【小資金で稼ぐ】中古せどりの魅力3つとデメリット2つを解説します

中古せどりせどり
この記事は約13分で読めます。

中古せどりに取り組んでみたいけど今からはじめても大丈夫かな?

新品転売と比較した時のメリットは?

おすすめのジャンルや手法を知りたい

 

この記事では中古せどりをこれからスタートしようと思っている方や、今実践しているけど稼げていなかったり、収益が頭打ちになっている方に向けて、中古せどりで最短で月収30万を稼ぐ方法をお伝えしていきます。

 

この記事を読むことで中古せどりに参入をして稼ぐために必要な知識や手順を正確に理解できるようになります。

中古せどりのメリット

せどりには大きく分けて2つのやり方があります。

 

一つは新品商品を転売する、新品せどり。

 

もう一つは中古商品を転売して稼ぐ、中古せどりです。

一度誰かの手に渡った中古商品を仕入れて、仕入れ価格よりも高い価格で販売する事で利益を出していきます。

 

そんな中古せどりにはどんな魅力があるのでしょうか?

一点物であるため差別化が行いやすい

新品せどりは同じ商品を何個仕入れて大量に販売することが出来ます。

そのため利益が出る商品には多くのライバルが殺到し、価格競争に陥りやすいというデメリットがあります。

 

一方で中古商品であれば同じコンディションの商品は2つとして存在しないため、差別化が行いやすい。

ライバルと衝突する機会が少なくなり、赤字になるリスクが新品と比べたときに低い傾向にあります。

利益率が高い

新品転売の利益率が10%〜30%程度であるのに対して、中古商品の場合この利益率が2倍以上に跳ね上がります。

利益率は20%〜60%を超えるものも珍しくありません。

低資金でスタートすることが出来る

新品と比べたときに仕入れ単価が低いため、少ない資金でスタートすることが出来ます。

そして利益率が高いため、手元にお金が残りやすい特徴があります。

 

僕自身も中古でせどりをスタートしたことで、開始した時の資金3万円を半年間で55万円まで増やすことに成功しています。

中古せどりのデメリット

中古せどりの良い点を解説してきましたが、逆に懸念点はないのでしょうか?

このパートでは中古せどりのデメリットについて解説をします。

回転率が悪い

仕入れてから売れるまでの速度が、新品と比べたときにゆっくり目です。

 

利益の出しやすい商品はオフシーズン商品など、時期的に売れにくいものであることが珍しくありません。

夏の終わりや秋以降に扇風機が安く売られていたので仕入れたものの、売れたのは半年後といった具合で、仕入れてから売れるまでのラグが発生し、その間資金が拘束されてしまいます。

 

商品の売れ行きや販売数を調べて仕入れをしても、その通りに動かないことが珍しくないのです。

目利きが難しい

新品せどりの場合バーコードや型番がすぐにわかるものが多いですが、中古の場合そういったものがついてない商品も珍しくありません。

 

目利きで仕入れをする場面も少なくなく、付属品や状態で相場も変わるため、考えることが多く難しいと感じてしまう人もおられるようです。

慣れてくることで商品知識も増え、少ない時間で仕入れが出来るようになっていくものの、最初の間は新品せどりよりも覚えることが多く、大変と感じることがあります。

中古せどりの仕入先

中古商品なんてどこで仕入れをするんだ?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

このパートでは中古せどりの仕入先を紹介していきます。

店舗の仕入先

まずはオフラインのお店を紹介します。

リサイクルショップ

ブックオフやセカンドストリート、ゲオなど全国チェーンのリサイクルショップは中心となる仕入先となります。

全国チェーンのリサイクルショップがおすすめである理由は、買取量が豊富でお店の在庫管理のクセを見抜きやすい事です。

 

どんな商品が安くなるのか?

どこを重点的に調べれば利益の出る商品を見つけやすいのか?

 

この2つがノウハウとしてすでに確立されているため、非常に攻略しやすい。

全くの初心者であっても、各店舗ごとの攻略方法を知った上で来店すれば、儲かる商品を見つけるのはそれほど難しいことではありません。

フリーマーケット

週末に各地で開催されているフリーマーケットには、数多くの中古品が並びます。

価格も安かったり、開催日当日に売りきらないと持ち帰ることになるため値下げ交渉が通りやすい。

 

そのため相場価格よりも大幅に安い価格で仕入れが出来る利点があります。

古物市場

古物商を持っている人だけが出入りできる業者向けの市場があります。

店頭やネットよりも安い価格で大量に商品を仕入れることが可能になり、安定した仕入れが可能に。

電脳(ネット)の仕入先

続いてネットでの仕入先について解説をします。

メルカリ

店舗に出向いて仕入れるのはちょっと‥という方は、ネットからの仕入れを実践しましょう。

 

フリマアプリナンバーワンシェアのメルカリには日夜商品が出品されており、有力な仕入先となります。

出品者と交渉して値引きをしてもらったり、アラートアプリを使って値段が安い商品が出たときに通知が来る仕組みを作れば、相場よりも安い価格で仕入れが出来るようになります。

ヤフオク

オークションサイトとして日本最大のヤフオクは、メルカリとは異なるユーザー層が集まっています。

メルカリが若い層が中心であるのに対し、メルカリは年齢が高い層や、ストアアカウントという業者の出品があります。

 

ヤフオクでは高く売れない商品(若い層が好む商材)を仕入れることで、メルカリで転売が出来る商材を仕入れる事が可能になります。

eBay

海外からの仕入れをする際には、世界最大のオークションサイトであるeBayが第一に候補に入ってきます。

日本では手に入らないレアなアンテイーク品もeBayであれば安く仕入れることが出来ます。

中古せどりの販売先

仕入れた商品の販売先についてこのパートでは解説をします。

基本的にはプラットフォームを使って転売をしていく流れとなります。

Amazon

ニッチな商品でも検索結果の1位に出ることが多く、圧倒的な集客力を持つのがAmazonです。

Amazonで販売されている商品であれば、Amazonに出すのが最も高く売れることがほとんどです。

 

とはいえ、近年では中古商品に対しても出品規制や真贋調査(偽物販売してないか証明書の提出を求められる)が行われており、参入するのが難しくなってきています。

 

仕入れ自体は難しくありませんが、販売をして継続的に利益を出すという点で、Amazonに中古出品を出し続けるのはリスクが高いやり方となります。

 

とはいえ、稼ぎやすい販路であり、ネット転売を行うのであれば知っておいたほうがいいプラットフォームとなります。

ヤフオク

仕入先の解説でも紹介した通り、年齢層が高い人が利用しているのがヤフオクとなります。

そのため仕入れた商品のターゲット層がマッチングしている場合、有力な販路となります。

メルカリ

前述のヤフオクと異なり若い人が購入者となります。

仕入れた商材の購買者層が若い人である場合、メルカリを販路として検討していく形になります。

 

販売する商材とターゲット層がマッチングしている場合、出品してから3日以内に成約をするため、中古商品であっても非常に回転率の高い商売を行うことが可能になります。

中古せどりで稼げるジャンル

このパートでは中古せどりで仕入れ対象となるジャンルについて解説をします。

家電

単価が高く、価格差が発生する商品を見つけやすいジャンルです。

 

Amazonで販売する場合は、出品規制や真贋調査に注意をしましょう。

少し前までは中古商品に対しては、規制や真贋調査が来なかったのですが、近年では中古商品でも来るようになっています。

ゲーム

回転率が非常に高く、売れ残りリスクが非常に低い分野です。

僕自身を振り返っても、ゲーム関連の商材を仕入れて最後まで売れなかった記憶がありません。

 

もちろん赤字になったり、返品されて不良在庫になったという経験はあるのですが、商品数も少ない。

慣れてくると覚えゲーとなるため、仕入れに使う時間も少なくなり単調作業の繰り返しとなります。

 

仕入れ対象の商材として、ゲーム機本体、ゲームソフト、周辺機器など、多くの商材で利益を出すことが出来ます。

フィギュア

コレクター性が高く、状態や付属品によって値段が大きく変わります。

商品知識や付属品別の相場を頭に入れないと稼げないというデメリットはあるものの、知識を増やすことで仕入れが出来るようになっていきます。

おもちゃ

廃盤になった商品、現行で販売されている商品関係なく売れます。

コレクション性があることはもちろんのこと、新品で買うには予算が足りない親からの注文、部品取りなど、様々なニーズで売れていきます。

もしゼロからAmazonに参入して中古転売を行うのであれば、古本転売から入るのがおすすめです。

 

その理由として書籍の偽物は作られにくいため、真贋調査の対象になりにくいこと。

新規アカウントに対して規制が行われていない事があります。

 

後発の人でも扱うことが出来、利益を出すことが出来る商品が無数に存在するため取り組みやすい。

 

単価が低い商品であるため、大きく稼ぐことは難しいですが、低いリスクで着実で利益を伸ばしやすいジャンルです。

CD

音楽配信が普及をした今、CDなんて買う人いるの?と思うかもですが、普通に売れます。

Amazonで販売する場合は規制がかかっているため、最初の間は扱えません。

 

そういう意味では初心者向けの商材ではないのですが、サブスクリプション(音楽配信)に対応しないアーティストや作品などは、音楽配信が普及をしても問題なく売れます。

DVD(Blu-ray)

ライブDVD、アニメのDVDBOX、ドラマなど映像配信に対応しない作品やコレクション性が高い商品が仕入れの対象となります。

 

こちらもAmazonで販売する場合、新規アカウントに対しては出品規制がかかっており、販売が出来ません。

ブランド品

ある程度資金があることが前提となりますが、非常に稼ぎやすいジャンルです。

常に需要があり、探している人がいる商材であるため、売れ残るリスクが非常に低い。

 

新品転売の場合、現地に住んでいる方や割引価格で購入できる権利(VPI会員)を持っている方でないと利益を出すのが難しいです。

一方で中古の場合は、状態や付属品によって値段が変わってくるため、工夫次第で差別化が出来ます。

古着

これから少ない資金で転売に参入するのであれば、このジャンルからスタートするのが最短コースと考えています。

というのも、Amazonを使った転売は規制や真贋調査が厳しくなっており、新規参入者には難しい販路となっています。

 

そのため、ヤフオクやメルカリなど、出品規制や真贋調査が存在しないプラットフォームで扱える商材からスタートするのが有効な対策となります。

 

もちろん規制を解除したり、真贋調査の対象になりにくい商材を扱うことが出来れば、後発でもアマゾン転売で稼ぐことは可能でしょう。

しかしそのためには資金や初期投資など、多くのハードルが存在し、資金が少ない方には実践が難しいです。

 

古着転売も決して楽な分野というわけではありませんが、きちんとリサーチと高く売るための工夫(写真、魅せ方)を怠らなければ稼げるはずです。

時計

単価が安いものから高いものまで、様々な商品があるのが時計です。

電池が切れてしまっているものを山で仕入れて直したり、内部をオーバーホールして販売する事で利益を出すことが出来ます。

 

高級腕時計の仕入れが出来る場合、相場が上がっている時計を相場が上る前に買い取ったお店で仕入れることが出来れば、利益が出ます。

中古せどりに使うアプリを紹介

リサーチを効率化するアプリをこのパートでは紹介します。

アマコード

店舗でのリサーチに使うアプリです。

無料で利用することが出来、設定を変更することでkeepaを使った分析にも対応可能です。

せどりすとプレミアム

有料のせどりアプリですが、店舗せどりで大きく稼ぎたいのであれば導入をおすすめします。

利益計算や価格改定ツールとの連携、keepaへの対応など、中古せどりで効率的に稼ぐために必要な機能が全て内蔵されています。

メルカリ

これから中古せどりを始めるのであれば、メルカリは必須になってくるでしょう。

Amazonと異なり出品規制や真贋調査がないため、需要のある商品さえ見つけることが出来れば、自由に販売することが可能だからです。

 

メルカリのアプリを使って、販売する商品の取引価格を調べたり、販売している商品の管理に利用します。

ヤフオク

多くの商材が取引されており、即金で稼げるため必ず導入していきたい販路となります。

アプリを導入することで出品から販売管理までをこのアプリ1個で行うことが出来ます。

 

取引価格の調査にも利用出来るため、必ず導入しておきましょう。

Amazon

規制が厳しくなっており、急速に無理ゲー化しています。

これから参入するのであればAmazonは避けたほうが懸命です。

 

逆説的に言えば、規制や真贋調査の問題さえ突破できれば稼ぎやすいプラットフォームであるため、突破口を見いだせる方はAmazonを利用してもいいかもしれません。

中古せどりで稼ぐ上で覚えておきたいポイント

中古せどりは要点を抑えれば未経験者でも結果を出せるやり方です。

このパートでは中古せどりを伸ばすためのコツを解説していきます。

古物商を取得する

古物商を持つことで公的に中古商品を扱ったり、買取を行うことが出来るようになります。

古物商を持たずに転売している人もいますが、無免許での販売は法律違反となりますので、取得しておいたほうが良いです。

 

古物商の取得は犯罪歴さえなければどんな人でも取得が可能です。

最寄りの警察署に取得をすれば、申請に必要な書類や手順について丁寧に教えてもらえます。

リサーチしていて苦にならないジャンルを見つける

最初の間はジャンルを固定せずに様々な商材をリサーチして販売していきましょう。

複数のジャンルを経験することで、自分の得意な分野、リサーチを繰り返しても苦痛を感じずに楽しく取り組めるジャンルが見つかってきます。

 

せどりは短期間で結果が出やすいビジネスですが、同じことの繰り返しであるため飽きを感じやすいです。

楽しんで続ける要素がないと、挫折に繋がりますので、自分が興味を持てる、好きになれるジャンルを見つけられると理想です。

資金が増えてきたら新品も視野に入れる

中古転売だけだと扱える商材や仕入れに限界があり、頭打ちになりやすいです。

ある程度資金が増えてきたら同じ商品を大量に仕入れて販売ができる、新品商品の取り扱いを視野に入れていきましょう。

 

中古商品と新品商品を両方取り入れることで、在庫の回転率と利益率を上手にバランスさせることが出来るようになります。

中古せどりで稼ぐ流れを身に着けよう

中古せどりで稼ぐ流れはシンプルです。

仕入先を確保し、販売先との価格差を調べていく。

 

価格差が発生していたら、想定した価格で売れるか調査し、利益が見込めるのか掘り下げる。

利益が出せると判断したら仕入れをし、販売先に出品をしていく。

 

商品が売れたら梱包をして出荷をする。

これらの作業を繰り返すことで中古せどりでは稼いでいきます。

 

中古せどりは資金が少ない人でも参入する事が出来、新品転売に比べて利益を出しやすいビジネスです。

中古せどりを上手に使いこなして、資金力を増やすことで、高単価な家電やブランド品を扱う体力も身についていきます。

 

中古せどりを上手に活用してあなたのビジネスを加速させていきましょう。