在宅副業に使うパソコンの選び方考え方。必要なスペックと予算は?OSは?

在宅パソコン

こんにちは、細野です。

 

僕は自分の顧客に対してパソコン選びの提案もしています。

まあ得意なジャンルですよね。

 

ビジネスに使うパソコン。

色々なビジネスの形態があるので、その形態に適したパソコンを選ぶことがとても大事です。

 

例えば輸入や輸出、電脳せどりと言ってネットから仕入れてネットで転売をする方法。

アフィリエイトのようにパソコンに向かって作業をすることが中心となるビジネス。

こういった環境であればパソコンは高性能なものを選ばないとダメです。

 

なぜなら大量のタブ画面を開き、ツールを立ち上げ、分析をしていく必要があるからです。

これを遅くて古いパソコンでちんたらやってたら効率が悪すぎます。

もたもたしている間に競合に商品を買い占められるなんてこともあるでしょう。

 

でもこれが店舗せどりでFBAに出品したり、価格改定をしたり、メールの送受信を外注さんとやる。

こういう用途であればハードルはだいぶ下がります。

 

OSについて

 

そうはいっても未だにXPとかVistaを使うのは論外で、最低でもWindows7。

 

今から買うならWindows10搭載のパソコンを買うのがいいでしょう。

特別な理由がない限り古いOSを使うことはおすすめしません。

 

スペックについて。これだけわかってればOK

 

僕がお客さんに提供しているスペックとしましては、まずOSは前述のWindows10。

そしてCPUというパソコンの性能を決定づける部品。

これをi5というものにします。

 

パソコン選びで失敗する人はこのCPUがセレロンというものを選んでしまってます。

このセレロンを選ぶと後述のメモリを足したり、HDDをSSDにしても無駄になるので気をつけましょう。

 

次のHDDですが、これはSSDというフラッシュメモリを使ったものを選びます。

なぜかというと起動の速度や普段の作業スピードが雲泥に変わるからです。

HDDでちんたらちんたらやるよりもSSDにして最速の環境でキビキビ仕事をこなす。

これが基本となるので覚えて下さい。

 

最後にメモリ。

これは最低でも8GBにしましょう。

 

古いパソコンだとメモリ4GBというものが多いと思いますが、それだと少ないので足しましょう。

機種によりますが4GB追加するのに5000円も出せばメモリは手に入れられます。

大変コスパが良いので迷わず投資しましょう。

 

在宅副業用パソコンを買う時の考え方

 

在宅ビジネスをやる場合は、デュアルディスプレイと言って、液晶を2枚入使ったり、トリプルディスプレイ(3枚)にして環境を構築します。

 

液晶ディスプレイは1枚1万5千円も出せばきちんとしたものが購入できます。

しかも新品で。

これが中古だと5千円前後で購入が可能です。

 

中古でもいいよという方はヤフオクで中古を探しましょう。

同じ人から買えば同梱してくれて送料も安くなります。

 

2枚買って予算1万円でいけたら安いよね。

 

ノートとパソコンはどちらがおすすめ?モバイルルーターは必要?

 

デスクトップ環境で、マルチディスプレイ環境を構築します。

 

wi-fiはスタバやホテル、セブン-イレブンに行けば無料で使えるので、WiMAXやワイモバイルがなくても支障ありません。

 

僕のパソコン環境

 

ちなみに僕はこの記事を書いている時点で3枚のディスプレイ環境で仕事をしています。

 

僕は動画を作ったり、サイトアフィリをしたり、顧客とチャットワークやLINEでやり取りしたりと、複数の仕事を並列してやっていく仕事をしているのでこういった環境を組んでいるんですね。

 

全部で30万ぐらいかけて環境構築しましたが、全然安いと感じてます。

 

稼げるようになったらこのようにスペックの良いパソコンや環境に投資をしてさらに有利に戦える状態にしていきます。

 

お金がないあいだは予算7万円程度を確保してもらって、僕に頼むか、お金を貯めて10万ぐらいだしてちゃんとした新品を買うといいでしょう。

 

現在使っている機種としては、iMac、MacBook、Windowsデスクトップ、Windowsノートの4台です。

Windowsは殆ど使うことがありません。

 

稼げるようになったらさらに上の環境へ

 

稼げるようになってきたら、さらに良い環境にシフトしていきます。

 

CPUをi7というi5よりもさらにいいものにします。

そしてグラフィックボードを搭載して3枚、4枚の液晶ディスプレイを接続できる環境を作っていきます。

メモリは16GB以上、32GBあると不足感を感じることはまずないでしょう。

 

デスクトップとノートパソコンを2つ持つことで、片方が壊れた時もビジネスを止めることなく活動ができるようになります。

また外で仕事をしたり、誰かと会うときにもパソコン環境があると大変便利です。

 

出た利益を使って良い環境を手にしてくことで、あなたの時間はさらに有意義に使われるようになり、その結果としてさらに稼げる。

物販にしろアフィリエイトにしろ、それで得たお金なんてあぶく銭でしかないです。

 

全部再投資する勢いでより良い環境、人との出会いに使って自分を成長させていきましょう。

 

BTOのすすめ

 

 

デスクトップであればBTOして自分好みの環境を作るのも良いです。

 

メーカー:Sycom

サイズ:省スペース、ミドルケース、フルタワー、ベアボーンなどお好みのサイズでオーダー、デザインもお好きな物を選択可

CPU:Intel、AMD共に選択可能

メモリ:16GB以上好きなだけ搭載可能

HDD:システムドライブをSSD、ストレージHDDなど柔軟に設置可能

OS:好きなOSを選択可能

グラフィック:用途に応じて最適なボードを増設

サウンドカード:音楽を楽しみたい場合は増設

その他:静音化、水冷化など幅広く対応可能

 

ノートパソコンを買う

 

ノートパソコンを使って普段作業をされている方は多いと思います。

昔に比べてノートだから出来ない、ノートだから性能が低いというのはなくなりましたし、価格も安くなりました。

逆にデスクトップパソコンは場所食うわ、置き場所を選ぶわで一般人向けじゃないのかなと感じています。

 

ノートパソコンとデスクトップでこれだけ揃えるものが違う

 

デスクトップが初心者にとってハードルが高いと感じる理由は、揃える周辺機器の多さです。

本体の他にディスプレイ、キーボード、マウスを揃えねばならず、場所も大きく取ります。

 

ノートパソコンのように無線LANに対応してない事も普通で、インターネットには有線で繋ぎます。

後付で無線に対応させる周辺機器やパーツを取り付けることも出来るのですが、若干面倒です。

 

僕の中ではデスクトップPCを買うのは、ゲームで遊びたい、大画面環境での作業が必須など、プロフェッショナルユースだと考えています。

また店舗やオフィスなど、耐久性が求められるシーンでは、設計に余裕があるデスクトップに軍配が上がってきます。

 

じゃあノートの場合はどうやって選べば良いのでしょうか?

 

持ち歩くのか、持ち歩かないのか?

 

ノートパソコンを選ぶ際に一番最初に考えたほうがいいのが、持ち運びの有無です。

 

例えば毎日外に持って歩くような場合、2キロを超えるノートパソコンを買ってしまうとかなりの苦痛です。

また厚みがあったり、サイズがでかいノートもNGです。

 

外で頻繁に使う方はB5サイズで、重さが出来れば1,5キロ以下のものを選ぶと良いです。

Macであれば11インチ以下が使いやすくて良いです。

 

僕は外で仕事をする際はMacBook Airの11インチを使っています。

今後買い換えるとするならばMacBook Proの13インチを考えていますが、スペックを求められる作業をしないので当面の間MacBook Airを使い続けるつもりです。

全然壊れないんで。

 

自宅環境と出先環境を分ける

 

僕は自宅ではiMacと2枚のディスプレイを外付けで付けて作業をしていて、外では前述のMacBook Airを使って作業しております。

 

今後コンテンツ作成のためにB5のWindowsノートを買って、2台持ち歩く可能性があります。

外での環境と家での環境は分けており、取り組む作業も異なってきます。

 

僕の場合は外では集中力や左脳を使うものを中心に。

自宅では動画作成やメルマガ執筆といった、創造性が求められる作業に使っています。

 

最初の間は僕のように環境を分けることは出来ないかもしれませんが、例えばノートパソコン+外付けディスプレイ1枚など、大画面を使える環境を持つのはおすすめです。

 

最近になり外で1分半ほどのスライドショーを作ったのですが、1枚の画面で動画を作るのは超絶苦痛で、簡単な作業なのに4時間以上かかってしまいましたw

ただ単調作業に限って自宅でやるのは苦痛すぎて出来ないのも事実なので、ここをどうするか今後考えていかなければなりません。

 

車で移動するならサイズは気にしなくていい

 

もしあなたが外で仕事をするにしても、移動が常に車になる場合は、重さやサイズを気にする必要はありません。

車の移動であればどれだけ大きなものや、重たいものでもストレスを感じることなく持ち運べるからです。

パソコンの画面は大きいほど作業がしやすいので、車を使う人にはA4以上がおすすめです。

 

予算はどれぐらい必要か?スペックは?

 

Windowsであれば5万円以上、Macであれば10万以上は欲しいです。

新品で買う場合はこの1,5倍から2倍ぐらいを見て下さい。

 

最近はパソコンの性能が上がりすぎて、最新のパソコンにこだわる理由があまりなくなりました。

 

ただ逆に古いパソコンを使い続けるのも問題で、未だにWindows Vistaとかはやめたほうがいいです。

Macの場合は僕であれば3年以上MacBook Airを使っていますが、仕事でしか使わない+テキスト入力がメインの作業であればストレスフリーです。

 

メモリが8GB以上あり、i5以上のCPUが入っていれば多少古くても大きなストレスにはならないでしょう。

 

逆にメモリが4GB以下で、CPUがセレロンのような廉価モデルだと新しいものでもストレスが出てきます。

 

一般的に起動に1分以上かかるとか、たくさんアプリケーションやウィンドウを開くと固まる場合は、スペックが足りていないので買い替えを検討したほうがいいでしょう。

 

パソコンは毎日使うものですし、これで出来ることを考えればケチらないほうが良いです。

遅いパソコンで時間をムダにすることのほうが、節約するメリットよりも遥かにオオクノコトを失います。

 

時間は有限なのですから、遅いパソコンを使い続けるのは時間の浪費と考え、まともな環境に買い替えをやっていきましょう。

 

秋葉原でパソコンを購入する

 

秋葉原に行ける方は秋葉原で買ってもいいと思います。

法人がシステム切り替えに伴って廃棄したパソコンが安価に販売されています。

 

自分が使うパソコンだけでなく、外注さんや家族に使ってもらうパソコンを買う際にもおすすめです。

僕のおすすめのお店はTwitterでツイートしていますので、僕が紹介しているお店を回ってれば失敗することはないです。

 

パソコンが好きな人には秋葉原はとても楽しい街です。

 

まとめ

 

お客さんと話すと古いパソコンを使っていたり、ひどい人になるとパソコン持っていませんという人もいますw

ビジネスをするならパソコンは必要であり、どんな形態であれ揃える必要があります。

スマホで出来ることはパソコンで出来るが、パソコンで出来るがスマホだと出来ないことはたくさんあります。

今の自分にとってどの環境が必要なのかを予算を相談しながら決めていきましょう。

 

稼ぎたいならデュアルモニターにしろ

最終更新日