格安SIMに乗り換えるべき理由とおすすめの業者。コスパは無限になる

格安SIM 副業

この記事の所要時間: 2417

2年ぐらい前に格安SIMというものに乗り換え、それまでauに払っていた7000円が1600円に減りました。

 

そして乗り換えをしても自分の使い方だと全く不便を感じないので、これは多くの人が利用すべきだと考えすすめてきました。

昨年1年間だけでも相当数の人が格安SIMに乗り換えて、携帯代金が安くなった報告をしてくれました。

 

この記事では、

ビジネスの原資を作るために格安SIMに乗り換えるべき理由(毎月5千円以上得をします)
具体的なおすすめの業者は2つある
ネットビジネスにおすすめのスマホ

をわかりやすく解説していきます。

格安SIMになぜ乗り換えなければいけないのか?

なぜ携帯会社を変えるべきなのかと言えば、

それは手持ちの資金を1円でも多くビジネスに回し、

効率的に回すこと。

 

そして人生レベルでコスパを良くするためです。

 

僕もそうでしたが、普通にスマホを使ってるとauに毎月7000円とか、SoftBankに1万2千円を払い、

それが当たり前だと思って生活をしてしまいます。

 

携帯会社の決算を見たことがある人はわかると思いますが、

三社ともに天文学的な利益が出ています。

 

その理由は単に僕ら一般消費者から必要以上に搾取をしているから。

 

彼らが提供する料金体系がフェアであれば僕も使い続けていました。

実際auのサービスに不満はないし、快適でした。

だけどフェアでないことがわかったので、やめたほうがいいよと言うことにしました。

 

毎月のスマホ代が仮に5000円安くなったとすると、年間だと6万円です。

このお金でビジネスが出来るし、最新のiPhoneも買えますよね。

 

そして仕入れをしたり、環境をいいものにすればさらに稼げるようになります。

 

なぜお金持ちはどんどんお金持ちになるのか?

それは簡単で、彼らは稼げる環境と仕組みを無限に作り続けるからです。

彼らは稼ぐべくして稼ぐし、増えるべくして資産を増やしています。

 

皆さんが稼げない、資産が増えない理由。

 

それは単にマインドセットとお金の使い方がおかしい。

これだけです。

そしてマインドセットもお金の使い方も後天的に身につけることが出来ます。

 

なんで、こういう基礎的な所から行動習慣、お金の使い方を改めていきましょう。

すぐに出来ることなので。

やらない理由をダラダラ述べる習慣をやめよう

今回は僕がコンサルをしてきて感じた、
なかなか稼げるようにならない人の特徴と対策について話します。

 

稼げない理由というのは色々あるのですが
ノウハウがダメだから稼げないというのは
僕のコンサルに来ている限り有り得ないです。

 

だってYouTubeを見てもらえばわかると思うけど
短い期間で大きな結果を出す人がたくさん出ているわけだから。

 

現状どんな感じかというと
1ヶ月で30万。

これが当たり前。

 

 

そういう環境を提供しているし、
であるがゆえに僕じゃないとダメだと指名をしてくる人が
たくさんいるのです。

 

自慢話しはこれぐらいにして
本題に入りましょう。

 

せどりで稼ぐためには仕入れのためのお金が必要になってきます。

どれぐらい必要かというと30万ぐらいは最低でも欲しい。

ところがこの30万すら無い人も普通にいるものだから、2シグマという企画を作りました。

 

これであれば資金がなくても在宅で30万以上を稼ぐことが可能です。

それをしばらくやれば資金が100万以上に増えるので、そのお金で電脳せどりやります。

 

資金が100万貯まらなくても、黒字経営を続ければ融資を受けることも出来ます。

そうすれば資金は一気に300万〜500万程度になりますので、これを月利20%で回せたら月利100万稼げますね。

すげーシンプルですが、知らないと行動できないです。

 

これを読んでいるあなたは最短で成功する流れを知ったので後はやるだけです。

資金を確保するために生活を見つめなおす

で、これと平行してやって欲しいのが、
月の生活コストの削減です。

 

節約テクニックって表層的なもので
大変な割には効果が薄いものが多いんだけど
今回示すやり方は効果が大きく犠牲が少ないやり方なので
安心をして下さい。

 

今回のやり方は、僕がYouTubeにアップした
20代で資産1000万を無理なく作る方法という動画がベースになっています。

なのでまずはこの動画を見て下さい。

 

20代で資産1000万を無理なく作る方法 貧乏という幻想から解き放たれ資産が増え続ける未来を手に入れる選択

 

この動画で話したことは、資産1000万を貯めるだけではなくて
資金を増やすときでも実践できます。

シェアハウスとせどりは相性的にはイマイチなのですが
半年や1年という期間を区切ってやるならありだと思ってます。

 

そして資金がたまったらもっと条件の良く広い一軒家を借りたりして
自宅兼オフィスにしたり、
自宅とは別に郊外に広いオフィスを借りれば良いのです。

 

そしてせどりをやるなら必須の通信費ですが、
これは削減しても支障は全くないです。

今までに格安SIMにかなりの数の人を乗り換えさせましたが
問題は起きていません。

 

純粋にビジネスをして稼ぐ。
この上で格安SIMを使うことは合理的な考えであり、
資金が100万すらないなら必ず実践すべきことです。

 

このように何度も何度も格安SIMにしろと口を酸っぱくして言い続けているのですが
僕に会いに来る時に乗り換えずに来る人がいます。

 

こいつ稼ぐ気あるのか?
頭に虫でも湧いているのかと思うのですが、
話を聞くとこんな回答が帰ってくるのです。

 

「違約金が発生すると言われてビビってしまった」
「端末の代金が請求されてしまいビビった」

 

大体このパターンです。

 

これらについて全部論破するので
こういう不安を持つ人は何度も何度も読んで下さい。

 

完全に僕が言ってることが正しいので。

 

まず「違約金が発生すると言われてビビってしまった」について。

確かに2年縛りの期間を待たずに解約をすると
1万円前後の違約金がかかります。

 

しかし考えてみてください。

 

1ヶ月に支払っていた1万2千円が1600円になるのですよ?

1ヶ月で違約金を払ってもトータルだと得をしまくることが
容易に理解できるはずです。

 

ですから違約金が発生するから乗り換えないというのは
論理的な理由として説明不十分です。

 

ただ単にやりたくない事を正当化する言い訳でしかないので
無駄な抵抗はやめて下さい。

さっさと格安SIMにしろ。

 

次に「端末の代金が請求されてしまいビビった」という理由。

 

これももっともらしいのですが、
考えてみてください。

 

これからせどりをして、
色んな物を売っていくのですよ?

その中には当然使わなくなった携帯電話も含まれます。

 

解約をして使わなくなったスマホをヤフオクに売ることで
安いものでも1万円、高いものだと3万円4万円で売れることも珍しくありません。

 

端末の分割金が請求されても
その大半は端末をヤフオクで売却して得た利益で相殺できます。

そしてその月から通信費が大幅に削減されるので
トータルで見るとプラスになる。

 

端末のお金がかかるなら格安SIMにしないというのは
論理的な説明として不十分です。

ただ乗り換えたくない言い訳をダラダラ述べているだけです。

往生際が悪いですよ。

黙って格安SIMにしろ。

 

というかそういうしょーもない言い訳を
ダラダラグチャグチャやってるから
未だに金も稼げず、貧乏でしょっっぱい生活をしているのですよ。

自分のやり方とかいらないんで
全部捨てて下さい。

通信費削減して1円でもせどりに回せるお金を増やして下さい。

 

同時にお金を得るための仕事も今よりも増やし、
入ってくるお金を増やし、出て行くお金を減らして下さい。

 

贅沢を全部辞めろとはいいません。

でも減らす努力をして下さい。

 

たばこを1日に10本数なら9本にする所から努力して下さい。

缶ビールを3本飲むなら2本にする所から努力して下さい。

 

こういった努力すらせずに資金がないとか、時間がないとか言わないで下さい。

それらは全部嘘です。

自分の実を守るための都合の良い言い訳です。

 

僕は全部見抜き、
そういったことを言ってきたら
ぶちきれてど叱りつけますのでよろしくです。

 

ということで資金を作るため
未来を手に入れるために格安SIMに乗り換えようというお話でした。

格安SIM乗り換えの流れ

MVNOにすると決めたなら

 

やることは簡単です。

 

MNPの予約番号を取る → 今使ってるSIMロックを解除する(無料) → マイネオを申し込む

 

難しい作業1個もない。

 

店頭で契約してもいいのですが、地方で店舗がない人がいる可能性もあるのと、平日は忙しいと思うのでネット契約をおすすめしています。

 

とにかく最短ルートで無駄な支出を止めて、稼ぐことに全エネルギーを集中させたいので、

作業はだらだらやらずにすぐやって下さい。

 

MVNOに乗り換えるのに2週間以上かけたらだめです。

すぐやる。

秒速で行動する。

これを徹底して下さい。

 

クレカが作れない場合

クレカが作れない時は契約できるキャリアに制限がかかります。

この動画を見て対策をして下さい。

 

デビットカードが使えないMVNO業者が増えている今、クレカを作れない人はどうすればいいのか?

 

マイネオで契約する場合

マイネオで契約する際の流れを解説します。

【超朗報】3大キャリア全電波網にマイネオさんが対応

 

この記事では僕がおすすめしているマイネオについて、なぜおすすめなのか?乗り換えるために何をしなければいけないのかを整理してお伝えしていきます。

 

今高い通信費を払っている方は、このやり方をまずはご自身で実践して頂き、家族単位で実践をすることで、大幅な固定費の削減が可能です。

極めて実利性が高い方法となりますので、是非取り入れて頂き、あなたのQOL改善にお役立て頂ければ幸いです。

 

AUからマイネオに乗り換え。まず何をやらないければいけないか?

 

実際に契約をしてわかったのは、マイネオに対する注目です。

僕らは東京のマイネオ直営の店舗で契約をしたのですが、お客さんが途切れることなく平日でも入っていました。

 

お店は街の古いビルの2階に入っていてわかりにくいです。

当初大手の家電量販店や街のケータイショップで契約しようとしたのですが、取扱がなかったり、即日開通が出来ませんでした。

僕らは当日端末を購入して、その日に開通をさせたかったので、直営店を探すことに。

 

そしてお店に行ってみたら、わかりにくい場所にあるのに、年配から若い方、ビジネスマンの方から主婦の方まで色んな方が来店しているのがわかったんです。

 

最近マイネオは電車広告や雑誌広告も出しており、どんどん有名になっているので、その影響が確実に出ています。

 

今回AUからマイネオに乗り換えた僕のお客さんは何十年もAU一本で契約をしてきた人です。

月々の支払いは1万2千円。

 

高いと思っていたがそんなもんだろうと深く考えなかったそうです。

 

まず僕らがやったのはAUショップに行き、MNPの予約番号を取りました。

MNPの予約番号はサポートセンターに電話をすることでも取得可能です。

 

事前に準備できる方はサポセンが良いと思います。

店頭はどんなタイミングでも人が並んでいて混んでいますので。

 

MNPの予約番号が取れたら、端末を用意します。

これは店頭で買ってもよいのですが、ヤフオクとメルカリが一番安いです。

 

 

iPhoneは割れやすいというデメリットがあるため、保護ガラス、ケースに入れて割れ対策をしましょう。

こちらは事前にAmazonで購入しておくことで、スムーズに衝撃対策が出来ます。

 

保護ガラスは100円均一で売っているので、そこで買えばいいです。

安いし割れてもガンガン買い替えて使っていけますよね。

 

なお現在AUのiPhoneを使っている方はこれらの準備は不要です。

その端末のままマイネオに乗り換えが可能です。

 

ドコモ、ソフトバンクから乗り換える場合

現在マイネオは3大キャリア全てに対応しており、あなたがどのキャリアを使っていてもスムーズに乗り換えることが出来ます。

従ってあなたがやることは、MNPの予約番号を取得し、それを持ってネット経由または、家電量販店でマイネオを契約することです。

 

iPhoneは売却価値も高いため、マイネオに乗り換える際は、SIMロックを解除しておくことをおすすめします。

SIMロックを解除すれば、ドコモ、AU、ソフトバンクの中から好きな電波網を選べるだけでなく、次のiPhoneに買い換える時に高く売却できるというメリットがあります。

ネットから簡単にSIMロックは解除できるので、MNPする前に今お使いのiPhoneのSIMロックを解除しておくようにしましょう。

 

MNPのとり方まとめ

各キャリアで電話を使ってMNPの予約番号を取る方法をまとめていきます。

docomoでMNPの予約番号を取得する時

docomoでMNPの予約番号を取得する時はサポセンに電話をして、MNPの予約番号発行とオペレーターに伝えます。

 

電話番号は、

0120-800-000

です。

 

docomoの携帯からかける時は151を押して発信すれば繋がります。

 

オペレーターに電話が繋がると個人認証をされるので、自分の住所や生年月日を答えます。

電話の中で、次にどこの会社に乗り換えるのか?とか、乗り換える理由を聞かれることがありますが、まじめに答える必要はありません。

僕は最近場馴れしてきて「答える気はありません」と伝えています。

 

個人認証が終わると解約にかかる料金やルールの説明がありますが、これも毎回聞くのだるいので、最近は「わかってるので予約番号を発行してもらえますか?」と伝えています。

この説明、毎回5分以上だらだら話してくるので聞いてるのかったるいんですよね。

黙って予約番号くれよって感じなのですがw

 

こんな感じで必要なことを淡々と伝えていくと、10分ぐらいで予約番号が取得できます。

その際番号は口頭で伝えられるので、メモとペンを用意しておきましょう。

auでMNPの予約番号を取得する時

auの場合もdocomoと作業の流れは一緒です。

 

電話は

0077-75470

です。

 

ソフトバンクでMNPの予約番号を取得する時

SoftBankもauとdocomoと流れは同じです。

 

電話は、

0800-100-5533

です。

SIMロックの解除方法

各社でSIMロック解除をする方法をまとめていきます。

ソフトバンクでSIMロックを解除する方法

SIMロック解除に対応している端末であることが前提です。

また、前回のSIMロック解除受付日から101日目以降という縛りがあります。

(一人でまとめて一気にSIMロック解除というのが出来ない)

2015年の5月以降に販売された端末は全てSIMロック解除可能です。

iPhoneであれば6s以降はSIMロック解除に対応してます。

 

解除する端末は自分名義のもののみ。

(ヤフオクで落札した端末をSIMロック解除する事は出来ない)

 

店頭でSIMロックを解除しようとすると3,000円取られる。ネット申し込みなら無料。

 

分割のお金が残っている場合は返済をしないとSIMロックの解除はできない。

分割が残っている場合は店頭に出向き、繰り上げ返済をすると良いです。

 

SIMロック解除はマイソフトバンクにログインして行います。

 

ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する/SIMロック解除

 

auでSIMロックを解除する方法

auもMy auの管理画面からSIMロック解除を申し込むことが出来ます。

受付時間が9時から21時30分までなので対応時間に注意しましょう。

 

SIMロック解除のお手続き

 

ドコモでSIMロックを解除する方法

 

ドコモも同じ作業でSIMロックが解除できます。

ドコモは2015年以前の端末でもSIMロックを解除してくれます。

 

my docomoにログインをしてSIMロックを解除して下さい。

 

2015年5月以降に発売された機種の手続き

 

2011年4月〜2015年4月に発売された機種の手続き

 

SIMフリーの端末を今使っている方

現在使っている端末がSIMフリーな方はそのまま乗り換えが可能です。

購入後に設定をすればすぐに使えるようになります。

現在契約しているキャリアでMNPの予約番号を取得して、乗り換えましょう。

 

即日開通なら店舗。店舗がなければネット開通

準備ができたら開通の作業に入ります。

 

今回店舗で契約をした僕らが思ったのは、混んでいて時間がかかるという事。

 

BICSIMであればスタッフが大量に配置されていて、サクサク進むのですが、マイネオさんはスタッフ不足で処理が追いついてないです。

なのでネット開通で余裕を持って準備をするほうがいいと感じました。

 

即日開通を望むであれば直営かつ即日開通が出来るお店を事前に探して、予約しましょう。

予約することでスムーズに対応をしてもらえます。

 

僕らは待ち時間だけで10分〜20分かかりました。

これらの時間は浪費でしかないので、ネット開通をして余計な時間が失われることをヘッジする方をおすすめします。

 

プランの選び方

音声通話をする場合は5分までの通話がかけ放題になるオプションを付けて下さい。

これが880円です。

 

データ通信は3GB、5GB、10GBと選べます。

普通に使うだけなら3GBで十分足りますが、僕の動画を見るなど通信をガンガン使う方は5GB、10GBの契約がいいでしょう。

 

僕のお客さんは音声かけ放題オプションと5GBで契約して月額3100円になりました。

これでもかなり安いと感じるらしく満足していましたよ。

元々1万2千円以上払っていたので、4分の1近くまで固定費を削減できた計算になります。

 

乗り換え時に発生するお金

格安SIMに乗り換える時に多くの人が躊躇するのが違約金です。

これが1万円ほど持って行かれます。

 

年単位だと格安SIMにすることで5万円〜8万円以上得をするので長い目で考えて下さい。

ここから先毎月通信費が削減されて節約ができるのです。

 

節約ができるだけではありません。

 

サービスレベルも落とさずに固定費が減るのです。

安くてもサービスレベルが下がったら意味ないですよね。

 

そして端末を分割で払っている場合であれば、残りの端末代が請求されてきます。

これは一括で支払って負債をゼロにして、ヤフオクやメルカリで売却しましょう。

そうすれば売却費用で負担を少なくすることが出来ます。

 

知り合いにマイネオユーザーがいる場合は携帯電話の番号を伝えることで、アマゾンギフト券を貰えるというキャンペーンを僕らが契約した時はやっていました。

こういったものも利用することで契約時に発生するコストを減らすことが出来ますね。

AndroidからiPhoneに乗り換える手順

Androidを使っていた方はOSが変わるので、移行作業が必要です。

これはアップルから乗り換えツールが出ているのでそれを使って下さい。

 

電話帳、LINEの会話履歴、音楽データ。

この辺りのバックアップが必要になるでしょう。

 

なおメールは ezwebのアドレスが使えなくなるので、今後はGメールやヤフーメールを使いましょう。

無料で取得ができますし、オンライン上にデータが保存されるのでバックアップも不要。

専用アプリもあり使いやすいです。

契約後にやること

APNの設定をやらないと通信が出来ません。

契約を申し込むともらえる冊子を見ながら設定しましょう。

1分もあれば終わると思います。

 

APNの設定が終わったら、電波マークが立つようになり、自分が契約した電波網に接続をされます。

SIMフリー化した端末で契約をするなら、一番電波が強いドコモがおすすめです。

 

今契約している電波網が快適で、同じキャリアを使いたい方や、SIMロックされた端末を購入して乗り換える方は、ドコモ以外の電波網で契約をしていきましょう。

ソフトバンクの端末はかなり安く買えるので、今後はAUユーザーだけでなく、ソフトバンクを使っていた人たちもマイネオにかなり乗り換えていくことが予想されます。

 

おすすめの機種と購入先

予算が厳しい人はAndroidになりますが、多少無理してでもiPhoneを買ったほうがビジネス的には有利です。

というのも、物販ビジネスで使うアプリはAndroidに対応してないものが大半なので、Androidでビジネスをスタートすると不利になるからです。

 

物販ビジネスをやらず、最初からアフィリエイトやブログからスタートするのであれば、Androidでも不便を感じることはないでしょう。

おすすめの機種は型落ちと新興メーカー

iPhoneであれば2つぐらい前のモデルがお買い得感が強くなります。

性能的にも現行機種にそこまで引けをとらないので、予算に余裕が無い方は2年前の機種を中古で買う事を検討して下さい。

 

そしてAndroidであれば、新興メーカーがおすすめです。

HuaweiやUMIDIGIというメーカーが費用対効果の高い機種を販売しているので、資金が少ない方にもおすすめします。

 

中古の購入先おすすめとしてはヤフオクやメルカリで購入ですね。

条件が良いものでもかなり安く買えるのでおすすめです。

 

これ以外ですと、じゃんぱら、ソフマップ、イオシスといったオフラインの中古のお店。

こちらは若干割高になりますが、中古端末にも保証をつけて販売をしてくれています。

マイネオ以外のおすすめの業者

格安SIMが普及をしてきて、使う人が増えたことでデメリットが出てきています。

それは何かと言うとお昼の時間帯や夜の時間帯に速度が低下をすることです。

 

少しの速度低下であれば許容範囲なのですが、全く使い物にならない速度まで落ちることも目立ってきています。

この問題を解決するには、格安SIMよりも少し高くなるものの、キャリアよりはお得感が強い業者を選定することが重要です。

 

具体的な業者名ですが、UQモバイルとYモバイルという業者が、速度が安定しておりおすすめできます。

しかしこれらは料金が段階的に高くなったり、契約時に必要性のないオプションを契約させようとしてくることがあるので、注意して下さい。

 

契約する場合は、ネット経由での申込みをおすすめします。

 

なお利用料金がもっと安い0SIMという業者がありますが、全く速度が出ないです。

いくら利用料金がタダとはいえ、使い物にならないSIMを契約する必要性は皆無です。

0SIMの契約はおすすめしません。

 

もし僕とオフラインで会う方で格安SIMの契約をやりたい方は、一緒に契約に行くことも出来るので伝えて下さい。

この記事で紹介した準備の段階から契約完了までサポート出来るので。

こちらのサイトでは毎日速度を計測して、最新のランキングを発表してくれているので、速度面で今強い業者が知りたい際に利用してみて下さい。

格安SIMの通信速度計測|mobile by keisoku.io
格安SIM(MVNO)| サブブランドのモバイルデータ通信速度を計測し、比較するサイトです。独自開発のアプリを用いて定期的に自動でスピードテスト(ダウンロード)を行い、その結果をグラフやランキングで表示します。

まとめ

 

以上です。

 

ここまで書いてもやらない人はやらないですよね。

 

そういう人は成功する気がない人だと思うので知りません。

一生貧乏で惨めな生活を過ごして下さい。

 

少し前まではソフトバンクの人は同じ電波網で乗り換えができる業者が少なかったのですが、現在はおすすめしているマイネオがソフトバンクにも対応をしました。

ドコモ、AU、ソフトバンク全部のキャリアに対応したマイネオは現状最強の格安SIM会社です。

 

ぜひこれを機会に乗り換えて、圧倒的に得をして下さい。