せどり転売で売れない時期は2月と6月?対策方法は在庫圧縮と損切り

せどり売れない せどり
この記事は約12分で読めます。

こんにちは、細野です。

せどりをやっていると調子がいい時と、悪い時があります。

 

今月は仕入れが出来てしっかりと利益が出せたなーという時があれば、今月はどこに行ってもさっぱり仕入れができない。何がいけないんだ?と悩んでしまう時だってある。

 

この問題を解決するためには、どのエリアのどんなジャンルでも稼げる腕を身に着けていくことなのですが、出来る人はほぼいません。

大半の人は特定のエリア、特定のジャンルでしか稼げない。

 

また時期によってライバルが増える(年末商戦など)事で、せどりがやりにくいと感じる人もいるようです。

この記事では、

なぜ特定の時期に売れない現象が発生するのか?

売れない時に具体的に何をやればいいか?

FBAと自己発送で売れ行きに差は出るのか?

をわかりやすく伝えていきます。

せどりで売れない時期はいつ?なぜ売上にムラが出るの?

年間を通じてせどり転売を実践していくと、売れやすい時期と売れにくい時期があると感じることがあります。

12月から1月にかけては年末商戦や初売りセールの影響で在庫が回転しやすい時期が続きます。

 

一方で2月から3月の間はそれと比べて売れにくいと感じることがあります。

この要因としては年末商戦の異常な売れ行きを体感した後なので、正常に戻った売上が少ないと感じるのが原因です。

 

実際には年間通じて、売れやすい商品やジャンルは安定して売れてゆきます。

せどりおすすめ商品は?高利益率商材と高回転率ジャンルはこれです
せどりを始めたばかりの人は、どこから手を付けるのが一番効率がいいのか知りたいと考えているのではないでしょうか? せどりには様々なジャンルがあり、人によって向き、不向きがあります。 個々の商品に迫って掘り下げてみると、ジャ...

2月に売れない原因は思い込み。対策方法を解説

サイトのアクセスログを見ていたら「せどり 3月 売れない」というキーワードがありましたw

これ僕が師匠の下で修行をしてた時も仲間内で言われることだったんですよねー。

 

X月は売れない。

X曜日は売れないみたいのw

関係ないっすけどね。

 

ただ普段に比べて売上が今日は少ないなーとか、

あんま売れないなーと感じることがあります。

 

当時言われていたのはAmazonのサーバーに障害が発生をして

自分の商品がサイトに掲載されなくなって売れなくなるって噂。

 

確認すると確かにない商品もあったりして

割りと的を得ていたように思います。

 

ただX月が売れないとか、X曜日は売れないってのは都市伝説というか、

ジャンル固定でもしてないかぎり

そういうのに振り回されることってないです。

 

価格改定を定期的にやる。

常に良質な商品をFBAに補充し続けている。

 

これをやっているにも関わらず売れないのであれば

それはこちらが介入できない状況の可能性が高いです。

 

なのでそういった時は売れ行きを忘れて今できることに集中しましょう。

 

話題はそれますがアパレルの世界では2月は売れない時期だと聞いたことがあります。

冬物も売れないし春物を買うにはまだ早いってことで売れ行きが悪化するんだとか?

 

僕は普通に2月でも服を買いに行くんで全然ピンときませんでしたがwww

 

こういう都市伝説的な考える暇があるなら

仕入れに行くとか、外注さんを募集してみるとか、買取サイトを更新するか、PPC広告を出稿するとか。

 

色々出来ること、やるべきことがあるはずです。

 

うまくいかないことがあるとどうしても原因を外に探してしまいます。

 

でも問題は常に中にあります。

 

自分で気が付けないなら、自分より先に行っている人に指摘をしてもらうべきだし、

自分でできるなら今すぐ対策をすべきでしょ。

 

せどりにおいて悩む時間、考える時間は無駄です。

仮説を立てたらどんどん行動を起こして、前に進んでいきましょう。

 

3月といえば決算期で仕入れが超絶やりやすい時期でもあります。

 

お店は決算の数字を良くするためにガンガン値下げをかけてきます。

春から出る新商品も店頭に並び始め、旧モデルは処分にかけられる。

 

入学祝い、進級祝い、就職祝いに商品を買いに来る人も増えるし、

新生活の引っ越しのために部屋の掃除をして買い取りに持ってくる人もいる。

 

中古も新品もオールジャンルで確変モードに入る月と言ってもいいでしょう。

 

せどりで稼ぎやすい時期というと年末商戦というイメージがある人も多いかもしれません。

 

でも最近では年末商戦は新規参入が異常に増えてそれほど旨味のない季節になってます。

 

むしろ年末バブルで稼げると勘違いした人が消えた1月2月以降のほうが

せどりはやりやすかったりするんです。

 

細野式なら1年中どこでも仕入れ出来ますけどねー。

 

ジャンル固定、エリア固定をしないでやってれば

売れるタイミングとか地域とか飽和とか

そういうのは一切心配しなくても大丈夫になります。

6月にせどりで売れない原因と何をやればいいか

 

6月というのはボーナスが支給される時期です。

 

それに伴いAmazonでも単価の高い商品がガンガン売れます。

年末商戦と同等かヘタしたらそれ以上に売れます。

 

ここからは6月にどうやって仕入れ戦略を練っていけばいいかを語っていきます。

6月に仕入れるべき商品とは?

仕入れをする際に意識をすべき一つのポイントとして

時間軸というのがあります。

 

これは今後どういったイベントがあり、需要が伸びるのかを予測する事です。

 

例えば海外のアーティストが来日ライブをやる時には、

そのアーティストのCDが値上がりをします。

 

じゃあそういう情報を雑誌を使って事前に調べておけば

仕入れに行く前からどういった商品を仕入れるか計画を立てることが出来ますよね。

 

こういうちょっとした作業なんですけど、

ちょっとだけ頭をつかうだけでせどりでは圧勝が出来ます。

勉強してない人ばかりなので。

 

で、商品知識が増えれば増えるほどKDCでスキャンしまくらないと取れない人と差が開く。

 

なんだかんだで相場観持ってる奴が土壇場では勝つんです。

 

効率化しつつ相場観も使っていくっていう流れですね。

これが一番強いです。

 

6月にボーナスが支給されると知った時、仕入れの現場で意識すべきことは、

ボーナスでお金を手にした人が何を買いたいと思うか?です。

 

これが言語化出来れば、他のせどらーよりも一歩抜きん出た仕入れをすることが出来ます。

 

毎年夏は売れ行きが悪いと悩む人が多いみたいですね。

この原因としては夏休みに入り、旅行やイベントに出かける人が増えるので、ネットでの買い物を控えるのだと予想がされます。

対策としてはどうにも出来ないですw

仕入れ資金全部使ったなら、他のビジネスしたり、アルバイトしたり、自分も休暇とったりして、まっったりやればいいと思いますよ。夏なんだし。

 

 

ボーナスについて調べてみると、会社によっては7月に支給という所もあります。

 

この記事を書いている日に東証一部上場企業の平均支給額が90万円という報道がありました。

 

普段の給料とは別個に90万円入ってくるってことです。

こんだけお金が入ってくると人は何に使おうかなーと考え始めます。

 

旅行、家電、ゲーム、オーディオ、ブランド物。。。

 

普段買おうと思ってたけど躊躇していたものを買おうと考え始めます。

 

じゃあそれを見据えてこちら側も行動をしていけば

普段だとなかなか成約が取れない商品も売ることが出来ますよね。

 

こういう思考で取り組んで欲しいなーと。

 

僕の読みではボーナスバブルというのは6月だけでなく7月と8月も続きます。

 

夏休みになり子供が家にいて買わなければいけないものが増えてネット注文、

休暇中にネットで欲しかったものをチェックして注文。

こういった光景が容易に想像出来ます。

 

仕入れに関しても普段と同じでいいと思いますが、

ボーナスを意識したちょっとした仕掛けも取り入れていくことで

普段よりも売上、利益を伸ばしていくことが出来る様になるでしょう。

 

ということで6月の商品市況解説でした。

売れない時に何をやればいいのか?

仕入れた商品を出品したら
あとは売れるのを待つだけです。

 

FBAに商品をヤマト便でまとめて送り、
一箱しかない時ははこブーンで送る。

これが基本の流れです。

 

で、送った後に
思ったほど売れないなーって時がある。

ランキングも低くなくて
カートも取得できているのに
なぜかなかなか成約しない。

 

そんな時は基本に立ち返り
出来る事を淡々とやっていきましょう。

 

まず売れない原因としてよくあるのが
Amazonの決済がシステム的に障害を発生させていて
出荷作業にスタッフが入れてない時。

こういう時はじたばたせずに待つしかないです。

たまにこういう障害っぽいことがあり、
普段であればバリバリ売れているのに
売れ行きがいまいちしょっぱいなーって時があります。

 

次に価格の調整をせずに
ライバルの価格から離されてしまっている時。

アカウントを作った直後にこの傾向が多く、
最初は競合よりも安くすることで販売実績と評価を獲得していかなければなりません。

それを実現するために
価格改定ソフトを使い毎日値段を最安値や
最安値マイナス1円といった具合で下げていきます。

 

いずれは価格だけでも売れなくなる実績、
競合と被らない商品構成を作れるようになりますが
最初の間はツールを使い最安値戦術を取っていきます。

 

そしてこれ以外にもコメント文やお店の名前など
周りからどういう風に見られるか印象作りも底上げしていきます。

 

安っぽい名前のお店や
適当なコメントだと
購入する側は不安になってしまうので
そういった不安を払拭できるようにしっかり対策をやっていきます。

 

ストアアカウントを持っている人は
お店のバナーを作って登録すれば
競合よりも目立つようになります。

小手先のテクニックだけどこういった所も力を入れて取り組んでいきます。

 

売れない時の対策はこんな感じです。

 

僕は売れない時は悩んだりするのではなく
次の商品を仕入れに行き、
モチベーションが落ちたり、悩むことに時間を使ったりしないようにしていました。

 

悩んでもお金は1円も稼げないので
稼げる作業に集中をし
最短ルートを歩めるように頑張っていきましょう。

 

我流でせどりに取り組むのは今の市況では無理ゲーなので、信頼できる先生をつけるのもおすすめです。

先生がいれば、あなたの現場を見た上で対策方法を提案してくれるし、悩みを聞いてくれて一緒に解決策を考えてくれます。

 

そういう後ろ盾がないと、今からせどりでガッツリ行動を継続するのって厳しいと思ってます。

せどりで売れない時に不良在庫は損切りしたほうがいいでしょうか?

3ヶ月ホールドして売れなかったら値下げして売り切ったほうがいいと伝えてる人が多いですね。

僕はせどりは短期ビジネスなので1ヶ月前後で売り切ることを念頭に仕入れをします。

そのために仕入れをする時のランキングはかなり厳しく見ていきます。

 

また長年の経験があるため、ランクが低くてもすぐに売れる商品と、ランクが高いけどなかなか売れない商品の違いがわかっています。

こればかりは失敗しながら学んでいくしかありません。

中古だからせどりで売れなかったりしますか?新品せどりにシフトしようと思うのですが…

関係ないです。

ランク低すぎるの仕入れてるだけですよ。

回転を意識した仕入れを徹底してみて下さい。

初心者がよくやる失敗は、回転が悪くて利益が薄い商品を仕入れてしまう事です。

 

狙うべきは利益は薄くてもいいのですぐに売れる商品です。

そういう商品を大量に仕入れてガンガン売ってるほうが利殖出来ます。

FBAと自己発送で売れ行きに差は出ますか?

FBAを使うから利益が出なくなって稼げなくなる人もいるし、FBAにしても価格改定をしないと売れにくいです。

売れない商品ホールドしておいてもしょうがないので、価格改定ソフトを24時間ぶん回してガンガン売ったほうが合理的ですよ。

 

Amazonで購入して下さるお客様のメリットを考えれば、自己発送よりもFBAの方が優れています。

返品をしやすい(配送センターに返送すれば自動で返金される)、次に日には自宅まで注文した商品が到着。

 

低単価商品を薄利多売で扱っている(本せどりなど)せどらーの方は、自己発送でないと利益が出ませんが、高単価商品の転売を行っている転売ヤーはFBAを使ったほうがいいです。

古着(アパレル)を利用している方も、発送を代行してくれれる倉庫と契約し、迅速な発送を行える仕組みを作ったほうがいいです。

 

Amazon以外のメルカリやヤフオク、ヤフーショッピングを利用していても、商品と資金の回転率は非常に重要です。

せどりで本を仕入れているのですが売れません

これもランクです。

10万以下は仕入れしないで下さい。

厳しい規律を守って、相場観を作り、自信が出来てから低ランク商品は仕入れましょう。

 

初心者の典型的な失敗パターンとして、仕入れができない時に仕入れ基準を妥協して、低ランキング商品を仕入れてしまうことです。

低いランキングの商品でも売れるものは存在しますが、それには目利きが必要です。

まとめ

物販ビジネスには売れやすい時期と、売れにくい時期があるのは事実です。

しかし在庫をある程度ホールドすると、売れ行きは平準化され、不調時期が目立たなくなっていきます。

 

今やるべきことをきちんと出来ているか?

ここを自分に問いかけて、ビジネスに集中をしていきましょう。