せどりとは何?売れ筋はアマゾン?メルカリ?

せどりとは

この記事の所要時間: 2837

※この記事ではせどりについて興味がある、全く知らないが言葉の意味を調べていたという人に向けて、せどりというビジネス(副業)の仕組み、稼ぐためにやらないといけない事を伝えていきます。今でもせどりで稼ぐことは可能です。しかし、現在ではこれよりも合理的で大きく稼げる方法があるので、無理してせどりをやる必要はありません。

 

こんにちは、細野です。

今回からせどりの解説というのをやっていきます。

 

僕は今までせどりってのは参入者が増えると仕組み上飽和してしまうから、人に教えたり、提案するのはかなり抵抗がありました。

僕自身結構長くせどりをやって来ました。

そして色んな人が入っては消え、消えては入ってきてを繰り返すのを見てきました。

 

せどりでなぜ稼げないの人がいるのか?

なぜ続かないのか?

 

ノウハウはいいし、教えるのも上手な人もいるはずなんだが、なぜか生き残ってずっと結果を出す人がいない。

ちょっとかじってみて、利益は出たんだけど、面倒だし、いいかなって思って辞めちゃう人が多いんですね。

 

辞める理由がせどりよりも自分に向いていて稼げることが見つかったならいいのですが、恐らく違うと思ってます。

そういう人ってやれツイッターだ、やれYouTubeだと言われる度に飛びついて、浮気ばかりしてしまうんです。

そしていつまでも結果が出ない。(稼げない)

 

ノウハウコレクターになるぐらいならなにか一つを突き詰めて、それで無限に稼いだほうがいいんじゃない?って僕は思うのだけど、その辺りすぐに諦めちゃう人はどう考えているんでしょうね?

とはいえ、せどりをずっとやり続けるのもしんどいでしょうから、僕もこれをずっとやれというのではなく、自分の活動やビジネスに組み込んで、スキマ時間でいつでも稼げる仕組みにしたらいいんじゃないかなって思ってます。

今は人を雇って単純作業を外注化することも簡単に出来ますし、最初から完成した仕組みに乗っかって仕掛けていく事も可能。

つーことで、まずはせどり概論を語ります。
この動画を見て下さいな。

 

せどりとは何なのか?

 

 

せどりって言うのは、家の近くにあるお店に仕入れに行き、ネットで販売されている価格よりも安く売られている商品を仕入れて転売する手法のことです。

オフラインで仕入れをすることを店舗せどりと呼び、ネットで仕入れをすることを電脳せどりと呼びます。

 

両者の違いは店舗せどりは地元のお店で仕入れをするので、商圏によって守られ、飽和しにくいというメリットがあります。

電脳せどりは自宅やスマホから仕入れが出来るが、ライバルも多く、資金が店舗せどり最寄りも多くも止められるというデメリットがあります。

 

この記事ではハードルが低い店舗せどりについて掘り下げて解説し、提案をしていきます。

 

店舗せどりで稼ぐためにやる事

 

動画を見てせどりって面白そうだから−やろっかなーと思った人は、この活動に力を入れて取り組んでいきましょう。

せどりをやる上で最初にやることは、店舗に行ったら利益が出る仕組み作り。

これです。

 

それが出来たら、出品納品作業というのがありますが、これは外注化が簡単なのであまり心配しないでいいです。

面倒だと思ったら最初から全部自動化することも出来ますので。

ということでまずはこの動画を見て下さい。

 

せどりで儲かる商品の見極め方

 

 

仕入れをする上で商品をどのように見ていけばいいか、どのように視点を広げていけばいいかを話しています。

 

商品のバーコードをKDC200というバーコードで読み取ってアプリで調べる。

 

せどり仕入れ前にやっておこう:ビームせどりに使うKDC200の設定方法

 

そして店頭価格よりもネット販売価格が安かったら、高値で転売できるか分析をします。

分析した上で高値で転売できるなら仕入れ、高値で売れないなら仕入れを見送ります。

 

この作業をひたすら繰り返すだけのお仕事です。

覚えてしまえばバカでも出来ます。

簡単だね。

 

これがわかった上で、次に環境づくり。

「せどりすと」というアプリと「アマコード」というアプリを購入し、設定をします。

 

せどりで稼ぐためのアプリを導入する

 

せどりで稼ぐためにはiPhoneとアプリがいくつかあれば大丈夫です。

まとめた記事を作ってあるので下記の記事に目を通して下さい。

 

せどりで稼ぐアプリとツールまとめ

せどりすとプロの設定と使い方の解説

amacodeの設定。せどりすとを超える神アプリが登場!

 

最後に相場分析のやり方を覚えます。

これは簡単です。

 

せどりして転売できるか分析をする方法

 

 

相場分析の基本の流れ
ステップ1:三ヶ月平均の波が三回以上跳ねているか見る
ステップ2:跳ねていたら、ランキングの変動と出品者の変動を追いながら、自分が想定した価格で売れているか確認をする。

ステップ1とステップ2が満たされていたら買う。
満たされていなければ買わない。

 

難しい時は、まず最初にランキングを見て下さい。
このランクが5万位以下だったら警戒モードで分析。

5万位以内だったら強気で買いに行っても大コケはしないです。

 

一連の流れが理解できたらいよいよ仕入れに行きます。
でもそのまえに大事な作業があります。

 

それはせどりマップの作成というもの。

稼げない人はこの作業をやりません。

 

Amazonの販売手数料を調べる方法

 

 

店頭でサーチをしていると、価格差はあるが手数料負けしてしまうのでは?と感じる時があります。

現在はツールが自動で手数料を計算してくれるので、それを使えばいいです。

 

使うツールはアマコードとせどりすとプレミアムです。

せどりすとは無料版とプロがありますが、無料版とプロは手数料計算できないです。

 

なんでその時は販売価格に0.85をかけてざっくり計算というのをやっていけば良いです。

なぜ0.85なのかと申しますとアマゾンの販売手数料が15%というのが中心だからです。

 

とは言え、カテゴリーによって手数料は違うし、しっかり計算したほうが安全なので、アマコードまたはせどりすとプレミアム推奨です。

販売手数料についてはこんな感じです。

 

モノレートに関しては、ランキングの動きと出品者の変動を見て下さい。

ランクが上がって出品者が減っている所が売れたポイントです。

 

例えば1週間で出品者が一人減ってランキングが上っていた場合、1週間以内に1個が売れたと考えます。

この間隔が短ければ短いほど、よく売れている商品ということです。

 

売れる商品は1日に数十個、数百個普通に売れます。

それぐらいアマゾンの集客力は強いってことです。

 

モノレートの分析をして、利益計算をしてOKだったら仕入れをします。

後はこれをいかに素早く数をこなせるかで決まります。

 

慣れてくると細かな手数料計算しなくてもざっくりとした利幅で仕入れの判断が出来る様になるので、動画で話しように細かくやらなくても取っていけるようになります。

 

仕入れた後は出品作業がありますが、これも慣れてきたら代行会社を使ったり、外注さんにお願いをしてやってもらうようにしていきましょう。

 

出品作業は誰がやっても変わらない作業なので、自分でいつまでもやらない事です。

稼げない人は全部の作業を自分でやろうとしています。

 

稼げる人は作業を人に任せて自動化をしています。

これが出来るか出来ないかでコンスタントに30万、50万、100万という数字を維持できるようになります。

 

今回の解説は以上です。

 

昔は手数料計算機なんてなくて、その場で電卓を叩いたり、FBA料金シュミレーターにアクセスをして計算をやっていました。

儲かると思って仕入れた商品が実は赤字だったなんて経験も何度もしています。

 

今はそういった非効率なことをしなくても最短で成功できるインフラとノウハウが整っていますので、さくっと結果を出してどんどん次のステップへと進んでいきましょう。

 

せどりマップを作成し、仕入れできるお店をピックアップする

 

 

せどりをしていく上で欠かせないのが
仕入れ先の確保です。

 

そのためにグーグルマップを使い
仕入れマップというのを作っていきます。

 

この作業は仕入れを安定化させ、
レバレッジをかけていくためにとても大切な作業なのですが、
稼げない人ほどなぜかやりません。

 

逆に稼ぐ人は地図を作り
車を使ってガンガンお店を回って
効率的に最短ルートで稼いでいきます。

 

稼げるか稼げないかの違いを分けたのは
正しいノウハウを愚直に実行できたか、自分のやり方に固執してしまったかだけです。

 

稼げるまでは自分のやり方はいらないので
稼ぎたいなら素直に王道のやり方で取り組んでいきましょう。

 

効率的に地図を作りこむコツ

 

お店のホームページから店舗一覧を出してそれを一つ一つ登録するよりも、

ヤマダ電機ならヤマダ電機と検索して出てきたものを片っ端から登録するほうが効率が良いです。

 

これをやることで閉店していたり移転をしている店舗が登録されてしまうことがありますが、

まずは量を確保し、後から質を確保していけばいいと考えています。

 

色々なやり方でマップを作る方法を模索しましたが、

このやり方が現時点では一番効率が良いです。

 

最初は慣れない作業の連続の中で、せどりマップを作ることになると思います。

 

そういった時に大事なのはいかに手を止めない仕組みを作るかです。

 

僕が教えていて思うのは、こういった少し不慣れな作業をやらせると

手が止まって進行が遅れる人が多いです。

 

せどりマップとFBA納品作業は一つの鬼門(といっても簡単なのですが)なので、

ここで脱落しないようにやっていきたいですね。

 

せどりマップの質を高める作業

 

せどりマップが完成をしたら実際にお店を回り仕入をしていきます。

そして仕入れに行ったらそのお店の特徴やどれ位の頻度で来店をすればいいかをメモしていく、データベースを作りましょう。

 

いつ行ってもたくさん買えるお店は来店頻度を上げ、いつ行っても仕入が出来なかったり、せどり禁止のお店には来店頻度を落としていきます。

 

最終的には仕入をしやすいお店と、そこまで仕入はしやすくはないが取れなくはないお店がバランスするようになり、

一日回ると安定的に収益が上がる仕組みが出来上がります。

 

せどりで仕入が出来ない人を見ていると、こういった蓄積される作業が出来ておらず

同じ店を延々と回ってしまっています。

同じ店を細かい来店頻度で回り過ぎると、よほど商品がたくさん入ってくるお店でない限り、取れる商品に限界が出てしまいます。

 

そうではなくて回るエリアやお店には制限を加えずに、データベースを作成しながら広げていく。

 

このやり方が堅実なので、エリアは固定をせずにせどりマップをどんどん広げていきましょう。

せどりマップは各都道府県につき1個という管理方法が良いです。

東京のマップを作ったら、次に埼玉のマップを作るというイメージです。

 

半年ぐらいこの作業をやると

自分の頭のなかにどこに行けばどんな商品が集まるかというのが

イメージできるようになります。

 

その結果、仕入も安定するし、競合はここまで深めてこないので

圧勝できるわけです。

 

仕入マップは稼げない人ほどやらないと書きましたが、なぜ彼らがこういった作業を嫌がり、なぜ稼げないのかがよくわかったのではないでしょうか?

 

せどりは当たり前のことをしっかりこなせば稼げます。

後発だからとか関係ないです。

だって周りのライバルの基準値が低いのですから。

 

雑魚しかいないのだから、この記事で学んで行動できたあなたが稼げるのは必然なのです。

 

店舗せどりで効率的に稼ぐためにはたくさんのお店を回るのが有効。しかし…疲れるw

 

店舗せどりに慣れてくると、一店舗の滞在期間が短くなり、1日で10店舗から20店舗を回れるようになります。

短期間で大きく稼ぐ最良の方法は多くのお店を周って、色んなジャンルやお店から収益を挙げられる状態になることだと考えています。

 

ですから仕入れをするために、車を持っていたほうが有利ですし、車がないなら店舗せどりやらなくてもいいかなと感じるほどです。

レンタカーで仕入れをする事も可能ですが、負担が大きいですよね。

免許を持ってない方は免許を取るために20万以上のお金がかかるし、運転することがそもそも最初はめちゃくちゃ怖いです。

 

そして運転をして仕入れを繰り返すと、精神的にも肉体的にもめちゃくちゃ疲れます。

せどりは肉体労働なので、頭で稼ぐというよりは体で稼ぐビジネス。

 

だから疲れた時の対策も大事になってきます。

こちらの動画では、店舗せどり実践時の疲労対策について話しました。

 

せどりをしているとめっちゃ疲れるし、ストレスがたまる。

そのことによってついついどか食いをしてしまい太るという悪循環があります。

 

せどりをしている人は太っている人が多いですが、あれはストレスが原因じゃないかと思ってます。

 

僕自身、せどりばかりやってた時は今より10キロ太っていて

精神状態は最悪。

毎日イライラしていたので。

 

今回はそういった状況を改善するために、疲れにくく、ストレスを軽減し、リラックスした状態で仕事を続ける方法を話します。

 

僕が色々実験して作り上げたノウハウで色んな人に試してもらって効果を感じてもらってます。

 

せどりで不健康、疲労状態にならないための基本的な考え方まとめ

 

-食事の量を減らす(最初は1日二食がおすすめ)
-マルチビタミンを取る(アイハーブで買う)
-DHAを取る(コストコで売ってるやつ買う)
-イオンでロイヤルゼリーを箱で買ってガンガン飲む

 

まずこの流れを暗記して下さい。

これをやれば問題の大半が解決します。

 

普段の仕入れ時の疲労対策

 

普段の仕入れでは事前にロイヤルゼリーを箱で買っておき、車に積みます。

 

そして前日には緑茶とバナナを買っておき、これも車の中に積んでおきます。

 

真夏の時は一旦家に持ち帰り、室内で保存をした方がいいでしょう。

(バナナは腐りやすく、ペットボトルがぬるくなるため)

 

そして仕入れマップを見ながらルートを作成したらそれをプリントアウトし、翌日に備えて睡眠をしっかり取ります。

 

その際ですが、体のエネルギーレベルを高めるために、腹巻きをして、耳栓を使い、アイマスクをして寝ると、眠りの深さと質が上がります。

 

腹巻きは安いやつでもいいので常用しましょう。

これを使うと体が芯から温まり、代謝が良くなります。

 

普段の食事には、マルチビタミンとDHAを常に取り入れ、食事をしたらサプリを取る習慣を身につけます。

 

サプリメントは朝にまとめて飲むよりも、1食ごとに分けて取ったほうがいいです。

 

仕入れの時も鞄に入れてサプリは持ち歩いて下さい。

これ飲んでるのと飲んでないのとでは全然違ってくるので。

 

この状態で朝起きて、一店舗開店までに到着できるように、車を運転していきます。

朝の渋滞や混雑を考慮し、余裕をもたせるといいでしょう。

そして到着をしたら入店をしサーチ開始です。

 

サーチの基本はせどりすとを使ってKDCで当て、出てこないものはキーワード検索をしたり、ヤフオクの相場を調べて複合的に調べる。

で、これをずっとやるには集中力とスタミナがいるのです。

 

結局1日サーチしてスキャン数が1000にすら満たない人は集中力とスタミナが足りず

それが原因でたくさんのお店も回れず、回っても途中でパワーダウンしてしまうんだと思います。

それを今回のノウハウでやると解決できるのでぜひ取り入れていきましょう。

 

理想的にはこのやり方と加えて運動をするといいです。

 

筋肉をつけることで本当の意味でタフな体が作れるので、せどりの自動化をすすめつつ時間を作り、

週に1回以上はジムに行ってガッツリ運動する習慣を作ります。

 

遠征をする時(泊まり込みで隣県にまで仕入れに行く時)

 

遠征をする時は、スタミナを維持するために食事の量は減らして、休憩を入れたりしながらお店を回っていきます。

 

僕が遠征中にやるのは、初日は1日1食ぐらいにして、夜は深夜までせどる時は21時ぐらいに食事を入れます。

 

その際食べ放題に行きたくなってしまうのですが、理想的にはファミレスで単品メニューやセットメニューでさくっと済ませたほうがいいです。

なんでかって言うと、ガッツリ食べるとその後消化にエネルギーが使われて眠くなったり、体が重くなるんですね。

 

なので常にちょい腹減ってんなーぐらいを維持してたほうが、実はパフォーマンスは上がります。

 

空腹感が出た時は、バナナを食べたり、カロリーメイトを食べたり、野菜ジュースを飲むといいですよ。

あとはガムを噛んだりするのも効果的。

しばらく我慢していると体が麻痺して、腹減ってるけど別にいっかという感じになってくるので、そのまま食事を抜いて仕事を続けます。

 

その上でも眠くなったりしんどくなってしまった場合は、眠い時は仮眠を取ります。

直射日光が当たらない場所で、耳栓とアイマスクを使って20分ぐらい集中的に寝る。

 

で、疲労している時はイオンで買ったロイヤルゼリー。

これを2本ぐらいまとめて飲んで下さい。

じわじわ効いてきます。

 

そして飲み物ですが、お店を周る途中でヤマダ電気やホームセンター、ドン・キホーテなどで緑茶を買いましょう。

安いやつで大丈夫です。

そして緑茶をガブガブ飲みまくると、疲労対策、リラックス効果、集中力アップに効果があります。

 

仕入れはやろうと思えば深夜まで出来てしまうのですが、12時ぐらいになったら引き上げていきましょう。

あまり夜遅くなると次の日に響きます。

 

睡眠時間は少なくとも8時間以上は取っておきたいし、疲労対策をやっても疲れることには変わりありません。

 

2泊と3泊ぐらいするとどこかしらのタイミングでブレイクが起きるので、買えてない時でもあまり焦る必要はありません。

神の眼を手に入れても買えない店は買えないし、実力のある人が仕入れに来た店舗に当ってしまうと取れません。

なのでそういう時は潔く諦めたり、プランを練り直す柔軟性が必要です。

 

僕らは途中で回るお店をカフェにパソコンを持ち込んで組み直したり、エリアそのものを捨てて次の日の日程を前倒しにしたりして、柔軟にやってます。

 

仕入れが一通り終わって、夜も12時近くになってきたらホテルに移動をします。

 

 

ホテルに付いたら即効で温泉に入り、サウナがついてる場合はサウナと水風呂にも入ります。

そしてお風呂が終わったら次の日のスケジュールや荷物整理をします。

それが終わったらすぐに眠り、次の日に備えます。

 

翌朝は朝食をとるなら8時ぐらいには起きて準備をしましょう。

余裕がある人は朝にもう一度温泉に入るとさらに疲れが取れます。

 

 

仕入れた商品を販売する場所はどこがおすすめ?

 

せどりで仕入れた商品を販売する場所はどこがおすすめなのか?

これは一概には言えませんが、アマゾンが最初はいいのかなと感じています。

 

というのも、殆どの人は資金が少ない、副業で使える時間が少ない。

であるならば、効率的に販売でき、事務作業を丸投げできるAmazonが良いです。

 

AmazonではFBAという販売と出荷を代行してくれるサービスを用意してくれているので、これを使って単純作業を自動化します。

あなたがやる事は商品を仕入れてAmazonに送るだけ。

 

仕入れた商品をAmazon FBAに出品する方法(納品編):画像での説明編

みんなが悩むFBA納品梱包。こうすれば解決

 

あとはAmazonが全部自動でやってくれます。

商品の在庫管理もツールにやらせることで、単調作業に使う時間は限りなくゼロになります。

 

Amazon価格改定ツールはどれを使えばいいの?ツールの比較や使い分け

 

せどり実践にあたり揃えるもの

 

せどりは在庫を持ち、初期投資を求められるビジネスです。

その代り年配の方や、低学歴の方でも稼げるというメリットがあります。

 

せどりを実践していく上必要な物。

それはiPhoneせどりすとプロ、アマコード、KDC200大容量充電器です。

 

スマホはAndroidではダメなんですか?と聞かれることがありますが、
稼ぎたいならiPhoneにしましょう。

 

キャリアはどこを使っていてもいいですが、
稼ぐだけならどこを使っても大差ないので
MVNOという安いキャリアでいいと思います。

 

それが出来たら最後に買うのがKDC200i。

これは何に使うかというと、
店頭で商品をサーチする際に使っていきます。

1個1個手動で調べることも出来るのですが、
効率が悪いので、バーコードリーダーを使います。

 

もっと安いのもあるのですが、稼いでる人は例外なくこれを使ってます。

道具にはお金をかけましょう。

 

 

大容量充電器はiPhoneの充電に使います。
1日仕入れをしているとバッテリーがもたないので、
たくさん充電出来るものを用意しておき、これを使いながら仕入先を回っていきます。

 

 

以上がせどりの仕入れをする上で必要なものでした。

 

これを揃えられたら
仕入れに必要な準備完了です。

 

せどった商品をAmazonFBAに出品する前に揃えるものまとめ

 

 

資材はホームセンターでも購入できますが、
Amazonで一括で購入してしまうのもひとつの手です。

 

この動画で話したグッズ以外にも便利なものが
その後色々出てきたので、
このページでは随時そういったグッズを紹介していきます。

 

プチプチです。梱包に使います。

 

使い勝手の良いテープ。
僕はコストコで買ってます。

 

テープカッター。セリアという100円均一で同じものが売ってます。

 

フィギュアに使います。中山さんという僕のお客さんが見つけてくれました。通称中山テープ。

 

納品書の作成に。
使用頻度が少ない間はコンビニプリントでも大丈夫です。

僕はスタッフが使うプリンターに新古品を見つけて買い与えました。
980円で動作に全く問題ない最新型が手に入りました。
せどりをやっているとこういう事も出来るようになります。

 

細々したものをまとめる時に使います。
便利です。

 

他社との差別化:商品説明と画像で稼ぐ

 

 

Amazonで出品作業をすると商品説明の書き方を悩むと思います。

率直に言ってこれは真面目にやっている人がほとんどいなくて、極めると利益がやってない人達に圧勝出来ます。

そして価格改定や評価といったものに左右されず、最安値から乖離をしていても安定的に売れていく状態になります。

結局せどりをやっていますって人の中で、
家電しかやらない、おもちゃしかやらない、ホームアンドキッチンしかやらない
みたいな人が多いのは、このライティングが出来ないから
価格改定ツールで最安値をキープしつつ、定形コメントで売るしかない状態になっているんだと思います。

 

ハッキリ言ってそんな人達はお先真っ暗だし、
安定性や堅実性とは無縁の一発屋に終わると思うので
長く稼ぎ続けるのであれば、競合と同一直線上で戦わない仕組みを作っていくことをおすすめします。

ライティング上達のコツは、僕の場合であれば
書いて見せて、書いて見せてを繰り返して
自分でも色んなパターンを用意して反応を見ながら
お客さんの心に刺さるコメント文を作りこんでいきました。

 

今でも完成したとは思っていないので
一度作ったものを書き換えたりすることはありますし、
商品知識やお客さんとのメールのやり取りを繰り返すことで
どんどん精度の高い出品コメントが書けるようになってくるんです。

 

言うなれば安定的に富を生み出すための資産を積み上げていくイメージですね。

新品だけーとか家電だけ−みたいな人は
積み上げという概念がなく、刹那的に稼ぎを得ているだけなので
環境が変わってしまうと稼ぐことが出来ません。

 

僕らはそういった一発屋を目指すのではなく
自分が望むのであればいつでも好きなだけ富を生み出せる状況を作り出していきましょう。

そしてそのための手段としてせどりであれ、アフィリエイトであれ取り組み
一歩一歩自分のステージを高めて、夢に実現に繋げてもらえればと思います。

 

せどりで稼ぐために必要な資金は?

 

店舗せどりを僕が直接教えた人は利益率30%程度になる人が多いです。

あなたが稼ぎたい収入が30万円の場合、100万円の現金が必要になります。

 

クレジットカードで仕入れる事も出来ますが、仕入れた商品が100%全て売れるわけではないのでおすすめしていません。

資金が100万すらない方は以下の2つの手法を半年ほど実践してまずは100万円を作りましょう。

 

なお資金管理が苦手な方は、自分のお金を可視化するため、マネーフォワードというアプリで全決済をマネジメントすることをおすすめします。

ビジネスに使うお金はビジネスに使うお金として銀行口座を分け、残高が100万円を超えるまでは1円も使ってはいけません。

これをやらずに曖昧に資金を管理するから稼げないのです。

 

古本転売(せどり)で安定的に月に10万円以上稼ぎ続ける方法

0円(無料)仕入れ転売とかいうクソノウハウwww

 

せどりで稼げてしまった、税金はどうすればいい?

 

せどりを実践すると1ヶ月〜1ヶ月半ほどで黒字になり、利益が出るようになります。

継続して続けていくことで、月に5万、10万、15万、20万、30万と稼げるようになります。

僕が教えた人で一番稼いだ人は50万から60万円をコンスタントに稼げるようになりました。

 

 

残念ながらせどりで100万円の利益を出せる人を育てることは出来ませんでしたが、現在ではこれよりも資金も在庫も求められないビジネスを開発していて、そちらで月収100万プレイヤー大量に輩出しております。

 

1ヶ月メルカリで無在庫転売した結果wwww

 

僕が伝えているやり方で実践すると稼げるようになるので、税金について悩むことになると思います。

これは悩むだけ時間の無駄であり、税理士を雇って任せるの最善です。

それをやらなければあなたは不毛な事務作業に時間を取られ、その間稼ぎが減るだけでなく、間違った税務処理をして国から罰せられる恐れがあります。

また会社の副業規定に抵触をして、解雇や左遷をされるリスクも出てくる。

 

そうならないために正しく最新のノウハウで税務処理を常に行うために、税理士を必ず雇用しましょう。

 

せどりの税金管理はどうやってやればいい?確定申告と青色申告。税理士の雇い方

 

せどりでいつまで稼ぐのか?目標設定が大事

 

一度覚えてしまうと、単調作業の連続になるせどり。

高い確率で稼げるけど、頭を使わずに稼げてしまうので成長が停止をします。

 

ですからせどりをやるのであれば、いつまでに、いくら稼ぎ、稼いでどうするのかをきちんと考えましょう。

目的が曖昧な人は途中で諦めますし、動機が明確でぶれてない人は行動し続けることが出来ます。

 

せどりはバカでも稼げるビジネス(副業)です。

ですからこれで稼げないとかありえないですし、せどりが無理なら他のビジネスやっても無理です。

 

パソコンが苦手、大学を出ていない、年齢が高い。

そういう人でも稼げるのがせどりなのです。

 

現在ではもっと効率的に楽して稼いで権利収入化出来るビジネスがあるので、せどりを一番におすすめしていません。

 

しかしこのビジネスじゃないと稼げない。

このビジネスと相性がいいという人もいるはずです。

 

そんな人のために僕はこの記事をまとめました。

是非あなたの副業にお役立て頂ければ幸いです。

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

もっとせどりを本格的に勉強してみたい、せどりよりも大きく最短で自動で稼げるビジネスを知りたい方は僕のメルマガに登録下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください