スマホ(携帯)転売の仕入先は?儲けるやり方は?【2020年最新】

スマホ携帯転売 携帯転売
この記事は約12分で読めます。

こんにちは、細野です。

今回は携帯電話の転売で稼ぐやり方について考えていきたいと思います。

 

あなたの身の回りには使わなくなったスマホや携帯電話が転がっていないでしょうか?

今契約している携帯電話会社の料金が高いことに不満を持っていませんか?

 

もしあなたが上記のような状況であれば、スマホ転売で稼げる可能性があります。

 

この記事では、

スマホ(携帯、ガラケー、ガラホ)転売って何?
スマホ転売で利益が出て稼げる仕組みがわからない
スマホや携帯電話(ガラケー、ガラホ)を転売してお金を稼ぎたい
解約された白ロムを仕入れてアマゾンやヤフオクで販売したい
スマホや携帯を自分で売る方法を知りたい
犯罪や逮捕に繋がる理由と回避方法を教えて欲しい

方のために、スマホの仕入先や転売先をわかりやすく解説します。

 

この記事を書いている僕は法律を守りながらスマホを安全に転売し、そのやり方を教えてお金を稼がせてきた実績を持っています。

スマホ転売の知識を持つことで、あなたの転売スキルが向上し、日常に溢れているチャンスをお金に変える能力が身につくでしょう。

スマホ転売とは?なぜ儲かるの?

スマホや携帯を転売して稼ぐ方法は大きく分けて2つあります。

 

一つはケータイショップが定期的に開催さしている乗り換えキャンペーン(MNP)を利用して稼ぐ方法。

もう一つは、ブックオフやハードオフといったリサイクルショップで未契約状態のスマホやガラケーを仕入れて転売するやり方です。

 

このパートではMNP転売と白ロム転売のやり方をそれぞれ解説していきます。

MNP転売で儲ける方法。2020年でも通用するのか?

MNPで儲けることが出来ると聞いても意味が不明ですよね。

 

MNP転売で稼げる原理を事例を使って説明します。

 

まずは、こちらのツイートを見て下さい

他社からAUに乗り換えると1台乗り換えで3.5万円、キャッシュバックしてくれると言ってますね。

 

どうしてこんなに大量のお金をばら撒いてまで、携帯電話会社は自社に乗り換えようとさせるのか?

 

実は携帯電話市場というのはすでに飽和をしていて新規ユーザーを獲得するのは非常に難しい。

日本の出生数は減っているので若い人が新規で契約する数も先細りするばかり。

 

そうするとどうなるかというと、既存のお客さんを皆で奪い合わないと売り上げが立たないという状態になるのです。

現状、どの携帯電話の会社も大きな利益を出していて、経営には余裕がある状態。

 

そこで携帯電話各社は他社を契約しているユーザーを奪うことで、自社の契約者数を増やそうとしています。

これがMNP転売で稼げる原理です。

 

各社には営業ノルマがあり、それを満たすために自社の利益を吐き出してでもお客さんを集めたい。

こういったニーズに気がついて転売ヤーが転売を開始し、スマホ転売のノウハウとして確立がされました。

 

現在では総務省が規制を強化し、昔ほど旨味はなくなっています。

しかし実践不能かと言うとそんなことはなく、個人がキャンペーンを利用してお得に契約したり、転売をすることは可能です。

 

次のパートでMNP転売の具体的なノウハウを解説していきます。

MNP転売のやり方

スマホ転売は以下のルーチンを繰り返して稼いでいきます。

 

twitterや掲示板でキャッシュバック条件が良い案件を見つける(リサーチ)
お店に電話をして在庫を確保する(在庫確保)
MNPをするための回線(弾)を作る
来店をして契約をする(仕入れ)
本体を売却
オプションや契約を解除し、最低限の維持費に抑える
最低契約期間が過ぎたら次のキャッシュバックキャンペーンにMNP

 

上記をひたすら繰り返します。

 

各キャリアは一度に大量に契約できないように制限をしていて、例えばauであれば同時に契約できるのは、自分名義2回線、親族などの名義で1回線までとなってます。(同意書が必要)

 

なので乗り換えのための回線というのを2つ、ないしは3つ作り、MNP予約番号を取得してお店まで行きます。

 

これをMNPするための回線を弾と呼び、転売するまでの準備する必須作業となっています。

MNPの弾に適しているのは、最低契約期間がなく、契約ペナルティがない(あっても安い)業社です。

 

具体的にはBモバイルやリンクスメイトなどがおすすめです。

 

月の頭ぐらいに転売用の回線(弾)を開通させておいて、月の終わるぐらいに出てくるノルマ達成案件に乗っかって契約するのが王道的な攻略パターンです。

 

ケータイショップはキャッシュバックと引き換えにアプリのインストールや、オプションの契約を求めてきます。

これらの維持費を計算し、トータルでプラスになると判断したら転売。

利益が出なければ見送りです。

 

スマホ転売は維持費と在庫を持つデメリットがありますが、慣れてくると少ない作業時間で稼ぐことが出来るため、副業とも相性がいいです。

作業量も数ヶ月〜半年に1回程度なため、拘束時間も短いです。

 

スマホン転売の契約は主に月末を狙ってしていきます。

それはなぜかというと月末になると各社ノルマを達成するために、良い条件のキャッシュバックを出してくるんですね。

ノルマを達成できないと、販売資格を停止させられたりするので販売店も必死です。

 

キャッシュバックには色々な条件がつきますが、よくあるのがパケット定額と有料アプリのインストールです。

 

パケット定額とこちらが指定したアプリを契約して最低この期間は外さないでね。
そうしたらキャッシュバックするよ?と言うわけです。

 

この有料アプリは1件契約を取るごとに販売奨励金としてキャリアからお金を販売店は貰えます。

パケットについても契約を取ってくると報酬が出るのでそこから貰える金額の一部を契約した人にキャッシュバックしているのです。

 

販売店がどれぐらいこの契約で稼げるかというと、僕らに渡すキャッシュバックの2倍の金額と言われています。

僕らが10万円相当のキャッシュバックを貰えるなら、販売店は20万円以上の奨励金を貰っているイメージです。

 

ビジネスとして成立するので自社も儲かるし、契約者も得するからいいでしょと言うわけです。

そしてキャリアは(見かけ上の)ユーザーを獲得することが出来ます。

 

ぶっちゃけスマホ転売は超虚業だけど、虚業は儲かります。

 

リスクとして転売目的で契約をするのが違法だと言い張る人がいますが、違法でも何でもないです。

ルールに従って契約をしているだけですから。

 

名義を偽ったり、報酬を払って仕組みを理解してない人に契約をさせたりすると法律違反になります。
(実際にそれで逮捕された人がいました。)

携帯電話等を販売店からだまし取る行為は犯罪です! 警視庁

 

以上がMNP転売で稼ぐ大きな流れです。

具体的な案件はTwitterやブログなどで情報収集をしてみて下さい。

リーマンのMNP道場
サラリーマンによる携帯・スマホMNP道場 スマートフォン・携帯電話をお得に乗り換えMNPしよう! 携帯・スマホMNP情報も随時配信!

白ロム転売で稼ぐ方法(おすすめ)

続いて白ロムを仕入れて転売する方法です。

 

こちらはMNP転売と異なり規制がされていないので、現在でも実践することが可能です。

やることは簡単で、リサイクルショップでスマホやガラケー販売されている価格とアマゾンの取引価格を比較します。

 

リサイクルショップとは具体的にどんなお店かといえば、

ブックオフ
ハードオフ
セカンドストリート
鑑定団

のようなお店です。

 

ネット仕入れをしたい場合は、メルカリやヤフオクで仕入れて転売することも可能です。

 

モノレートというサイトを使うことで、何が、いつ、いくらで売れているかを調べることが出来ます。

モノレートの見方と使い方を極める方法!赤字や不良在庫はゼロに出来る
モノレートはAmazon転売を実践していくで、必ず見方(使い方)を理解しなければいけないツールです。 モノレートを理解することで、仕入れようとしている商品の想定販売価格、回転率、ネットショップの在庫と価格の調査、出品制限、転売...

仕入れ価格よりも高い価格で販売し、利益が出る事がわかったら仕入れます。

 

仕入れる機種としてはiPhoneはもちろんの事、Androidのスマホやタブレット(iPad)も仕入れの対象となります。

 

端末を仕入れる際には、

Amazonで出品規制がかけられていないか?
Amazonに商品として登録されているか?(カタログが存在するか?)

を確認するようにしましょう。

 

その後、モノレート分析を行って利益を出せることが確認できたら仕入れてAmazonFBAに送ればOKです。

スマホ携帯転売のメリットとデメリット

スマホ転売で稼ぐ流れがわかったところで、メリットとデメリットについて解説します。

MNP転売のメリットとデメリット

MNP転売を実践するメリットは即金性の高さです。

仕入れてから現金化するまでの期間が非常に短いため、キャッシュフローに優れているという利点があります。

 

案件選定をプロに任せれば、自分がやることは契約書に判子を押すだけの作業。

頭を使って稼ぐのが苦手な方や、パソコンやスマホの作業が苦手な方でも実践できるというメリットがあります。

 

逆にデメリットですが、過剰なキャッシュバック合戦が規制をされてしまうと、全く稼げなくなってしまうということです。

案件を調べればわかりますが、総務省がMNP転売のキャッシュバックを規制した後に業社からのキャッシュバック金額は激減しました。

 

国や携帯電話会社という個人では管理する事が出来ない巨大な組織を相手に行うビジネスであること。

派手に転売を行いブラックリストに登録されるリスクもあるため、長期的に実践できるビジネスではありません。

白ロム(中古携帯)転売のメリットとデメリット

白ロム転売のメリットは、仕入れの難易度の低さ、売れるまでの速度、初心者でも実践しやすいことです。

 

中古スマホはリサイクルショップに行けば、どこでも取り扱っていますし、型落ちのモデルであれば安く仕入れられることも珍しくありません。

特にガラケーは仕入れ対象にしているライバルも少なく、コツを覚えると短期間でどんどん仕入れられるようになっていきます。

 

仕入れに使うアプリも相場を調べるアプリだけであり、スマホを持っている人であれば誰でもすぐに実践が可能です。

仕事や毎日の生活に必須である携帯電話という商材は常に需要があるため、取り扱いやすいメリットがあります。

 

デメリットとしては仕入れのために資金が必要であることと、在庫を持つやり方であることです。

仕入れをするということは、売れ残るリスクが有るということですし、不良在庫を抱える可能性が常にあります。

 

携帯やスマホ、タブレットの仕入れ単価は高くなりがちであり、資金が少ない人には実践が難しいことがあります。

 

また、ネットワーク利用判定が☓になっていたり、△になっているものは、販売後にトラブルになるリスクがあります。

ネットワーク利用判定というのは何かというと、端末の残債支払い状況です。

 

IMEIと呼ばれる端末番号認識番号がわかれば、ネットワークの利用判定は誰でもネット上で行うことが可能です。

ネットワーク利用制限チェッカー
お使い/購入予定の端末にネットワーク利用制限が掛かる恐れがあるかを最大6キャリア同時にチェックできます。

 

大手の携帯電話会社は利用者に対して端末をリースするという契約で、分割で端末の料金を支払う事を認めています。

一括で端末を購入していたり、残債を支払いきっている場合は問題になりません。

しかし支払いが途絶えたり、残債を支払うことなく契約者と連絡が取れなくなると、携帯電話会社は利用者の端末に利用制限をかけます。

 

利用制限がかかっている端末を赤ロムと呼び、赤ロムになるとAmazonで販売することは出来ません。

中古スマホの販売業者は赤ロム保証をしている事も珍しくありませんが、仕入れる際には注意が必要です。

 

ガラケーを仕入れる際には、充電器やバッテリーといった付属品の有無をチェックすることが大事です。

なぜかというと、ガラケーの充電器やバッテリーは年々入手が困難になり価格も高騰していく傾向にあるからです。

 

仕入れの時点でこれらの付属品が欠品しているものは仕入れを避けたほうが賢明でしょう。

スマホ転売で逮捕されずに安全に稼ぎ続ける方法

仕組みは分かった。
スマホ転売をやりたい。

 

この記事を読むと恐らくそんな気持ちになる人も多いと思います。

 

2020年移行にスマホ転売を行うのであれば、まずは白ロム転売からのスタートがおすすめです。

そして白ロムの中でもスマホではなく、ガラケーを狙うがいいです。

 

なぜかというと、スマホは多くの転売ヤーが目をつけているので安く購入する事が難しい。

一方でガラケーは潜在的な需要が常にあるにも関わらず、店頭ではなかなか売れないため安く投げ売りされることが多い。

 

ガラケーの方が転売商材として仕入れがしやすい事が多いのです。

 

白ロム転売をこれから始める方や、携帯転売を実践しているけど稼げてない方は、ガラケーを片っ端からせどりアプリを使って調べてみましょう。

せどりアプリおすすめ2020。神の使い方で爆益【無料/仕入れ】
こんにちは、細野です。 現代におけるビジネスは情報戦であり、情報を制した人間が圧倒的に大きく勝ちます。 せどりというビジネスは、資本力もそうですが、効率的に情報を処理出来るアプリやツールを組み合わせて、それを適切に処理す...
アマコードの使い方と稼げる設定を公開。プロは必要?アンドロイドは?
あのせどりすとを超えるせどりアプリが出てきました。 インストアコードが読み込めて、粗利計算機内蔵、モノレート以外にkeepa分析内蔵。 すごく…神アプリです。 インストアコー...

 

MNP転売の方は国が規制を緩めいない限り、旨味は少ないです。

個人レベルでの乗り換え時に利用したり、会社で一括でキャンペーンを利用して経費を削減するという付き合い方がおすすめです。

 

スマホ転売のコンサルや塾が流行った時期もありましたが、キャッシュバックで稼げなくなるとサポートを投げ出して逃亡する人が多く、サポートを破棄されて管理ができずに赤字を抱えた人も。

裏バイト掲示板などで募集されている、名義だけを貸すアルバイトは詐欺行為への加担として逮捕されるリスクもあります。

 

ビジネスとしてスマホ転売を行うのであれば、古物商を取得し、自身や加須の名義の範囲で回すようにしましょう。

白ロム転売に関しても同様です。

 

古物商は業として商品の仕入れや販売を行う際に必要な資格で、犯罪歴がなければ誰でも取得する事が出来ます。

まとめ:まずは白ロム転売からはじめてみよう

2015年頃までスマホ転売はバカでも出来る最強の副業でした。

思考停止で稼ぎたい人や、即金ビジネスを求める人、お金に困ってる方の登竜門だったのです。

 

しかし現在は前述の通り、国が規制したことでMNPを利用して転売するやり方は難しくなっています。

 

これからスマホ転売を実践するのであれば、白ロムを仕入れてAmazonで転売をするのがおすすめです。

資金は数万円程度あれば実践できますし、売れるまでの速度も早いので、白ロム転売は初心者にも取り組みやすい手法です。

 

もし、月に数万の資金すら用意できない、仕入れや在庫を必要とするビジネスが嫌な方は、期間工をやって資金を作るか、無在庫転売か情報発信を実勢していきましょう。

作業をたくさんしないと稼げない。

在庫を持ったり、人を雇ってオフィスを構えないといけない。

そんなやり方に消耗していませんか?

一人で実践でき、収入が上がっても忙しくならないビジネスは情報発信だけです。

誰でも簡単にできるビジネスを追い求めて疲弊するのではなく、あなただから出来るビジネスを構築して、安全に稼いでいく。

収入が増えても忙しくなったり、管理が複雑になってQOLが低下しない仕組みの作り方を、メルマガ登録をしてくれた方に公開しています。

携帯転売
SNSやってます。フォローミー!
記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです。SNSでのシェアも大歓迎です。


ビジネスと一杯のコーヒー

コメント