中古せどりはAmazon規制の影響なし!実績と資金構築に最適!

中古せどり せどり
この記事は約8分で読めます。

Amazonでは年々新規出品者に対する規制が厳しくなっており、後発の人ほど稼ぐのが難しくなっています。

 

参入するにあたり、規制解除ノウハウや代行への投資、仕入れツールやコンサルへの投資など、莫大な初期投資がかかり稼げるまでに時間がかかるようになってしまいました。

 

すぐに結果が出る、覚えることが少ないから簡単。

これがAmazon転売の最大のメリットでしたが、現在はアマゾンせどりを積極的に実践する理由が希薄になってしまっています。

 

しかし事の本質を見ていくと、規制をされているのは主に新品商品であることがわかります。

中古商品は規制されてない商品のほうがまだまだ多い。

 

なぜ新品ばかり規制されるのか?

ここを掘り下げて見ていけば、今後せどりで生き残る道が見えてきます。

 

今回はこれからせどりを始める人に、あえて中古に絞って参入をする提案と、そのメリットをお伝えしていきます。

 

なぜアマゾンは新品転売を規制するのか?

 

まず第一に、なぜアマゾンが新品のメーカーやブランド品を出品規制するかを考えてみます。

これに関しては、定価よりも高いことで販売することへのクレームが、メーカー側から来ていることが原因です。

 

アマゾンでは絶版になった商品や在庫切れになっている商品も販売が可能ですが、そういった商品を高く販売することで、メーカー側にお客様からクレームが来てしまうことがあるのです。

メーカーとしては自社の商品は卸や商社に流通をしてもらいたいと考えており、転売ヤーに高い価格や、値下げ競争をしてブランド価値を落とされることを歓迎していません。

 

そういった商品を販売するアマゾンとしても、自社のブランドイメージはもちろんの事、販売する商品を提供してくれるメーカーとの関係性を保つために、転売ヤーを規制する判断をしているのです。

 

今後も新規転売ヤーに対する、アマゾンの出品規制は強化されていくし、新品商品を大量に仕入れて短期間で売るという戦法は実践が難しくなります。

 

中古せどりで10万円を稼ぐことからスタートする

 

こういった前提条件をもとに考えると、巷で提案されている新品せどりからスタートするよりも、中古仕入れから転売をスタートさせたほうが、これからの市況では挫折率が低いと言えます。

 

中古は仕入れる時に見るポイントが多かったり、コンディションによって価格が変わるなど、覚えることが新品よりも多いです。

しかし、規制が新品と比べて少なく(CDなど中古でも規制があるものが一部ある)、中古品の売買をメーカーや国が規制することは考えにくいため、今後も安定推移する可能性が大きいです。

 

本当は新品も中古も関係なく、オールジャンルで仕入れが出来れば理想なのですが、まずはアカウントの販売実績や資金を増やすことのほうが大事。

中古せどりから参入することで、利益率が新品よりも高いため、短期間で増やしやすい。

利益が出るということは法人化して節税を出来るラインまで、短い期間で到達が可能。

 

そして法人化をすればメーカーや卸と取引が出来て、新品転売をアマゾンとメーカー公認で堂々と行うことが可能です。

メーカーや商社と契約する際にも、中古せどりで自身の販売実績をPRする事が出来るため、説得をしやすくなります。

 

このように戦略的な参入方法を考えていくと、せどりで稼ぐことは問題なく可能な事がわかります。

 

仕入れがシンプルになる

 

今、せどりで新品を仕入れてる人は、仕入れる前にセラーアプリで出品規制をする作業があります。

 

稼げる商品でも規制されて扱えなければ、それを販売することは不可能。

しかし中古であれば、そこまでナーバスに出品規制を考える必要がありません。

 

仕入れに出かける際にも、回るお店はリサイクル系のお店だけでいいので、ルートの作成がとても楽です。

電脳せどりをする際にも、中古だと数が少なく、今流行りのネットショップ前頭サーチツールを使う必要もありません。

 

デメリットとしては大量仕入れや、同じ商品を何度も販売するという戦法が取れないことです。

しかし初期段階では同じ商品を何度も売るやり方よりも、異なる商品を分散して販売するほうが、経験値も増えていいです。

 

 

中古で経験と実績を作る → 徐々に規制カテゴリを解除 → 法人化 → メーカーや卸と大口取引開始 → OEM

 

 

このようにステップアップしていくことで、資金力が少ない方や、後発の人でも無理なくステップアップが可能になります。

 

 

仕入れが出来る具体的なジャンル

 

では中古せどりで販売できるジャンルには、具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

それぞれの特徴とメリット・デメリットを解説していきます。

 

家電

 

中古として取り組む上で、一番メリットを感じやすいジャンルです。

利益率、回転率のバランスに優れ、大きく稼ぐ上では欠かすことの出来ない商材です。

 

主には型落ちのモデルだが、同じモデルを探している人や、壊れてしまったので同じものを購入したい、最新の機種が自分の環境だと対応していないといったニーズで売れていきます。

 

仕入先はリサイクルショップと中古家電を扱う専門店、質屋など。

電脳せどりをする場合は、フリマサイトとオークションサイトが仕入先となります。

 

カメラ

 

カメラは商材数が豊富で、パーツレベルで販売が出来るため、仕入れる商材に不便をしにくい特性があります。

 

カメラにジャンルを絞ったコンサルや塾は、未だにあります。

 

スマホに搭載されるカメラの性能は上がっているものの、デジカメや一眼レフは未だにニーズがあります。

そしてそれらの周辺機器(ケース、バッテリーなど)も含め、莫大な商品が仕入れの対象となります。

 

都心だとソフマップやじゃんぱらなど、中古家電を扱っているお店で仕入れが可能です。

都心以外だと大手リサイクルショップがメインの仕入先になります。

 

おもちゃ

 

おもちゃは年末以外は動きが遅いので、あまり積極的に取り組んで来ませんでした。

 

バーコードがついてない商品や、UFOキャッチャーの景品(プライズ)、箱がないものなど、全てが仕入れの対象になります。

 

おもちゃの場合は、家電やカメラ以上に見るポイントがあり、商品知識を入れていかないと仕入れが安定しません。

しかし知識が身につくと、目利きでどんどん仕入れができるようになっていくため、他のライバルよりも安定して仕入れができるメリットがあります。

 

年末以外は動きがゆっくりというデメリットはありますが、コレクター要素の強いものは時期に関係なく動いています。

 

DVD(Blue-ray、VHS)

 

映像ソフトは中古でも関係なく動きます。

ただ、この分野は新規出品者に対して中古でも規制が入ってしまっているので、規制解除をすることからスタートです。

 

DVDはそこまで中古だと回転率が良い商材ではないため、個人的にはスルーでいいと思います。

規制解除が出来る実績や資金力が身についた段階で参入し、新品を扱うというのがいいです。

 

CD

 

CDも規制が入ってしまっています。

アマゾン以外で販売するという方法もあるのですが、それだと効率が落ちてしまいます。

 

近年はメディアの価格をリサイクルショップでもかなり柔軟に設定してくるようになり、昔に比べて仕入れが簡単ではなくなってきました。

CDについても最初から参入するのではなく、規制解除後に新品でスタートすればいいと僕は考えています。

 

中古せどりの注意点:古物商を取る事

 

中古販売を実践するにあたり、古物商取引許可は得て置いたほうがいいです。

商売目的で大量の中古品を販売する場合は、この資格は必須であるからです。

 

元来は新品転売でもこの資格は有していたほうがいいものですが、中古転売ではより必要性が高い。

 

法律で定められている事は、守っていくのが基本です。

古物商は最寄りの警察署に問い合わせることで、取得方法の流れを丁寧に教えてもらえます。

 

犯罪歴さえなければ誰でも取得が可能ですので、申請をして取るようにしましょう。

 

まとめ

 

今まで簡単に稼げすぎていたこともあり、アマゾンせどりが急激にオワコン化したと感じる人もいるかもしれません。

 

今後規制だけでなく、増税もあり、せどりで稼げなくなったり、撤退をしていく人は相当数出ていくと思われます。

 

僕自身は中古からスタートしたことで、資金の成長性こそ弱かったけど、安定した基盤を作ることが出来ました。

中古を教えられる人は新品に比べると少ないですが、あえて遠回りしたことが今となっては強みになっています。

 

転売には様々な手法があり、どのやり方にもメリットがあればデメリットもあります。

 

アマゾンを使うリスク。

デメリットがあったとしても、大きな結果を短期間で出せるのもアマゾンの特徴です。

 

今うまくいってる人も、これから始める人も、アマゾンと上手に付き合い、成果につなげていけるよう頑張っていきましょう。

 

作業をたくさんしないと稼げない。

在庫を持ったり、人を雇ってオフィスを構えないといけない。

そんなやり方に消耗していませんか?

一人で実践でき、収入が上がっても忙しくならないビジネスは情報発信だけです。

誰でも簡単にできるビジネスを追い求めて疲弊するのではなく、あなただから出来るビジネスを構築して、安全に稼いでいく。

収入が増えても忙しくなったり、管理が複雑になってQOLが低下しない仕組みの作り方を、メルマガ登録をしてくれた方に公開しています。

せどり
SNSやってます。フォローミー!
記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです。SNSでのシェアも大歓迎です。


ビジネスと一杯のコーヒー