今後特に力を入れていこうと思っており、ファッションを変えてお客さんに得をしてもらいまくり、QOLを上げる強力な支持線にしていきたい。

 

コストコも最初はまとめ買いをすることで、QOLが上がったと感じたし、色んな人に提案をしてきました。

 

タイヤも何人もの人にコストコで交換をさせました。

(自分自身もずっとコストコで交換してきました)

 

ただ最近は価格コムでタイヤを購入して地元のガソリンスタンドで取り付けるというノウハウを開発し、そちらのほうが安くコスパも良いので、コストコでタイヤ交換する意義も感じなくなりました。

 

コストコは近場にある人にはいいけれど近くにない人はワイパーやタイヤを交換したいと思っても活用できない。

 

でも個人輸入や価格コムならどこに住んでいるかは関係ありません。

どんな田舎でも価格コムは使えるし、取付可能なスタンドを見つける事も出来る。

輸入も同様ですね。

どこに住んでいても取り寄せが世界中から出来る。

 

僕は誰もが一度は物販ビジネスを経験して、いつでもメルカリやヤフオクをさくっと使えたり、必要なものをiPhoneから輸入したり出来る人生を手に入れるべきだと考えます。

 

そして僕が提案している格安SIMやシェアハウスなどを取り入れれば、生活のコスパは極限まで跳ね上がります。

 

家族がいる人も二世帯住宅や、賃貸を上手に使うことで生活維持費、自由度が上がります。

 

そういう暮らしをする人がいれば不自由さを感じずに生きていける人が増えて、日本人全体の幸福度も上がると僕は考えています。

 

なので長くやらなくてもいいので、あなたにも物販ビジネスを一度は体験してもらいたい。

このように考えています。

まとめ:コストコがなくても生きていける

長らくオンラインに非対応だったIKEAがいよいよ日本でもネット販売に進出すると発表をしています。

 

今までは幕張まで行っていましたが、今後はそれすらも不要になる。

そうなると幕張にも川崎にも行かなくても生活が回るので、ますます外に出ていかなくなる気がしますw

 

コストコも2019年にネット注文の受付を開始し、一部の商品がネットから発注可能になりました。

 

インフラが進化することで生活はどんどん便利になっていきますが、浮かせた労力や時間を使ってより精算的、知的な活動にシフトしていかないと、あっという間に置いて行かれてしまうでしょう。

 

シェアエコノミーの浸透により、僕らは所有をしない生活を当たり前に感じるようになりました。

物を所有する概念が消えた時に、僕らは何に喜びを見出し、憧れを抱くようになるのか?

 

人類史上誰もが経験したことのない時代が到来しようとしており、不安と同時に楽しみでもあります。

 

今年の契約が切れ次第、有料会員の契約更新は停止しますが、今後もコストコに変わる体験やコスパの高いノウハウを開発し、シェアをしていきたいと思います。

使わなくなったものはどんどん断舎離して、エネルギーを集中させていきます。