【15年間稼げる副業】古本転売で月利50万を稼ぐ方法【再現性抜群】

せどり
この記事は約17分で読めます。
次から次へとノウハウが移り変わるネットビジネス業界に疲れている
大きく稼げなくてもいいので確実に稼げる方法を探している

 

こういった方におすすめしたいのが、古本転売(せどり)です。

 

古本を仕入れて転売を繰り返す。

 

電子書籍が普及している今でも古本なんて売れるの?

このように思う方も多いかもしれませんが、古本せどりは現在進行系で稼ぐことが出来るやり方なんです。

 

短期間で爆発的に稼げる手法は多々存在します。

時流に乗ることが出来れば、ゲーム機の転売、マスクの転売など、突発的なトレンドを上手に利用して利殖が出来ます。

 

しかし流行に乗って稼ぐのって簡単な事ではありません。

マスク転売であれば国から規制されてオワコン化しましたし、ゲーム機の転売もメーカーが増産したり、小売店が転売ヤー対策をしたら仕入れが難しくなってしまいます。

 

忙しないやり方は苦手
ノウハウを次から次へと覚えていくのはしんどい
細く長く稼いでいきたい

 

このような価値観を持っている人には流行や時流に乗って稼ぎやり方は適しているとは言えません。

 

この記事を読むことで、15年間一切新しいノウハウを勉強しなくても稼ぎ続けることが出来た、再現性最強のノウハウを身につけることが出来ます。

 

細野
細野

オワコンと何度も言われてきたが、結局最後まで残ったのは古本転売だけだった。

古本転売とは?

せどりを実践する上で避けて通ることが出来ない販路にAmazonがあります。

Amazonを使うことでニッチな商品でも販売が出来、短期間で大量に本を売ることが可能になります。

 

本せどりにはどんな特徴があり、メリットがあるのかを解説していきます。

規制がない

このAmazonにおいて近年では新規出品者に対する規制が非常に厳しくなってきています。

取り扱える商品に制限がかかっていたり、偽物販売をしていないかチェックが入ったりと、個人が参入するには非常に分が悪い状況になっているのです。

 

そんな中、本というジャンルにおいては規制がありません

同じ中古という分野でもCDやDVD(Blu-ray)、家電には規制があるのに、本には規制が一切かかってない。

 

仕入れさえ出来てしまえば、即座に出品をして販売を開始することが出来ます。

規制がかかっているジャンルは規制を解除するために書類を揃えたり、規制解除のための仕入れを行わなければいけません。

 

規制がないということは、これからせどりを始める上でとても重要な視点になります。

低資金で参入できる

せどりをする上で困るのが、資金の問題です。

 

もっとたくさん仕入れをしたいのに資金が足りない

資金がもっとあれば稼げるのに、資金が少なくてキャッシュフローが回らない

 

こういった問題に直面することが多いです。

 

古本は仕入れ単価が2,000円以下のものが大半で、100円から仕入れをすることが出来るビジネスです。

仕入れ単価が100円の商品を100個仕入れても1万円。

仕入れた商品全てが赤字になった所で、損失は限定的です。

 

仕入れ単価が2,000円と仮定して100冊仕入れをしても、仕入れ値は20万円。

 

せどりをする人の中には、リボルビング払いに手を出して借金を作ったり、破産をする人もいます。

 

古本せどりであれば仕入れ単価が安く、大量に仕入れをしても必要になる資金は少額。

しっかりと分析すれば赤字になるリスクは極限まで下げることが出来るので、元本割れになるリスクも低い

 

だから続けられるし、続けていくことで利益が積み上がっていきます。

15年間ノウハウが同じ(新しいことを覚える必要がない)

僕がはじめてせどりで結果を出した時に取り組んだジャンルが今回紹介している古本です。

元々本が好きだったので、自分がいいと思う本を調べ、それが転売できる価格だったら仕入れ。

 

古本転売は覚えることが少なく、単純なルールを覚えて作業を繰り返すだけで稼ぐことが出来ます。

古本せどりのノウハウが世の中に知られだして15年以上が経過していますが、この15年間ノウハウは一切変わっていません。

 

Amazonでいくらで売れているかを調べて、その価格よりも仕入れ価格が安ければ仕入れ。

覚えることはこれだけです。

 

新しいノウハウを勉強したり、次々とスキルを習得するために行動をする必要はありません。

すぐに売れる

商品を仕入れてから売れるまでの速度が早いです。

Amazonの販売ランキングという指標を見ることで、仕入れてから売れるまでの速度を逆算することが出来るため、自身の資金に適した仕入れを行いやすいです。

きちんと回転率を意識した仕入れをすれば、仕入れた本の大半は1ヶ月以内には売れていきます。

不良在庫を簡単に現金化出来る

売れ残ってしまい、値下げをしても売れない本が仕入れをしているとどうしても出てきます。

そういった本が出ても、それを再び古本屋に持っていけば即座に現金化が可能。

不良在庫をいつまでも抱えるリスクがないので、何かしらの事情でせどりが続けられない、せどりをやめる時になった際にも安心です。

1円で販売しても利益が出る仕組みを作ることが出来る

これまでは一律して送料が257円だったのですが、送料が自由化をされてから送料設定を変更できるようになりました。

そのため本の価格を1円、送料を340円にして、大口契約をして安い送料で発送できる仕組みを作れば、1円で販売をしても利益を出すことが出来るように。

最低価格が1円になっている書籍はブックオフでも100円で仕入れることが出来るため、回転が早い本をリスト化しておけば、安定して仕入れが出来ます。

古本せどりのデメリット

もしあなたがすでにせどりをしていて、全く稼げていないなら古本せどりを一度経験してみることをおすすめします。

その手法の簡単さ、シンプルさに驚くはずです。

 

とはいえ、古本せどりは万能な手法ではなく、デメリットもあります。

大きく稼ぐことは出来ない

副業で週に1回の仕入れだと月に10万ぐらいで頭打ちになると思います。

一度専業で古本せどりに取り組まれている方とお会いした事があるのですが、その方は月の利益が50万円でした。

 

使っている資金と取っているリスクを考えれば十分に割のいいビジネスだと思いますが、大きな金額を稼ぎたい方には不向きなやり方です。

 

古本転売で資金を増やし、他のジャンルに移動をすることで利益は底上げが可能なので、古本転売に固執をせず、稼げるようになったらさっさと次に行くというマインドで向き合うのがおすすめです。

肉体労働

稼ぐためには多くの本を仕入れなければなりません。

本は重さがある商品であるため、まとまった量を仕入れていくとかなりの重さになります。

 

仕入れをサボればそれが売上の低下にダイレクトに響くため、延々と仕入れを続けなければなりません。

人に任せて自動化することも可能ですが、人に任せられるほど大きな利益を稼げるわけでもなく、中途半端です。

 

結果、いつまでも古本転売だけを繰り返し、人間的にも売上的にもまるで成長していないという人もいたりします。

労働から脱却することが出来ないやり方であるため、好きな場所で仕事をしたい方や、旅行に出かけるのが好きという方には適しません。

店員さんから怒られる

古本を店舗で仕入れる際に、バーコードリーダーやスマホを使って調べていると、定員さんから「やめて下さい」と注意を受けることがあります。

メンタルが強くない方は、このような対応を受けると怖くなってしまい、店舗での仕入れを続けることが出来なくなったり、仕入れることを躊躇してしまうことがあります。

 

古本の仕入れはネットや業者から仕入れることも可能ですが、一番簡単で取り組みやすいのが店舗からの仕入れです。

そのため、店頭での仕入れが恥ずかしい、人から後ろ指を指されてまでお金を稼ぎたくないと思ってしまう方には向きません。

大量に仕入れをするために車が必要

安定的な仕入れを行うためには、車が必要になります。

電車や徒歩、自転車を使って仕入れも可能ですが、本は重たく、かさばる商材であるため、車があったほうがいいです。

本せどりで稼ぐ方法

本せどりで稼ぐために実際に行う作業について解説をします。

正しいノウハウを知り、PDCAサイクルを回していけば、1ヶ月以内に黒字化していくはずです。

スマホにせどりアプリをインストールする

店舗せどりを行うためのせどりアプリをスマホにインストールします。

 

せどりアプリのおすすめ2020【無料&有料】【至高の29選】
こんにちは、細野です。 現代におけるビジネスは情報戦であり、情報を制した人間が圧倒的に大きく勝ちます。 せどりというビジネスは、資本力もそうですが、効率的に情報を処理出来るアプリやツールを組み合わせて、それを適切に処理す...

 

バーコードリーダーを用意し、大量スキャン出来る環境を構築する

Bluetooth接続のバーコードリーダーを購入し、商品リサーチを効率化する準備をします。

バーコードリーダーがなくても稼ぐことは出来ますが、あったほうが大量に商品を調べることが出来るため、用意することをおすすめします。

 

バーコードリーダーには色んな商品がありますが、KDC200iという機種がおすすめです。

 

ビームせどりにおすすめのバーコードリーダー【禁止店舗で目立たないコツを解説】
ビームせどりは効率が悪い 店舗でせどりなんてもう古い ビームせどりについて情報発信をしているブログの中には上記のような事が書かれていたりします。 店舗に出向き店頭にある商品にバーコードリーダーを当てて片っ端...

 

仕入先候補をグーグルマップで作成する

古本転売の主な仕入先は古書店となります。

その中でも全国チェーン展開をしているブックオフは中心となる仕入先になります。

まずは自宅周辺の古書店をグーグルマップを使って登録していきましょう。

 

せどりルートはグーグルマップを使って作成。やり方を動画と画像で解説
店舗せどりにおいて、ルート作りは効率的な仕入れをするために必須です。 にも関わらず、稼げない人ほどこの作業をサボる傾向にあります。 難しい作業なら別として、こんな簡単なことすら出来ないのが店舗せどりを実践する人の特徴なの...

 

仕入れのルートを構築する

仕入れマップの作成が終わったら、仕入れに行くお店をリストアップします。

地理状況を考慮しながら移動効率の良いルートを事前に作っておくことで、多くの店舗で仕入れが可能になります。

仕入れをする

せどりアプリとバーコードリーダーを使いながら仕入れをしていきます。

 

やることは簡単

以下のスキルを身に着けて、淡々と作業を繰り返していきます。

 

値札とAmazonの販売価格で価格差がある商品を見つける
仕入れ値よりも高い価格で販売されている商品を見つける
価格差があり仕入れ値よりも高く売れる事が確認できた商品を仕入れ

 

店舗の特徴を攻略しつつデータベース化する

全国チェーンのお店には値付けのルールがありますので、そのルールの穴を狙って仕入れをしていきます。

そして仕入れが終わったらそのお店の特徴を記録に残していき、次回の仕入れに活かしていきます。

記録を残すことで、どんな値付けのルールをしているのか、どんな商品が仕入れやすいのかを可視化することが出来、効率的にお店を攻略することが可能になります。

持ち帰った商品をAmazonに出品する

仕入れから帰ったら仕入れた商品をAmazonに出品していきます。

古本転売の場合、販売単価が安く、薄利多売となりますのでFBAは使いません。(使ってもよいが仕入れられる商品が減る)

自宅で保管しながら販売をするか、販売を委託できる代行業者に送って販売をします。

 

販売価格は常に最安値圏を保持できるようにツールを使って自動化しておきます。

次の仕入れの計画を立てる

仕入れた商品の出品が終わったら、次の仕入れの計画を立てます。

店舗の特徴や現状の在庫、直帰の売れ行きを考慮しながらどういった店舗を回ればいいかを考慮し、仕入先を選定します。

本せどりで仕入れる書籍のジャンル

本には様々な種類があり、ジャンルによって売れ安さや競合の多さに違いが出てきます。

僕が実際に取り扱いをし、販売をした実績があるジャンルを特徴とセットで紹介していきます。

単行本

本せどりの基本であり、せどりで稼ぐ人の登竜門となるジャンル。

ブックオフでも売り場面積を広めに確保して扱われており、仕入れに不自由することはありません。

テクニカル指標に忠実に売れ行きが反応し、売れるまでの速度も速いです。

その分ライバルも多いため、戦略的な来店や、ライバルと差別化をする工夫が必要です。

ビジネス書

単行本の中でも中心となるのがビジネス書です。

回転が早く、出したその日に売れることも珍しくありません。

発売された直後のビジネス書はないように関係なく高値ですぐに売れますが、発売されてから時間が経過している書籍は目利きをしないと売れ残る事があります。

自己啓発本

こちらも非常に売れやすいジャンルです。

有名な書籍は発売されてから年月が経過しても値崩れすることなく安定した価格で取引をされています。

文庫本

単行本と比べて単価が非常に安いのですが、厚みがないためクリックポストのような安い発送方法で出荷する事が出来ます。

回転率が高い商品も多く、低単価で販売しても利益を出しやすい商材です。

 

また複数巻に分割をされている作品の場合、セット化して販売をすることも可能です。

 

 

上記は全て100円で仕入れが出来る人気作家の作品。

こういった文庫本を仕入れてセット化して転売をしていくイメージです。

マンガ

1冊目から最終巻までをセットにして販売することで利益を出すことが出来る分野です。

1冊あたりの単価は安いのですが、セットで販売をすると事で利益が大きくなります。

 

イメージがしにくいと思うので事例を出します。

 

 

こちらの商品はブックオフで1冊100円で仕入れることが出来るマンガです。

1冊単位だと利益は殆ど出ませんが、10冊セットで販売することで、1000円近い利益を出すことが出来る。

 

セットを組むためには複数の店舗を回って集めなければいけないというデメリットはありますが、お店をたくさん回ればセットを組むことが出来るので、数さえこなせれば稼げる手法となります。

絵本

絵本は他のジャンルと比べて大量に新作が出る分野ではなく、定番商品がいくつもあります。

書き込みや破れなど仕入れ時の状態にチェックしなければいけないという難点はあるものの、ライバルも少なく、仕入れが出来るようになると安定して稼げるジャンルとなります。

雑誌

古い雑誌なんて売れるの?って思う人もいるかもですが、雑誌も転売可能なジャンルです。

雑誌のバックナンバーや付録目当てで購入したい方層が一定数いるため、そういった商品を見つけて仕入れることが出来れば利益を出すことが出来ます。

 

雑誌は店頭でも安く値付けをしている事が多く、Amazonの価格と乖離が生まれやすいジャンルであり、狙い目です。

技術書

プログラミングの書籍は定価が高いため、安く購入したいというニーズが常にあります。

また、絶版になってしまっている書籍で電子書籍化されてない本は、定価超えをしていることもあり、そういった技術書を見つけることが出来ると大きな利益を出すことが出来ます。

バンドスコア(楽譜)

楽器演奏をする方に需要あるのがバンドスコアです。

人気バンドのスコアで絶版になっている楽譜は定価超えをしている商品も多く、大きな利益を1冊で出すことが出来ます。

画集

ゲームの設定資料やアニメの原画集はコレクター性が高く、高値で取引されている作品が多いです。

デジタル化が進んでも紙媒体で手元において置きたいと考える人が常に一定数いる商材です。

写真集

女優さんやアイドルなど、多くの方が写真集を出しています。

こちらもコレクター性が高い商品となり、根強いニーズがあります。

攻略本

攻略サイトがあるから攻略本なんて売れるはずがないと思いますか?

実際にゲームをすると紙媒体で攻略情報が手元にあると、非常に便利です。

開発者のインタビューや資料集としても価値も攻略本にはあり、近年では最初から刷る数も少ないこともあり、希少性が高まっています。

古書

何十年も前に書かれた書籍で、専門性が高かったり、出版社が倒産してしまっている書籍の中には、非常に高額な価格で取引されるものが少なくありません。

神田の古書街 が今でも続いていることからも明らかなように、希少性が高く専門性が高い書籍のニーズが消えることはありません。

専門家やその分野を仕事にしているプロが購入者となるため、販売単価が高くても関係ないですね。

 

僕が古本転売に力を入れていた時に、必ず見るようにしていたのがこの分野です。

現在では買い取りの対象になっていなかったり、店頭でも売り場スペースが少なくなったりと見かける事が少なくなってきましたが、コレクターの方がまとめて売却した直後に来店が出来れば、思わぬ掘り出し物を見つけることが出来ます。

医学書

医療に関する専門書。

定価が非常に高い傾向にあり、古くても需要があります。

詩集

詩集は店頭とAmazonで価格差が開いている事が多い分野です。

バーコードがなかったり、ISBNで管理されてないことが多い分野なため、あまり初心者向きではない分野です。

参考書

受験や資格試験の対策本は回転率も高いためおすすめです。

著名な講師の方が書いた本で絶版になっているものは高値になっているものもあります。

洋書

海外の書籍も仕入れの対象になります。

しかし日本語で書かれた書籍と比べて回転率が低い傾向にあるため、初心者の間は仕入れを控えたほうがいいでしょう。

古本転売を伸ばすコツ

これまで解説してきたように、古本転売は求められる資本が少なく、再現性に優れています。

とはいえ、稼げる金額に上限があり、早い段階で頭打ちになりやすい欠点があります。

 

今から古本転売に参入して伸ばしていくのであれば、どういった視点を持っておくといいのを解説します。

古本転売で稼ぐゴールを決める

古本転売で稼げる金額には上限があります。

専業でガッツリやっても月に30万〜50万も稼げれば相当優秀。

 

その理由として、単価が安く大量に販売しても利益が積み上がらない、一人で仕入れられる物量には限界があるというのがあります。

 

実際古本転売でせどりをスタートする人も、ある程度資金が増えるともっと稼げるジャンルにシフトをしたり、情報発信をして教材やコンサルの販売を開始したりします。

 

自分がいつまで古本転売を続けるのか?

古本転売の次に何をやるのか?をしっかりと考えておき、目標から逆算して行動をしていくようにしましょう。

目標設定の例

古本転売で月に5万円の利益を稼げるようになり、1年間で60万円の資金を作ってブランド転売にシフトする
古本転売で稼げるようになったノウハウをnoteで販売し、1個1万円で販売。月間販売数10個を目標にTwitterで情報発信を開始する
古本転売を直接教える仕入れ同行サービスを行い5万円で販売。月に二人の人に教えて月収10万円を稼ぐ

自動化をする

古本転売はルールが単調であることから、外注化や自動化をしやすいビジネスです。

 

例えば価格を最安値に合わせるのは、人間がやるよりも機械にやらせたほうが正確ですし、作業時間も一瞬で終わります。

出品作業や出荷作業も同様で、自分がやっても他人がやっても変わりのない作業です。

 

早い段階でこの事に気が付き、ツールや人を雇って任せることが出来ると、古本転売は伸ばしやすいです。

 

同時に複数のことをやるのって、器用な人でも難しいです。

自分がやらなくてもいい作業はどんどん人やツールに割り当てていきましょう。

買い取りビジネスを始める

古本を仕入れて販売までを経験していくと、「これって自分で直接お客さんから買い取ったらもっと稼げるぞ」って感じるはず。

実際これは正しくて、古物商許可を取得すれば個人から直接物品を買い取って販売する事が出来るようになります。

 

高値で売れる本を安定的に買い取るのは難しいのですが、単価の安い本であれば集めるのに苦労はありません。

販売体制を事前に作っておけば、大量に本を集めてもそれをAmazonに出品して効率的に現金に変えていくことが出来るようになるでしょう。

 

古本せどりでビジネスをスタートした方の中には、買い取りビジネスにシフトをして大きく成功している人が一定数います。

 

買取ビジネスは失敗確実。フランチャイズに未来はない【オワコン】
あなたはブックオフやセカンドストリートに不用品を売りに行ったことがありますか? リサイクルショップはお客様からお客様から商品を買い取って、それを店頭やネットで販売しています。 商品には価格相場がありますか...

 

何をやってもダメだった人にも可能性がある稼ぎ方

本なんて売れるはずがない

小銭稼ぎしか出来ないやり方

 

 

批判されながらも生き残り続け、現在でも全く問題なく稼げるのが古本転売です。

 

電子書籍が普及すれば本を買う人なんていなくなるのでは?と僕も思っていたのですが、ガチの読書家であれば電子版も書籍版も両方購入するんですよね。

実務で使う書籍であれば、ガイドブックとして机の上に常に置いておいたほうが使い勝手がいい。

 

マンガも寝っ転がって最初から最後まで完読するのが楽しいのであり、好きな作品や何度も読みたいとマンガは電子版ではなくマンガ本として手元に購入したいものです。

 

規制の影響を受けない
資金が少ない人でも稼げる
再現性が高く、難しい作業を覚えられない人でも実践できる

古本転売は他のビジネスで挫折した人や、何をやっても結果を残せなかった人にもおすすめ出来るビジネスです。

 

古本せどりのメリットだけでなく、デメリットも頭に入れておく。

そうすればスピード感を持って結果を出しつつ、次のステップへと進んでいくことが出来るはずです。

コメント