資金を作るために格安SIMに乗り換えよう。家族単位でやると効果絶大

格安SIM

 


この記事の所要時間: 99

今回は僕がコンサルをしてきて感じた、
なかなか稼げるようにならない人の特徴と対策について話します。

 

稼げない理由というのは色々あるのですが
ノウハウがダメだから稼げないというのは
僕のコンサルに来ている限り有り得ないです。

 

だってYouTubeを見てもらえばわかると思うけど
短い期間で大きな結果を出す人がたくさん出ているわけだから。

 

現状どんな感じかというと
1ヶ月で30万。

これが当たり前。

 

 

そういう環境を提供しているし、
であるがゆえに僕じゃないとダメだと指名をしてくる人が
たくさんいるのです。

 

自慢話しはこれぐらいにして
本題に入りましょう。

 

せどりで稼ぐためには仕入れのためのお金が必要になってきます。

どれぐらい必要かというと30万ぐらいは最低でも欲しい。

ところがこの30万すら無い人も普通にいるものだから、2シグマという企画を作りました。

 

これであれば資金がなくても在宅で30万以上を稼ぐことが可能です。

それをしばらくやれば資金が100万以上に増えるので、そのお金で電脳せどりやります。

 

資金が100万貯まらなくても、黒字経営を続ければ融資を受けることも出来ます。

そうすれば資金は一気に300万〜500万程度になりますので、これを月利20%で回せたら月利100万稼げますね。

すげーシンプルですが、知らないと行動できないです。

 

これを読んでいるあなたは最短で成功する流れを知ったので後はやるだけです。

 

資金を確保するために生活を見つめなおす

 

で、これと平行してやって欲しいのが、
月の生活コストの削減です。

 

節約テクニックって表層的なもので
大変な割には効果が薄いものが多いんだけど
今回示すやり方は効果が大きく犠牲が少ないやり方なので
安心をして下さい。

 

今回のやり方は、僕がYouTubeにアップした
20代で資産1000万を無理なく作る方法という動画がベースになっています。

なのでまずはこの動画を見て下さい。

 

 

この動画で話したことは、資産1000万を貯めるだけではなくて
資金を増やすときでも実践できます。

シェアハウスとせどりは相性的にはイマイチなのですが
半年や1年という期間を区切ってやるならありだと思ってます。

 

そして資金がたまったらもっと条件の良く広い一軒家を借りたりして
自宅兼オフィスにしたり、
自宅とは別に郊外に広いオフィスを借りれば良いのです。

 

そしてせどりをやるなら必須の通信費ですが、
これは削減しても支障は全くないです。

今までにBICSIMにかなりの数の人を乗り換えさせましたが
問題は起きていません。

 

純粋にせどりをして稼ぐ。
この上でBICSIMを使うことは合理的な考えであり、
資金が100万すらないなら必ず実践すべきことです。

 

MVNOにしないのは理解不能。言い訳をするな

 

このように何度も何度も格安SIMにしろ、
SoftBankやAU使うなと口を酸っぱくして言い続けているのですが
僕に会いに来る時に乗り換えずに来る人がいます。

 

こいつ稼ぐ気あるのか?
頭に虫でも湧いているのかと思うのですが、
話を聞くとこんな回答が帰ってくるのです。

 

「違約金が発生すると言われてビビってしまった」
「端末の代金が請求されてしまいビビった」

 

大体このパターンです。

 

これらについて全部論破するので
こういう不安を持つ人は何度も何度も読んで下さい。

 

完全に僕が言ってることが正しいので。

 

まず「違約金が発生すると言われてビビってしまった」について。

確かに2年縛りの期間を待たずに解約をすると
1万円前後の違約金がかかります。

 

しかし考えてみてください。

 

1ヶ月に支払っていた1万2千円が1600円になるのですよ?

1ヶ月で違約金を払ってもトータルだと得をしまくることが
容易に理解できるはずです。

 

ですから違約金が発生するから乗り換えないというのは
論理的な理由として説明不十分です。

 

ただ単にやりたくない事を正当化する言い訳でしかないので
無駄な抵抗はやめて下さい。

さっさと格安SIMにしろ。

 

次に「端末の代金が請求されてしまいビビった」という理由。

 

これももっともらしいのですが、
考えてみてください。

 

これからせどりをして、
色んな物を売っていくのですよ?

その中には当然使わなくなった携帯電話も含まれます。

 

解約をして使わなくなったスマホをヤフオクに売ることで
安いものでも1万円、高いものだと3万円4万円で売れることも珍しくありません。

 

端末の分割金が請求されても
その大半は端末をヤフオクで売却して得た利益で相殺できます。

そしてその月から通信費が大幅に削減されるので
トータルで見るとプラスになる。

 

端末のお金がかかるなら格安SIMにしないというのは
論理的な説明として不十分です。

ただ乗り換えたくない言い訳をダラダラ述べているだけです。

往生際が悪いですよ。

黙って格安SIMにしろ。

 

というかそういうしょーもない言い訳を
ダラダラグチャグチャやってるから
未だに金も稼げず、貧乏でしょっっぱい生活をしているのですよ。

自分のやり方とかいらないんで
全部捨てて下さい。

通信費削減して1円でもせどりに回せるお金を増やして下さい。

 

同時にお金を得るための仕事も今よりも増やし、
入ってくるお金を増やし、出て行くお金を減らして下さい。

 

贅沢を全部辞めろとはいいません。

でも減らす努力をして下さい。

 

たばこを1日に10本数なら9本にする所から努力して下さい。

缶ビールを3本飲むなら2本にする所から努力して下さい。

 

こういった努力すらせずに資金がないとか、時間がないとか言わないで下さい。

それらは全部嘘です。

自分の実を守るための都合の良い言い訳です。

 

僕は全部見抜き、
そういったことを言ってきたら
ぶちきれてど叱りつけますのでよろしくです。

 

ということで資金を作るため
未来を手に入れるために格安SIMに乗り換えようというお話でした。

 

なぜ乗り換えないといけないのか理解出来た所でこの作業をやっていきましょう

 

 

やることは簡単です。

 

docomoのiPhoneを買う → 今使ってるキャリアに電話してMNPの予約番号を取る → ビックカメラ(コジマ電気)に行く

 

これだけです。

 

auの人はマイネオかIIJMIOという業者ならそのまま端末が使えます。

これも店の人に聞けば全部わかる。

 

難しい作業1個もない。

 

店頭に行くのは即日開通をさせるためですね。

 

近くにビックカメラやコジマ電気がない。

mineoの店舗がない。

 

即日開通じゃなくてもOKよって人はネット申し込みでいいです。

 

とにかく最短ルートで無駄な支出を止めて、稼ぐことに全エネルギーを集中させたいので、

作業はだらだらやらずにすぐやって下さい。

 

MVNOに乗り換えるのに2週間以上かけたらだめです。

すぐやる。

秒速で行動する。

これを徹底して下さい。

 

自宅の回線とセットにすることでさらにBICSIMは割引を受けることが出来ます。

 

 

 

ただBIC光はあんま評判良くないみたいですw.

 

MNPの予約番号の取り方

 

乗り換え前にMNPの予約番号というのを取得します。

これについてはこちらの記事で各キャリア別にやり方をまとめているので読んで下さい。

 

クレカが作れない場合

 

クレカが作れない時は契約できるキャリアに制限がかかります。

この動画を見て対策をして下さい。

 

 

現在一番のおすすめmineo

 

この記事を書いてから知識が深まり、AUを使ってる人はmineoという会社に乗り換えることで

利用料金を安くしながら、今使ってるiPhoneをそのまま使えることがわかりました。

 

新たに端末を買い換えたりするのって負担が大きいと思うので、

AUを使ってる人はmineoに乗り換えて下さい。

 

マイネオはdocomo回線と、AU回線というのがあり、今契約している端末がdocomoかAUのiPhoneならそのまま乗り換えができます。

 

docomoのiPhone使ってる人はドコモ回線で契約。

AUのiPhoneを使ってる人はAU回線で契約をやって下さい。

 

 

SoftBankの人にも格安SIM推奨だけど、どうしても機種用意できないならYモバイルへ

 

ソフトバンクを使ってる人にも乗り換えがおすすめですが、

機種を用意できない場合はYモバイルという方法があります。

 

これをやることでmineoやIIJMIOほど安くはなりませんが、

8000円ぐらいは安くなります。

 

まとめ

 

以上です。

 

ここまで書いてもやらない人はやらないですよね。

 

そういう人は成功する気がない人だと思うので知りません。

一生貧乏で惨めな生活を過ごして下さい。

 

 


細野をシェアする!!

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.