アリエクスプレスで返金を受けるコツは2つだけ。徹底解説します

Aliexpress返金紛争aliexpress
この記事は約9分で読めます。

 

アリエクスプレスで購入した商品が壊れていた

偽物が届いた

開封してみたら写真と異なる商品だった

 

国内での買い物と異なり、個人輸入による買い物は販売者と外国語で交渉をしてトラブルの解消を行わなければいけません。

Aliexpressもその例外ではなく、英語で運営や販売者とやり取りを行っていきます。

 

この事がハードルとなり泣き寝入りをしたり、紛争(dispute)を起こすことを躊躇される方は少なくないでしょう。

 

この記事ではAliexpressで毎月大量に商品を購入し、紛争を起こして数え切れいない数の返金を受け取ってきた僕が、スムーズに返金処理を行う2つのコツについて徹底解説をします。

 

この記事を最後まで読めば、紛争や返金に関わるトラブルを即座に解決できるようになり、ストレスフリーでAliexpressでの買い物を楽しむことが出来るようになります。

 

細野
細野

外国語で交渉をするのはハードルが高く感じるのですが、コツを理解すればどんな人でもスムーズに返金を受け取ることが出来るようになります。

 

返金を受け取るために最初に押さえて欲しいポイント

Aliexpressは買い手保護が徹底しており、あなたの主張に正当性があれば返金を受け取る仕組みになっています。

しかし正当性が認められないと、あなたの主張は認められず、無効(Invaild)となり、返金は受け取れません。

 

返金を確実に受け取るために、確認をすべきポイントを解説します。

客観的な証拠を提出できるか?

アリエクから届いた商品でトラブルが発生し、返金を受け取りたいと思ったら一番最初に考えてほしいのは、客観的な証拠です。

 

言葉で何度もやり取りするよりも、動画で破損や故障を提出する事で、相手は言い逃れの出来ない状態となります。

アリエクで紛争を起こすと、一定期間が経過したあとで、運営による判断(Judgement from AE)が入るようになっています。

 

中国人の性質として自分が間違っていても、非を認めない人が多いので、証拠を持っているのであれば相手とメッセージのやり取りはせずアリエク運営に判断をしてもらうのがおすすめ。

 

相手とやり取りをしても時間と労力の無駄になるケースが多いので、最初から運営に中立的に判断してもらう。

そのために資料(証拠)を徹底して揃えることが重要になります。

相手の主張の矛盾や嘘を証明できるか?

販売社の中には嘘の出荷番号や、追跡できない番号を通知してくる人がいます。

そういった追跡番号は、客観的にも無効であることが証明できるため、紛争に利用する根拠として使うことが出来ます。

 

また性能を偽装した商品(スマホやSDカードなどである)の場合は、嘘の性能である事を証明する画像や動画を提出する事で、あなたの主張を証明することが出来ます。

 

数字(追跡番号)、動画、画像、やり取りの履歴。

こういったものは動かぬ証拠として残りますので、必ず手元に残しておきましょう。

 

返金を受け取るまでは届いた商品だけでなく、商品が入っていた封筒も取っておくのがおすすめ。

実際に届いた商品と追跡番号が紐付けられている証拠として利用が出来るからです。

 

アリエクでは決済時の販売ページを自動的に履歴として残してくれるので、販売ページのスクリーンショットを取り忘れたり、販売者が差し替えていても問題ありません。

販売時の証拠ベースで嘘や矛盾を指摘することが出来ます。

紛争を起こして返金を受け取るまでの流れ

証拠を揃えたら紛争を起こして、返金を受け取っていきます。

返金が受け取れるかは準備の段階で決まるため、客観性のある証拠を揃えてない方は、必ず揃えてから紛争を起こすようにしましょう。

 

すでに紛争を起こしてしまっている方は、追加で証拠を提出できるので、動画や写真を添付して、自分の主張の裏付けを強化していきましょう。

画像や文章だけで提出をすると、最終的に運営から動画での提出を求められることも多いため、故障や欠陥品の場合は動画で証拠を提出することがおすすめです。

 

返金を受け取るまでの一連の流れをこのパートではわかりやすく解説します。

MyAliexpressに移動

アプリまたはパソコンからAliexpressにログインをして、MyAliexpressに移動をします。

 

Ordersという項目に移動をすると、あなたが決済をした商品が一覧で出てきます。

 

パソコンからの場合、該当する商品に移動をし、【Open Disupute】という項目をクリックして下さい。

 

 

スマホアプリの場合は、アカウント → 注文 → 紛争したい商品をタップし、【紛争を開始します】をタップして下さい。

 

 

ここからはスマホアプリで操作することを前提に解説をしていきます。

お客様の提案

【紛争を開始します】をタップするとこのような画面に移動をします。

払い戻しのみ、払い戻しと返品商品の2つがあります。

基本的にこの項目は【払い戻しのみ】を利用していきます。

 

なぜかというと中国に着払いで返送をする方法がないからです。

販売者によっては気に入らないなら返送をしろ、そうしたら返金してやると言ってきますが、そういった口車に乗せられてはいけません。

購入者側の負担で荷物を発送すると高額な送料が請求をされ、支払金額以上の負担となる事が多いからです。

 

必ず【払い戻しのみ】を選択し、Aliexpressによる判断(Judgement from AE)を受けるようにしましょう。

 

返金を成功させるコツとしては、販売者と個別でやり取りをしない事がとても大事です。メンツをとても大切にする国柄であるため、論理的矛盾や嘘を指摘しても認めずに返金をしない人が多いからです。

あなたのオーダーを受け取ったか?

続いて商品の返送状況について説明をしていきます。

荷物が手元に届いている場合は、はいを選択。受け取ってない場合はいいえを選択します。

 

 

アリエクには商品が配送をされてから一定期間が経過しないと、紛争を起こせないようになっています。

もしこの項目を選択しようとした時にエラーが出る場合は、紛争を起こせるようになる期日が表示されますので、その期日を過ぎてから紛争を起こすようにして下さい。

紛争原因の選択

続いて紛争原因について記載をしていきます。

6つの項目から該当する項目を選んでいきます。

商品が記載された内容と異なる

写真と違う商品や、商品説明と異なる商品が届いた時はここを選択します。

品質に関する問題

動作する上で問題が発生するなど、品質上の問題がある時はこちらを選択します。

破損した商品

届いた時点で壊れてしまっている、破損している時に選択をします。

数量不足

2個注文したのに1個しか届いていないなど、数量が間違っている時に選択をします。

商品の付属品に関する問題

電源ケーブルの形が違うなど、本体ではなく付属品に関するトラブルが発生している時に選択をします。

偽造品

偽物が届いた時に選択をします。

払い戻し金額

希望する払い戻し金額を記載していきます。

特別な理由がなければ支払った全額を入力しましょう。

払い戻しを希望する理由を明記して下さい

多くの人が苦戦すると思われる項目です。

返金を求める理由を英語で記載する必要があります。

英語が苦手な方は機械翻訳を使い、自分の主張を英語化しコピペするのがおすすめです。

 

Google 翻訳

Google 翻訳
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

裏付けとなる証拠がある場合はこちらでアップロードできます

最も重要なパートです。

証拠となる画像や動画をここから添付できるのですが、アリエクのサーバーが遅いため、アップロードに時間がめちゃくちゃかかります。

 

おすすめの提出方法として、最初は画像を提出しておき、後で追加書類という形で動画を添付するのがおすすめです。

スマホからアップロードする際は、画面ロックをオフにしてアップロードが終わるまで画面がついた状態で待つようにしましょう。

スマホがロックになると途中でアップロードが止まっていることが僕の環境だと何度もありました。

 

パソコンを持っている方は動画の提出はパソコンから行うのがおすすめです。

アリエクによる判断を待つ

十分証拠を揃えて提出が終わったら、アリエクによるジャッジを待ちます。

何度も伝えますが、販売者と個別で争うのは時間の無駄です。

証拠を徹底的に揃えてアリエクに判定をしてもらうのがベスト。

 

あなたの主張が認められると、このようなメールが届き、返金処理が開始されます。

Vaildは有効という意味で、返金を受け取れるという意味です。

 

 

主張が認められない時は、理由とセットでこのようなメールが届きます。

 

 

Invaildは無効という意味で、返金は受け取れません。

この場合なぜ無効なのか理由が記載されていますので、紛争を延長する場合は返金認めてもらうために必要な証拠を揃えて再チャレンジです。

 

僕が無効になったケースは、まだ商品が配送途中なので返金は出来ない、もうしばらく待ってくれという事でした。(その後届き、紛争を再度起こすことはありませんでした)

まとめ

Aliexpressで返金を受け取るコツは2つ抑えればOK。

 

証拠を揃える。判断をAliexpressに委ねる(セラーと交渉をしない)。

 

年間数百万単位で買い物をし、数え切れないほどの紛争トラブルを経験してきた僕がたどり着いた結論がこれです。

 

Aliexpressは安価に質の高い商品を手にすることが出来るサイトですが、トラブルも多いサイトです。

変な商品を掴まされても激怒するのではなく、冷静に対処をしていくようにしましょう。

 

感情論で相手とやりあっても返金は受け取れません。

客観性の伴う証拠を揃えて、倫理的に粛々と対処をする。

 

あなたのアリエクライフが快適になることを願っています。

コメント