Fラン大学に行く意味は皆無。就職先はブラック企業【対策方法を解説】

QOL
この記事は約11分で読めます。
受験勉強に失敗して滑り止めのFラン大学からしか合格が出なかった
偏差値が50に満たさない大学に進学してもいいものか迷っている
Fラン大学に進学しているが将来が不安

 

会社員として働いていく上で、生涯年収を知ることはとても大切です。

高卒と大卒の間では4000万近い開きが発生をします。

そのため、いい大学に行き、いい会社に就職することが重要と考える人が多いのです。

 

いい大学に進学するためには受験戦争に勝ち抜き、偏差値が高い大学に合格をしなければなりません。

偏差値の高い大学に進学することで、社会的な信頼(学歴)を得ることが出来ます。

 

偏差値が高い大学に進学することが、高い給与を得る上では必須なのです。

 

とはいえ、この事に若くして気が付ける人は少なく、進学する価値がない低ランクな大学に進学を決めてしまう人も少なくありません。

その中には奨学金(借金です)を契約してまでFラン大学に進学する人もいたりするのです。

 

この記事では安易な気持ちで低ランク大学に進学するヤバさ、Fラン大学に進学した人の悲惨な人生について、余すことなくお伝えします。

 

もしあなたがFラン大学に進学が決まっているのであれば、考え直して下さい。

遠回りに見えるかもしれませんが浪人だったり、経済状況が厳しいのであれば専門学校や就職も検討して下さい。

 

大学に進学すると最低でも4年間は時間が失われます。

レベルの低い大学に4年間を捧げてしまうと、あなたの人生が崩壊をする危険性がある。

 

1人でも多くの方にこの事実を伝え、Fラン大学への進学を考え直す人が増えることを願います。

 

細野
細野

Fラン大学進学ダメゼッタイ。

なぜ低学歴になってはいけないのか?

Fラン大学だろうが、四年制大学である事に変わりはない。

卒業をすれば大卒として初任給や生涯年収で高卒よりも優遇を受ける。

 

こんな風に考えていたりしませんか?

 

まず最初に身もふたもないことを言いますが、低学歴に人権はないということを知って下さい。

低学歴になることで発生する機会損失をこのパートでは解説をしていきます。

社会から信頼をされない

私は東京大学を来年卒業見込みの学生です。

私は無名Fラン大学の卒業見込みの学生です。

 

就職活動ではあなたと同期の学生が同時に活動を開始します。

同じスタートラインで勝負が始まっていると思うかもしれませんが、全然そんな事はない。

 

良い大学に属している人は、受験勉強を頑張ることが出来た人という信頼を社会から得ています。

一方であなたは受験勉強を頑張れない人間と評価され、努力が出来ない社会不適合者と評価をされます。

 

実際のあなたはこの記事を読んで改善策を探すぐらいですから、勉強熱心な方です。

 

しかし入り口の部分でそれを第三者が判断するは出来ず、様々な場面で不利になります。

就職ができない

あなたが企業に就職をしてお給料をもらおうと思うのなら、まず相手から信頼されて仕事を任せてもらえる段階にならなければいけません。

 

そのためには実績が必要なわけですが、新卒で就職するならこの実績がない段階から勝負をしなければいけません。

 

その際に

私は難関大学に現役で合格し、サークル、学生活動、家庭教師の仕事で自分を高めてきました

と言ってくる一流大学の学生と、

大学では勉強しませんでした。これから頑張るのでよろしくお願いします。

と言ってくるあなたがいて、

採用担当者がどちらを採用したいと思いますか?

 

考えるまでもなく一流大学の学生なわけです。

 

このように世間では偏差値が高い大学に進学した人を、社会人適正が高いと判断し優遇をします。

学歴がある事で、目標を立ててそれを達成するために逆算をして行動をする素質があると評価をされるのです。

 

しかし学歴がない方には無計画で部下として使いにくい人材というレッテルが貼られてしまうのです。

その汚名挽回からあなたはスタートしなければならず、非常に不利になります。

 

ある程度大きな会社であれば学歴フィルターというものが用意されており、エントリーの時点で自動的に説明会や選考に進むことが出来ないように設定がされてしまっています。

あなたがどれだけ素晴らしい経験を積んでいたとしても、入り口にすら立つことが出来ないのです。

 

その結果低ランク大学を卒業した学生の就職先は、多くの人が嫌がるブラック企業や、手取り15万のような収入が低い仕事だけです。

収入が低いから不幸になるわけではありませんが、収入を上げるために大学に進学しているのに高卒や専門学校を卒業した人以下の待遇で働かなければいけないリスクがあるのです。

結婚で反対をされる

結婚相手が社会的地位が高い家だったり、学歴が高い家系である場合、相手のご両親からあなたとの結婚を反対される事があります。

 

現在では出身や学歴に関係なく、実力で評価をされる社会になってきてはいますが、それでも学歴は必ず人を評価する時に見られます。

学歴がないという理由だけで差別や偏見の対象になってしまうリスクがあるのです。

出世が出来ない

大きな会社の場合、社内に出身大学による派閥が形成されていたり、人事権を持ってる人が自分と同じ出身大学の人間を重用する事があります。

 

特定の高学歴大学を卒業した人間が多い会社に低学歴の人が入社してしまうと、社内で正当に評価をされない可能性があります。

学歴コンプレックスを一生抱える

大学に進学をしなかった方から「学歴コンプレックスがあるのですがどうしたらいいでしょうか‥」という相談を何度も受けたことがあります。

一生のうちのたった1年間の勉強をサボっただけでその後の人生をずっと後悔してしまう人がいるのです。

 

コンプレックスは気にするなと言われても治るもではなく、非常に厄介です。

好き好んでコンプレックスを増やす必要性はありません。

教養が身につかず様々な苦労を経験する

大学とは名ばかりで人生に役立つ知識や経験を積むことが出来ないため、大学に進学しなかった人と同等か、それ以下の教養しか身につかないことも。

 

知性のない大人になってしまい、お金に苦労するだけでなく、人に騙されたり、問題解決が出来ずに様々な場面で苦労をします。

奨学金が回収できない

進学のために借金をしている場合、卒業後に回収が出来ません。(収入が高い会社から内定が取れないため)

借金だけが残り、その利子を稼ぐために長時間低賃金でこき使われる人生が待っています。

 

そしてそのまま何も成し遂げることなく一生を終えたり、子供にも奨学金を使って大学に進学をさせたりします。貧困が連鎖をし、子供や孫の代まで迷惑をかけてしまうことも。

低学歴が成り上がる方法を解説

これまで解説してきたとおり低ランク大学に進学をすると、ろくでもない人生が待っています。

 

在学中であれば退学届を提出してもう一度受験を頑張る事もできます。

しかしあなたがすでにFラン大学を卒業をしているのであれば、そこからキャリアメイクをしていかなければなりません。

 

このパートではFラン大学を卒業した人がどうやって人生逆転を目指せばいいか解説をします。

期間工

一番最初におすすめをするのは期間工です。

学歴や経験は一切不問で、よほど人間性に問題があると判断されない限り採用されます。

 

働く先は日本屈指のメーカーや自動車会社の工場です。

年齢が若い方がここで真面目に働き実績を作っていくと、正社員に雇用をされるので、そうなれば一気に勝ち組です。

 

日本屈指の社会的地位と福利厚生が整った会社の正社員になる事が出来るんです。

年齢が若ければ誰にでもチャンスがあるので、期間工は最もおすすめできる就職先となります。

 

収入面としてもトップ企業の正社員になれば年収500万以上は当たり前に超えますし、年収1000万超えも可能です。

 

期間工の選び方とおすすめの辞め方。将来の不安は対策出来る
ビジネスに投じるための原資を作りたい。 種銭を作る手段を探している。 このような方にバイトや短期の派遣を実践することを、これまでおすすめしてきました。 しかし、最近になり、期限を区切るのであ...

 

ベンチャー企業

ウェブマーケティングを行っている中小企業やベンチャー企業に就職をし、そこで得たスキルを元に情報発信を行います。

本業と副業でシナジーが発生するため、2年程度実務経験を積めば、同期の中では最も収入が高い部類までなり上がれる可能性が高いです。

 

学校の勉強は苦手だけど仕事に本気で取り組んで成長したい方におすすめのプランとなります。

特許やシェアを独占している会社

規模が大きくなくても業界で絶対に必要となる部品の特許を持っていたり、特定の分野でシェアがナンバーワンの会社であれば、簡単にダメになることはありません。

 

中小企業やベンチャーの問題点は、その会社に就職をしても5年後や10年後に会社が生き残っていない可能性がある事です。

これに加え社会的地位や福利厚生、給与面などが、大企業と比べると劣ることが多く費用対効果が悪い。

 

ストックオプションを付与してくれたり、ウェブマーケティングなど実益性が高い経験を積ませてくれる会社であれば、無名だったり実績が弱くても就職する価値はありますが、独立志向が強くない場合は微妙な選択となります。

なぜなら長く一つの会社で働こうとすると、社内の環境や福利厚生、休暇の取得しやすさなどが大事になってくるからです。

 

一概には言えませんが、小規模な会社で働きやすさを重視している会社を僕は見たことがありません。

ある程度規模が大きく上場をしている会社になってようやっとワークライフバランスも考えた仕事内容になっている印象が強いです。

 

ベンチャーはやめとけ!激務で低年収!就職しても後悔するだけ!
細野です。 就職先を考える際に大手、中小、ベンチャーと大きく分けて3つの就職プランがあると思います。 僕であれば大手の面接に呼んでもらえず、魅力的な中小を自分で見つけるリサーチ力もなかったので、本命の大企業とベン...

 

ですから小規模な会社に就職をするのであれば、特許やシェアなど、その会社の強みが明確かつ強固でないと微妙です。

専門性が高い会社に行くことで、強い事業の作り方や、自分がビジネスをする時にどこを攻めればいいかがわかるようになります。

 

その事が起業をしてビジネスをする際にも大いに役立つはずです。

起業する

自ら起業をして事業を持つのも有効です。

 

僕が最初に起業をしたせどりビジネスの中には、高卒の社長や学歴がない経営者がたくさんいました。

泥臭く体で稼ぐ側面が強いせどりですが、愚直に取り組むことができれば結果を出しやすい利点があります。

 

現在は少ない資本で起業が出来るビジネスモデルが多くあるので、小さくスタートして稼げるようになったら独立をするという選択もありです。

僕が会社員を続けながら副業としてネットビジネスに挑戦することを推奨するのはこれが理由です。失敗しても戻る先がある。自分が成長しながらお金を稼ぐ経験を加速することが出来る。

 

学歴がないのに経済的に成功している人は例外なく起業をして自分のビジネスを保有する側に移動をしています。

彼らは従業員(エンプロイー)ではなく、ビジネスオーナーにどこかのタイミングでシフトをしたのです。

 

最初から起業をする必要はありませんが、お金持ちになりたい、人生大逆転をしたいのであれば、起業する事をを視野に入れておきましょう。

 

今すぐ起業は出来なくても力を身に着けてながら積み上げていけば、独立できる自分に変わっていくことが出来ます。

まとめ:今から動いて人生を変えていこう

結論として偏差値50以下の低ランク大学に進学するのは全くおすすめできないです。

進学をするメリットが皆無すぎて、時間とお金を無駄にしてしまう可能性が極めて高い。

 

今Fラン大学に進学している人はさっさと退学届を出して、就職するなり、もう一度受験勉強を頑張りましょう。

Fラン大学を卒業してしまった人は、若い間にキャリアになる仕事に集中して、逆転を目指していきましょう。

 

僕自身は偏差値50を超えるか超えないかという中堅の理系大学を出ていますが、学歴フィルターを経験したし、上位大学の学生と並ぶと「この子らには勝てないな‥」と無意識レベルで敗北感を感じていました。

 

しかし起業をして自分の力でお金を稼げるようになると、かつて感じていたコンプレックスや悩みは一切気にならなくなりました。

 

平日の空いている時間に旅行に出かけ、予約が取りにくいレストランで食事をする。

働く場所や時間に拘束されず、何もしなくても報酬が発生をし続ける。

 

こういったライフスタイルは会社員になっていたら絶対に手にすることが出来ない人生でした。

 

僕が他の低ランク大学の人らと決定的に違ったのは、問題意識を感じた時に、それを親や学校、社会のせいといった具合で責任転嫁をしなかった事です。

「今起きていることが絶対的に正しい」と認め、人生が自らの選択の延長であることを理解したのです。

そして今から人生を変えると決めて、行動をしました。

 

これを読むあなたにもそうであって欲しいと願っています。

厳しい現実を認め、自分を変える行動を起こしていけば、いずれ学歴に対する悩みと無縁の人生を手に入れる事でしょう。

 

自分の人生から逃げないこと。厳しい現実と戦う選択をして下さい。

行動を起こせば未来を変えることが出来る。

 

しかし「俺は低学歴だから仕方がないよね」と腐っていると、どんどんチャンスが失われ、人生終了です。

 

一昔前であれば低学歴な時点で敗北が決定でした。

しかし現在は違います。

 

低学歴からでもキャリアメイクできたり、お金を稼ぐことが出来る時代になっているのです。

この素晴らしい時代変化を上手に利用して、QOLを高めるための行動を起こしていきましょう。