ゲームせどりの仕入れ場所2018はどこ?電脳や中古リストは必要?

ゲームせどり

最終更新日

この記事の所要時間: 1545

こんにちは、細野です。

 

今回は中古のゲームやゲーム機で稼ぐ方法について

一緒に考えていきたいと思います。

 

実はせどりを教える塾やコンサルの中には

このゲームだけを扱う人もいたりします。

 

それぐらい結果が出しやすいジャンルなんですね。

 

と同時にこれオンリーでやってて頭打ちになる人がいるのも事実です。

 

なので今回は数ある手法の一つとしてどうやってゲームを取り入れていけばいいか?ということについても言及をします。

 

ゲーム機せどりの基本

 

ゲーム機が売れるというのは想像に難しくないと思います。

どれだけダウロード配信が進もうが、スマホゲームが普及しようが、そのゲームを遊ぶ環境というのはなくならないわけです。

 

それどころかゲーム機で出来ることが最近は増えて、ブルーレイが見れたり、動画配信サービスが使えたりするなど、ゲーム機以外としての機能も充実をしてきています。

 

また少し前のゲーム機も安くなったから買ってみようと思う人がいたり、壊れたので二台目を買う人がいたり、友達の家で見て欲しくなって買う人がいたりと、色んな購入動機があるわけです。

 

仕入れられる商品も最新のものではなくて、上記のような動機があるため、古いものでも売れていきます。

 

都心店では数が多すぎて投げ売りしてる商品が、地方ではまだニーズがあって売れたり、都心で在庫が少なくなったものが地方に行くとまだ残っている。

こういった地域差による価格差や需要の差。

これによってせどりが介入できる余地が生まれるわけです。

 

ゲーム機のリサーチ法

 

最初の間は相場観を覚えるために一つ一つ見ていくといいでしょう。

ゲーム機がいいと思うのは数が少ないので、何回やるうちに自然と覚えるということです。

 

新品の場合はそのまま転売すればよいですし、中古品の場合はコメント分ですね。

ここをしっかり書いて購入者さんに状態を伝えていきます。

 

そして販売はAmazonFBA一択でよいです。

ヤフオクで売ることも出来るのですが、高い値段で売れないですし、手間もかかるのでFBAで効率的に販売をしていきます。

 

ゲーム機仕入れにリストは必要?

 

実は僕のコンサルで僕が仕入れているゲーム機のリストとターゲット価格を公開したことがありました。

リストがあれば最初からリサーチの手間が省けて便利かなと思ったのです。

 

ところが蓋を開けてみると皆意外とリストを使わず、ゲーム機も仕入れなかったんですね。

 

話を聞いてみると自分の地域では見つからなかったという答えが返ってきたので、

リストは自分で作って自分の住んでいる地域で利益が出る仕組みを作っていくのが大事だと感じます。

 

いわゆる儲かる商品リストってやつは人から与えてもらうよりも

自分で作っていくほうが資産になります。

 

なんで遠回りに見えるかもしれませんが

一つ一つ自分で調べることで相場観を底上げしたほうがいいでしょう。

 

ゲーム機の利益率とは?

 

ゲーム機は他のカテゴリと異なり手数料が8%なのが魅力です。

単価も高いですが手数料が他のカテゴリより安いので、仕入れがしやすいんですね。

 

最初の間はAmazonのセラーアプリを使ったり、せどリストプレミアムの手数料電卓を使って

手元に残る利益をしっかり計算をしておくと安心です。

 

利益率は物によりますが、低いものであれば10%前後、良いものであれば30%。

中古であれば40%以上出るものも見つかります。

 

慣れてきたら値札見ただけで仕入れができるようになるんで早いですよ。

浮いた時間で他のカテゴリーをせどることでさらに利益は伸びていきます。

 

ゲーム機の回転率

 

ゲームは他のカテゴリと比べて回転は良いです。

仕入れるランクもモノレートを基本は見ればよいですが、

2000位ぐらいまでであればランクを全面信用して問題無いです。

 

適正価格で販売をすればこのラインでならば2週間とかからずに売れていくはずです。

 

回転に関してはゲームカテゴリは全般に良いので、心配する必要はないでしょう。

 

ゲームソフトは売れない?

 

最近はゲームソフトはオンラインでダウンロードが出来るようになっています。

 

入手が難しいと言われていたゲームがダウンロード配信に対応したりと、

ゲームに対する敷居というのはどんどん下がっている。

 

ダウロード配信が普及してもゲーム機に対する需要は減らないけど、

ダウンロード配信が普及すればするほどゲームソフトは売れにくくなるでしょう。

 

これはCDやDVDでも同様のことが起きています。

したがって仕入れ対象の中心にゲームソフトを置くというのは自殺行為だと僕は思います。

 

時代に逆らってもお金は稼げません。

 

ゲームせどりの仕入先はどこ?

 

新品なら家電量販店、中古ならブックオフがメインの狩場になってきます。

もちろんこれ以外でも仕入れが出来ますから、どんどん開拓をしていきましょう。

 

電脳せどりをやる場合は、メルカリやヤフオクから始めるのがおすすめです。

 

ゲームせどりコンサルを受けた人の哀れな末路

 

最近ゲーム機の仕入れに特化したせどりを実践している人から
相談を受けました。

その方はどんなに頑張っても一日の利益が2万円を超えないのだそうです。

日給10万超えが当たり前で、当たりまくると20万、30万、40万すらも利益が超える僕らからすると
何をどうやったらそんなしょぼい結果になるのか意味不明です。

ところがその方が実践しているやり方を聞いたら
そりゃ稼げないでしょってすぐに思ったんですね。

まずその方は車を持たずに電車でお店を周っていました。

電車仕入れは効率が悪いので、
このやり方で日給10万を出すのはまず不可能だと思います。

大量に購入が出来ないですし、
ゲーム機のようにかさばるものだと
たくさん持ち帰るのも困難です。

この時点で詰んでいるなって感じなのですが、
せっかく電車で仕入れに行ってるのに
ゲーム機以外の仕入れをやっていない。

頭おかしいっす。

せっかく仕入れに行くなら他のジャンルも見て利益が出る商品があるなら仕入れて帰ったほうが良くないですか?

そのほうがコスト的にもエネルギー的にも省エネってもんです。

だけど変な人から変なこと習っちゃたせいでそういう思考回路が出来てないんですね。

ビジネスをやっていく上で不幸だと思うのは
間違った指導者に間違ったやり方を習ってしまうことです。

あるいはきちんと教えてくれない人に習いに行くことです。

残念ながら教える側には一発屋の人や、教える気がないのに教えると言って出し惜しみする人が多いのが現状です。

学ぶ側からそういったことを見ぬくのは困難なので
しょっぱい指導者に当たってしまったなと思ったら
切り替えて次の指導者を探しに行ったほうがいいと僕は思います。

実際僕の所に面談をしに来る方も
コンサル頼んでるのに1円も利益が出てない人がいたり
ひどい状況の人が少なく無いです。

教える側には、自分が稼げなくなったから賞味期限切れのノウハウを売り逃げする人が一定数居るので
そういうのにひっかからないように気をつけましょう。

僕自身は自分のやり方がきつくなってきた、
顧客が結果を出せなくなってきたと気がついたら
新しいノウハウを学びに行って取り入れるというのをやっています。

取り入れるというかパクリですねw

なので常に最新のノウハウと最高の環境を提供し続けることが出来ています。

YouTubeでも話してきましたが、
思考の固定はろくな未来が待ってないので
同じこと続けてしまってるなと思ったら反省をして
新しいこと、人がやらないことを取り入れ続けていきましょう。

 

ゲームせどりの教材(大百科的なもの)を買ってみた結果…

 

教材に一通り目を通して感じたことは、

「このやり方ぶっちゃけ稼げるよね」ってこと。

 

僕自身が何年も前から実践していることが

わかりやすくまとめられていたからです。

 

手法としては非常に優れた点であり、

優位性がしっかり確保できる内容となっています。

 

しかしこの教材を今から購入して実践しようとしても

思うような結果には残念ながら繋がらないでしょう。

 

手法を売るというパラドックス

 

僕がせどりの教材を買っても意味が無いなーと思う理由は、

どの教材も手法を具体的に書きすぎていて

抽象化がされてないからです。

 

具体的に何が売れるかとか、

何を仕入れるべきかというのは

初心者の人が求める情報ではありますが、

それを広めてしまうと皆が実践をしてしまいます。

 

ゲームせどり完全マニュアルの手法は

中古ゲームショップを周り、

高値で売れる商品を仕入れていく方法が解説されているのですが、

かなりニッチな分野を攻めていくやり方になります。

 

ニッチな分野というのは元々市場に対して供給される量が少なく、

であるがゆえにそこに気がついた人が稼げるやり方。

 

供給量が少ない市場に、多くのプレイヤーが参加をすれば

近郊バランスは崩壊をします。

 

多くのせどり教材は

この近郊バランスが乱れることを考慮せずに作られているため、

素直に書かれていることを実践しても結果をなかなか出せなくなってしまってます。

 

具体的なことを知るだけでは限界が来るとそろそろ気がついたほうがいい

 

僕自身、何が売れるのか、

どういったテクニックを使えばいいのか。

 

こういったものを最初は知りたいと思っていました。

 

しかし僕に指導をしてくれた師匠は、

「思想を持て」とだけ言い、

あとは背中で見て勝手に業を盗めというスタンスで

僕を指導してくれました。

 

その結果僕は、何が売れるのか?とか

どういったテクニックを使えばいいのか?といったような

表面的な所ではなく、

物が売れる背景にどのような心理があるのか、

そもそも顧客が見ているポイントは価格以外にないのか?といったような

本質的な部分に目を向けることが出来るようになりました。

 

現在では僕のせどりの技術というのは

中古だけでなく新品でも発揮できますし、

買い取り、出品代行、購入代行、無在庫販売、輸出、

などなど数多くの物販ビジネスで発揮をされています。

 

具体的な何かにフォーカスをしすぎていては

このような思考の広がり、

行動の広がりというのは得られなかったはずです。

 

もちろん最初は何か1つの技術を身につけることで構いません。

僕自身も105円仕入れから始まり、

CDを学び、DVDを学び…と

少しずつ自分の幅を広げてきました。

 

その過程で沢山失敗もしましたし、

クレームを食らったり、返品を受けたりと

諦めたくなる経験を何度もしているのです。

 

それでも粘り強く、

どうすればもっとよく出来るのか?

どうすればもっと仕入れから販売までの流れを安定的に出来るのか?といったことを

思考し続け、

現在では新規参入や飽和に怯えないレベルに達しています。

 

せどりというのは

誰かが買えたら、誰かが買えなくなる

完全なるゼロサムゲームです。

 

10人実践したら

10人の個性が出て稼げる余地があるアフィリエイトとは異なり、

10人が仕入れに行ったら

その中で利益が出る商品を見つけられるのは一握り。

 

これが身も蓋もない現実なのです。

 

供給量が極めて限定的なパイ、

利益が出る商品を多くの人が奪い合うのですから

これは必然の結果です。

 

よくせどりが飽和することはないと言ってる人がいますが、

それは嘘です。

 

ステイブルせどりなり、ゲームせどり完全マニュアルなり

これだけ具体的に丁寧に書かれた方法が広まれば、

マニュアルに書かれた事を多くの人が実践をするため

稼ぎにくくなります。

 

これは資本主義の原理的に仕方のないことです。

ゲームせどり完全マニュアルは丁寧に作られた教材ですが、

この教材に書かれていることだけを実践しても

長期的に稼ぐことは難しいでしょう。

 

教材内では書かれていませんが、

レアなゲームや、状態の良い商品、

コレクター性の高いアイテムというのは

ゲームやマニアの人が住んでいる地域でないと仕入れが難しいです。

 

僕の経験上このマニュアルを実践して安定的に稼げる地域は、

北関東の一部エリアだけではないかなーと感じます。

 

ジャンルを固定することで上手くハマれば大きな結果を出せますが、

逆説的に考えるとハマらないと全く結果が出ないというデメリットがあります。

 

ゲームせどりの被害者が増えている

 

現在ではAmazonによる規制で、ゲームせどりは全く稼げない手法に成り下がりました。

初心者であるあなたが特定のジャンルに絞り、しかもAmazonという他人が作ったぷらっとーフォームでビジネスをやる理由は皆無です。

 

全く通用しなくなった賞味期限切れの手法にしがみつくのではなく、今の市況でも稼げる考え方と死雲を作る事を考えましょう。

端的に在庫を持つビジネスは時代遅れであり、資金がない人や時間がない人には継続が難しすぎます。

 

ゲームせどりで儲からない理由

 

Amazonが使えず、それ以外のプラットフォームで売るとなると、梱包や発送を全て自分でやらなければならず、時間が物凄くかかってしまいます。

それで得られる利益っていくらか知ってます?

 

1個売って利益1000円、よくても2000円とかそんなものなのです。

ひどい時には数百円という事も。

 

これでは月に100万稼ぐことは難しいですよね。

100万どころか30万も厳しい。

何個売ればいいんだよってね。

 

ノジマやワンダーグーでゲームせどり塾をしていた人たちの末路

 

かつてライバルが少ない時に、ノジマ電気やワンダーグーで仕入れをしていた人たちが短期間で大きく稼いだことがありました。

塾になり、プロダクトローンチとして大きく売り出すなんて人も。

 

その人達は今1円も稼げなくなって、消えていきました。

特定の仕入先に依存した方法やジャンル、お店に関係なく、稼げなくなる事を歴史は証明しています。

あなたは絶対彼らの真似をしないで下さい。

 

ハードオフでゲームせどりして稼げますか?電池交換とか…

 

現在でもハードオフは良い仕入れですが、手法も広まり、ライバルは多いです。

中古だけでも月に30万なら問題なく到達可能ですが、ゲームに絞らず、アパレルや家電も加えて総合的に稼いでいくようにしましょう。

 

電池交換はダウンロード配信が普及したので、かつてほど旨味はないです。

作品を選ばないと薄利多売に終わります。

 

攻略本ゲームせどりで稼げますか?

 

古本転売で稼ぐ手法ですね。

これは攻略サイトがあるから稼げないと思いきや、思わぬ需要があったりします。

 

しかし同じ事を考えてる人がいるので、攻略本だけを仕入れるのではなく、色んなジャンルから利益を出せるようになったほうがいいでしょう。

 

メルカリやヤフオクを使ったゲームせどりってどうよ?

 

電脳せどりについてはこちらで掘り下げていますので、読んで下さい。

通用しますが、ライバルが多いのでニッチなところを狙わないと厳しいです。

 

まとめ

 

今どきゲームせどりをやるセンスの悪い人なんていないと思いますが、もし未だにゲームせどりの情報を探しているなら目を覚まして下さい。

ゲームせどりは稼げません。

カテゴリーレベルで規制をされてしまっていて、初心者が実践することが不能になってしまっているのです。

 

数ある手法の一つとして取り組むなら理解をしますが、これに絞ったコンサルや教材など論外。

せどりという手法そのものが完全に時代遅れになっているので、資金や時間がない人でも稼げる無在庫転売にシフトをしていきましょう。

記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です